駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

西野効果は?

2018年05月31日 | スポーツ

    

 任されて三週間で結果を出せなどというのは土台無理というか無茶な話だが、昨夜のガーナ戦で、反省材料と言うか、かなりのデータが得られた。

 スリーバックは難しい。対ポーランド戦で有効な可能性はあるが、まず無理な戦略だ。決定力不足と言う前に、日本は守備が弱いということを認識しなければ話にならない。詰まらないと言われても守備を主体に作戦を立ててゆくべきだ。もしスリーバックを採用するなら、両サイドを守備的に配置する必要がある。

 昔の名前には良い点数を付けられない。長谷部をセンターバックに使うのは冒険。香川はもう一つ吹っ切れていない、本田は良いところはあったが今一つ、岡崎は生かされていない。

 長友 大島 武藤 原口 吉田には合格点をつけたい。山口 槙野 宇佐美 大迫もまずまずと思う。川島には??。

 ガーナは強かった。負けたが好材料はある。泥縄でも伸びしろがあり、上手くゆけば本番で一勝できると思う。セミプロサッカー評論家の私は65点のぎりぎり合格点を付ける。

 コミュニケーションとコンビネーションが鍵だ。

 

コメント

フェイクニュースの時代

2018年05月30日 | 小考

         

 トランプ大統領の出現によってフェイクニュースが飛び交う時代になった。実際にはフェイクニュースは昔から一定の割合であったと思われるが、今はそれが認識され且つ不思議なことに実効を持つようになったと言った方が良いかもしれない。

 それが何に由来するのかよく分からないが、インターネットというメディアの出現が大きな要素なのは確かだろう。指摘する人は少ないようだが、トランプ大統領の先駆けは安倍首相だと思う。トランプほどあからさまでなく派手ではないので分かりにくいかもしれないが、目的のために手段を選別し巧みに言葉でまやかし戦略的に動くことでは先鞭をつけている。極めて巧妙なのだが敵愾心が強く時々勇み足があるので、おそらくご自身だけの発案ではなく指南役が居るのではないかと推測するが、政治記者ではないのでよくは分からない。

 すべては憲法改変の為に高い支持率が得られるように巧妙に戦略を立ててきた。それに気が付いているマスコミ人は多いと思うのだが、メディアや政治評論家であからさまにそう指摘する人は少ない。安倍さんは血脈のなせる業か権力使いに長けている。恐くて指摘しかねているのだろう?。振り返れば、民主党政権は権力の使い方を知らず判断力に欠け自壊してしまった。

 憲法改正の検討は必要で改正した方が良いところはあると思うが、安倍さんでない人の下でと思う。凝り固まって、おまけの飴玉でまやかし考える暇を与えないやり方は好ましくない。そう考える人は多そうだが、そういう人は声を上げないので目立たない。

 偉そうに言える能力も立場でもないが、国民の責任は大きい。優れたものを見極める能力と認める度量が、徐々に失われつつあるように感じられるのは、戦後昭和を生きた者の錯覚だろうか。

コメント

診察室の会話

2018年05月28日 | 診療

        

 Fさんは御年八十五歳、高血圧症で15年ほど前から通院している。中背でやや小太り、薄くなった白髪少し弛んだ頬前かがみになった上体を杖で支えて、老朽船さながらふらつきながら診察室に入ってくる。

 いつの間にか年を取られたなあ、通うのが大変そうと、今日はどうやって来られましたかと聞く、タクシーとかご子息に送ってもらったという返事が返ってくると思ったら、「車だよ」とそっけない返事。「えーっ」とちょっと驚くと「100m歩くのは大変だが、車なら東京だって行けるよ。まだ免許は一年ちょっと残っている」と何か文句があるかねと言いたそうな反応だった。

 止めた方がいいですよと言うべきなのだろうが、ああそうですかと言葉を飲み込んでしまった。確かに頭はしっかりしているし、車がなければどこにも行けなくなるだろうなとFさんの立場を斟酌してしまった。

 K氏は七十二歳、昔なら立派なお爺さんだが固太りでがっしりしており、六十代前半に見える。今日は狩猟罠の許可証に必要な、精神疾患や中毒症がないという診断書を希望して来院された。

 「罠で何を獲るんですか」。 

 「イノシシやハクビシン、狸も掛かるよ」。

 「へー、獲ったのどうするの」。

 「食べるんですよ、狸は食べませんがね」。びっくりした顔をしていると「ハクビシンは旨いよ、松阪牛並みだね」。ますます驚くと「何なら今度持ってきましょうか」。イノシシはさほど好みではないし、ハクビシンは?で「いあや結構です」と言葉を濁したことだ。

コメント

遂に人買い

2018年05月25日 | 小験

  

 遂に禁を破り人買いをしてしまった。看護師が一人体調不良でお辞めになったので、新たに一人雇い入れたのだが、ハローワークや看護協会は三か月もなしのつぶてで、このルートでは期限内に見つけることができなかった。結局やむを得ず、ナース紹介業者を通じて雇い入れた。この十数年、看護師不足に目を付けてこうした紹介業者が蔓延り、ハローワークや看護協会など手数料?を取らないルートから看護師を見つけるのは非常に難しくなってしまった。手数料は年間給与の2-3割が相場で、額が低くなるパートの看護師は一律40万程度(年間給与の3-4割)を要求してくる。

 それは市場原理で、しょうがありませんよと盛業のT先生は笑っているが、毎年一千万円を超える紹介料金を必要とする病院の事務長は真っ青である。零細の開業医の中には、もう看護師は要らないと看護助手だけにして、採血は自分でしているという医師も居る。

 こうした紹介業者を看護師が利用するには理由、探す手間が省ける就職祝い金が貰える・・、があって、中には一年で辞めるすれっからしも居るから要注意だと聞いていた。成程、要注意かとアラビア語の人買いマニュアルを手にこの首はこの足回りはと目を利かそうにも、完全な売り手市場なので人三化け七まではOKを出さねばならない。まだ一か月だが、幸い良さそうな子なので投資も無駄ではなかったかなと胸をなで下ろしている。

 これが市場原理というものにしても、果たしてこのままで良いのかという気がする。いくら売り手市場と言っても何らかの淘汰は働くだろうし、医療が利潤追求環境に囲まれて良いはずがない。立派なビルにホテル並みの接遇で盛業のT先生も、H2ブロッカー程度で毎月通わせごそっと検査をする方式がいつまで通用するか疑問もある。

 大衆向けの外食店が低価格で、なかなかの味を提供できているのは、厳しい評価の目に晒されるからで、大衆が学び目覚めれば、様々な産業職種に淘汰が掛かり軋轢が生ずるだろう。現にデパートや銀行は自己改革を迫られている。富裕層のほとんどいない平均からやや恵まれない層が多い私の外来観測では景気は滞っている。会社勤めの人は受け身で、自分一人でどうにもなるものではないという感覚の方が多く、表立った不満は少ないが、微かな不安を感じている人は多い。

コメント (2)

箍が外れそう?

2018年05月23日 | 町医者診言

 

 こんな人達という言葉が、ブーメランのようにそれを発した人達を直撃する。尤も、現内閣を批判する人にこの言葉を多用するメディアはこの現象を見ようとしないようだ。

 勿論、記録が100%正確とは言えないが、記憶の何倍も正確なのは間違いなく、あやふやで時には都合良く変容する記憶を補正するために残される。あやふやな記憶で記録を否定して、しれっと通るのでは記録の意味がない。誰にも(例外はあり、優秀な官僚の中には記憶している人も居るはず)三年前のある時間の記憶など曖昧模糊としているものだ。どうしてそこだけ、ないことを証明するのは悪魔の証明と言う人が、ないと刻銘に記憶しているのだろう。悪魔なのかもしれない。

 またかうんざりというのは、蓋をしたい曖昧にしておきたい勢力の巧みな戦術なのだが、人間の感覚の真実でもあるのでこうした扱いはそれなりに目を逸らさせる効果があった。今まで言葉でまやかす天才と表現していたが、どうもはっきり嘘をつくと言わせていただいた方がよさそうだ。嘘をついているように見えないとすれば、天才の詐欺師は自らをも騙すということ想起されるといい。

 もう答えは出ているのに、何も変化が起きないというのは何だか妙だ、箍がはずれかけているのではないか。日本だけでなく日本首脳が追随する米国も箍が外れかけている。唯、米国には箍を締め直そうとする力が残っているようにも見える。

 これから高々十年の間にAIが社会に様々な影響を与え始めるだろう。AIには善悪は分からない、箍を締め直す力を自然に獲得することはない。AIを作る能力はなくても悪用する能力に長けた人は多い、これからどうなるだろうか、どうすればよいだろう。耄碌が始まった高齢者の管見妄語の杞憂かもしれないが、先行きを懸念している。

コメント

・・そうな人は当てにならないことも多い

2018年05月21日 | 世の中

  

 光陰矢の如し、学成り難しと親爺がよく言っていた。もう一年が経ってしまった。五月晴れの一日、女房が横山大観を見に行っている間、私は東京駅の国際フォーラムで恒例の内科学会教育講演を聞いてきた。今回の講演内容は八割方理解でき、なるほどと感心する内容だったが、いつものように自分も勉強しなきゃという意欲はあまり湧かず、自分には難しく遠い世界だなあと感じさせられた、ひょっとして、否やっぱり年を取った?せいか。

 脳が委縮したら前立腺が肥大して尿が我慢しにくくなった。帰り道、東京駅の構内をトイレめがけて小走りで走る羽目になった。ちょっと悲しい。

 世の中には相変わらず、狐と狸の騙し合いに仲間外れにされそうで慌てる人から、学童殺害、銃乱射、卑怯なタックル・・までおぞましいニュースが溢れている。

 あの真面目そう、やさしそう、 おとなしそうな人が、は当てにならないことが多い。逆の悪そう、怖そう、うるさそうは五分五分で、そうでもないことが結構ある。賢そう、駄目そう、だらしなさそうはかなり当たる。これは長年人間相手に仕事してきた私の観察結果だ。まあ当たらずとも遠からずだろう。人間には多少の差はあっても二面性三面性があるから、見た目やあいさつ程度では分からないことも多い。勿論、一瞥でピンときた感触が当たっていることもある。 

コメント

昔聞く・・今上る

2018年05月18日 | 小考

  

 昔聞く洞庭の水  今上る岳陽楼  杜甫がどう感じたかは詩を読んでいただくよりないが、昔のことを今どう評価するかは極めて難しいことだ。

  自然景観の多くは数百年の時を経てもさほど変わらないようだが、中には高々数十年で見る影もない変化をきたした所もある。人間の価値判断も常識道徳から法律まで時代と共に変化する。男女同等への動き、セクハラの感覚、結婚感覚などには明らかな変化がある。五十年前は早く親に孫の顔を見せなさいと言うのは何の問題もなかったし、同性愛はタブー扱いだったし、できちゃった婚は眉を顰められた。どこから法律や法律家の登場が望ましいかは難しいが、昔のことを今の感覚で裁くのには問題があると思う。

 今の感覚で昔のことを間違っていたと言うのはよいとしても、けしからんとまでは言えないと思うし、だから補償をとかとなると線の引き方というか判定は難しくなる。例えば私の仕事上の経験では、私と同年代の医師は今の医療の常識からいえばお縄頂戴のようなミスをいくつかしているはずだ。穴を間違えて馬鹿者と怒られても、法的な問題になることはなかった。勿論、大いに反省し今に至りそれが現在の診療や後輩の指導に役立っている。

 何故、短慮即非難が横行する時代になったかは、学問の対象になる問題だと思うが、今は良識や熟慮が通用しにくくなっている。おそらくまだ表面的なもので根までそうなれば、荒んだ社会になってしまう。否、既にその気配はあるかもしれない。

コメント

人間診療の難しさ

2018年05月16日 | 小験

     

 天候が不安定で五月半ばになっても暑くなったり涼しくなったりしている。そのせいか、日によって受診される患者数が大きく揺れ動く。待合室に待っている患者さんが居ないこともあり「今日は休み」と驚かれたり、混み合って座る場所がなく「何これ」と帰ってしまう患者さんが居たりする。

 診療する側も仕事がしにくい。何とか日による変動を減らそうと職員と話し合うのだが、中々名案が浮かばない。高齢者が多く予約は難しいし、連休前の投薬日数をばらけさせるのもさほど効果がないし、患者さんによっては嫌がる。午後は空いているので高齢者に午後受診を勧めているのだが、なかなか午後に回ってくれない。

 混んでいると後ろで待っている患者さんのことを考えてさっと帰ってくださる患者さんも多いのだが、ひとしきりあれこれ訴えないと気が済まない患者さんもおられる。癌や心筋梗塞そして肺炎など重大な病気疑われる時は混んでいても十分な時間を割くが、唯気に掛かるだけでいつもと同じ愁訴を繰り返される患者さんには、正直内心ではイライラしてしまう。ベテランの看護師が付いてくれていると上手く切り上げるきっかけを作ってくれるので助かる。

 先日は「いい加減にしてくれ」と怒鳴りたくなるような患者さんが混じっていた。四十半ばで言葉が少し不明瞭な初診の患者さん、動悸がすると訴える。明け方動悸がしたので救急車を呼び病院を受診したのだが、心電図採血検査で異常なく点滴をしてもらったら楽になったので帰された。家に帰ったらまた動悸がするのでここに来たと言う。血圧も正常で脈拍数も八十ほどで不整脈もない。動悸がするとは考えにくい、首を傾げながらカルテの住所を見ると当院の診療圏外の川向うなので、なんでここにと聞くと「病院の看護師がここに行け」と言ったからだ俺の知ったことかとえらい剣幕で言い返された。根ほり葉ほり聞いたり、重病のように対応しなかったのが気に障ったらしい?。聞けば三年ほど前からあちこちの医院病院を転々とし、どこでもよく分からないと言われたと言う。遂には職も失ない生活保護になったと私を睨む。初診なので状況がよく分からず、誰と住んでいるかと聞くと独り暮らしだと大声。ご両親はに、居ない独りだと言っただろうと怒鳴る。恵まれず鬱屈が溜まっているのは分からないでもないが、そうした態度で悪循環になっているのではないかと感じた。心臓などに心配な病気はないと思う不安が原因と思うから安定剤を少し飲んでください。医者を転々とするのは良くない。決まったところに続けて通院するとよいと、近くの医院を三軒ばかり教えた。遠いけどここ来たいなら診させてもらうので、来るのは構わないとお引き取りを願った。

 それにしても救急外来の看護師はなぜ当院の名を挙げたのだろう、思いつき?で名を挙げないで欲しい。

コメント

道徳教育とは何か

2018年05月14日 | 小考

   

 道徳とは何だろう。文科省の提示している内容にはなるほどと思わせるものが多いが、それでもその内容にはいろいろな意見があろうし、型にはまった評価をすることには違和感を覚える人も多いだろう。

 道徳教育は必要だが、点数を付けて矯めすよりも範を示す方が良い方法と思われる。

 そうすると、第一に閣議のメンバーを見渡してどれだけ道徳点数の高い人が居るだろうかという疑問が浮かぶ。最近は行政の中にも高い道徳科目の得点を稼いでも、実行はできない人が増えているようだ。自分にできないこと自分が守っていないことを押し付けないでいただきたいと感じる。有体に言えば片腹痛い、あなた方に言われる筋合いはございませんと申し上げたくなる。

 道徳は時代と共に変わる側面もある。他者を理解し多様性を受け入れる寛容な心と世界と社会を理解思考する能力が道徳を育む源で、それを涵養するのが道徳教育ではないだろうかとお言葉を返したい。

コメント

柏餅を味わう

2018年05月11日 | 旨い物

     

  今日は一昨日と打って変わり皐月空が広がり汗ばむ陽気だ。一昨日はまさか五月に暖房がいるとは思わなかったという冷え込みで一体いつまで三寒四温が続くのだろう、患者さんとおかしいですねえと顔を見合わせていた。

 和菓子が好きで月に二三度生菓子を買ってくる。家から車で十五分くらいの所に三十年前から馴染みの店があり、近くを通った時にはそこで五六個購入する。私が三分の二、家内が残りの一二個を食す。当地に来て五、六年安くて美味しい和菓子屋が見つからずがっかりしていたのだが、たまたまちょっと離れた商店街で見つけたのがこの店で、その頃は七十台と思われる腰の少し曲がったご主人が健在だった。販売は娘さんと嫁さんが主に担当していたのだが、時々はご主人も出てきて接客してくれた。ちょうど今頃柏餅の出回る季節だったのだが、ご主人が新趣向で漉し餡を緑のヨモギの皮、つぶし餡を白い皮に包むのを作ってみたのだがどうかねと、馴染みになっていた私に声をかけた。なるほど、それじゃあそれを三個づつと買って帰ったのを覚えている。

 まあ、面白い味とは思ったが、定番としてはどうかなというのが私の感想だった。それでも七十を過ぎて研究心を怠らないのは偉いと思った。残念ながらというかやはりというか、逆転の発想は定番とはならず、ヨモギの皮に漉し餡と白い皮につぶし餡は消えてしまった。それからほどなく、ご主人は亡くなったのか引退したのか店に顔を出さなくなり、中年の息子らしき人が菓子を作るようになった。

 今でも皮一枚他店より旨いとは思うが、先代が作っていた柏餅の皮の腰の強さは失われた。先代の柏餅は皮が滑々しておらずちょっと手にくっついて食べにくいところはあったが、もちもちして私には噛みごたえがあり美味しかった。娘さんは嫁に行ったのか、爺さんが居なくなる前に顔を見なくなった。店は十年ほど前に建て替えてきれいになり、もっぱら嫁さんが店に出るようになったのだが、彼女はちょいととがった年を取りにくい顔立ちで相変わらず愛想はなく三十年の月日を感じさせない。

 街中の自宅で作ってご近所に販売する和菓子屋、有名店の一個200円と違い、歯を食いしばって一個130円で一日にそれこそ四五十個を売る商いには厳しいものがあるだろう。しかし先代はその中で工夫を怠らなかった。そこに紙一重、私のような顧客を捉える味が生まれていたと思う。大量生産と量販店が席巻しシャッターが下りる商店街で消えてゆくのは街並みだけでなく肝心要の工夫精進の心意気とすれば、由々しき事態なのかもしれない。

 昨日夕方行ったら柏餅は売り切れ。

コメント