駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

今までは、は何の保証にもならない

2017年11月30日 | 小考

       

 「無事此れ名馬」、まことにその通りだと思う。しかしながら、「医者知らず、これからも健康」となると、これは大違い。

 雪のように白い肌、白雪姫は七難を隠すどころか痺れるように魅力的で、私の経験では若い女性の千人に一人くらいそうした女性が居られる、と怪しげな話が始まりそうだが、残念ながら?違う。

 先日肌が透き通るように白い女性患者さんが足が浮腫むと受診された。色白と言っても六十八歳には不自然で、はっきり言えば病的で美しいわけではない。眼瞼結膜も蒼白で、血色素を至急で検査すると4.3gで正常人の三分の一しかない。大出血で三分の一になればショックに陥り放置すれば死に至る血の薄さなのだが、何か月もかけて(恐らく一年近く)ゆっくり進行したために、この頃足が浮腫んで息が切れる程度で済んでいたのだ。

 詳しく聞けば一か月以上前から浮腫み始めていたとのこと。言ってはいけないとされてはいるが、つい「どうしてもっと早く来なかったの」と聞いてしまう。今まで健康で医者なんぞに掛かったことはないからと言われる。これはしばしば取り返しのつかない病態で聞かされる台詞で、「そうでしたか」と答えながら心の中では、今まで健康はこれからもということではないんだけどなと思ったりする。

 貧血は鉄欠乏のパターンで、それ自体の治療は難しいものではないのだが、問題はその原因なのだ。六十八歳では生理もなく、九分九厘消化管出血で、しかも質の悪いもののことが多い。二か月早く受診されていればと言いたくないが、病気の治療開始は早い方がよい。

 病気とも言えない病気で神経質に医者に掛かり過剰な検査を希望して医療資源を浪費する人と、健康を過信して医者嫌いで躓く人と、世の中はというか人間はというか、どうもバランスが悪い。

コメント

仕事辞めなきゃよかった

2017年11月29日 | 世の中

  

 今朝は快晴でしかも比較的暖かく、まだ十一月だと思わせる陽気だった。昨夜は気の早い防災関係の忘年会があり、N先生に出てよと言われさほど気は進まなかったが出席した。名ばかりの会員で大したお手伝いもしておらず、二十歳以上年下の人が殆どで、皆さんにご挨拶はしていただくもののどうも話が噛み合わず、これはそろそろ引退だなあと感じたことだ。

 自営業というのは定められた定年がなく、はてさていつ辞めようかなと頭を巡らす年齢になった。患者さんを参考にと観察している。サラリーマンは六十歳が区切りだったようだが、形を変えて六十五まで働かれる人が多く、六十五歳が区切りの人は六十七、八まで延長される人が多いようだ。自営業の人は七十歳を区切りと考えておられる人が多いようだが、何だかなんだと仕事量は減らしてながら七十五歳くらいまで頑張られる人も多い。そうはいっても八十歳までで、八十歳を過ぎてバリバリ?働いておられる人は片手で足りる。三名くらいのものだ。

 自営業の場合は暦年齢よりも実年齢というか、年齢に比して若く見えて活動的な人は長く働かれる傾向がある。勿論、後継者や景気の良しあしなどいろいろな要素があるようだ。あまり表には出ないが女房の顔色というのもあると思われる。

 Mさんはタクシーの運ちゃんで、髪も黒っぽく細身のせいか数歳若く見えていたのだが、以前から決めておられたらしく六十五歳できっぱりと辞められた。辞めると老ける人が多いので、何か趣味がありますかと気がかりでお聞きしたのだが、別にないということだった。案の定、毎日小一時間散歩するだけですと言う日が待っていた。三年経ってごま塩になった頭を傾げながら、「辞めなきゃよかった、毎日女房と喧嘩ばかりです」と苦笑された。ちょっと返す言葉がなく、「あわわ」と言葉にならない言葉を返したのだが、潮時は見極めるのは難しいと改めて感じさせらた。

 ちなみにタクシーの運転手と開業医は七十過ぎても、十分やれる仕事の部類だと思う。

コメント

静観することも時に必要

2017年11月28日 | 町医者診言

    

 横綱日馬富士暴行事件報道が溢れかえっている。敵役?の貴乃花親方が居るせいか、誰にも分かりやすい先輩が後輩をぶん殴る事件で詳細がいまだ不明のせいか、視聴率が稼げると報道は過熱している。個性的で記者が取っ付きにくい貴乃花親方は当初悪者扱いだったが、ややニュアンスが変わってきているがどうしたわけだろう。

 確かに貴乃花は個性的で分かりにくい人のようだ。しかし記者と親しく口を利かないからと悪く書く傾向があるのはスポーツ芸能記者の悪弊と申し上げたい。警察の取り調べが進んでいるわけだから、それが終わるまで静観するのが良いと思う。相撲協会がそれでは沽券にかかわると独自の調査見解を急ぐこともない。急いては事を仕損じる。興味本位の追及は解明を遅らせ、解決をこじらすだけと思う。

 それよりももっと重要なことがある。いつまで森友かと日本人特有?のうやむやをここまで粘って、会計検査院の法外値引き根拠不明の結論が出たわけだから、国会で落とし前を付ける必要がある。安倍首相や夫人の関与を証明することは不可能だろう。身代わりと言っては語弊があるが、担当だった官僚に不当値引きと記録保全不備責任を取ってもらわねばなるまい。そうして今後、記録は十年残す決まりを作ればよいと思う。野党は首相や首相夫人の依怙贔屓を責めるのはこの辺りでやめたらどうかと思う。証明困難だからだ。灰色は灰色のままにして、外交経済教育などの問題で論戦を戦わしてほしい。金持も力もない野党、権力者の向う脛を蹴り上げたくなるのは分かるが、ここは知恵比べ合理性と先見性で戦っていただきたい。

 ミーハーなことを言うが、ちょいとイケメンでも声に力の足りない前原氏と違い、枝野長妻コンビはイケメンにはほど遠いが声に力があるので、タッパと声でまやかす安倍首相と互角で戦えると思う。

コメント

保湿剤の流用問題

2017年11月27日 | 小考

 

 保湿剤を化粧品代わりに使うなら、保険適応を外すという報道があった。寒くなると痒くなる。若い人には分からないかもしれないが、乾燥肌で脛に掻き傷の私には身につまされる問題だ。

 私の医院でも保湿剤は大量に処方しているので、えっそんな使い方があったんだと驚いている。美容液代わりに持って行っている人は居ないような気がするが、新聞を見て美容液に使えるのだと気が付く人が居るかもしれない。これからは所望される症例の使用状況を確認をしなければならない?。

 一番の使用者は高齢寝たきり準寝たきりの患者さん達で、身体のあちこちを掻きむしってしまうので、どうしても大量に処方せざるを得ない。これは目の当たりにしており、美容目的ではなく適切な使用がされている。

 どこの主婦か知らないが、作用効果としては似ているので流用出来ることに気付いたらしい。日本が世界に誇る国民皆保険の副作用と言えそうだ。医療側にも多少は診断的な問題はあるかもしれないが、乾燥肌で痒いのはよくある事実なので、殆どの医療機関ではきちんと確認して処方していると思う。もう一つの問題点は美容液というか美容業界にありそうだ。美容液でなく保湿液と銘打って高価な香料などは抜いて、お安く販売すれば流用を防げるのではないかと思う。もし保湿剤量の濃度などに医学的な規制があるとすれば、多少緩和して医療外使用を認めればよいことだと思う。

 それにしても美容健康志向は過熱気味で異常ではないか。コマーシャルは過剰と思うが、乗せられる人が多いらしい。ご使用の美容液の成分にはコマーシャル料金もかなり含まれていますよと申し上げたくなる。 

コメント

正確に事実を伝えるのがニュース

2017年11月26日 | 町医者診言

              

 日本の失業率は3%未満と極めて低い。私がよく知る業種の看護師などはどの医院も血眼になって探しても中々見つからない状態で、法外な斡旋料(年間の賃金の2-30%)を取る紹介業者が雨後の竹の子のように増え、看護師を囲い込んでしまっている。職を探す看護師側には、自分に代わりどんどん条件の良い就職先を探してくれ、いざ就職が決まればお祝い金を貰える業者が便利で都合が良いということらしい。これが市場原理というものにしても、昔は白衣の天使と言われた職種の人も現金になってきたものだと言いたくなる。

 事ほどさように、失業率が低いのは働ける人が減っているからというのが一番の理由で、アベノミクスの恩恵とばかりは言えない。要するに人口減少を反映しているわけで、少子化対策は大きな経済対策でもあるわけだ。

 教育無償化を憲法にがどういう理由か消えつつある。無償化、只が本当に望ましいかどうか(費用を下げるのは間違いなく望ましいと思う)よく考える必要がある。というのが生活保護の患者さんを三十名ほど診ている私の感想でもある。生活保護の人も様々で十把一絡げの議論は出来ないが、医療費が全く只というのがよいかどうか大いに疑問だ。

 どうも最近のニュースは意図的なところが出てきており、事実と意見考察が混じってしまっている。最近では私は黙って座ればピタリと当たる占いに負けず、見出しを見れば何新聞、ニュース源を当てることが出来るようになった。

 メディアリテラシーの必要性が言われるようになって十年は経つと思うが、日本でのこうした重要な判断力養成の取り組み取り込みは相当遅れている。是非、安倍さんには声を大にしてメディアリテラシーの重要性を説いて頂きたい。

コメント

ジャンプの季節

2017年11月25日 | 診療

     

 今の時期になると師走には受診したくないできないという患者さんが増え、40日以上の長期処方が増えてしまう。複数の疾患を抱える高齢者は月に一回診たいのだが連れてくる人の都合もあるし、自覚症状の乏しい患者さんの中には比較的重症でも長期処方を希望される人が居る。

 自覚症状が無いあるいは病識に乏しい患者さんを月に一度診るのは時に難しい。特に最近総合病院が60日以上という殆ど無責任なと言いたくなる長期処方をするようになったため、医院でも長期処方を所望される患者さんが出てきている。逆に中には病院では山のように薬を呉れると戸惑っている患者さんも居られる。

 確かに病気が安定し患者さんが自己管理が出来る場合には長期処方も妥当だと思うが、それでも60日程度までだと思う。勿論、てんかん、慢性甲状腺疾患や脂質異常症など特に安定している疾患では患者さんの理解が良好であれば60日以上の処方も可能だろう。

 どの程度の頻度での受診が適当かは議論のあるところのはずだが、衆知を集めた議論は聞かない。というのは純粋に医学的な理由以外の要素が絡んでいるからだろう。有体に言えば通院しやすさと経済的な理由がある。総合病院では三時間掛かるのは常識で、半日潰れるというと語弊があるが半日が費やされてしまう。しかも万札で大してお釣りが返ってこない。そうした所に月に一回通院するのはご免こうむりたいのは殆どの人の気持ちだろう。厚労省としても通院すれば必ず少なからぬ費用が発生するので、お安くと言えば語弊があるが適当な費用で診療できるように、長期処方を認めた節がある。

 そこへ行くと医院では長くても一時間大抵は三十分ほどでしかも病院ほどには費用が掛からないので、月一回はさほどの負担ではないだろうと推測する。

 そうした診療形態の弊害というか不合理を解消するために総合病院と医院との役割分担(病診連携)が進み、重症難病は病院で慢性安定疾患は医院で診るようになってきている。重症難病でも普段は医院で診て年に一二回総合病院で診てもらう診療形態も増えている。

 誠に結構なことだが、医院の簡単な問診と血圧と体重を測定する診療を薬を呉れるだけだと勘違いされる患者さんが時々居られ、何とかして長期処方にして貰おうとされるのには閉口する。当院は病気と患者さんを鑑みて可能な範囲で長期、42日処方50日処方60日処方をしており、病気を脇に置いて単に自分の都合だけで、連休を飛び越えるためにやむなく長くした処方をこの前と同じにと言い張らないでいただきたい。税理士が先生の所は一か月の平均受診回数が1.2以下ですねと驚くほど低いので、そうした側面からもこれ以上の長期投与はご免こうむらさせていただこうと考えているが

コメント

リベラルさまざま

2017年11月24日 | 小考

 昨日は比較的暖かく、有難い勤労感謝の日だった。今朝はやや寒いがそれでも青空が見え気持ちの良い天気になりそうだ。11月も20日を過ぎるとどことなく忙しない感じがしてつい速足になってしまう。急ぎ足になると、ふと医者は走ってはいけないと教えてくれたT先生を思いだす。息が切れると冷静な判断ができなくなるからだ。確かにその通りなのだが、どの程度守れただろうか。

 この頃リベラルとは何かという問いかけを目にする。立憲民主の面々を頭に置いた批判的な論調のものが大半で、魂胆が透けて見える皮相にとどまるものが多い。

 政治学などを学んだことはないので、私にも深い議論はできないが、医者が得意のトリアスを上げれば自由寛容公平の精神ということになる。公平というよりはフェアネスの方が適当に思うが、日本語にしてみた。リベラルというのは精神と方法手法のことを意味していると思う。当然、何を頓珍漢なという学問的な批判やリベラル嫌いな人からは格好つけるなという批判はあると思うが、個人的にはそういう感覚がしている。

コメント

隠れている好景気

2017年11月23日 | 世の中

    

 トンボ帰りではあるが、女房の好きな百万都市に出かけてきた。大きなデパートがいくつもある都会に出ると、ひょっとして景気は悪くないのではと感じてしまう。

 しばしば格差社会という言葉が使われる(格差が拡大して遺憾という意味合いで使われることが多い)。本当に日本の格差が大きいものかどうか疑わしいが、同質志向で平均回帰の圧力が掛かる日本では、現在程度の格差も大きく感じられるのだろう。まして拡大傾向があるので一層問題になると思われる。

 格差は個人間だけでなく地域間でも大きいのではと肌で感じた。自分には理解できないがどうしてブランド製品はびっくりするほど高いのだろう。並の十倍はする。しかもわざわざブランド名が入っている。私はブランド名の入った持ち物や衣類を身に付ける勇気はない。

 そうした店がワンフロアーを占め、そこそこお客が居る世界があるとすれば、表に現れにくい経済的に恵まれた人達が居ると思われる。タックスヘイブンの文書が明らかにされ、やっぱりというか思わぬ人の名が取りざたされているが、秘書が秘書がと同じで私は知らない経理担当がと言い逃れるのは許せないなあ。ここは税務署を応援して税金逃れを厳しく取り締まって頂きたい。

 どうも全体の景気はさほど悪くないらしい。それは都会に出るとわかる。唯、アメリカほどではないが富と収入が偏在し、一般人に好景気感は無くて将来不安があるのが今の日本の現状のようだ。

コメント (2)

踊る言葉に踊らされる

2017年11月22日 | 町医者診言

             

 首相の遅ればせの所信表明演説は拍子抜けで短く、しかもさほど目新しくもなく迫力に欠けるものだった。おまけに読み飛ばしていたというから驚く、棚からぼた餅の圧勝で緊張感が欠けているのだろう。オバマは原稿を読まないで格調高い演説をする。私でさえ一時間くらいの講義は原稿なしで出来る。安倍首相は権力維持の策略と権力行使力には優れているが、教養が薄く肝心の政策行政説明脳力が不足しているように見えてしまう。

 尤も雰囲気だけという馬脚?を現した小池都知事とは違い、百年前の安倍的古き良き日本を取り戻そうという確固とした核心をお持ちなので、様々な脚色はあっても一貫性は感じられる。安倍首相をポピュリストとする評論家が居られるけれどもそれは見かけのことで、目指す方向にぶれはないと診る。

 最近はインターネットはほどほどにして新聞やBS放送から情報を得るようにしている。偉そうに響くと本意ではないが悪貨は良貨を駆逐するというか人は易きに付くというか、ネット情報には悪口情報が多くちょっとうんざりする。優れた人物立派な行為を貶せば、相対的な自分の位置が上がると感じられるのだろうか、あるいは人の不幸は蜜の味が露骨に現れているのだろうか、短絡反射的な批判が多い。

 世界は右傾化保守化していると言われる。恐らく根底に将来不安があるのだと思う。唯、守るだけでは危機は乗り越えられないので、保守化もほどほどにと蟷螂の斧は危惧している。以前にも書いたが右とか保守とか左とか革新(最近はリベラル?)の意味内容がはっきりしなくなっている。熟語の意味内容には変遷があると思われるが、変化を上手く説明できないのなら、いっそ別の表現や言葉をとさえ思う。熟慮はそれを支える言葉が曖昧に踊っていては出来ない。

 感じの良さ見かけの良さで目を引くことが重視されるのはコマーシャリズムの影響と思われるが、甘いものばかりだと歯も悪くなるし中性脂肪や血糖が上がり動脈硬化が進み脳梗塞、心筋梗塞、腎不全が忍び寄ってくる。

コメント

そんなと思うことが起きてしまう

2017年11月21日 | 世の中

   

 今朝も晴天で風のない朝だった、北海道などは冬の寒さと報じられている。最近は高々数日で十度近く気温が上がり下がりする。今年は冬が早いですねと言うのは高齢の患者さんだが、どんなものか。もう暖かい日は来ないと思っていると、二十度を超す日が来るかもしれない。

 思いもよらぬことが起きるのが人生。こういう仕事をしていると、しばしば安穏を切り裂く悲報に、驚かされ心が痛む。病身の夫を献身的に介護する妻という組み合わせは多い。よくまあこの我儘男をと秘かに思ったりするのだが、健気に介護していた奥さんの方が、思いがず急逝されることがある。Kさんこの頃来ないなと思っていると、奥さんが急に亡くなり施設に送られたそうですなどという情報が入ってくる。

 献身的な介護の果てに夫を見送り、肩を落としていたのも数か月で、次第に溌剌と自分の人生を歩み始められる奥さんも多いのにと、この世の理不尽に何とも言えない気持ちになる。しかしまあ、誰しが四十年も生きれば世に潜む理不尽を思い知るものだ。

 昨日も不機嫌な夫を車椅子に乗せてNさんが受診された。看護師と二人掛かりで体重計まで移動させ、一瞬手を放す、58kg。長患いの脳梗塞にしては結構な体重だ。40kgあるかないかの奥さんに介護は重労働だろう。患者さんだけでなく奥さんの健康も祈ったことだ。

コメント