電網郊外散歩道

本と音楽を片手に、電網郊外を散歩。時々は実際に散歩を楽しみます。

小室等さんの好きな藤沢周平作品「山桜」を読む

2007年04月26日 06時07分42秒 | -藤沢周平
当地のNHK総合テレビで、ときどき著名人が好きな藤沢周平作品を取り上げて紹介する番組を放送します。6時30分過ぎの時間帯で、NHKの番組表で調べても出てこないところをみると、どうやらローカル放送のよう(*)ですが、4月25日(水)はなんと小室等さんが登場、すっかり白くなった頭と髭に驚き、思わず懐かしくなりました。紹介された作品は、新潮文庫『時雨みち』から「山桜」でした。

嫁ぎ先で夫に死なれた野江は、再嫁した家が一家を挙げて金貸しを通じ蓄財に狂奔していることも、出戻りの自分を軽んじる空気にも、どうしてもなじめません。墓参りの途中、山桜に手を伸ばし、手折ろうとして届かないとき、後ろから声をかけられます。それは、再婚相手として一時縁談のあった手塚弥一郎でした。去水流の剣の達人と言う触れ込みについ粗暴な男を連想し、断ったのでしたが、初めて声を交わした手塚は、穏やかな目をした長身の武士だったのです。

ずっと独り身で、自分のことを気遣ってくれる人がいることに心を動かされ、また離縁されることをあの方は喜ばないだろうと考えて、野江はもう一度夫とやり直すよう努力してみようと決心します。しかし、その年の暮れに、手塚弥一郎は藩の名家をかさにきて横暴にも一部の富農を富ますだけの政策をごりおしする諏訪平右衛門を城中で刺殺し、獄舎に拘束されます。夫から離縁された野江は、翌春、山桜の枝を抱いて手塚のいない家を訪ねます。誰も訪ねる人もいないその家では、思いがけず上品な弥一郎の母が、野江を心から優しく迎えるのです。

挨拶より先に、その花をいただきましょう、しおれるといけませんから、と弥一郎の母は言い、野江の手から桜の枝を受け取ると、また上がってくれとすすめた。
履物を脱ぎかけて、野江は不意に式台に手をかけると土間にうずくまった。ほとばしるように、眼から涙があふれ落ちるのを感じる。とり返しのつかない回り道をしたことが、はっきりとわかっていた。ここが私の来る家だったのだ。この家が、そうだったのだ。なぜもっと早く気づかなかったのだろう。

この場面、小室等さんも絶賛しておりました。まったく同感です。山桜ではありませんが、桜の季節になると、この短篇を思い出します。篠原哲雄監督で、「山桜」も映画化される(*2)そうな。庄内ロケだそうで、これも今から楽しみです。

【追記】
下の記事によれば、ローカル放送ではない糢様。BShで放送されたものの再放送だったようです。
(*):「藤沢周平 山桜」~「ばーばの独り言」より
(*2):映画「山桜」を見る~「電網郊外散歩道」
コメント (8)   トラックバック (1)