電網郊外散歩道

本と音楽を片手に、電網郊外を散歩。時々は実際に散歩を楽しみます。

筆記具のトラブルを記事にするけれど、喜んでいるわけではない

2020年09月18日 06時17分41秒 | 手帳文具書斎
先日、「全く問題が生じていない万年筆の近況」を記事にしましたが、ときどき見られる大小のトラブルを記事にすることがありますが、決してトラブルを喜んでいるわけではありません。高価な万年筆だからトラブルが少ないということもないし、安価な製品が全く見どころなしというわけでもない。そういう特徴を持った製品だから、理解して使うのがよいのだろう、という趣旨です。



例えば叔父の遺品となったモンブランのマイスターシュテュック149は、しばらくインク供給をしていなかったので、過日、プラチナ古典BBインクを補給したのですが、尾栓ねじ部からインクがもれたらしく、手を汚してしまいました。このあたり、叔父が長く愛用した古い製品だからとは思いますが、高級万年筆だから必ずしも耐久性や信頼性が高いとはいえないようです。むしろ、値段を高くして高級感を出し、「見栄を張る」販売政策を取ったと考えることもできそうです。



廉価万年筆のパイロット「カクノ」白軸は、大容量コンバータ CON-70 が使えるのはありがたい。また、インクが乾燥して濃縮されるためか、書いた文字の色がずいぶん濃く感じますし、インクが残り少なくなる頃には文字にテカリが出てきます。

プラチナのプレッピーは、いかにもチープなサインペン型の万年筆ではありますが、これが意外に便利です。先日、100周年記念プレッピー(0.5mm)に黒インクのカートリッジを差し込んで使ってみたら、これが予想より良かった。カーキブラックを入れたプレッピーは、このほど待望のインク補給を行いましたし、これならカシスブラックでも使えるのではないかと算段しております。
コメント

全く問題が生じていない万年筆の近況

2020年09月11日 06時01分19秒 | 手帳文具書斎
複数の万年筆を使っていると、全く問題が生じなくてスムーズに使い続けているものと、時々に問題を生じてそのつど対処しているものとがあることに気づきます。前者は当ブログで記事に取り上げられることはごく少なく、後者はしばしば記事にされるため、後者のほうが使用頻度がずっと高いような印象を受けてしまうほどです。

では、ほとんど愚痴を言ったことのない万年筆の近況は:

  • プラチナ #3776ブルゴーニュ(F) 購入してすぐ落っことして修理してもらったことがありました(*1)が、その後は全く快調です。使用インクは同社の古典ブルーブラックをコンバータで。胸ポケットに常備して、細字で手帳等のメモ書きのほか、仕事上の記録などにけっこう幅広く使っております。書き味はスムーズで、大きな文字で大量に書く用途には少々線が細すぎるのですが、小さな文字で細かくメモするには便利なものです。
  • TWSBI ダイヤモンド580Alラヴァー(M) モンブランのロイヤルブルー・インクとの相性も良かったのか、購入後は全くノートラブル。インク容量が大きく書き味も良好で、A罫(7mm)のノートに大きめの文字で大量筆記するにはちょうどよく(*2)、備忘録ノートなどで出番が多いです。
  • プラチナ プレッピー(0.3) プレジールのノヴァ・オレンジのアルミボディに換装し、カートリッジで同社の古典ブルーブラックを使用中です。ときどきスポイトで同ボトルインクを補充。日常用途でブルゴーニュの代わりにひょいと取り上げて使う場面が多いかな。自作ダイアリーにはほぼこれで記録しています。



パイロットのカスタム・グランディは一番古くからの付き合いで、使っている年数が40年を超えました。近頃あちこちで不具合が出ていましたが、先日の修理で面目を一新しています。これまで称賛と愚痴と両方とも多いのは、それだけ使い込んでいるからでしょうか。

(*1):ブルゴーニュ万年筆を落っことし修理を依頼する〜「電網郊外散歩道」2013年10月
(*2):TWSBIダイヤモンド580ALラヴァーの筆記量を再確認する〜「電網郊外散歩道」2016年11月


コメント

記録の重複を減らすには〜ダイアリー事情を考える

2020年09月02日 06時01分37秒 | 手帳文具書斎
九月になると、書店や文具店では新しい手帳コーナーができ、ダイアリーや日記帳なども並び始めます。気の早い人たちは、もう来年の手帳選びを始めている模様です。

ところで、当方が昨年に日常の出来事を記録していたノート類は、枕元雑記帳などを除くと、

  1. A5判備忘録ノート (ツバメノート)
  2. ポケット判綴じ手帳 (高橋書店、リベルプラス1)
  3. B6判自作ダイアリー (キャンパスノート)

の三冊でした。綴じ手帳はもっぱら予定管理で、B6判自作ダイアリーは3行記録、A5判ツバメノートはブログのネタを中心に、ある程度まとまった内容を記録する、という役割分担です。

ところが今年は、久しぶりにフルタイムの勤務をしておりますので、これら三冊に加えて、職場用のB5判業務記録ノート(ルーズリーフ)とA5判業務用ダイアリー(エッジタイトル)の二冊を加えて、計5冊となっています。これはいくらなんでも重複し過ぎだろう。よく考えると、B5判の業務記録ノートは必要ですが、B6判自作ダイアリーとA5判業務用のダイアリーは、ほぼ重複しています。

これは、自作ダイアリーをまた作成する手間が大変だし、コクヨのキャンパスダイアリーのウィークリー・タイプを公私共用として、業務記録と日常記録用の3行日記に用いるのが良いのではなかろうか。

コメント

プラチナ社のクラシックインク「カーキブラック」を使ってみる

2020年09月01日 06時01分49秒 | 手帳文具書斎
茶色のボールペンのインクがそろそろなくなりそうなので補充しようと思ったのですが、ふと「茶色のインクがあれば Preppy で使えるなあ」と思いつき、プラチナ社の「クラシックインク」シリーズの中から、「カーキブラック」を購入して来ました。




ちょうど Preppy の 0.5mm (中字:M相当)に新品のコンバータが1本余っていましたので、これを使ってカーキブラック専用ペンが1本できました。以下、使ってみての印象です。



  • カーキブラックという色は、書いた直後はくすんだ黄緑色というか、緑がかった黄土色といった印象ですが、徐々に空気酸化されて、茶色と言うか、暗い黄土色に変わっていきます。
  • 一晩おいた書き始めは、キャップ内の空気で少し酸化されているインクが流れ出すためか、はっきり茶色ですが、書いているうちに新鮮なインクが流れるようになり、薄い色が徐々に茶色に変化する様子が確認できるようになります。
  • 手持ちの用紙では、ツバメノート、キャンパスノート、コピー用紙のいずれでも裏抜けしませんが、「恐怖の裏抜けテストノート」、Ca.Crea では残念ながらバッチリ裏抜けします。Ca.Crea でも抜けないプラチナ古典BBの優秀さを再確認しました。
  • 書き味はとくに変わった点はなく、普通に書け、快適です。色の加減で、中字のほうが扱いやすいかもしれません。
  • 同社のブルーブラックなどと一緒の紙面に書くと、意外なほど沈んで落ち着いた(落ち着きすぎる)紙面になります。むしろ黒や赤など、強烈な自己主張を持つインクの引き立て役として使えるのかも。同系統の色のボールペンとの違いは、「インクのテカリがない」点でしょうか。実用的にはボールペンのほうが安価で良さそうですが、このあたりは好みの問題か。

同シリーズから、暗い赤色の「カシスブラック」なども試してみたいものです。

コメント

最強の文具箱は

2020年08月21日 06時01分07秒 | 手帳文具書斎
最近は、いろいろな便利な文具ボックスがありますが、「当社比」で最強の文具箱は、実は自宅のデスクの引き出しではなかろうか。持ち運べないのが唯一の難点ですが、いつの間にか自分にとっての必需品がほぼ網羅されています。筆記具、修正テープ、ハサミとノリ、シールや付箋、クリップ、替え芯やインク・カートリッジ、定規とコンパス、消しゴム、カッターナイフと替刃など、引き出しを開ければすぐ取り出せる態勢(*1)が整っています。

考えてみれば、机を使うようになった小学生以来、この手元引き出しの使い方はほぼ変わっていません。便利な文具箱という位置づけで、ここを書類入れ等に使うという発想自体が出てこないくらいです。

(*1):机の引き出しを一段だけ片付ける〜「電網郊外散歩道」2019年5月

コメント

ぺんてる「エナージェル・インフリー」ターコイズブルーの替芯を使うには

2020年08月14日 06時03分51秒 | 手帳文具書斎
昨年の「Bun2大賞」で第3位になったぺんてる社のボールペン「エナージェル・インフリー」とはどんなものか興味を持ち、この春にターコイズブルーの0.7mmを一本だけ入手して使ってみたら(*1)、その色の鮮やかさが気に入ってしまい、行きつけの文具店に替え芯を注文しました。お店では普段は扱わない製品らしかったので、まとめて一箱(10本)を購入(*2)しました。職場の同僚に分けてあげたりもしましたが、そうそう減るものでもないし、職場と自宅と両方に「インフリー」の軸がほしい。ところが、こんどは近隣の文具店・書店には見当たりません。たしかに、一時置いていたお店はあったはずなのですが、限られたスペースで Jetstream や フリクション、SARASA 等が群雄割拠する中に「エナージェル・インフリー」が割り込むというのは、なかなか大変そうです。

すると次なる手段は、何か別な製品の軸にターコイズ・ブルーの替芯を入れて転用することでしょう。試してみると、

  • ぺんてる「エナージェル」とは互換。
  • ゼブラ「サラサ・クリップ」でも使える。
  • 無印良品「さらさら書けるゲルボールペン」でもOK。
  • パイロット「ジュース」軸でも使える。逆は不可。
  • パイロット「G-knock」軸でも使える。

ということがわかりました。

なるほど、すると、空いている軸で色の傾向が似ているものというと、ゼブラのサラサ・クリップの空色あたりでしょうか。手持ちの軸は、芯径が0.3mmとなっていますが、0.7mmの替え芯を入れても間違えて問題になることはないでしょう。どこか都会で(^o^;)オリジナル製品を見つけるまで、二本体制で使ってみることにしましょう。

(*1):ぺんてるのボールペン「エナージェル・インフリー」のターコイズが使える〜「電網郊外散歩道」2020年5月
(*2):ターコイズの替え芯と『Bun2』2020年6月号〜「電網郊外散歩道」2020年6月

コメント

パイロットの万年筆カスタム・グランディの修理ができた

2020年08月10日 06時01分50秒 | 手帳文具書斎
先月、40年以上も愛用する万年筆、パイロットのカスタム・グランディの首軸先端付近からインク漏れが発生していることを見つけ、いったんは諦めた(*1)のでしたが、ダメ元で一度メーカーに修理を依頼してみようと考え(*2)、行きつけの文具店経由で同社に打診してみました。しばらくして、修理が完了したとの連絡があり、受け取って来ました。どうも、依頼時に私の携帯電話の番号を間違って伝えたらしく、お店のほうで自宅の電話を探して連絡をくれたみたいで、まことに申し訳ないm(_'_)m



修理の内容は、(1)首軸先端の金属リングの取り付け直し、(2)インクの出方の確認、(3)キャップ内の洗浄、とのことです。うーむ、一度は諦めたペンがまるで復活、生き返ったみたいで、40年以上も経過した製品が修理できるということに、妙に感慨があります。さすがはパイロット。なんだか、私も「まだ大丈夫!」と言われているみたいで、嬉しくなります。Me too ! です σ(^o^)

(*1):パイロットのカスタム・グランディが首軸からインクが滲んでくる〜「電網郊外散歩道」2020年6月
(*2):万年筆の修理が可能か、行きつけの文具店に預けてみる〜「電網郊外散歩道」2020年6月

コメント

「要替芯」のボールペンを一括交換する方法

2020年07月23日 06時03分19秒 | 手帳文具書斎
いろいろな種類のボールペンを使い、しかも使い捨てではなく替芯愛用の場合、いちいちその都度購入するのではなく、まとめて一括購入・交換することが多いでしょう。使っているボールペンのうち、どれが「要替芯」なのかを一目瞭然とするには、こんな方法があります。




要するに、郵便物として届いた封筒を適当な長さにカットし、段差を付けて内側に折り返し、これに替え芯が必要になったボールペンをまとめていれておくのです。あとは、ネットで替え芯の品番などを調べ、文具専門店等で購入する、という流れです。それが面倒ならば直接文具店に持ち込んで「これらの替え芯をください」と言う方が簡単かもしれません。



ゼブラのSARASA用替え芯は、パイロットの往年の製品 G-knock にぴったり適合しました。こういう「発見」や「確認」は、地味に嬉しい(^o^)/

コメント

行きつけの文具店で老母のボールペン替え芯等を購入

2020年07月21日 06時01分18秒 | 手帳文具書斎
過日、混雑する耳鼻科の待ち時間が2時間近くありましたので、行きつけの文具店まで足を伸ばし、頼まれていた老母(93歳)のボールペンの替え芯等を購入して来ました。

  • 三菱 Signo307 替え芯 UMR-87E 黒、0.7mm
  • ゼブラ SARASA 替え芯 JF-07 黒、0.7mm
  • ぺんてる エナージェル 替え芯 XLR10-C 黒、1.0mm
  • 作業小屋専用セロテープ(小)
  • 私信用封筒、他



このうち、老母が長年続けている日記帳(*1,2)に愛用の三菱シグノ307(0.7mm黒)には新しい替え芯を入れて、ほかにもう一本、ゼブラのサラサ0.7mmブルーブラックをあげました。老母の感覚では、ボールペンはインクを使い切ったら捨てるもので、替え芯などは字が小さくて調べられないし、だいいち文具店に行く足(交通手段)がない。文具趣味の息子に命じるのがベストなのでしょう。どうやらこの分野は嫁(妻)に頼むのではないのですね(^o^)/

(*1):老母もうすぐ93歳、来年の日記帳を購入する〜「電網郊外散歩道」2019年12月
(*2):老母、新しい日記帳を購入する〜「電網郊外散歩道」2018年12月

コメント

雨降りなので文房具の整理など

2020年07月12日 06時02分44秒 | 手帳文具書斎
九州地方の豪雨被害は、想像を超える事態になっている模様。当地は過去の水害の教訓をもとに、大規模な遊水地を設定し、堤防を築いたために、どうやら水害を免れているようですが、「50年に一度」とか「100年に1度」とかいうレベルの集中豪雨が来たら、はたしてどうなるかわかったものではありません。わが家の排水状況も、あらためて点検しておく必要がありそうです。

雨降りなので、農作業も中断。サクランボの「お礼肥」と称する施肥は、来年の花芽形成に効果的に作用するのだそうで、必須の作業です。まずは草刈りが必要で、自宅裏を刈り取ったところで降雨により中断。仕方がないので、デスクで文房具の整理を行いました。

  • 一昨日、TWSBI VacMini にパイロットのブルーブラック(BB)インクを補充したので、備忘録ノートに書いていますが、裏抜けの心配のないツバメノートならば、スラスラとたいへん書きやすいです。
  • 老母愛用のボールペン、三菱のシグノ307の黒0.7mmのインクが切れたとのこと。替え芯を確認したら、あいにくこちらも切らしていたので、当座の代用にジェットストリームの黒0.7mmをあげました。Signo307の替え芯を買っておかなければ。

  • 黄色のノック式ラインマーカーも書けなくなりました。替え芯も使い切ったので、補充するかどうか検討。Preppy の黄色のラインマーカーや、三菱の PROPUS も使っていますので、あまり種類が多くなると、替え芯を補充しておくのが面倒です。特にラインマーカーの性質上、キャップをとるのももどかしいほど急な使用場面はありませんでした。これは廃止だな。
  • 万年筆なら極細に相当する 0.28mm とか 0.38mm とかいうボールペンがあるけれど、当方の老眼では書かれた文字の線が細すぎてぼやけてしまい、大きめの字でも読み取りにくく感じます。文字の大きさだけでなく、線の太さも大事だと思います。万年筆なら中字以上に相当する、0.7mm や 1.0mm あたりが好ましいです。

最初に作った老眼鏡も、徐々に合わなくなってきている面があり、日常使い用にもう一つほしいなと感じる今日この頃です。

コメント

単色軸のJetstreamが珍しく中途で書けなくなった

2020年07月07日 06時01分34秒 | 手帳文具書斎
耳鼻科通院のついでに買い物に立ち寄り、農作業用のシューズを購入してきました。税込で約2,200円。



そのときたまたま持っていたボールペンでメモしようと思ったら、途中でインクが切れました。オレンジ色のJetstreamラバー軸に入れた単色芯です。おかしいなと思い、インク量を確かめたら、2016年12月に交換してからまだ1.5cmほどしか使っていませんでした。



油性の Jetstream の単色芯が中途でインク切れなんて珍しい。おそらくは、落っことしてボールを破損していたか、PowerTank と勘違いして上向き筆記してしまったか、何かしら不適切な使い方をしてしまったのだろうと、潔く諦めて1.0mm 単色芯に交換しました。ジェットストリームの単色芯の交換は、ずいぶん久しぶりな気がします。



そういえば、このところ演奏会にも行けていないので、速記に近いスピードのメモ用に、ジェットストリームの出番もなかったかもしれません。



九州地方の豪雨被害は、だいぶ大きいようです。お見舞い申し上げます。
温暖化にともなう極端現象の一例なのでしょうけれど、やっぱり治水は大切だなと痛感させられます。コンクリートが人を守る面もある、ということか。



もう一つ、山響ライブ配信のお知らせが入っていました。本日19時、「カーテンコール」から、Beethoven シリーズのスタートのようです。
https://curtaincall.media/yamakyo.html
曲目、演奏者等は、こちら

コメント

修正テープの説明書きの文字が小さすぎるので

2020年07月05日 06時01分06秒 | 手帳文具書斎
先日、購入したトンボMONOの修正テープには、パッケージの裏側に特長や使い方、詰替え用の案内などの説明書きがありましたが、どうにも文字が小さすぎて読めません。そんなもの、別に読まなくたって使えることは使えるのですが、一応、書いてあることは読みたいし、老眼だからと諦めるのもシャクだということで、思い切り拡大コピーしてみました。拡大率は200%、うん。これなら読める(^o^)/



ははあ、このスライドロックで詰め替えたカートリッジを固定できるのだな。「テープがたるんだ場合は矢印の方向に巻き戻しボタンを回す」とあるけれど、その矢印自体が小さくてよく見えません。購入したのは5mm幅だけれど、A罫には6mm幅のほうが適合しそうだし、CT-CR6という詰替え用カートリッジを確保しておこうか。

説明書きを読むのは案外おもしろいものです。開発者たちが苦心したであろう様々な工夫を思いながら、便利な製品をできるだけ上手に使いたいものです。

コメント

今年は明らかに筆記量が増えている

2020年06月30日 06時01分14秒 | 手帳文具書斎


昨年と比較して、今年は筆記量が増えているようです。というのは、昨年から記録し始めた万年筆インクの補充記録が、6月末段階で、明らかに回数が多いからです。

年/月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 小計
2019年 1  1  3  3  3  3  14回
2020年 2  1  4  3  4  5  19回

この理由は、おそらく仕事がらみのメモや下書き、記録など、何かと書き留めることが多くなったためでしょう。昨年はほとんど使うことがなかったルーズリーフノートの使用量も増えています。どのペンが、ということではなく、総体として万年筆での筆記量が増えている、ということなのでしょう。



この、万年筆にインクを補充するごとに記録するというのは、面倒なようですが意外にそうでもありません。どなたでも、万年筆にインクを補充したら、何かしら試し書きをするはず。それを、いつも手元に置いている備忘録ノートに、

□ #3776ブルゴーニュにプラチナ古典BBインクを補充する(2020/06/26)

などと記入するだけです。インク補充後の試筆すなわち記録になる、ということで、特別に面倒なことではなく、あとは暇を見てパソコンの表計算に日付を転記しておくというやり方です。

まあ、周囲から「記録魔」と呼ばれる面があることはたしかですが(^o^;)>poripori
でも、何でもかんでも記録するわけではなくて、特定のジャンルに偏っているのですけれどね。

コメント

万年筆の修理が可能か、行きつけの文具店に預けてみる

2020年06月26日 06時00分32秒 | 手帳文具書斎
首軸先端の金属部品まわりからインク漏れするようになり、おそらくは素材の劣化による破損と見て一度は諦めたパイロットの万年筆カスタム・グランディですが、ダメ元で修理が可能かどうか、一度メーカーに見てもらおうと考えました。で、行きつけの文具店に預けて、しばらく様子を見ることに。いつも熱心・丁寧に応対してくれる店員さんの話では、少し日数が長く(一ヶ月位)かかるが製造元で部品交換という形で修理可能な場合もあるとのことでしたが、さて、どうか。なにせペン先の刻印が T778、つまり42年前の1978年7月、東京工場製(*1)だからなあ。



ついでに、次のものを購入して来ました。

  • 修正テープ トンボ MONO CX5 (5mm幅)
  • トレーシングペーパー コクヨ B5薄口(40g/m^2)





昨日の夕方から雨が降ってきました。ほとんど雨らしい雨が降らず日照り続きだった今年は、畑の野菜にとって久々に恵みの雨でしょう。

(*1):万年筆のペン先の刻印について〜「電網郊外散歩道」2016年3月

コメント

自作ダイアリーのその後〜毎日記録して9ヶ月

2020年06月24日 06時02分23秒 | 手帳文具書斎
昨年、アイデアをもとに(*1)試しに作ってみたB6判の自作ダイアリー(*2)ですが、10月から記録し始めて6月まで、はや9ヶ月になります。3ヶ月を過ぎた時点で一度振り返りをしています(*3)が、ほぼ毎日記録してはや9ヶ月、3行記録がすっかり定着しております。逆に言えば、3行記録だから余計なことを書く必要がなく、ぎゅっと圧縮して事項だけを列挙すればよいのですから、簡潔明瞭。最近は、3行だから良いのだと感じるようになりました。

ある日の1日の事柄は、例えば

MM/DD 朝、プラゴミ搬出、出勤、通常勤務、〜(仕事関係は略)〜。帰宅後、
サクランボ出荷(夜)、宅配便の依頼、出荷伝票の整理

といった具合ですが、これをいちいち細かく書いていたらきりがない。要するにその日にやったことを簡潔に書くから継続できる、ということなのでしょう。

(*1):ダイアリー自作のアイデアと自己評価〜「電網郊外散歩道」2019年9月
(*2):B6判キャンパスノートでダイアリーを作ってみる〜「電網郊外散歩道」2019年10月
(*3):自作ダイアリーのその後〜「電網郊外散歩道」2020年1月

【追記】
関連する過去記事のリンクを付記しました。

コメント