羽鳥操の日々あれこれ

「からだはいちばん身近な自然」ほんとうにそうなの?自然さと文化のはざ間で何が起こっているのか、語り合ってみたい。

INVICTUS

2010年02月11日 18時25分26秒 | Weblog
負けざる者たち」を見た。
「グラン・トリノ」以来、クリント・イーストウッドのファンになってしまったから、先週封切りになったばかりの映画館にさっそく出かけた。
 27年間の投獄から解放されて南アフリカ大統領になったマンデラが起こした奇跡。
「ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語」。
 久しぶりに熱くなった。感動の物語だった。事実を描いた映画だ。そしてごく最近1990年代半ばの出来事だったからなおさらに熱くなった。音楽もいい!
 真のリーダーを描いたこの作品は、今の日本にこそ意味がある、と思えた。

 プログラムの裏表紙にこんな言葉があった。
《 His people needed a leader. He gave them a champion. 》
コメント   この記事についてブログを書く
« 「命の認識」現物と写真 | トップ | 逆‘何時だ’、「山形だ!」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事