駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

初秋から晩秋に突入

2016年10月31日 | 人生

   

 高々13,4Cで寒い寒いと言えば北国の人に笑われるだろうが、もう丁度良いを通り越し寒いのだ。医院の玄関を開けても誰も待っていない。この程度の寒さでも、寒くなり始めは患者さんの出足が悪くなる。

 明日から十一月で晩秋の気配がある。中秋があったのかなかったのか、十日間ほどの中秋で、初秋から数日で晩秋に突入する感じがある。十一月というと、もう今年も終わるなと、忙しない感じがしてくる。

 こういう引用をすると不謹慎と言われるかも知れないが、まあ無事平穏に暮らしている私も人生の秋に何を残しただろうと寝床の中で考えることがある。つい先日、年に数回会って話をする年下の知人が亡くなった。丁度一ヶ月ほど前会食でお会いしたばかりだ。その時は元気そうで、「先生、いつもありがとうございます」と十年ほど前一寸手助けをしたことのお礼を言われ「とんでもない」とお答えしたばかりだった。出血性脳梗塞だったようで、亡くなる数日前会った人は、会話がスムースでなく返事に間があり頓珍漢なことを答えられたので変だなあと思ったと言われた。前兆があったようだ。大変な飲酒家だったので、周りの人も気付きにくかったらしい。

 しかしまあ、こうしたことがあると、何と言うことだ人生は儚いなあと感ずる。自分も思い残すことのないように生きなければと考えて、果たして私は何を残しただろうと虚を突かれた。市井にあって一降りの塩程度でも、もって瞑すべしなのかも知れない。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遠くを見て動く

2016年10月30日 | 医療

          

 人間の距離や時間感覚は、個人差はあるが身近な日常から形成されると思われる。建築家や医者そしてパイロットや新幹線の運転手は職業上、違う感覚を身に付け得るが、普通は二三週間、十数キロが日常の感覚範囲だろう。海外旅行に行くとか、車を買うなどといったことは特別で、具体的な計画が立てられるから、かなり先や遠くを感じ考えることが出来る。

 確かに先のことはわかりにくいのだが、先をみて行動しなければならないことはたくさんある。たとえば病気(生活習慣病)は、十年二十年先を考えて治療してゆく必要がある。高血圧、脂質異常症、糖尿病、慢性腎炎・・・などは自覚症状はなくてもきちんと定期的に通院して管理してゆかないと病気が進行したり合併症が出てきたりする。残念ながら、二三割の人は自覚症状がないからと脱落して行ってしまう。勿論、病気は百パーセント防げるのもではないが、きちんと管理すれば健康寿命は延びるし、不幸な事象を減らすことが出来る。厚労省が保険で認めている現代の医学には、きちんとした証拠がある。医学というのは工学などと違い計算式に追い込めないものも多いが、統計的に処理がされて良い治療が選択されている(中には希にインチキをする研究者も居るようだが)。

 要するに概ね正しいというか、現時点で最善と考えられている指針が出ている。だから自覚症状がないからと、健診などで指摘された異常を放置するのは賢明とは思われない。長い先を見て行動することが大切と思う。これは医療に限らない。ただ、世の中は十年先はわからない、五年先もはっきりしない。ただ、みなさん、それまで元気で生きていて確かめたいと思われるのではと思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わからん、本音と建て前?

2016年10月29日 | 世界

        

 日本が核兵器禁止条約制定に反対というのはどういうことか、よく分からない。アメリカの核の傘に入っているので、その防護機能が失われては困るということなのだろうか。果たして核の傘は何処まで本物だろう、内向きのアメリが本当に血を流して日本を守ってくれるだろうか、怪しいものだ。どうも核の傘というのは国内向けの説明という側面も大きいと思われる。首脳陣は広島や長崎では核廃絶を口にするけれども、本音は武力には武力で対抗する考えで、持てるものなら核兵器を準備し、力強い外交で国益を守りたいと考えているのではと推測する。

 以心伝心かマスコミの取り扱いは小さい。外務大臣は反対は戦略的なものと説明しているが、せめて棄権すれば良かったと思う。狡いようだけれども被爆国としては細い筋でも筋を通すべきだったと思う。これから岸田外務大臣が核なき世界をと言っても胡散臭い目で見られるようになる。

 悪い奴には核使用もやむを得ないと睨めば、異悪者扱いされた側はお前こそ悪だと反発するのが歴史の教えるところで、危うい均衡はしばしば頭に血が上った人物によって崩されてきた。今までは紆余曲折栄枯盛衰はあってもネバーエンディングストリーだったのだが、核を使い出すとストーリーは違ってくる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見えないものから見える

2016年10月28日 | 人生

      

 今朝は曇天でやがてハロウイーンにしては生暖かい。日本化した欧米の行事は数多い、ハロウイーンも十年前までは「ふーん」という程度の行事?だったと思う。商魂にネットが絡み、仮装の面白さが若者の心を捉えたのだろう。ハロウイーンはIoTではなくToTなのだが、日本では換骨奪胎、夜の街では別の形を取っているようだ。

 昔の人は、江戸と背中を見て死にたいと言ったらしい。江戸はともかく背中は見ることが出来ない。その見ることができないものがあなたの秘密というほどではないが真実を語っている。後ろ姿の告げるものにはっとすることは多い。つい先日も平凡だが、Fさんも年を取ったなあと思ったことだ。

 高々二ヶ月ぶりに会ったのだが、どうも膝が痛くてねと微かに足を引きずりながら去って行く後ろ姿にお爺さんを感じた。六月一杯で全ての役職を辞められ、漸くのんびりだよと聞いたのだが、残務の整理を終わり悠々自適となると老けるのかなと、ちょっと残念というか寂しく思った。Fさんは五歳年長の企業戦士で海外勤務も長く、世間の狭い市井の医者にあれこれ異業種異文化の話を聞かせてくれる。まだまだ頭脳明晰で電気通信関係の最先端の技術を解説してくれ、一応成る程と聞いている。全部きちんと理解出来なくても面白く為になる。塗装業のKさんなどは何にもわかんないと言いながらもニコニコと聞いている。

 自分の後ろ姿を見ることは出来ない。ちょいと年を取った、駄目だなあとまだまだを行ったり来たりしながら、現役を続けている。それこそ十年二十年通っている患者さんは、一緒に年を取って行くので、私の老化に気付かないようだ。私の方は杖を突かれよっこらしょと立ち上がって診察室を出て行く後ろ姿で年月を感じる。共に歳を取るといっても十五年二十年年長の患者さんは一人又一人と欠けて行くので、いつまでもとは行かないのだと気付かされる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どう言うた、それはどうゆう手大統領!

2016年10月27日 | 政治経済

             

 ドゥテルテ大統領がどこまで本気で暴言を吐いているか不明だが、民衆の心を掴む話し方に長けているのは確かだ。知的な印象は薄く、一見大統領には見えないが、したたかな計算を働かせて発言しているのは間違いない。オバマ大統領を悪し様に言うのは元々立派そうな人道的発言をする人物をすかした野郎だと嫌っていた?こともあるだろうが、アメリカとの同盟関係を反古にするというのではなく、オバマへの悪口を利用して対等な立場に立とうとする意図があると見る。中国に行けば習近平に美味しいことを言い、日本に来れば安倍首相に美味しいことを言う。そうして実利を得ようというわけだ。成る程、老練そうな手口であるが、安倍さんもその辺は心得ているだろうし、まして習近平となれば、足元を見透かしているだろう。アメリカも本音と作戦を抜かりなく分析しているはずだ。

 いづれにしてもドゥテルテ大統領が役者のことは間違いなく、東南アジアから極東に掛けて政治舞台が賑やかになる。北には刈り上げ氏も居るし、お隣にはふらつき始めた女性大統領も居る。舞台には役者が揃った。役者振りで安倍首相は引けを取らない。*は*を持って制すとも聞く。安倍外交の腕の見せ所だろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

税金使途マップを提案する

2016年10月26日 | 政治経済

                      

 今朝は昨日と打って変わって暖かい。吊革にぶら下がって考えた。

 ネットにはグーグルマップという優れた情報源がある。これは驚くべき優れもので、日本地図の縮尺を大きくしてゆくと、あなたの家も私の家も見つけることが出来る。こういう物があったらいいなという物が現実化している。

 同じような税金使途マップという物を作らせて公開したら良いと思う。直ぐ、防衛費の使い道がわかっては困ると防衛関係でない議員も異口同音に反対するだろう。疚しいところのある議員が多いからだ。まあ防衛費に関しては螺子一本とまでは要求しない。しかし、議員の政治資金の使い道は怪しげな飲み食い代まで詳細がわかるようにするといい。

 人間は身近なものやことほど関心を払う習性がある。それを活用し、税金の使途をグーグルマップ方式でわかるようにすれば、いつも支払う時には大きな関心を払うのに使われ方には殆ど関心を払わない国民の意識を変えることが出来ると思う。

 勿論、功罪があり悪用する人も出てくるだろうから、閲覧可能な場所を限定するとか、詳細を見るには身分を明らかにする必要があるとか、ネット利用では交際費の詳細までは明らかにしないとか、利用法に工夫が必要かもしれない。いずれにしても税金が何に使われているかを身近に感じさせるツールがあれば、何かが変わる気がする?。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

贔屓の話は腰を折らない

2016年10月25日 | スポーツ

         

  今日は薄曇りで涼しい。恐らく年に二三十日しかない丁度良い気温の日になるだろう。好みの気温は人によって違うから微妙だけれども、暖かめがよい人もちょい寒むがよい人も、年に丁度気温のよい日というのはさほど多くないと思う。

 地軸の傾きで恵まれた四季を最も繊細に味わえる国と言われる日本だが、どうも春秋が短くなってきた感じがして残念だ。患者さんにも暑がりと寒がりが居て面白いのだが、寒いのが平気というのはやや男に多いように観測している。育った土地による差もあるのだが、北国から来た人の耐寒力も数年すると失われるようで、五年もすると高々四度五度で寒い寒いと言い出す。

 さて寒い札幌に行った広島はこの勢いで、日本シリーズを制するのだろうか。寒さで調子を狂わせ、日ハムが盛り返すだろうか。短期決戦は躓くと立ち直れないことがある。ファンの数も勿論だが、気温も広島の大敵だろう。

 医師会には広島出身の医師も居て、当然広島応援なのだがカープの昔話を聞かせてくれる。カープは貧乏でね、寄付する箱が置いておいてあったんよと始まる。岡山広島山口と連携仲良くというわけではないようで、刺激しないように広島話を聞くことにしている。それぞれの県に医学部があるのだが、仲良くやっているわけではないようで、当然身びいきがある。遠くから見るとやや岡山がという印象もあるのだが、そういうことは広島育ち広大出身の先生には匂わせないようにして、ははあ成る程そうですかと聞くことにしている。

 MLBの方はカブスとインディアンズということになっているが、シカーゴのカブスを応援している。優勝から遠ざかっていてシカゴの街に行ったことがあるという単純な理由だ。試合というのはどちらかに肩入れすると数倍面白くなるのだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NHK杯、三浦vs橋本を観戦した

2016年10月24日 | 趣味

          

 将棋界の大きな汚点となろうとしているカンニング疑惑と疑わしきを罰する処置の渦中にある二人の直接対決を見た。録画は問題が起きる一ヶ月前で、興味津々で観戦した。

 先入主からか異様な雰囲気を感じた。力の乱戦(殴り合い)を制したのは橋本八段で、どうも三浦九段は競り合いの力比べでは弱いのではないかという印象を受けた。投了はプロなら一瞬で分かる場面で、あそこで考えて余計な一手を指すのはおかしい。橋本八段にはファイト以上の敵愾心が感じられ、やはり三浦九段のカンニングを疑っており、カンニングが出来ないNHK杯では絶対負けないぞという気持ち?を強く感じた。

 三浦九段が黒か白か、灰色というのが多くの棋士の見方のようだ。離席が多いからコンピュータ将棋と指し手の一致率が高いからというのは全て状況証拠からの疑念にすぎない。三浦九段には酷だが、こうした疑念は他の一流棋士だったら浮かばない可能性が高い。それだけ三浦九段は謎が多く、ひょっとしてと思われる側面を持っていたと言える。私は限りなく白に近い灰色と見ているが、それはこれだけ実績のある一流プロ棋士がという一般論からで、三浦九段の人となりを知っていてそんなことは決してする人ではないというのとはとは違う。三浦九段には大変失礼な意見だが正直に書いた。

 三浦九段を真っ黒と書いた橋本八段を責める気にはならない。表現の仕方には多少問題はあっても、名を名乗ってご自分の意見を述べられたので受け入れられる。

 しかしまあ、そんなことをしてまで勝ちたいか、そしてそんなことをしたら将棋界が潰れてしまうのを考えないのだろうかと思う。また、そういう人が身内のプロに居ると疑う棋士が多いというのにも些か失望した。

 アマチュアの中にはネット棋戦でコンピュータを使う不届き者が多いそうだ。それにはさもありなんと思う。十年ほど前、ちょっとだけネットを使って将棋を指したことがあるが、二十人に一人くらい非常に不愉快なことを言ってくる人が居て嫌気が差して止めた。なんというか勝ち負けだけにこだわり非常に視野が狭く、匿名なのを良いことに非礼なことを書いてくる。

 ああ将棋界までと、人間は難しいと思うのだが、卑劣なことをしない人も多い。そしてそれは大記録達成や大発見と違い誰にでも出来ることだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

刃物を振り回しても

2016年10月23日 | 町医者診言

              

 ネットニュースや新聞の社会面を見ていると刃物を振り回して人を脅し傷つける事件が多い。半世紀前もそうだったかどうか記憶がおぼろだが通り魔はともかく、痴情のもつれとか恨みとかもう少し強い動機があったような気がする。だからといって刃物が出てきて決していいわけではないが、刃物では何も解決しない、傷つくだけだ。他にも半世紀前とは変わってきた犯罪があると思う。

 疾病構造はこの半世紀で明らかに変わった。医師はそのために研究勉強し、何ほどかの成果を上げている。教育関係者や警察は犯罪史の変遷を研究分析し、対策を練ってほしい。勿論、そこそこの研究が行われていると思う。私が知らないだけかもしれないが不十分だと感じる。力が足りなければ、各方面に問い協力を頼んだらよいと思う。

 なぜ稚拙であまりに簡単に切れた犯罪が増えたか、人間の幼児化というか未熟さと無関係ではないと推定する。確か寛容と忍耐といったのは池田首相だったと思う。今の政治家に最も求められる資質ではないか、政治家も小粒幼稚になった。

 教養の大切さを今ほど感じる時代はない。教養をないがしろにすると小石に躓いて転ぶことになる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書状交換も未見に終わること

2016年10月22日 | 人生

          

 街中で内科診療をしていると様々な病気を診ることになる。中には自分の守備範囲を超える病気や病態もあり、そうした患者さんは専門科や総合病院へ紹介することになる。だいたい毎日一枚紹介状を書く、そして週に一人くらい人院を要する患者が出てくる。

 紹介状は数行で、特別な場合を除いて簡潔に書いている。細かく書く時間もないし、読む方も長いと大変だろうと思うからだ。返事も八割は簡潔なものだ。中に二割ほど詳しく丁寧に書かれているものがあり恐縮する。その多くは女性医師で、彼女らのきめ細かさ心配りを感じる。

 書状というものは簡潔であっても、どこかに人となりが現れ、またこの先生にお願いしよう、あるいは希ではあるがこの先生は御免こうむりたいと感じさせる。

 この辺りは自分は病気かもしれないと思うこともあるが、女性医師だと名前に想像を逞しくすることもある。名前なんて符号だという人も居るが、そうは思わない。この頃は子の付かない名前も多く紗、映、佳など美形ではないだろうかと勝手に想像してしまう。そういえば「君の名は」という映画が人気の様子だ。

 まあ、天が二物を与えることは多くはないから、実際にお会いすると息を吐くこともあるのだが、何度も紹介状のやりとりをし、事務的な内容のどこかになんとも丁寧で優しい感じがすると、一度直接お礼を申し上げたくなる。彼女達は殆どが若く部長クラスではないので、お会いする前に移動というか転勤がありついに未見に終わることも結構ある。

 一寸考えれば分かることだが、世の中未見に終わることの方がうんと多い。会うあるいは見ると言うことがどれほどの重みを持つものか、百聞は一見に如かずには単なる知識以上の感覚のことを言っているのかも知れない。不思議なことだがお会いすると分かったような気がする、高々数分で本当に分かるとは思えないがストンと納得するのは間違いない。

 果たしてブログでお知り合いになった方にお会いする機会があるだろうか。 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加