駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

蜘蛛の巣

2010年07月31日 | 世の中
 毎朝、出掛ける時に庭の木戸を開ける。この数週間殆ど毎日、蜘蛛が庭木と木戸の間に巣を張っている。出来るだけ巣を毀さないようにといっても、30cmは開けないと出られない。そーっと開けても大切な糸が一本切れてしまうようで、真ん中に陣取っていた蜘蛛氏が慌てて庭木に避難するのが見える。半壊となった蜘蛛の巣が翌朝には綺麗に補修されて、痩せた主が巣の真ん中に陣取っている。「あんたねえ、此処は毎朝人が通るので、折角の巣が壊れる、別の所に張りなさい」。とアドバイスするのだが、よく分からないらしい。動物であれば、一二回で学習すると思うが、蜘蛛助では無理らしい。
 巣を張り替えるのは相当な負担だと思うのだが、懲りもせず張り直してある。それとも場所が縄張りになっていて他所へは動けないのだろうか。いっそのこと情け容赦のない女房のように、壊滅させれば諦めて移動するのかも知れない。なまじの情けで半壊に留めるために、補修するのかも知れない。
 まあ余計なお世話かも知れないが、蜘蛛の巣に格好の餌が捉えられているのをついぞ見かけない。サイン入りの芸術的な大きな蜘蛛の巣と、中央に陣取る虎模様の派手な蜘蛛をよく見かけるのだが、網ばかり立派で獲物を見かけない。大体あんたが中央に陣取っていては蜘蛛の巣と昆虫に分かってしまうのではないか、はじっこに身を隠しそっと獲物を待つのが狩りの常道だぞと、アドバイスしたくなる。
 実はさも智慧ありげに、アドバイスする人間よりも蜘蛛はもっと昔から地上に巣を張って生き延びてきたわけで、「あんたねえ蜘蛛に説教するほどの社会が作れているか、社会面を読んでみろ」なぞと言い返すされそうな気もする。「返す言葉がない」。
コメント (2)

栴檀は若木より

2010年07月30日 | 身辺記
 医師会の内科納涼会があった。「ビンが教授だって」。「エー、ビンちゃんが」。とは言ってももう四十六、七で教授適齢だ。しかもかなり額が広くなっている。「見違えちゃいますよ、わかんないかもしれないな」。「そう言えば研修医の頃から、薄かったね」。と一流大学の新任内科教授も、研修医時代の先輩には、何時までも可愛い後輩のようである。そう言えば、頑張っていたな。何処か違ったと、先輩は喧しい。そう言いながらみんな嬉しいのだ。
 結果論か、実際に光るものがあったか、難しいところだが、何か違ったところがあったような気がするから不思議だ。
 同級生で教授になったのを思い浮かべると、なるほどが半分、不思議ではないのが四分の一、後の四分の一はえっと言う感じだ。どうして教授じゃないんだというのが数人居る。教授と言っても様々で超一流どころの教授になった奴は、やっぱり学生の時から違っていた感じがする。同時に教授になりそうだと思ったのが、万年講師止まりだったり町医者をやっていたりで、なんでだと思ったりする。巡り合わせだろうとは思うが、余計なことは聞きにくい。それに、巡り合わせはなんともならないことだ。
コメント

時間効果を

2010年07月29日 | 町医者診言
 「権力は腐敗する」と言われる。しかし、これは「人は死ぬ」と同じ言明で、大切な視点あるいは解釈が抜けていると思う。人は勿論、生きてそれから死ぬわけで、そこが大切というかそれが全てと凡夫は思うのだが、権力も生まれて直ぐ腐敗する訳ではあるまい。
 権力を得た経緯によっては生まれた時から腐敗臭を放つものもあるだろうが、然るべき経緯で生まれた権力が直ちに腐敗するとは考えにくい。ワインと同じように、当たり外れはあるにしても、それなりに成熟してそれから腐敗してゆくはずだ。
 ところがこの数年の日本では時による醸成を待たずして、首相ワインがちょっと口に含んだだけで捨てられてしまう。外れ年でも数年すれば旨くなることもあるし、デキャンティングだけでも、そこそこ飲めるようになるというのに、勿体ないというか贅沢というか、ソムリエと飲み手にも問題があるのではと思えてくる。鳩贔屓だった私はまだ鳩山さんの方がと思い始めているが、菅さんにもう少し時間を与えてもよいかも知れない。
コメント

女の涙

2010年07月28日 | 人物、女
 女の涙にたじたじとしたことがあったかどうか記憶は定かでないが、辻元清美の涙には感ずるものがあった。予め意地悪な掛け声に答えておけば、か弱くもたおやかでもないが彼女も女性、つぶらな?瞳から溢れる涙は雄弁だ。
 曰わく野党では世の中が変えられない。彼女も権力の密の味を知ったのだと穿った批判的な記事も目に付くが、勿論それだけではあるまい。むしろ目が開かれ、視野が広まり、切迫した気持ちからの踏ん切りだと思う。
 大失敗はあったが、時の試練を経て立ち直り、持ち前の歯切れの良さと行動力で際立つ存在となっている。買いかぶりかも知れないが、批判力だけでない優れ者と思う。生きる道を求めて、川を飛び越えるのには賛成したい。

 気のせいか今年の蝉はもう一つ力強さに欠ける。残暑はあっても朝夕涼しくなる秋が早いのではないか。もうすぐ八月、子供に返りそして又我に返る季節でもある。勝れて決断の時なのかも知れない。上手く表現できないが、辻元清美には人としての魅力があると思う。応援したい。
コメント (2)

智慧は足せない?

2010年07月27日 | 町医者診言
 綱引きは一人よりも二人、二人よりも三人が強い。おそらく千人くらいまで、いやもっと上まで人数を増やす効果がありそうだ。しかし智慧はどうだろう。三人寄れば文殊の知恵と言うから三人くらいまでは合成の効果がありそうだ。しかし、それ以上になると怪しい。
 国家間の外交を見ていると、私の不勉強かもしれないが、向こう三軒両隣のお付き合いと殆ど差がない、否むしろ稚拙にさえ見える。有り体に言えば反社会的勢力団体の思考に類似しているように思えることもしばしばだ。
 韓国哨戒船沈没事故など北朝鮮の仕業とされるが、なんだかメイン号事件を思い出してしまう。ほんまか、なんでやと思うのが普通の感覚ではないか。嘘つき大国北朝鮮のことだから、なにがどこまで本当かは分からないが、浅智慧腕力大国のアメリカの喧嘩に巻き込まれるのは避けるべきだと思う。腕力に自信の輩が口実を見付けて腕力を振るいたがるのは、日常経験することだ。
 先頃来日し、異例の厚遇を受けた元死刑囚、改心?したらしいが、手の内を見せず外遊を得、あげく富士山を見学して帰国するなんぞ北仕込みの心得で、何処かの姑さんのやりそうなことだと思えてしまう。
 どうも智慧というのは積み重ねが効かず、外務省などは某国のたかだか数名の交渉の才覚にしてやられているのではないかと危惧する。 シンクタンクが当てにならないとすれば、個別の能力に期待せざるを得ないが、トップが妻の書いた本を読むのが恐いようでは、とても難局を乗り切る頭脳が後ろに控えているとは思えんなあ。
コメント

アマが勝つこともある

2010年07月26日 | 診療
 プロとアマの差が一番あるのが相撲と将棋と言われていた。今では将棋のアマ強豪がプロに勝つのは珍しいことではない。相撲でもアマや学生の強豪がプロに入り、活躍することがある(輪島は異能で例外的)。
 病気の世界でも素人の主張が結果的に正しいことがある。病気の場合は理論的な根拠はなく、嫌だ恐いといった感覚的な拒否や心配だから取り除こうと過剰な安全策がほとんどなのだが、それでも手術して良かったしなくて良かったということが時々ある。尤もこうしたことがあるのは元々プロにも判断が難しい症例の場合で、医者十人が十人同じ結論の場合には、例外なくプロが正しい。
 先日の肺癌の勉強会でも、画像診断は癌組織診断は灰色で手術を勧めたのだが、患者さんが手術を拒否したため、もう一度気管支鏡を行い細菌培養もしたところ非常に稀な細菌が出て、結局抗生剤投与で半年後に異常陰影が消えた症例が報告された。結果が良かったので、専門医も苦笑いしながらこんなこともあるんですで済ましているが、逆の場合は悲惨なことになる。取り返しが付かないので、今更何であの時とは言わないが、残念な患者さんを何例も診てきた。
 自分の命の主人公は自分ではあるが、猫のようにいくつも命があるわけではなく、アマが正しいことがあると言っても、信頼できるかかりつけ医と専門医の言葉に耳を傾けた方がよさそうだ。
 
 日曜日よく行く店では、最近子羊のステーキばかり食べている。食べ慣れると匂いが気にならず美味しい。値段も手頃だ。イスラムの世界に行っても、食べ物で泣かされずに済みそうだ。家内にも一切れ与え、トルコ行きに備え、今から秘かに訓練している。
 
 
コメント (6)

色々な糸

2010年07月25日 | 小考
 日経新聞の私の履歴書七月分に2008年ノーベル化学賞受賞者下村脩先生が書いておられる。受賞が発表されるまで氏を存じ上げず、写真を見てなんだか日本人離れした人だなあと失礼かもしれない印象を持っていた。
 私の履歴書を読み、日本人離れした本当の日本人という不思議な感想を抱いた。まあ、よく知りもしないのに、一端の感想を述べることは僭越極まりないが、氏の卓越した能力と研究者資質を運命の糸が導いて研究成果を生み出したように読んでいる。いずれ科学評論家や教育者が氏の研究者としての資質に注目するだろう。
 誰もが何かしらの糸に導かれて人生を歩んでいるわけだが、糸は縺れたり途切れたり、天の配剤もいろいろあるようで、あの時あちらを選んでいたらと思わぬでもない。しかしながら残りの糸は短く選んだ道を生かすように進むよりないなあと、ワインディングロードを振り返った日曜日なのだ。
 今日は久しぶりに定番のフランス風家庭料理店でランチを楽しんだ。これは1500円の子羊のステーキの前菜。
 
 
コメント (4)

獅子唐

2010年07月24日 | 身辺記
 濃い青空から照りつける真夏の太陽の下、電車はゴトゴトと赤茶けた単線を辿る。降り立った駅は市とは名ばかりの田舎そのもの。
 都市部ではお経は15分程度と思うが、田舎は違う。碌に冷房の効いていないホールに、延々五十分有り難いお経が響いた。五十代と思われる体格の良い和尚の声に鐘太鼓木魚が交じり、異次元空間が醸し出される。
 私には意味不明なのだが不思議にお経は有難い。しかし、それに三十分もの、説教が続いたのは、有難いような有難くないようなと申し上げねばなるまい。説教の作法なのか、時折眠らせまいとするような大音声を交え、四苦八苦命の儚さを説かれた。遺憾ながら凡夫には確かにそうではあるが、喉が渇いた腹が空いてきたと聞こえてしまった。
 帰り道、小腹を満たすべくそば屋に入る。暑いので私はざるを一枚、女房は天丼を所望した。早く食べ終わり楊枝を使って所在なげにしていると、女房がやおら獅子唐の天ぷらを呉れた。餓鬼道に落ちると自覚している私は食べかけも気にせず、早速頂く。これが辛いの何の。「それ、辛かったから」。と何事もないように呟く女房。こういう人と暮らしていると、骨身にしみる命の儚さの裏に拙い命の日常が透けて見える。
コメント (2)

梅雨開ける模様

2010年07月17日 | 自然
 動も朝から青空で梅雨が明けそうだ。気象庁は持って回った言い方で数日後に梅雨が明けた模様ですと発表してくれるだろう。
 梅雨明けの局所豪雨で今年も惨事悲劇が繰り返された。「娘を先に」。と聞いて胸の詰まる思いだ。残された家族に掛ける言葉もない。
 本当に人生には何が起きるかわからない。

 そうした悲劇や政治のごたごたが渦巻く日本列島に、暑い夏がやって来た。何の説明もなく照りつける太陽と抜けるような青空、あるいは神仏というのはこうした自然そのものかも知れないと感じる。賢しらに働く人知を忘れ、夏空の下境内に佇めば、乾坤一滴の命が洗われる気がする。
 
 
コメント

良い処方はないものか

2010年07月16日 | 診療
 比較的所得の少ない方の多い地区で町医者をしていると貧困と家庭不和は病気の温床と実感する。山の手で開業したことはないから比較は出来ないが、つくづくそう思う。
 83歳のMさん、「この頃調子が悪い」。と来院。どうも訴えがはっきりしない。いろいろ聞いてゆくと数ヶ月前から嫁さんが食事を作ってくれないと言う。缶詰とご飯だけでぼそぼそ食べているが、食が進まないと元気がない。夫を亡くし息子夫婦と住んでいたのだが、息子も数年前に亡くなり、嫁さんと二人きりになってしまった。半年くらい前まではそこそこ面倒を見て貰っていたらしいのだが、最近は嫁さんも仕事で忙しいのか、ほったらかしだと言う。まあ、どこまでがホントかは嫁さんの言い分を聞かないと分からないのだが、今まで医院に送り迎えしていたのが付き添ってこなくなったので、問題があるのは確かだろう。
 看護師達とどうしたものかと思案投げ首である。
コメント (2)