駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

アイオワかカンサス

2009年03月31日 | 趣味
 地図を見るのが好きだ、趣味のひとつと言えるかも知れない。地図を見ながら色々考えるのが楽しい。
 アメリカなら何処に住んでみたいか。マンハッタンニューヨークも魅力あるが、なぜかアイオワかカンサスに住んでみたい。アイオワはかすったことはあるがカンサスは未踏。何でそんな辺鄙な所という人も多いだろう。私の年代のおじさんあばさんのアメリカのイメージはニューヨーク(ボストン、シカゴ、アトランタ、ニューオーリンズ)フロリダ、グランドキャニオン、カルフォルニア(ロス、サンフランシスコ)くらいでできあがっている(この頃はイチローのお陰でシアトルも入ってきたかな)。すっぽりと真ん中が抜け落ちている。
 しかるにアメリカ通??の私はカンサス、コロラド、ネブラスカ、アイオワがアメリカの肝の菱形と見ている。まず音の響きからして、おおらか(おおまか)でよい。意味はよく知らないが、ひょっとしてコロラドは赤い土地と言うような意味だったかと記憶する、ヨーロッパとは異なるクルードな西欧文明の良さとインディアンが愛した広い大地と空の広がりがある。その菱形の中に文明があるだって草原の間違いじゃないのと笑われそうだが、簡明で退屈も文明。
 で、お前はそんなところに住み着いてどうするんだ。別にどうもしない。住んでみなければ味わえない味を噛みしめるのだ。細部に宿る神は時に大いなる大地に休むだろう。ひょっとして、天啓があり、なにか作品が生まれるかも知れない。
 余談だが、カンサスをキーワードにブログ釣りをしたら大物(元おぼこ今***)の楽しいカンサス便りを釣り上げることができた。
コメント (4)

サービスの加減

2009年03月30日 | 世の中
 医療はサービス業に分類されている。この場合のサービスは奉仕とは少し意味合いが違うらしい。まあしかし、医業には奉仕の精神と奉仕の部分があるのは確かで受付は身体の不自由な方や理解の悪い方には手を差し伸べて対応している。
 受付はいつもは穏やかなのだが、時折憮然としていることもある。というのは、親切が仇というか、親切に食らいつく方がおられるからだ。医療には申請すると、さまざまな公的サービスが受けられるようになるものがある。こんなこともありますよと説明して役所に連絡してみたらと勧めると、「なるほど、それは有り難い。・・・あんた電話してよ」。となる患者さんや患者家族がおられる。勿論、いろいろなハンディのある方なら喜んで代わりに連絡するのだが、単に面倒だから頼んでしまおうというおばさんにはチョットオと閉口する時もあるらしい。
 上記はまあ、どこでもよくあること?なので、首を傾げながら密かにため息をついて?お手伝いしているようだ。
 似たようなことだが、医療の料金体系には目に見えにくい行為の対価のものがあり、AさんとBさんがどうして同じ料金なのだろうかと得心が行かないことも時々ある。
 数ヶ月前から喉の違和感が取れないおばさんが受診された。あちらの耳鼻科こちらの内科に受診したが異常ないと帰されたという。住専や政治の闇と同じように家庭の闇というか、色々話を聞くと実は娘の別れ話で心を痛めている。3歳と5歳の孫が居る。どうもDVや浮気ではない様子。夫婦間のことはわからないと思うのだが、子供が中学を出るまでは仮面夫婦で良いから一緒に居ろと、かき口説いているらしい。「娘が我が儘で」と泣きそう。まあそれだけが原因かどうかははっきりしないが、話をしただけで眉間の皺が減ったので、症状と何か関係があるのは明らかだ。この程度の、話を少し時間を掛けて聞いた、ことで追加料金をなどと世知辛いことは思わないが、自己管理が出来ており、あっさり二言三言で帰られる患者さんと同じ料金なのは妙な気もする。どうも心尽くしというか計量できない労働の評価は難しい。サービス(奉仕)は無償でも根底は弱者に向けてのものなので、そこいらを察していただければと願う。
コメント (2)

桜二分咲き

2009年03月28日 | 自然
 近くの桜が咲き始めた。この季節になるとあちこちに桜があるのに気付く、枯れ木の期間が長いので気にも留めないでいたのが、枯れ木に花が咲くという言葉通りに突然華やぐので、なんだここにもと驚かされる。
 昨年も桜について書いたが、どうも桜には心が揺れる。原風景は小学校の校庭の桜か。ああと、懐かしい光景が瞬時に脳裏を過ぎる。薄桃色の花びらのあの淡さとはらはらと散りゆく潔さ、花は桜木と日本人の心深く植えられた花だ。
 そうした民族的な素養を基調にしながら、見た場所時そして一緒に見た人を思い起こさせる力で桜に勝る花はなかろう。私が桜を見て懐かしい人達を思い出すように、私(じいちゃん)と見た桜だと思い出すだろう掌の中の小さな手の感触もある。
 米国の首都ワシントンポトマック河畔にも桜が植えられているという。団子ならぬチェリー入りアイスクリームを嘗めながら、観桜のそぞろ歩きがされているのだろうか。勝手な想像だが日本のような感興はなさそうに思う。
 写真の桜も一週間もすれば満開となるだろう。四月になったら正真正銘、日本の鄙の桜をお目に掛けたい。カメラマンの腕がもう一つなのはご勘弁を。
 
コメント (4)

過剰診断の問題

2009年03月27日 | 医療
 おそらく全ての精度管理に当てはまるのだが、95%の精度を99%に高めようとすると数%の努力費用では済まない。何らか新しい方法が開発されれば別だが、倍以上のコストが掛かる、場合によっては達成不可能のこともある。新しい方法が開発されても、その方法で99%を99.5%に高めようとすれば、僅かなコストの負担では済まない。
 似たようなことが病気の診断にも起きている。血液検査で分かる癌などと過剰な期待を与える報道があるが、実際に血液で分かる早期癌はほとんどない。前立腺癌は例外的に血液検査で早期癌を見つけることが可能である。そのために泌尿器科学会ではPSAという血液検査による前立腺癌の検診を推奨している。
 奇妙なことに厚労省はこのPSAによる前立腺癌検診に積極的でない。まだこの検診で前立腺癌死が減ったという科学的なデータが十分でないというのがその言い分なのだが。自治体によっては既に実施して実績を上げているところもあり、勘ぐれば、厚労省の懐具合いが関係しているように取れる。
 問題はこのPSA検診で10%程度、見つからなくても生命予後に関係のない微少早期癌まで見つかってしまうことだ。前立腺癌というのは実は高齢男性の数%に認められる非常に多い癌で、その多くは無症状で前立腺癌を持ったまま他の病気で天命を全うされている。
 しかしながら、どんなに小さくても癌がありそうということになればいろいろな検査を受けることになる。検査にはリスクと費用が付きまとうので、泌尿器科医と健康保険は頭を抱えることになる。それに第一、灰色の疑い例を虱潰し出来るほど泌尿器科医数は多くない。
 どうすればよいか。どうすればよいと思いますか。実はこれは氷山の一角、医療には患者さん達に冷静論理的に考えて頂きたいことが山ほどある。これからも、時々氷山をお見せしましょう。
コメント (4)

光のどけき春に

2009年03月26日 | 自然
 雨上がりの今朝は空気は澄んでいたのだが肌寒く、足早に出勤した。道すがら春を確認した。もう先の曲がり角ではなく目の前に春が来ている。なぜわかったか、それは光だ。光の強さか色合いか、光の変化に春の記憶が呼び起こされた。勿論、風にも微かに春を感じたのだが、鼻がさほど利かず、目の不自由な人ならきっと感じるだろう春の香り混じりの肌触りは私には定かでなかった。
 普段はあまり意識しない光の変化に気付いて、なぜ可視光線が今の波長範囲になったのかと疑問が湧く。なんでもそうなるようになっていたからだと言われると鼻白むが、恐らく原始の時代には紫外線や赤外線よりも可視光線の波長が生存に有利だったのだろう?。
 人間には分からないが今年は太陽活動が活発になる周期に入っているのに黒点がほとんど現れず、微かに太陽が沈滞しているのが観測されている。百年に一度でなく四百年に一度の天変地異の到来だと言う人もいる。針小棒大というか十分な科学的根拠のないことで騒ぐのは愚かしいと思うが、物理的な現象と人間社会は別だといっても、全く無関係とは思えず、余りよい気はしない。
 芽を付けた桜の枝越しに差す光に春を感じ、あそこに行きたい、あれも食いたいと希望?を膨らませながら、平成は平らかに成るとも限らないなと静心を些か乱される。
コメント (2)

パリに住む

2009年03月25日 | 世界
 少し先輩の友人ご夫妻と会食した。彼はかねてから65歳を定年と設定し、65歳数ヶ月で医院を譲渡され、今はパリに住み年に数回日本に戻られる。しばらく和食が食べられなくなるというので鄙には稀な腕の立つ料理人の手になる懐石をご一緒した。
 いつものワインの代わりに冷酒を飲みながら四方山話をした。貧乏性の私は「毎日、何をされているのですか」などと、ぶしつけな質問をしたのだが「別に何もしていませんよ」。と笑っておられた。どうもご主人の方が台所に立つ頻度が多いらしく、市場に買い物に行って昼食などを作るのを楽しんでおられるようだ。彼は四十近くになってからフランス語を勉強され、日常生活に全く不自由しないほどの力を付けられた。英語しか話せない(これは若い時に身に付けた)私は恐れ入ってしまう。だいたいあの鼻に掛かった不明瞭に聞こえる発音を聞いただけで、こりゃ無理と逃げ出したくなる。まだドイツ語の方が仕事柄、頑張れば(頑張れないのだが)なんとかなるかなあと甘い幻想を抱ける。
 まず日本を離れることに抵抗をお感じにならないようだ。そしてなんというか、フランス否どうもパリが非常にお好きなようだ。奥様も「私はフランス語はちっとも駄目よ」。とおっしゃりながら西洋文化の中に浸ることがお好きなようだ。「遊びにいらっしゃいよ」と誘われたので、「はあ、いつか」。と答えたのだが、今度の連休は準備が遅れ、パリ行きは上手く割安切符が取れなかった。そのうちと思ってもなかなかなのだが、今から心づもりをすれば何とかなるだろう。
 それにしても夢を叶える。凄い力だ。
コメント

二つの予想と分析

2009年03月24日 | 世の中
 WBC、韓国と五度目の対決。なんというかあんまりな感じがする。イチローのもういいでしょうは本音で素直な感想と思う。勿論、日本を応援しているがギシギシギラギラした心境にない。これがどう働くか、きっと良い方向に働く気がする。

 もう一人の一郎の進退が表明するようだ。どうするにせよ、その意思を尊重したい。おそらく続投するだろう。
 現在展開されているこの非論理的で感情に訴えた見せしめ擬似裁判は不当だと思う。まるで旧い自民党のような体質という批判は許容されるだろうが、犯罪者のように扱うのは明らかに行き過ぎだ。
 さほど遠くない昔、今はマスコミに神のごとく尊重されている王が長島氏に比して不当に低く扱われていたのを思い出す。

 マッカーサーのあの言葉の真意や発せられた状況は知らないが、私は今日本人にもう少し成熟した思慮と判断力が求められているのではないかと考えている。目に見えにくいが経済危機に劣らぬ危機に直面しているのだ。
コメント

子供の不思議

2009年03月23日 | 身辺記
 春休みで孫達が遊びに来た。来れば喧しい帰れば寂しいのだが、やはり大歓迎だ。ホテルのバイキングが大好きなので連れて行く。ゆで卵を持ってきてそのまま囓ろうとしているので、これはこうやって叩いて殻にひびを入れて剥くんだと教えると、落ち着きのない4歳児が根気よく最後まで殻を剥いた。そのまま食べている。本当はちょっと塩を付けた方が美味しいのにと思ったのだが、薄味に慣れさせた方がよいかなどと余計な医者心が出て黙っていた。これで次からはゆで卵を上手に食べるようになるはずだ。
 見ていると妙な物が好きだ。トマト、生姜、蛸。それに結構好き嫌いがある。何でも食べなきゃと言っても、首を横に振って拒否反応を示す。自分が子供の頃は好き嫌いが言えなかった。好き嫌いも何も、出てくる物しかない世界だった。それでも所謂子供の嫌いな物、にんじんやネギの白いところなどは許して貰えたと記憶する。大人になれば好きになると言われその通りになった。
 今は物が溢れ、少しずつ親が子供に甘くなっているような感じもする。それでどういうことになるか、少し不安でもあるが見守るしかなく、その結果を知るほどは長生きできるかどうか。
 自分の子供では気が付かなかった成長過程が孫になると良くわかる。ちゃんと話が出来ないのに不思議な理解力と記憶力を備えている。子供がこんなに面白い生き物だとは。孫に接して今更ながら驚いている。
コメント (2)

田原総一郎交代

2009年03月23日 | 世の中
 田原総一郎という人が居る。政治メディアの親玉?のごとく権力に迫っている?が、一体に何を明らかにできたか、してきたか。私は功よりも罪が大きくなってきていると思う。
 二つ問題点を指摘したい。一つはあまりにも問題を単純化し過ぎる。イエスかノーかで答えられるほど世界は単純ではない。経緯と広がりのある複雑な問題を二者択一で答えるように迫るのは無茶だ。
 もう一つは陰謀嗜好だ。政治に陰謀は付きものといっても、いつも他人の言明を疑ってかかるのは解決を遠ざけ前進を妨げるのではないか。
 こういうけしからんことがあるという事態を国民の目に曝すことを活動指針にしておられるように見える。情報開示の優れた手法だとうことなのか。
 二つの問題点は分かってやっていると言われるかもしれない、であればそうした手法で失われる部分を補う必要があると申し上げたい。
 田原交代と告げたくても、ブルペンに人材は乏しいようだ。田原総一郎を退け凌ぐのは誰だ。
コメント

それは勘弁1

2009年03月21日 | 診療
 町医者にはそれは勘弁ということがいくつかある。恐らく多くのサービス業の方が同意されるだろうがまず電話だ。開業当初に比べ半分以下に減ったが、それでもほぼ毎日帰宅後電話がある。電話というのは今やっていることを止めて出なければならないので、ほとんど暴力である。重要な用件なら、迷惑と感じないのだが、午前の診察は何時からとか、祝日なのに今日はやっているかとかいう電話には辟易する。そういう人は決して名乗らない。
 家に居ない時は留守電に入れると携帯に転送される仕組みになっている。どういうわけか車運転中とか、医師会の会議中に掛かってくることが結構多い。しばらく走ってコンビニに止めたり、席を外したりして、留守電を聞くと「なんだ、留守電か」ガチャっというメッセージがしばしばあり、こちらの血圧が上がってしまう。どうしてそんなメッセージを入れるのだろうか。「先生、川向こうはねえ」。と当地生まれの医師に首を傾げられた土地柄のせいかと余計なことまで考えてしまう。
 電話なんか出なけりゃいいと言う仲間の医師も多いが、そうすると大切な用件まで届かなくなってしまう。どうしてある犠牲というか無駄を取らないと、実が取れない。おそらく仕事というものはそういうものだろう。しかし、現実には不快な電話のあと15分くらいは、いつももう電話に出るのはよそうと思ってしまう。
コメント