人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

「加重平均」と「単純平均」の違いは何ですか?

2010-03-04 19:14:03 | 春闘

───会社に安定と発展を 社員にいきがいと成長を───


こんばんわ 人事コンサルタント・社会保険労務士 内野光明です。


今日は春闘の統計資料でよく使われる「単純平均」、「加重平均」について確認していきたいと思います。

以下は連合が出している用語説明です。
とても分かりやすいので紹介します。


 「単純平均」は、各組合の賃上げ額を単純に足して平均値を集計する方法で、「一組合あたりの」賃上げ額の平均がわかります。
 一方、「加重平均」とは、賃上げの影響を受ける組合員の数を計算に反映させ、実際の賃上げ額の平均を算出する方法で、「組合員一人あたりの」賃上げ額の平均がわかります。金額ごとに人数をかけることを統計学で、加重(ウエイト)というため、このような呼び方をします。

 具体的な計算方法を見てみるとわかりやすいでしょう。
いまA、Bの2つの組合があります。それぞれ賃上げ額と組合員の数が次のとおりだったとします。

* 組合A
o 賃上げ額:20,000円
o 組合員:70人
* 組合B
o 賃上げ額:10,000円
o 組合員:30人

すると、単純平均と加重平均は次の値になります。

* 単純平均=(20,000+10,000)÷2=15,000円
* 加重平均=(20,000×70+10,000×30)÷100=17,000円



その他の用語も解説していますので、一度連合のホームページを
訪れてみてはいかがでしょうか。

■貴重なコメントお待ちしております

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
workup人事コンサルティング
社会保険労務士 内野 光明

【公式サイト】
「労務管理は心の管理」workup人事コンサルティング


Copyright© 2010 Mitsuaki Uchino.All Rights Reserved.
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« IT企業 経営者向けセミナ... | トップ | 第3の付加価値 「人」について »
最近の画像もっと見る

春闘」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事