人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

'16年「「労働争議統計調査」の結果を公表/厚労省

2017-08-29 23:36:39 | 労働法



こんばんは。 株式会社workup人事コンサルティングです。



厚生労働省は、2016年の「労働争議統計調査」の

結果を公表しました。この調査は、全国、全産業

を対象に、労働組合又は労働者の団体とその相手方

との間で生じた紛争のうち、争議行為が現実に発生

したもの、又はその解決のために第三者が関与したもの

をまとめたものです。

2016年の件数は391件と、7連連続の減少となり

ました。

労働争議の主要要求事項とは次の通りでした。

・賃金に関するもの 167件(昨年度195件)

・経営・雇用・人事に関するもの 160件(昨年度167件)

・組合保証及び労働協約に関するもの 99件(昨年度112件)


詳しくは厚生労働省公表の資料をご覧ください。

厚生労働省


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【公式サイト】
株式会社workup人事コンサルティング

社会保険労務士内野光明事務所

勤労者世帯の実収入、前年同期比で実質0.4%減/総務省

2017-08-24 23:42:37 | 賃金:全般



こんばんは。 株式会社workup人事コンサルティングです。



総務省は、「家計調査報告(家計収支編)2017年

4~6月期平均速報」を公表しました。



この調査によると、1世帯あたりの1ヵ月平均の消

費支出は、総世帯で240,326円と前年同期比で実質

約0.1%の減少でした。


二人以上の世帯平均は、282,596円と前年同期比で

実質約0.2%の増加でした。



支出の内訳としては、「食費」がもっとも多く、

「交通・通信」、「教養娯楽」と続きました。





詳細は、以下の資料をご覧ください。


<"http://www.stat.go.jp/data/kakei/sokuhou/shihanki/pdf/gaiyou.pdf">■家計調査報告/総務省 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【公式サイト】
株式会社workup人事コンサルティング

社会保険労務士内野光明事務所

地域別最低賃金の改定額を答申

2017-08-22 23:52:32 | 賃金:全般



こんばんは。 株式会社workup人事コンサルティングです。


すべての地方最低賃金審議会は地域別最低賃金の

改定額を答申し、厚生労働省はそれを取りまとめた結果

を公表しました。

改定額の全国加重平均額は848円となり、昨年度と

比較すると25円のアップとなりました。これは、最低

賃金額が時給のみで示されるようになった平成14年度

以降、昨年度と並んで最大のアップとなりました。

最高額は東京都の958円、最低額は高知県等8県の

737円となりました。大多数の都道府県では、平成

29年10月1日を発行予定日としています。

地域別最低賃金の答申状況は以下、厚生労働省

発表の資料をご覧ください。

■厚生労働省


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【公式サイト】
株式会社workup人事コンサルティング

社会保険労務士内野光明事務所

非正規割合37.1%/総務省

2017-08-18 23:53:19 | パートタイマー関連



こんばんは。 株式会社workup人事コンサルティングです。


総務省は、労働力調査 平成29年4~6月期平均

(速報)結果を公表しました。



この調査によると、役員を除く雇用者5441万人のう

ち、非正規の職員・従業員は2018万人と、全体の約

37.1%という結果でした。



非正規の職員・従業員について、男女別に現職の雇用

形態についた主な理由としては、「自分の都合のよい

時間に働きたいから」が最も多いという結果でした。



労働力調査とは、全国で無作為に抽出された約40,000

世帯の世帯員のうち15歳以上の者約10万人を対象とし

てその就業・不就業の実態を調査したものです。



詳細は、以下の資料をご覧ください。


<"http://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/4hanki/dt/index.htm">■出典「労働力調査結果」(総務省統計局)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【公式サイト】
株式会社workup人事コンサルティング

社会保険労務士内野光明事務所

専門実践教育訓練指定講座を公表

2017-08-15 23:34:46 | 助成金



こんばんは。 株式会社workup人事コンサルティングです。


厚生労働省は、専門実践教育訓練の平成29年10月

1日付指定講座を公表しました。

これらの講座は教育訓練給付金の対象となるもので、

労働者の中長期的なキャリア形成のため、就職できる可

能性の高い仕事で必要とされる能力等の習得を目的と

しています。今回は新たに指定されたのは、計179講座。

これまでの指定講座と合わせると、2,221講座が教育

訓練給付金の給付の対象となりました。

詳しくは、厚生労働省公表の資料をご覧ください。



■厚生労働省




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【公式サイト】
株式会社workup人事コンサルティング

社会保険労務士内野光明事務所





大手企業の夏季賞与結果/経団連

2017-08-11 23:39:35 | 賃金:全般



こんばんは。 株式会社workup人事コンサルティングです。



一般社団法人 日本経済団体連合会(以下、「連合」

という。)は、大手企業の2017年夏季賞与・一時金

(ボーナス)の業種別妥結結果(最終集計)を発表

しました。


平均妥結額(加重平均)は、87万8,172円と前期比

2.98%減という結果でした。


この結果は、原則として東証一部上場、従業員500人

以上、主要21業種大手251社を対象に調査されたも

のです。


資料では、業種別に妥結額や前期比の増減率が記載

されています。


詳細は、以下の資料をご覧ください。


<"http://www.keidanren.or.jp/policy/2017/058.pdf">■経団連HP:2017年夏季賞与・一時金 大手企業業種別妥結結果(加重平均)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【公式サイト】
株式会社workup人事コンサルティング

社会保険労務士内野光明事務所





大卒の就職割合、1.4ポイント上昇

2017-08-08 23:21:38 | 採用



こんばんは。 株式会社workup人事コンサルティングです。


文部科学省は平成29年度学校基本調査にて、今春の

卒業者に占める就職者の割合を公表しました。

(1)高校卒業者17.7%(前年度より0.1ポイント上昇)

(2)大学卒業者76.1%(前年度より1.4ポイント上昇)

(3)大学院修了者(修士課程)78.2%

                (前年度より0.7ポイント上昇)

(4)大学院修了者(博士課程)67.7%

                (前年度より0.3ポイント上昇)

高校卒業者以外はすべて前年度よりポイント数が上昇しました。

また、正規雇用者の割合も高校卒業者以外はすべてポイント

数が上昇しました。

詳細は文部科学省の資料をご覧ください。

■文部科学省


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【公式サイト】
株式会社workup人事コンサルティング

社会保険労務士内野光明事務所

管理職、女性の割合が上昇/厚労省

2017-08-04 23:45:14 | その他



こんばんは。 株式会社workup人事コンサルティングです。


厚生労働省は、雇用均等問題に係る雇用管理の実態を

把握するために企業・事業所を対象に行った調査結果

を公表しました。



この調査は、原則として平成28年10月1日現在の状況に

ついて調査されたものです。



この中で、管理職(課長相当職以上)に占める女性の

割合は12.1%で、前回調査の平成27年度とくらべ0.9%

上昇したという結果になりました。



役職別にみると、女性の部長相当職は6.5%(同5.8%)

課長相当職は8.9%(同8.4%)といずれも前回調査と

比較して上昇しました。



詳しくは、厚生労働省HPをご覧ください。



<"http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/71-28r-02.pdf">■厚生労働省HP:平成28年度雇用均等基本調査(確報)結果の概要


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【公式サイト】
株式会社workup人事コンサルティング

社会保険労務士内野光明事務所

長時間労働に対する監督指導結果/厚労省

2017-08-01 23:55:01 | 賃金:残業手当



こんばんは。 株式会社workup人事コンサルティングです。


厚生労働省は、長時間労働が疑われる23,915事業場

に対して、労働基準監督署が実施した監督指導の結果を

公表しました。監督指導は、平成28年4月から平成29年

3月までに実施されたものです。

調査対象の事業場のうち、労働基準関係法令に違反の

あった事業場は15,790事業場(全体の66.0%)でした。

そのうち、主な違反内容は次の通りでした。

(1) 違法な時間外労働があったもの  10,272事業場

(2) 賃金不払残業があったもの     1,478事業場

(3) 過重労働による健康障害防止措置が未実施のもの

                     2,355事業場


詳細は厚生労働省の資料をご覧ください。

■厚生労働省



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【公式サイト】
株式会社workup人事コンサルティング

社会保険労務士内野光明事務所