人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

新入社員教育 カリキュラム例

2010-04-13 11:17:25 | その他

───会社に安定と発展を 社員にいきがいと成長を───


こんばんわ 東京都北区の人事コンサルタント・社会保険労務士 内野光明です。


新入社員とおぼしき面々は、街を歩くとすぐにわかりますね。

まだ、着慣れていないユニフォーム姿やスーツ姿に初々しさを感じます。

不安と希望が入り混じった、今の気持ちを生涯の職業生活において忘れないで

抱き続けてほしいと思います。



さて、私はかつて企業の人事部にいたとき、新入社員研修のカリキュラムを

作っていました。



中小企業に行きますと、いきなり現場でOJTになってしまう場合がとても

多いのですが、時間をつくって1日でもかまいませんので、

OffJT で新入社員研修を実施した方がよろしいと思います。

そして、彼らの一番最初の社会人生活のスタートに是非、次のような内容を

学ばせてあげてほしいと思います。


1.仕事の厳しさをしる。
→どのような態度で仕事をするのか。
→わが社をとりまく経営環境はどうなっているのか。
→会社の理念が分かっているか。
→会社の経営課題は分かっているか。
etc.


2.現場の大切さをしる。
→どのような人材を求めているのか。
→会社の業務内容は分かっているか。各セクションの役割は分かっているか。(組織)
etc.


3.健康に安全に仕事を行うことをしる。
→就業規則、安全衛生教育。
→給与の仕組みはどうなっているか。
→会社の人事制度はどうなっているか。
etc.

なお、講師は各部の部門長、組織が小さければ社長がされてもよいでしょう。

昨年、一昨年の新入社員に特定部分で講師となっていただくのも、過去の新入社員への

育成という面ではよろしいと思います。新入社員としては、年齢の近い先輩が

話してくれるので、とても興味を持つと思います。



秘書の方や総務経理等の事務員については、

外部講師によるマナー教育も必要なのかもしれません。



このような研修を通じて、学生から社会人へ脱皮していただきましょう。


■貴重なコメントお待ちしております

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
workup人事コンサルティング
社会保険労務士 内野 光明

【公式サイト】
「労務管理は心の管理」workup人事コンサルティング


Copyright© 2010 Mitsuaki Uchino.All Rights Reserved.
blogram投票ボタン
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 就労可能診断書があれば、休... | トップ | セミナーご参加ありがとうご... »
最近の画像もっと見る

その他」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事