駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

賢いだけでは

2012年05月31日 | 世の中

       

 頭の回転が速く、賢いと言われる医師を何人も知っているが、智慧の使いようがちょっと違うのではと思うことがある。

 甲状腺の病気は実は非常に多い。成人女性の十人に一人という統計もあるくらいだ。さてこの十人に一人と言う甲状腺疾患が全て治療の対象になるかと言えば違う。観察の対象にはなっても投薬が必須な人は何分の一にかに減少する。勿論境目は灰色で、専門医でも意見が分かれる症例はある。

 どうも賢い先生の中には利に敏い傾向?があるように見受ける方が居られる。先日六十代のおばさんが動悸がするとやってきた。心電図は洞性頻脈だけである。五年ほど前、右側の喉が痛いと某先生を受診、甲状腺が卵のように腫れていると言われ、以降通院しているという。残念ながら患者の理解力が悪いのか先生の説明不足か、何という病気でどういう薬を飲んでいるか、全く分かっていない。私の触診では甲状腺が腫れているようには思えない。卵のように腫れていれば患者にも分かるはずなので、腫れていたかと聞くと今と同じだと思うという。

 甲状腺ホルモンを測定するとTSHが0.01でT4が正常域を超えている。どうも薬の量が多い?ようだ。理解の悪い患者さんに多少大げさに説明することはあると思うが、灰色を黒っぽく捉えたような気がする。私が診断治療を変更するのは僭越なので、総合病院の甲状腺専門医に回した。

 なんだか同業者に辛辣のようだが、適当な例を思いつかなかったから挙げたまでで、これが適当な例とは言えないかもしれない。

 言いたかったことは、世の中に知恵を人のために生かし切れていない方を見受けるということだ。端的に言えば、例えば政治家などで、先を読んで火中の栗を拾わないように気を付けるのが本当の知恵だろうかと訝しんでいる。折角、知恵に恵まれたら自分よりも世のために使っていただきたいと思う。

 Photo.R.Ogawa

 

コメント (2)

眼が輝く、もう一人の「りょう」

2012年05月30日 | スポーツ

    

 今朝は緊急往診があり、書く時間がない。

 皆さんは宮市亮をご存じか?。英国プレミアムリーグに挑戦中の若きフォワードだ。彼の目の輝きが素晴らしい。素直な若者そのものの表情から、しなやかな向上心が伝わってくる。

 ザックが日本代表に選んだ。サッカーは独りでは出来ない、周囲の力を得て、伸びることを大いに期待している。

コメント

なんだか頻回、竜巻雹警報

2012年05月29日 | 自然

     

 まさか羹に懲りて膾を吹いているわけはないと思うが、先日の竜巻被害以降、雹と竜巻の警報が頻回に出る。実際に竜巻や雹が起こりやすい気象条件が増えているのだろうか?。今まで竜巻雹の警戒情報を殆ど耳にしなかったので、つい日本人の私は多少警戒警報の閾値を下げているのではないかと勘ぐってしまう。どうもそうでもないらしい?。サッカーU23の試合場フランスのトゥーロンでも雹が降ったらしい。地球全体の気象が連動して変化している可能性がある。 

 さて、注意報は有難いのだが、竜巻に関しては備えよと言われても難しい。鉄筋コンクリートなどの頑丈な建物に身を潜めれば大丈夫らしいのだが、医院も我が家も木造だ。今頃になって、そう云えば鉄筋コンクリートの医院を勧められたのだが、費用が嵩むのであきらめたのを思い出した。これから建築会社は竜巻にも大丈夫な家と宣伝するとよいかもしれない。尤も、そんな家はお安くなさそうだが。

 幸い竜巻や雹はなかったが夕立のどしゃぶりで、午後4時以降の患者さんは僅かに五名、商売上がったりだ。暇な時間を活用して、書き賃無料の生活保護者用の書類書きに精を出した。二十年で生活保護患者が倍増した。なぜ増えたのだろう。

 「どうも面目ありません、世の中の竜巻に巻き込まれまして」。

 「ほんまか!」。

コメント (2)

U-23エジプトに負ける

2012年05月28日 | スポーツ

 

 深夜のBSを見ていたらU-23の予告があり、ついエジプト戦を見てしまった。大荒れの天候で、ハーフタイムには雹まで降ったらしい。それにしてもすっきりしない試合であった。なんだか会場も内容も草サッカーを見ている感じで、あれよあれよと言う間に点が入ってしまった。

 関塚監督が細かい反省のコメントを出しているが、問題はセットプレーへの対応のまずさよりももっと根本的な、相手のプレーに対応して有機的に動けない日本の連携プレーの不具合にあると思う。相手の動きに対応してどう変化すればよいかという戦略を選手自身がフィールドで考え出せず、その場しのぎになっている。逆にエジプト側が日本の弱点を読み取り、ダイレクトパスとサイドを抉る攻撃を選択してきた。

 ボールを受け取った時に次どうすればよいかの予測が不十分なため、バックパスをしてしまい、そこに付けこまれることがしばしばあった。バックパスは受け手が余裕を持って対応できる球筋で返さないと危険だ。キーパーはゾーンに返す時はハーフラインを越す距離を蹴る習慣を身に付けたい。短いと相手ボールになった時、直ぐ危機になる。審判の判断は時には納得できないが、覆ることはなく、おかしいと思っても直ぐ受け入れる気持ちでいないと隙ができてしまう。首をかしげている暇はない。

 若いティームなので短い時間で改善可能と思う。今のままではメダルは遠い。関塚監督の冷静な対応を期待する。

コメント

大人相手にいかがなものか

2012年05月27日 | 医療

 東京へ内科学会生涯教育講演会を聞きに行ってきた。東京国際フォーラム周辺は高層ビルが建ち並び、近代的な大都会の様相を呈している。しかも街路はゴミ一つなくこれだけ美しいビル街は欧米にもないような気がした。日差しは夏、道行く人も軽装で、天気の良い休日を楽しんでいる様子であった。しかるに日本全国の内科医二千数百人はホールに積み込まれ、みっちり六時間の講義を受けた。

 二十年以上前からこの講演会を聞いているのだが、ウンザリするのは講演会長が朝の挨拶で必ず、受講証明の押印は十分で終わりますから慌てないで下さい、最後の講演の途中で席を立たないで下さいと繰り返すことだ。毎回いい大人に何度同じ事を言うのだろうか。遠く北海道や九州から来て居られる先生方も居る。電車や飛行機の時間もあるだろう。講演終了と同時に腰を上げても良いではないか。会長が終了の挨拶をしている時にぞろぞろ受講者が出ていくのは不愉快かもしれんが、児童生徒相手のような注意はよして欲しい。ちゃんと座って聞いて居られる先生方も半数ほど居られる。それで由として戴きたい。

 最後の野口先生は素晴らしかった。講義の内容も良かったし、ご自身の著書も宣伝し講義終了予定時間五分前に終わられたのは賢い。あっぱれななものだ。先生も名古屋だから、やはり16時3分のひかりに乗りたかったのだろうと推測する。

コメント (2)

厳しさを知る

2012年05月26日 | 

 

 アイルランドは思ったよりも寒かった。メキシコ湾流のおかげで、冬の寒さはさほど厳しくないようだが、春は肌寒く感じた。夏も摂氏20度程度の気温で、暑いということはないらしい。

 ダブリンは紛れもない都会なのだが、三十分もドライブすると人家がまばらな緑野に出る。農地ではなく牧草地のようだが、家畜をほとんど見かけず、美しいけれども閑散としてどこか寂びれた感じがした。ダブリンから更に西へ、島を横切りゴールウエイへ近づけば土が薄くなり石が増えてくる。所々にこんもりとした森があるが、丈も低くまばらで昼なお暗いような深く大きなものではない。荒野と呼んだ方が相応しい風景になる。

 緑が目に美しいけれども不安定な天気と春なお冷たい風に、実は厳しい土地なのだと知った。五百年以上にわたり何度も英国からの自立を求めて戦っては破れ、ついには十九世紀の大飢饉で数多い人が餓死し多くの人が移住していった国土、その印象は美しいが厳しい土地だということだ。

 美しい緑と妖精の住む国の背後の厳しさ、それを奇妙な言い方だが新鮮に感じた。それは厳しさが絶えて日本に感じられないからだろう。

 感じないのは必ずしも厳しさが日本にないからではあるまい。現実を直視する力が萎えているのだ。特にマスコミの大半は、厳しい現実を微妙な陰影にまぶしてまやかしてしまう。

 本を読み旅をして人と話をする、人生に欠かせないことと感じた。

コメント

刺青の問題

2012年05月25日 | 町医者診言

    

 また橋下市長が特異な主張を繰り出している。私は仕事上、人知れぬ刺青の存在を知る機会が多いが、刺青があるからどうのこうのとは一概には言えないと感じている。それに刺青と言っても色々ある。部位大きさ構図は様々で、見事な倶利伽羅紋紋からどうみても中途半端なものや、刺青を消そうとした跡など、さまざまな事情が伺われる。勿論、刺青を見せて人を脅すような輩では愚か者の印と言うべきだが。

 「身体髪膚、これを父母に受く、あえて毀傷せざるは孝の始め也」。誠にその通りだ。しかし、古傷を暴いて査定するのはいかがなものか。色々な事情があってということもあるし、若気の至りということもあるだろう。刺青は消して元通りにすることが難しい。だからこそ、表沙汰にして烙印を押すのは行き過ぎに感じる。大体公務員はけしからん、民間企業なら宜しいというのはどういう理屈か、理解しがたい。

 私は刺青の意味合いや風習に詳しくはないが、刺青のある人を沢山見ているので、その経験から大阪市職員の調査や申告強制には違和感を感じる。まあ医者に掛かる時は、お世話になるという気持ちもあるのだろうか、刺青があるから怖いとか常識がないとかいうようには感じない。以前通院していた倶利伽羅紋紋の親分は、見るからに強面で背広を着ていても凄味のある人だったが、話せば穏やかで看護師になぜか人気があり、香港辺りに博打に行った帰りなど、お土産を頂いたこともある。

 どうも橋下氏の主張は極端鋭利で過ぎると感じる。正面切って反対しにくいことを金科玉条というか水戸黄門の印籠のように掲げて人を峻別する手法は胡散臭く危ういと思う。

 勿論、私は刺青のある人の肩を持つわけではない。唯、今真っ当なら差別せず受け入れる寛容の心が、社会の知恵と申し上げたい。

 

コメント (2)

私も言ってみたい

2012年05月24日 | 診療

    

 高血圧で当院に通院中のSさんは85才、夫君に先立たれ子供達は独立し一人暮らし。まだまだ頭脳は明晰なのだが、いかんせん膝が痛くて長い距離を歩くことが出来なくなってしまった。総合病院の整形外科を紹介したのだが、手術の適応はないと判断したらしく、投薬での治療となった。

 どうも余り薬が効かないようで、Sさん受診する度に「痛い痛い、なんとかなりませんか」。と訴えたらしい。担当の副部長に「これは治りません」。と最後通告を受けてしまった。

 月に一回受診する度に「治らないんですって、でも薬は呉れるのよ」。と無念そうにひとしきり訴えられる。昨日も「こんなことになるとは思わなかった」。と大きなため息を残して帰られた。私は心の中で、否それはしばしば起こることなのですよ、と思いながら「痛くて、大変ですね。どうぞ、ぼつぼつやって下さい」。と答える。Sさんは勿論、私に名案がないのを知っているので、一通り訴えると帰られる。

 これは受診の度、擦り切れて溝が滑るレコードの様に繰り返される会話で、私もくたびれていたり、患者数が多い時などは「色々、言ったって治りませんよ」。と言いたくなることもある。勿論、話を聞くのが私の役回りで、それは禁句なのは承知なので言わないけれども。

 残念なことに現実は厳しく、病変は少しずつ進み、痛みが軽くなる頃には歩けなくなってしまう。その時にこんなはずではなかったと嘆く頭脳が残っているのが、果たして幸運なのかどうか。本当は「痛い痛いと言いながら通ってこられるのは、良い方かもしれませんよ」。と申し上げるべきなのかも知れない。

 「痛みや苦しみが去るように祈るな」。というユダヤのことわざを思い出す。

 

コメント (2)

悲しい目

2012年05月23日 | 身辺記

   

 五月が誕生月で十五歳になる。ブログを始めた頃には同年輩であった番犬トムは、4年の間にあっという間に私を追い越して、今では超高齢者の域に達した。

 帰宅するとふらつく足で出迎え、ご主人に挨拶をし足元に並んで座ってくれるのであるが、私を見つめる目が微かに白濁してきている。犬にも白内障があるのだ。犬に老いの自覚や死の恐怖はないらしい?のだが、どうもその眼が憂いを含んで悲しげに見える。耳も少し遠くなったようで、ドアの開く音でムックと起き上がるのだが、どうも音の方向が直ぐには分からないらしい。

 薄く白濁した彼の眼を見返しながら、果たして彼の犬生はどうだったのだろうかと、ご主人とご主人の家族に忠たらんとする他には雑念のなかったと思われるトムを思い遣る。

コメント (2)

エントロピーは感じられる

2012年05月22日 | 小考

    

 鍛冶屋の槌の音は暫しも休まず心に響き、何かを作っている感じがする。これは恐らく、鍛冶屋の仕事の知識があるからというよりは、自然にはない規則性や動きから何か仕事がされているのを人間が感得するからだろう。勿論、間欠泉とか自然にも規則正しい音はあるが、序破急があって構成的な形を感じさせるものはない様に思う。

 なぜこんな事を書いたかというと、駅前開発で左隣で家を壊し右隣で家を建てているからだ。タオル一枚と丁寧なご挨拶で、騒音を受け入れたのだが、心音や肺の呼吸音が聞こえにくくて困る。月に一回の患者さんは喧しいですねという感想で済むが、毎日の身になってみて下されと愚痴の一つも言いたくなる。壊す方は三週間もすれば片付くと思うが、建てる方は三ヶ月以上掛かるらしい。

 壊している方からは不協和音というか出鱈目なグワーゴージャーと言った音が聞こえ、建てている方からはトントントン、カンカン、ザッザッザ・・。とという規則的で、強弱があっても順序立てた音が聞こえてくる。聞こえてくる方向は反射があって以外にどちらからの音とはっきりしないのだが、音の内容からどちらからの音か想像が付き、確かめてみて間違っていることは殆どない。

 自然の流れに逆らって仕事を注入してエントロピーを高める作業は生物特有?のものらしく、それが生存に繋がるせいか、我々はそうした作業から発する音に親和性を持っているようだ。

 勿論、悪魔は必ず暗躍して、我々に破壊する喜びも教えたので、せっかく苦心して作り上げた砂浜の城を踏みつぶして逃げる悪が居る。残念ながらそれは男の専売特許と言うわけではなく、破壊の音を好む美女も居るようだからおっかない。

 スカイツリーの印象は美しいだが、その背後によくこんなものを作り上げたなという感慨も隠れているだろう。

コメント