電網郊外散歩道

本と音楽を片手に、電網郊外を散歩。時々は実際に散歩を楽しみます。

ステーショナリー・フリーマガジン『Bun2』2019/4月号を読む

2019年04月16日 06時02分58秒 | 手帳文具書斎
行きつけの文具店で、ステーショナリー・フリーマガジン『Bun2』2019/4月号をもらってきました。今号の特集は、

新生活におすすめ! 春の文具特集

というものです。

内容は、(1)コクヨ・オフィスカイゼン委員会による快適なオフィス環境の作り方、(2)「第8回OKB48選抜総選挙」結果発表、(3)創業100周年記念「ヒノデワシ百年展」というものです。

ところで、(1)の快適なオフィス環境の作り方については、長年デスクワークに従事してきた者として、一部異論があります。

「毎日使わない文具は共有化」してものの形がわかる収納に平置きする

とありますが、例えば大型のものでなくて普通サイズのステープラー(ホチキス)のようなものを共有化したとすると、

「必要なときに誰かが使っている」
「使い終わった時にちゃんと元に戻さないので、持っている人を探しまわる」

結果になりかねません。自分も含めて、一緒に働く人は必ずしも几帳面な人ばかりではありません。こうした文具を

「共有化しないで各自が持つからこそ、共同作業もでき、無用の摩擦やストレスが軽減される」

という面もあるのではなかろうか。言葉は悪いですが、ありがちな「役に立たないコンサルタント」の典型のように思います。



紹介されている新製品の中では、ビジネスツールの持ち運びをサポートする「もちはこ」シリーズに興味を持ちました。例えば総代をしている寺の関連資料一式を、文具とともに持ち運べるよう、専用セットにしておけば便利でしょう。今は山響印のトートバッグに入れて持ち運んでいますが、やはり仕切りや区分はあったほうが使いやすいようです。このタイプの製品は、個人のデスクを持たないノマドワーク・スタイルの流行もあってか、各社さまざまな提案がなされているようで、少し調べてみましょう。



ようやく梅が咲きました。当地もいよいよ春本番のようです。
コメント

料理メモ用ノートは片面使用のほうが便利そうだ

2019年04月14日 06時03分30秒 | 手帳文具書斎
コクヨの近年のヒットらしい「ソフトリングノート」の使い途について、料理メモに便利そうだと書きました(*1)。その後、いろいろな料理を試みる際にも、この料理メモ用ノートに書き写しておき、材料や加熱調理の程度を一部変更したりしながら作るようにしています。



それにしても、料理メモであるならば文字だけの紙面は殺風景ですし、できあがりの様子を写真で貼り付けたほうが面白い。というわけで、紙質の良いソフトリングノートの特性を活かし、万年筆で書いた材料や作り方の後に、ブログに掲載した写真を貼り付けることができるように、片面使用を原則とし、ウラ面は写真等の貼付用に残しておくこととしました。というわけで、昨年購入したカラーインクジェット・プリンター(*2)も、年賀状以外の出番が出てきたことになります(^o^)/



当該記事をカラーで印刷して綴じればよいとも思いますが、実際にやってみると、文字が小さくて読めない(^o^)/
結局は、A5判リングノート二つ折りというコンパクトな形式と、裸眼で読める大きさの手書き文字に写真を糊で貼り付けるというアナログなやり方が一番良いという結果に落ち着きました。やれやれ(^o^;)>poripori

(*1):ソフトリングノートの使い途〜料理メモに便利、便利〜「電網郊外散歩道」2019年1月
(*2):年末に購入したインクジェット・プリンターのこと〜「電網郊外散歩道」2018年1月
コメント (6)

TWSBI社のプランジャー式万年筆VacMiniが再度お騒がせ

2019年03月22日 06時01分36秒 | 手帳文具書斎
いろいろとお騒がせなTWSBI社のプランジャー式万年筆VacMiniですが、しばらくパイロットのブルーブラックを入れておとなしく使っていたのに、ある日、突然に指がインクで汚れることに気がつきました。見ると、キャップのねじ山も青色に汚れています。おや? インクが漏れたのかな? ティシュペーパーで拭き取ったら、なんともインク漏れがひどい。よくよく観察してみると、キャップがはまるねじ山の部分に、縦に7~8mmほどのひび割れが入っています。試しにピストンを引き押しして見ると、ここからインクが噴出! これは素人の手には負えないと判断して再び販売店に連絡を取り、送付して対処をお願いしました。さっそく胴軸の部品交換等の対応をしてもらい、先日、きれいになって戻ってきました。販売店の丁寧な対応に感謝しているところです。

それにしても、TWSBI社の万年筆ではダイヤモンド580ALラヴァーを愛用していますが、こうしたトラブルは皆無なのに、なぜ私のVacMiniはトラブルが続くのだろう? 不思議に思っていろいろ検索してみると、同社の製品で首軸がアルミニウム製になる以前は、この種のクラックが発生するトラブルが散見されました。素人考えではありますが、透明度の高いプラスチック素材の耐久性の問題というか、締め付けトルクに対する限界値がシビアなのかも。だとすれば、問題の改善のために必要な部品に金属を使って対応するのは合理的です。同社の製品のうち初期型に属するものは、こうした可能性があることを念頭に置いて選ぶ必要があるのかもしれません。

コメント

尻軸にヒビが入っていたプレッピー、書きやすくなっているので

2019年03月20日 06時04分58秒 | 手帳文具書斎
ずいぶん前に、尻軸にヒビが入り、マスキングテープでぐるぐる巻きにして使っていたプラチナ社の廉価万年筆プレッピーPreppy(*1)ですが、ペン先の方は書きやすく使いやすい状態にこなれてきているのに、軸がゆるんで外れてしまいます。これはまずいです。1本200円でしたので、あきらめて捨てることもできますが、せっかく苦労して書きやすくなった今の状態を放り出すのは残念です。



それでは、ということで、行きつけの文具店で青のプレジールを購入して来ました。だいぶ使い込んでいるPreppyの首軸を組み込んだ青軸プレジールは、なかなか快調です。ノバ・オレンジ軸と同様に、青軸もけっこう目立ちます。



あわせて、カラーの綴り紐を二種類、赤と黄色を購入。さらにB6判ダブルリングタイプのキャンパスノート(A罫)も、寝床用雑記帳の後継として調達して来ました。



膝上に上って眺めていたアホ猫(母)いわく、

うちのご主人って、こういうの、ほーんと、好きだからね〜。たまにはアタシたちのエサでも買ってきてほしいものだわ。

いや〜、ハッハッハ! と思わず笑ってごまかしましたが、青軸プレジール、購入して即日、現役投入です(^o^)/



(*1):プレッピー(Preppy)でプラチナの古典ブルーブラックインクを試す〜「電網郊外散歩道」2013年2月

コメント

書見台を文書スタンドとして使う〜文具店での収穫

2019年03月17日 06時05分54秒 | 手帳文具書斎
過日、行きつけの文具店がずいぶん混み合っていたので、お客さんの混雑が緩和するまで、ふだん眺めていないところを眺めてみようと思い、かなり広い店内の一番奥の方を探索して来ました。そこで見つけたのが、プラスチック製の「書見台」です。これこれ、こんなやつを探していた!



さっそく買い求め、自宅のデスクで使ってみました。セキセイ(株)の製品で、「書見台」BH001というモデルです。(1,400円のところ1,120円)。乱雑な机上を片付け、書見台を開いてセットすると、実に見やすいです。農協からのアンケートや問い合わせ、総代をしている寺の役員会資料など、当面の課題を広げて作業するのに有効でした。スタンドの下部が空いていて、キーボード等のケーブルの邪魔にならないのもよく考えられています。作成した表や文書を、レーザープリンタで必要部数だけプリントアウトして、資料の準備は完了。




私の使い方では、書見台というよりもコピースタンドというほうが正しいでしょう。当面の書類の置き場になってしまう危険性はありますが、便利に使えそうです。



もうひとつ、収穫は「ソフトリングノート」のナチュラルタイプです。A5判/7mm罫80枚のものを5冊購入し、@500円のところを@413円(税別)。紙類は価格上昇中のようですので、よく使うものは購入しておくに限ります(^o^)/




コメント

キャップ式パワータンクはノベル品として存在したが

2019年03月14日 06時03分56秒 | 手帳文具書斎
ブログ「きたきつねの文房具日記」(*1)によれば、キャップ式のパワータンク・スタンダードはノベル品として存在するしたとのことです。当方、手持ちの替え芯に交換すれば、もうストックはありませんから、ノベル品として存在するのであれば、替え芯を入手できる可能性があります。それはちょいと嬉しいかもしれない(^o^)/

(*1):雑多箱の中から~「きたきつねの文房具日記」

【追記】
三菱鉛筆(株)のサイトで電子カタログを眺めてみたのですが、名入れ用のページを見ても、パワータンクはどこにあるのかよくわからない(^o^;)>poripori
販売店でじかに聞いてみるのが一番良さそうです。

【さらに追記】
どうやら、きたきつねさんの勘違いだったみたい。キャップ式パワータンクは、やはり流通在庫だけが残っている現状のようです。残念!

コメント

備忘録ノートがなんだか薄汚れた原因は

2019年03月08日 06時04分04秒 | 手帳文具書斎
今年、使っている備忘録ノートの表紙が、なんだか薄汚れています。コクヨのキャンパス・ノートでA5判A罫(7mm)70枚のものなのですが、黒っぽい表紙の「エッジタイトル」ノートと一緒にして同社のカバーノートSystemicに入れていたら、黒い色が移ってしまったみたいなのです。



うーむ、「エッジタイトル」との併用はダメか。あきらめてシンプルにキャンパスノートを一冊だけ使うことにしました。



実は、年度末になると、通常業務の他に送別会やら歓送迎会やらの行事が多くなりますので、こうした外せない会合の案内や細目資料を持ち歩く機会が増えるのです。以前はバイブルサイズのシステム手帳にはさんで持ち歩いていたのですが、昨秋から綴じ手帳に変更した関係で、手帳にはさんで持ち歩くわけにはいきません。結局、必ず携帯する備忘録ノートにSystemicのノートカバーをし、表見返しや裏見返しのホルダーにはさむスタイルに落ち着きました。これならば、ゴムバンドで留めることもあり、落下してしまう心配も少ないでしょう。

というわけで、備忘録ノートの出番は顕著に増えているのです(^o^)/
コメント

筆記具は日常的に使い続けることがポイントか

2019年02月28日 06時02分12秒 | 手帳文具書斎
万年筆にしろボールペンにしろ、筆記具は日常的に使い続けることによって調子が維持されるという面があるようです。使い続けるうちに手になじむというか、手がなじむと言うべきか。逆に、使わずに放置することによって、乾燥したり詰まったり沈殿したりするなど、様々なトラブルが発生します。例外は「鉛筆」でしょうか。子どもが小学生時代に使った「かきかたえんぴつ」の残りなどがいまだに健在で、思わず遠い目になってしまいます。



そういえば、毛筆も水洗いして乾燥させておけば、手入れ次第で長持ちするのでしょうか。硯と墨などいまだに一式を保管しておりますが、めったに使うことがなく、もっぱらぺんてるの筆ペンで済ませてしまっています。

コメント

プラチナ万年筆「プロシオン」を洗い、インクを再補給すると

2019年02月20日 06時03分30秒 | 手帳文具書斎
プラチナ万年筆の製品「プロシオンPROCYON(中字:M)」は、インクフローが渋い印象がありましたが、実は流用した古いコンバータが自然にすっぽぬけるほど緩かったみたいで、新品コンバータに交換したらずいぶん改善されました。でもまだ書き出しのかすれが時折見られるなど、ペン芯に濃縮酸化されたインクがこびりついているおそれもあり、万年筆クリーナーで徹底的に洗浄してみようと思い立ちました。




そうしたら、結果は大正解だったみたい。同社の古典ブルーブラック・インクを再補給してみると、インクフローが改善され、安定しました。インク補給直後はフローも潤沢で良い感じですが、ペン芯に保持したインクを使いきり、コンバータからインクが流れる状態になっても、さほど渋くなる感じはありません。手に持ってみた時の金属軸の重さは感じますが、書き味はたいへん良好です。

コメント

おや?〜サラサ・クリップ(BB:0.7mm)の変調

2019年02月15日 06時04分16秒 | 手帳文具書斎
しばらくぶりにサラサ・クリップのブルーブラック0.7mm を取り出して使ってみたら、なんだか色が薄いのです。おや?違う色のインク・リフィルを入れていたのかなと思い出してみても、そもそもサラサで違う色の替芯なんて、ほとんど買った記憶がない。これはたぶん、インク残量もほぼゼロに近づいているため、顔料が沈殿してゲルが出ているような状態なのでしょう。



ああ、やっぱり。明らかに顔料が沈殿しています。これでは、色が薄くなるのは当然ですね。これ、いつから使い始めたのだったろう?



ふむふむ、2014年の10月からですから、ほぼ四年半近い使用期間です。古くなった顔料ゲルインク・ボールペンは、顔料が沈殿するようになるため、これは仕方がありませんね。とりあえず、新たな替芯に入れ替えておきましょう。
ん? ブルーブラックの0.7mmがない? ではブルーの0.7mmでも入れておきますか。

というわけで、かなりゆっくりとしたスピードではありますが、インク・リフィルの買い置きも少しずつ消費しております。

コメント

ステーショナリーフリーマガジン『Bun2』2019年2月号を読む

2019年02月14日 06時01分59秒 | 手帳文具書斎
最近はどうも惰性で読んでいるような感がある『Bun2』ですが、先日、行きつけの文具店で最新号をもらってきました。2019/2月号、通巻では第82号になります。

今号の特集は、

「2019年の文具トレンドを探る」

というもので、「新時代の文具のカタチに注目」し、

  • 接着用品の新ブランド「GLOO」
  • ブレないボールペン「ブレン」
  • 「ユニ」発売60周年記念ボールペン
  • 書き味抜群の細字カラーペン
  • 万年筆にも気になる新アイテムが登場
  • 2WAY仕様が便利、二刀流文具に注目!

などの見出しが目につきます。

ただし、実際にはさほど斬新な製品は見当たらず、いずれも従来の製品を少し改善しましたとか、値上げの関係で意匠を少し変更しました、とかいう傾向なのですが、どうも2019年のトレンドは探れているのかどうか。



特集以外では、「違いがわかる男の文具講座」で、「今、再びの横型ペンケース」を紹介していました。このあたりは、眺めていて楽しい分野です。

コメント

キャップ式パワータンクももうすぐインクがなくなりそう

2019年02月12日 06時03分45秒 | 手帳文具書斎
寝床用雑記帳の専用にして使っているパワータンク(PowerTank)1.0mm のインクが、もうすぐなくなりそうです。2016年の1月に使い始めて3年になります(*1)。キャップ式のパワータンクは、すでに廃番になってカタログから消えてから久しいので、替芯の入手は難しいでしょう。実際、先日(*2)ようやく金属替芯SPJ-10は入手出来たものの、このキャップ式の替芯SP-10 は在庫がありませんでした。手持ちの最後の替芯と交換する日も間近のようです。いつものように突然ストンと書けなくなる潔い最後を、半ば残念に、かつまた楽しみに、待つことにしましょう。





このキャップ式パワータンクは、デザインは少々変わっていますが、使ってみた感想は、握り部分の太さもちょうどよく、「見た目よりずっと使いやすい」というものでした。そういえばパワータンク・スマートも廃番となり、現行製品ではパワータンク・スタンダードだけが残ることになりますが、我が家では「バレンタインデー義理チョコの返礼品」(*3,4)としてたくさん確保していたパワータンク・スマートがまだまだ現役です。しかも、替芯もたっぷり確保してあります。上向き筆記が可能な加圧式ボールペンPowerTank。寝床で仰向けになってメモを取るスタイルで、絶賛稼働中です。



(*1):枕元の雑記帳用パワータンクがインク切れに〜「電網郊外散歩道」2016年1月
(*2):文具店でお買い物〜パワータンク・ボールペンの廃番替芯を入手する〜「電網郊外散歩道」2019年2月
(*3):文具店にボトルインクとパーカー互換芯を注文する〜「電網郊外散歩道」2018年2月
(*4):義理チョコのお返しにパワータンク・スマートと替芯を贈る〜「電網郊外散歩道」2015年3月

コメント

文具店でお買物~パワータンク・ボールペンの廃番替芯を入手する

2019年02月07日 06時02分16秒 | 手帳文具書斎
先月末の通勤の帰路、銀行に立ち寄って山響定期会員の年会費を振り込んだ際に、ついでに行きつけの文具店に立ち寄りました。加圧式ボールペン・パワータンク・スマートPowerTankSmartの替芯を探します。実は、パワータンク・ボールペンの替芯、とくにアルミ軸の「スマート」で使っている金属芯は、0.7mmはカタログにまだ残っていますが、1.0mmのほうは廃番になったらしく、姿を消しております。太い字で黒々と書ける1.0mm芯を2本くらい、今のうちに流通在庫を確保しておきたいとの目論見です。
「あった~!」
思わず声を上げそうになりましたが、リフィルSPJ-10の箱の中に数本だけ残っていましたので、予定通り2本購入。残念ながらキャップ式パワータンクのリフィルSP-10はありませんでした。全部を買い占めないのは後続の同好者に対する武士の情けです(^o^)/



そのほかに、「A5判ノート」と「A4判印刷物」を一緒に保管できるファイルも見つけて、一緒に購入してきました。
コメント

白軸カクノ+CON-70にプラチナ古典BBインクを補給

2019年02月03日 06時00分57秒 | 手帳文具書斎
白軸カクノにCON-70コンバータを装着し、プラチナ古典ブルーブラック・インクを吸入して中字のペンとして便利に使っていますが、インクがだいぶ減少し、色も濃縮されて濃い色に変化していましたので、ボトルから同インクを補給しました。



安価なペンではありますが、パイロットの万年筆らしい安定感のある書き心地は快適です。カヴェコのクリップを付けて携帯性を確保し、インク容量の大きなコンバータCON-70が使えるのはありがたい。多少、乾燥しやすい面はありますが、常にインクを補給して使用していれば、そうそうドライアップすることはないでしょう。



40年も使い続けているパイロットのカスタム・グランディがCON-70適合であれば、容量の面での問題もなかったのでしょうが、なかなかうまくいかないものです。形が同系統のカスタム・ヘリテイジ91が実はCON-70が使えて新装発売との危険なニュースもあるようですが(^o^;)>poripori



そんなことで思い出して、パイロットのカスタム・グランディの中字に同社の色彩雫シリーズ「紺碧」を補給しました。コンバータCON-50の容量が小さいとか、インクがドライアップしやすいとか、あるいはインクの裏抜けが甚だしいとか、同社の製品にはいろいろと不満はあるけれど、新婚の頃に購入したペンですから大事に使っていきたいものです。

コメント

万年筆記事は頻出するがボールペンの方は

2019年02月01日 06時04分33秒 | 手帳文具書斎
近年、万年筆に関する記事はよく書いている気がしますが、ボールペンの話題はだいぶ減っているように思います。先日のOKB48総選挙、いわゆる「お気に入りボールペン総選挙」も結局はスルーしましたし、定番のペンが固定化されていて、それ以外を使う気がおきないのが正直なところです。

  • ジェットストリーム 0.7/1.0mm 黒・赤
  • パワータンク 1.0/0.7mm 黒・赤
  • サラサ 0.5/0.7mm ブルーブラック
  • シグノ TR1 0.5/0.7mm ブルーブラック

これで全部です。

もともとボールペンというのは、手間要らずの筆記具だったように思います。パッと手にとってパッと書くことができる。逆にそれが話題の少なさにつながっているのでしょう。商売としては、限定軸とか新デザインあたりで変化をつける必要があるということでしょうか。春先には、新学期に向けた少し目新しい装いの製品があふれることでしょう。中身は多分かわらないのだけれど、当方のような中高年オヤジが「おっ!」と思わず手を出すようなペンが出てくるかどうか、文具好きの楽しみでもあります。

コメント