駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

ゴールデンウイークは近場で

2017年04月29日 | 身辺記

             

 今日からゴールデンウイークだ。天候に恵まれそうだが、今年は訳あって遠出ができない。近場でお茶を濁すことになりそうだ。

 いつも細切れの余暇しかないので、この連休にはと読む本や書斎の片付けを期しているのだが、竜頭蛇尾というか予定過多実行極小に終わりそうだ。患者さんを長く診ていると、「もうすぐ定年ですね」、「退職しました」、「何をされていますか」、「無趣味でねえ、やることがないんですよ」というパターンが結構多い。十年もすると腰が痛い膝が痛い、転んだ、杖なしでは歩けない、奥さんに押されて車椅子という方もおられる。人の人生をとやかく言う筋合いはないが、どうも男は芸がないと感じることもある。女性は亭主亡くして落ち込んで半年もすると元気を取り戻す。一年もすると仲間とあちこち旅行に行き始める。特別の趣味はなくても、元気な人が多いのは素晴らしいというか凄い。

 俺は日本一世界一を目指すんだという男は見上げたものだが、町内一で上等まあ家庭内一番で結構の女房には頭が上がらなかったりする。どちらがどうということはないが、そうした組み合わせが世の中を支えてきた感じもする。勿論、妙な組み合わせ傍迷惑もあり、敵わんご夫婦もないわけではないが。

 しかし、これからはAIの出現と男女の役回りというか人間のあり方に変化が予想される。どうなってゆくだろうか、昔のようにと無理に時代を逆行させることはもうできない。小さな脳味噌の俺の考えを押し進めれば、世の中が壊れてしまう。

 とまれ、この頃は孫達の将来は心配だが、それはさておき残り少ない?自分に分け与えられた人生を歩けるうちに味わおうという心境だ。

コメント (2)

騒ぐことではない

2017年04月28日 | 診療

      

 今朝は気持ちの良い朝で新緑と小鳥の鳴き声の中を歩いてきた。鳥がしきりに鳴くのは縄張り争いか恋の季節か、この二十年くらいで鳥の種類は少し変わったようだが、鳥の数が減った感じはしない。どういう勢力図になっているのかは知らないが、一時はカラスがは目立ったがこの頃はさほどでもない。何か対策が打たれたか、どこかへ移住したか、狡賢いカラスは嫌いなので、結構なことだと思う。

 この二十年患者数は定常状態で僅かな上下はあってもプラスマイナス2-3%に収まっていた。ところが数か月前から6-7%の減少を認めている。担当の税理士はどこかに患者が流れているなどと言い、女房も減ってきたとあからさまには言わないが不安心配そうだ。原因はわかっている。一年半前に500mばかりの所に新規開業医院ができたこと、300mばかりの所の医院が隣地を購入し一回り大きい立派なビルの診療所を建てたこと、もう一つは多少私が年を取ってきたせいだ。患者さんは近いところが便利と思うし、立派な新しい建物を好む、そして老医よりも働き盛りの医師を選びやすい。これはどうしようもない真実で、ある割合の患者さんはそうした基準で医院を選ぶのだ。だから患者数が少し減るのはやむを得ないことで、これを食い止めるのは至難の業だ。

 勿論、どんどん減っては困るけれど、多少患者数が減っても問題なくやってゆけるので騒ぐことはない。それにこうした原因による減少は止められない。むしろ6-7%の減少で済んでいるのを褒めて欲しい。私としては、これ以上は減らない、場合により揺り戻しもあるという見通しを持っている。それに、正直今以上働いては寿命が縮む。同年輩の友人を見回しても、世代交代を図ったりして仕事を減らしている医師が多い。鞭打つよりも温存する方針でお願いしたい。これは時の流れ、騒ぐことはない。

コメント

眩しい季節

2017年04月27日 | 自然

              

 この数日、新緑が目に染みる。意外かもしれないが春は鬱になりやすい季節でもある。一説には生命の息吹にあふれる兆候を目にして、付いてゆけない自分を自覚して憂鬱になりやすいとも言われる。

 確かに若緑の木の葉やすれ違うはち切れそうな女子中高生の一群が眩しく感じられる。この頃めっきり歩くのが遅くなり、家に帰るとぐったりの自分と引き比べてしまうのだ。幸い、年を取ることを受け入れる経験を積んできたので、憂鬱とまではならない。いつまでも若くと願う気持ちはわからないでもないが、見た目だけ若く中身も未熟な高齢者は始末が悪く、かえって気持ち悪い。新緑や若さは眩しいけれども、それを評価味わう能力は経年とともに深まる。そういう巡りあわせなのだ。

 命は移ろうと知れば、憂鬱にはなることもなく、春を愛でることもできよう。全てで永遠と思われる宇宙にも始まりと終わりがあると聞く、味わう老年力を楽しみたい。

コメント

どうも陽気が安定しないが、ひとまずは危機回避

2017年04月26日 | 世の中

            

 天候が不安定だ。遅れた桜はあっという間に散り新緑が目にまぶしいが、気温が不安定で未だ朝は風の冷たい日もある、晴れると日差しは強いので車に乗ると暑いくらいだ。四寒三温から二寒五温になった感じだ。

 北朝鮮はトランプの脅しに屈し、火力だけの演習に留めたようだ。金正恩にトランプは有効な切り札なのかもしれない。トランプ大統領、内政ではもたついているようだが外交で得点を稼げそうだ?。日本も似た状況で、内政では弛んだ発言が相次ぎ辞めされられる大臣まで出ているが、外交で点数を稼ぎ、対抗勢力が見当たらないので安倍政権は辛うじて安泰のようだ。足腰が弱り肥満傾向があっても、採血結果だけは正常範囲なのを本当の健康体とは言わない。引き締めないと、間違いなくやがて病気が出てくる。特に安倍政権を応援しているわけではないが、日本が難病になっては困るので気を締めて頂きたいとお願いする。 

 陛下退位問題の有識者会議の報告を読んだが、呼称にこだわるばかりで、肝心のなぜ特例法にしたのかこれからどうしたらという点には踏み込まず、参考になるのは呼称だけ?の内容だ。踏み込まないのは忖度したのかな。いずれにしても有識者会議や諮問機関はメンバーの選択が決め手で、政府としては予想通りの報告なのだろう。

コメント

社会の懐が浅くなった?

2017年04月25日 | 小考

  

 いつの間にか新緑が目に染みる季節になった。桜の木など、つい先日まで花を咲かせていたそぶりは微塵もなく、ありふれた木のように緑の葉を茂らせている。

 しばらく前、切れる若者が問題視されたことがあったと記憶する。安直な食べ物のせいだなどと言われているうちに、ネットの悪口雑言でうっぷんを晴らして減少したか、単に目新しくなくなったのか、あまり話題に上がらなくなった。しかし実際のところは、世界では格差や差別に耐えられず切れて極端に走る人々が増加している。困ったことに格差に怒る人は差別をしようとするので、問題の解決はほど遠い。

 町中の医院でも時々、切れる患者に遭遇する。どこの医院もやっていると思うが、初診の患者さんには症状既往歴アレルギーなどを簡単に書いてもらうようにしている。患者の手による記録を残す、初診を効率よく済ませるなどいろいろな目的があると思うが、書くことによって患者さんに頭の整理をしてもらうという意味も大きい。

 先日、二十代前半がたいの大きい男が発熱で受診した。「どうされました」と聞くと「そこに書いてあるだろ」と怒鳴られた。確かにかぜ、きのう、熱と暗号のような片言が、歪んで書かれているが、それは一つの参考で、訴えに系統立てた質問をして、診断を絞ってゆくのが医者の仕事なので質問しているのだと言い返したくなったが、成る程そういう人かと言葉を飲み込み、穏やか簡潔に話を聞かせてもらった。確かに風邪で、薬を処方したのだが、機嫌が直るわけでもなく早くしろとばかりのぞんざいな態度は変わらなかった。後輩のやくざもビビらせるMあたりだったら「何だと」の一睨みで大人しくさせたかもしれない。

 社会には多様な人を受け入れて、全体を何とか万遍なく回らせる懐の深さがあるものだが、21世紀になり、どうも懐が浅くなりあちこち角が立ってきた感じがする。それを補修するために争いから戦争による新たな均衡が模索されるのかもしれない。そうとしても核のある世界、知恵を絞って暴発を防がないと、取り返しのつかないことになってしまう。

 今日も万一と微かに不安な一日になる。

コメント (2)

トランプとルペンの世界は

2017年04月24日 | 世の中

        

 フランス大統領選挙はルペンとマクロンの決選投票になった。マクロンのことはよく知らない、マカロンに似て甘くハンサムで女性に人気かというつまらない連想が働く程度だ。ルペンにしてもフランス第一(正確には私を支持するフランス人第一)と叫ぶ極右の女史という程度の知識しかない。しかしまあ、移民排斥異論排斥純系尊重と極右の主張は似ているので、想像はさほど外れてはいないだろう。既存メディアを嫌いツイッター多用して支持者に呼びかけるところなどトランプに似ているとする報道もあるが、似ていたとしてもお互いに自国第一自分第一の人だから、連携するとは考えにくく、連携できるところは少ないだろう。それにトランプはアメリカーファーストといってもアメリカの利益ファーストでイデオロギーの香りは薄く極右の人ではないと思う。

 一昨日、勉強会で偶然後輩のT君と一緒になったのでちょっと話をした。最近、当地に珍しい高層マンション最上階に移ったと聞くので、見晴らしはどうと聞くと「僕は高所恐怖症なんで、家内は喜んでいますよ」と言う。唯、趣味のフルートの練習は楽しいという。周りに音が響かないのと驚くと、最上階の他の部屋は人が住んでおらず、週末時々来るだけなんですよと、びっくりすることを言う。「なんだかよくわからないんですけど、資産家は投資で最上階を買うみたいで、京都や東京の人らしいですよ」。

 どうも何だか、よく知らない世界があるらしい。都会の高級住宅地に医院を開業すれば、そうした世界を垣間見られたかもしれない。真逆の生活保護の患者さんを数多く見ているので、そうした世界には詳しくなり実感による知識も豊富になったが、世界は横だけではなく縦にも広がっているようだ。

コメント

小池知事を誹る男達

2017年04月23日 | 町医者診言

        

 文藝春秋を以前より頻繁に買うようになった。石原さんと小池さんの言い分を読んでみると、私には小池さんの方がまともで都民の支持を理解しておられると思った。石原さんは大所高所から物を見る長所を持っておられると思うが、自分の沽券に囚われて記憶が変容あるいは薄れていると診る。物事を俯瞰して尊大だから大将に見えて寄り添ったり威をかりる人もおられるだろうが、一番の肝心な責任を感じるという資質に問題がありそうだ。

 見出しだけで詳しくは読んでいないので、論評は行き過ぎかもしれないが、どうも小池さんを悪く言う与党政治家が多いように見える。恐らく不協和音と感じるからだろう。しかし、情報を公開して物事を決めようとする小池知事の手法のどこに問題があるというのだろうか、豊洲の地盤に新たな汚染が確認され(だから直ちに適さないというわけではない)築地市場は規模が縮小しているという現実を踏まえ、豊洲に決まった経緯を明らかにして新たに判断しようとするのはまともに見える。女性の共通点かメイ首相も選挙で自分の支持基盤を強くして決断しようとしている、小池知事が都議選で自分の支持基盤を強化して、意地悪男どもを退けて決断しようとされるのは理解できる。

 とにかく自分の意に染まないから足を引っ張ろうとするのは老年の蒙昧ではないかと申し上げれば、どこの藪医者だということになりそうだ。

コメント

目白押しのニュースから

2017年04月22日 | 小考

          

 どういうわけか目を引くニュースは重なる。ヨーロッパの英仏独の選挙、北を巡る緊張、陛下の生前退位問題、自民党の劣化醜聞、現金泥棒・・・。官邸も森友問題が霞んでしめたとは言っていられない状況だ。

 目白は見たことがあるが目白押しは知らない。七、八年前に亡くなったY爺さんは「先生、内緒だよ」と言いながら目白を飼う面白さを教えてくれた。確か捕まえ方まで教えてくれたと思うが、目白押しがどんな様子かまでは聞き忘れた。

 中で素人の私でも容易に察しがつくのが3.8億円強奪事件だ。周到に準備されており、誰かが犯人に情報を漏らしていたか、何らかの方法で事前に情報を掴んでいたに違いない。私は資産家ではなくかろうじて準資産家に手が届く程度なのだが、その私でも現金は3.8憶の二桁下の三百万程度しか手で持ってみたことはない。3.8憶円が手では持てない量なのは明らかで、其れを持ち運ぶ、またそうした現金で取引をするのは尋常ではない。目を眩ませる、記録を残さない・・、いろいろやましい事情があるのではと思えてしまう。盗まれた人物は日頃から、そうした金額の現金を取り扱い慣れていたのだろうか、とにかく警戒不十分でそうした人物がこうした額の現金を扱っているとしたら、庶民の知らない薄暗い世界があるということになる。遠い昔、黄金の七人と言う傑作映画があったのを思い出す。ロッサナポデッサは居るのかなと余計な想像をしてしまう。

 偶然か、警戒のたまものか、七億円の現金を密送しようとした韓国人が福岡空港で捕まった。車関係の社長に頼まれた別件らしいが、不穏な世の中を狙って何だか悪い奴らが暗躍し始めているらしい。意外にマレーシア警察に実力があった。ここは評判の高い?日本の警察力を目にもの見せて、悪をぎゅーと懲らしめてほしい。

 いつも思うのだが推理小説家はわかっている材料から事件を推察してほしい。腕の見せ所だ。小説のネタにするので内緒などけち臭いことは言わず、知恵を絞ってほしい。そうそう、税務署も頑張ってください。

コメント (2)

驚くニュース厭きれるニュース

2017年04月21日 | 町医者診言

        

 セレーナウイリアムズ妊娠のニュース。スポーツ芸能人のくっついた出来たの話題に興味はないが、今回は感想が浮かんだ。鬼も三十五、番茶も出頃ということか、しかし、母は強しというからな、復帰してまた記録を伸ばすのだろうな。

 稲田防衛大臣は無能 言う方も言う方 言われる方も言われる方、そして任命する人も任命する人だ。

 一番驚き厭きれたのが 妻は私人と閣議決定というニュース。既に旧聞のようだが、ネットのフェイクニュースとばかり思っていたのだが、本当らしいので伝家の宝刀をここまで錆びつかせたのかと恐ろしくなった。何はなくとも、権力維持能力だけには長けている閣議の核の三人衆の脳も麻痺してきたらしい。なぜマスコミやネットでは大問題にならないのだろう、不思議だ。小さなことでも方法に関わることなので、大きな問題と思う。なんでも閣議で決めれば通ると思っているのだろうか。根が腐ってきている。私人と言う言葉で臭いものに蓋をしようとするトリックが丸見えだ。私的公的にはグラデーションがあるので、勿論簡単に白黒は言えないが、立場によって社会に影響を及ぼせば公的な意味合いが出てくる。これは閣議で決めることではなく、世の常識が判断することだ。尤も、世の常識の方もあやふやになってきているのかもしれない。

 寄らば大樹と思っても、もはや(もともと?)大樹は寄る人を助けてはくれないと診る。民力回復と有能なジャーナリストの出現が鍵と駅前風見鶏は観測している。

コメント

背伸びしてみる海の向こう

2017年04月20日 | 小考

g         

 どこの局か覚えていないがレポーター(女性が多い)が見知らぬ外国を旅する番組がある。そこに登場するのが現地在住の日本人だ(これもほとんどが女性)。ええこんな所にもはちょっと失礼な感想だが、世界のあらゆる所に日本人が生きて住んでいる。

 なんだか何でも日本が一番的な人にはえっなんでという感じがするかもしれない。縁あって異国で生きる、それに様々な感想はあると思うが、良いの悪いのというのは行き過ぎで、そう言う資格のある人は居ないと思う。

 昔、違いがわかるというコマーシャルがあった。こっちの方が旨いぞと訳の分かっていそうな人?を起用していたような記憶があるが、自力で違いが分かる人は違いを受け入れる度量もお持ちだろうと推測する。

 どの国が住みやすいどの町が住みやすいは一興だが、そこには様々な要素があり、単純には足せない点数を総合点で表しているので絶対のものではない。大体どこに生まれるなんて選べないのだ。

 旅行でわかることは限られていても、行ったことがないのに比べれば雲泥の差で、外国旅行はしてみるものだし、縁あれば可能であれば住んでみれば見分視野が広がる気がする。海外青年協力隊の経験は日本列島に染み渡っているだろうか。半藤一利さんが心配しておられる政府のやり方を見ていると日本は平和ぼけで、人生(人間)至る所に青山あり(私はこれを文字通りに受け取っている)という心が失われてきている気がする。

コメント (2)