羽鳥操の日々あれこれ

「からだはいちばん身近な自然」ほんとうにそうなの?自然さと文化のはざ間で何が起こっているのか、語り合ってみたい。

カラメーテ

2008年09月03日 18時48分12秒 | Weblog
 新宿から‘りんかい線’に乗って、国際展示場駅下車。
 2日から5日まで‘東京ビッグサイト’で開催されている「第66回 東京インターナショナルギフト・ショー」を見に出かけた。

 親戚の者が‘発明学会’に入会して、初めての作品が商品化されたという。
 それが写真の‘カラメーテ’と名付けた、パスタ用デザインフォークだ。
 彼女の説明によれば、もともとフォークのルーツは‘手’なので、四本の指に親指を作って、その短い親指にパスタをからめてから全体にくるくるとまいていくフォークを発明したのだそうだ。

 長いパスタを食べるとき上手く絡みつかなくて、困ったりする経験は結構ある。またパスタに絡まっているソースが飛んで、服を汚すこともある。

 それを解決すべくこの形を思いついたのだという。
 一週間くらい前の朝日新聞にまともな記事で紹介されていた。
 彼女の年齢もそれでわかったような次第。
 今日もご機嫌で次々にやってくるバイヤーの人と話をしていた。
 64歳にして新しい楽しみを見つけたのだ。

 東京ビッグサイト全館を借り切ってのショーは、まず見切れない。
 おしゃれ雑貨、ファッション、アクセサリー、小物、ジュエリー、健康器具、生活雑貨、クラフト、インテリア、和もの、コスメ、香り、……。
 2200社の出展していて、新商品約300万点。
 各ブースには、楽しい品物が展示されていた。

 こうした所から問屋や小売店、デパート、そのほか駅ビル内の店屋等々が、仕入れを行っていくのかと、目を丸くするばかりだった。
 人とモノが生に交流している現場だった。
 ここはウェブ空間ではない。
 そのことに変に感動してしまった。

「でも、通信販売だったり、オンラインショッピングになったりすることもあるんだなぁ~」
 しばらく会場をまわっているうちに、ビミョーな感じにとらわれた。

 そうそう、毎年新宿で行われる「東京国際ミネラルフェア」でもみかける、‘ヒーリングミネラル’や‘アクセサリー’になっている貴石、磨かれた鉱物なども見つけてしまった。

 他にも「雑貨の中でもデザイン的に抜きん出たものがギフトである」というコーナーもあって、楽しんでしまった、というわけです。
 とにかく世の中は広い。
 今さらながら、知らないことばかりだ!

 PS 我が家では長いパスタを半分に折ってから茹でる。そして食べるときは‘箸’だ。これは大変調子がいいのだが……。さすがに彼女にはこのことは話せなかった。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 新月の翌朝 | トップ | 神田明神は‘ITの神様’? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事