電網郊外散歩道

本と音楽を片手に、電網郊外を散歩。時々は実際に散歩を楽しみます。

通勤時にずっと音楽を聴いてきたので

2019年03月25日 18時01分18秒 | クラシック音楽
クラシック音楽に親しむようになって半世紀以上になりますが、音楽を趣味にすることを続けられたのには、いくつかの要因があると思います。その中で、とくに影響力が大だったのは、通勤時にカーステレオで音楽を聴く習慣(*1)でしょう。ごく若い頃、1970年代末から1990年代前半にかけては、マイカーではカセットテープの全盛時代でした。車で言えば、日産オースターとパルサー・ディーゼルがそれにあたります。次がCDの時代。日産マーチとティーダ・ラティオで、1990年代後半から2015年までがこれに当たります。そしてそれ以降から現在まで、現用のマツダ・デミオ・ディーゼルで、.mp3や.oggファイル等をUSBメモリにコピーして聴いているところです。

そういえば、20代の子育て初期にも、音楽を趣味とするうえでの危機がありました。当時はLPの時代であり、幼児はレコードプレーヤーの天敵です(^o^)/
結局はLPをカセットテープにダビング(*2)し、通勤時にそれを聴くことで音楽への渇きを癒やしていたように思います。

さて、では完全にリタイアして通勤がなくなったとき、まとまって音楽を聴く時間をどのように取れるのだろうかと考えると、意外に難しいのかも。ロードノイズに悩まされ、条件は決して良くはないのだけれど、突然の電話や来訪者、様々な家事などに中断されることなく、ある意味、運転と音楽を聴くことに専念できる貴重な時間だったのだなあ。

(*1):通勤の音楽の今と昔〜「電網郊外散歩道」2007年6月
(*2):マーラー「交響曲第4番」を子守唄にした子が〜「電網郊外散歩道」2006年5月


コメント (2)

明日は山響第275回定期演奏会〜どうやら完売らしい

2019年03月09日 16時20分11秒 | クラシック音楽
昨日はちょいと宴席があり、いつものホテル泊。素晴らしいお天気で、青空と純白の月山のコントラストが春の訪れを実感させています。帰宅して一休みした後に、体慣らしに剪定枝集めをやってみましたが、いやはや腰が痛い。冬の間に、だいぶ体がなまっているようです。少しずつ農作業に体を慣らしていく必要がありそうです。



さて、今夜と明日は山響第275回定期演奏会の予定ですが、今回は日曜のマチネに行きます。今回の曲目は、

  1. モーツァルト/交響曲 ニ長調 K.51(46a)"歌劇「愚か娘になりすまし」のための"
  2. ラフマニノフ/ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品18 
  3. ブルックナー/序曲 ト短調 WAB98
  4. ブルックナー/詩篇第112篇 WAB35
  5. ブルックナー/詩篇第114篇 WAB36
  6. ブルックナー/詩篇第150篇 WAB38
     ピアノ:金子 三勇士、ソプラノ:髙橋 絵理
     指揮:飯森範親、演奏:山形交響楽団、合唱:山響アマデウスコア

というものです。

金子三勇士さんのラフマニノフも楽しみですが、ブルックナーの詩篇が楽しみです。どうやらチケットも完売とのこと、駐車場の混雑が予想されますので、明日は早めに出かけることにしましょう。

コメント

今年も山響から年賀状が届きました

2019年01月09日 06時01分37秒 | クラシック音楽
ここ数年、山形交響楽団から、暑中見舞いや年賀状をいただいています。どうやら定期会員向けサービスの一環で、団員の皆さんが手分けして書いてくれているらしい。山響ファンにとってはありがたいことですし、音楽面でもいろいろなきっかけになります(*1)。

今年は、ホルンの関谷智洋さんからいただきました。ホルンといえば、高校時代に後ろの席だった某君が、吹奏楽部でホルンを吹いていたはず。使っていたのがバルブ無しのナチュラル・ホルンで、途中の管を取り替える必要があるけれど、基本的には唇の形と手の開け閉めで音を変えるんだ、ということでした。彼は今頃どこで何をしているのだろう。広い牧場で響く音や深い森の奥に響く音など、ホルンの音色も音域も実に多彩で幅広いものです。こんどの山響定期は2月17日の予定。厳しい寒さもなんのその、今から楽しみにしています。

(*1):山響から暑中見舞い状が届き、北欧の作曲家ノルドグレンを知る〜「電網郊外散歩道」2018年8月

コメント

あの頃、聴いていた音楽

2018年12月17日 06時02分42秒 | クラシック音楽
若い頃からメモ魔でしたので、様々な記録が残っています。中にはアホさをさらけ出すようなものもありますが、他方では思わず懐かしさにひたるような記録もあります。例えば、こんなふうです。若い頃によく聴いていたLPレコードの順位。



若い頃ですから懐は寒く、ほぼ廉価盤ばかりだった時期が続きました。コロムビアのダイヤモンド1000あるいはエラート1000等の廉価盤シリーズは、実にありがたい存在でした(*1)。少し後で、東芝からもセラフィム1000というシリーズが発表されたり、他のレーベルからも廉価盤シリーズが発表されました。LP全盛時代だったと思います。

曲目の顔ぶれを見ると、何種類かのレコードを何度も繰り返して聴いていることが特徴的です。しかも、ベートーヴェンやモーツァルト等の作品はもちろんですが、その他に、室内楽好きやシューマン、プロコフィエフへの偏愛傾向がこの頃すでに顔を出しています。特徴的なのがもうひとつ、ワーグナーの名前が全く出てこない(^o^)/
ヴェルディ、プッチーニなどイタリア歌劇を中心にオペラに開眼するのはもっと後、1980年代のLDの普及を待たなければなりませんでした。

うーん、懐かしいなあ。わら半紙を二つ折にして糸とじ製本したものにボールペンで書きなぐったこんな記録は、ネットにもないからなあ(^o^)/
思わず表計算に転記してしまいました(^o^)/

(*1):大木正興氏とダイヤモンド1000シリーズのこと〜「電網郊外散歩道」2005年6月
コメント (2)

私の好きな作曲家と作品(2)〜J.S.バッハ

2018年12月11日 06時04分17秒 | クラシック音楽
前回よりだいぶ〜2016年12月からですから2年ぶり〜間があきましたが、「私の好きな作曲家と作品」の第2回めは、J.S.バッハです。だいぶ間があいてしまった理由は、J.S.バッハを正面から取り上げることに気後れしたというか、ビビったから(^o^)/
小規模なレコードライブラリと貧弱な演奏会体験でバッハを語ろうとすることの無謀さに怖気づいたということでしょう。でも、それを言い出したら、おそらくこのブログの記事の大半が無謀な試みに満ちていることになるでしょうから、そこはむしろ素人の蛮勇で突き進むほうが良いのかな、と思い直しました。



バッハの音楽に触れた最初は何だったのだろう? おそらくは、小学校の映画教室あたりで観たディズニー映画「ファンタジア」での「トッカータとフーガ」ニ短調あたりではなかろうかと思います。その後、記憶が明確なのは、高校生の頃にジャック・ルーシェ・トリオの「プレイバッハ」、あるいはその後の「ブランデンブルグ協奏曲第5番」あたりを通じて、世俗音楽のほうに親しむようになった、という順序かなと思います。



昔のLPレコードで印象的なバッハの作品というと、カール・シューリヒトが指揮した「ブランデンブルグ協奏曲」でしょうか。コンサートホール・レコードクラブから、高校時代に第3番・第5番・第6番を収録した第1集が出たあとしばらく間があき、第1番・第2番・第4番からなる第2集が出て完結したのは、大学入学後のことでした。若い頃は、あまり積極的にバッハ作品のLPを収集することもなく、時折コルボ指揮の「マタイ受難曲」やガーディナー指揮の「管弦楽組曲」などを購入して聴いておりました。近年は、CDで古楽スタイルの演奏に親しむようになり、以前の重々しいバッハと比較するとガチャガチャした印象はあるけれど、躍動感や活力のある演奏がしだいに好ましいものと感じられるようになりました。



で、現在、私が好きなバッハ作品は:

  • マタイ受難曲
  • ブランデンブルグ協奏曲(全6曲)
  • 管弦楽組曲(全4曲)
  • 2つのヴァイオリンのための協奏曲
  • コーヒー・カンタータ

あたりでしょうか。全6曲とか全4曲とかでひとくくりにするところが、いささか反則ですが(^o^;)>poripori

今は、「マタイ受難曲」に一番先に手が伸びます。悲嘆と後悔にいろどられた痛切な祈りの感情に、個人をこえた普遍性を感じます。

コメント (2)

今週の通勤の音楽を振り返る

2018年11月23日 06時04分17秒 | クラシック音楽
今週の通勤の音楽は、それまでハイドン「天地創造」全曲を繰り返し聴いていた反動で、毎日のように違う音楽を流していました。ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の120周年記念で配布されたmp3ファイルで、

  • ドヴォルザーク:交響曲第8番 ジュリーニ指揮
  • サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン付き」 チョン・ミョンフン指揮
  • シベリウス:交響曲第2番 マリス・ヤンソンス指揮
  • マーラー:交響曲第1番「巨人」 バーンスタイン指揮

など。サン=サーンスは、後半に思わずアクセルを踏みたくなるという副作用がありますが、あとは通勤の音楽として良好。定番の音楽を流しっぱなしにして、鼻歌交じりに楽しみました。こういう聴き方もいいものです(^o^)/



さて、今日は荒れ模様のお天気のようで、冬支度には適さないようです。もう少しぽかぽか陽気の時に作業したいところ。終日、完全休養日としましょう。

コメント (4)

全曲盤とハイライト盤

2018年11月14日 06時02分13秒 | クラシック音楽
若い頃は、懐具合の関係で全曲盤を購入するということはまれというよりも、オラトリオのような声楽曲のレコードを購入すること自体がまれでした。ヘンデルの「メサイア」を初めて入手したときは、ずいぶん嬉しかったなあ。大学を卒業するとき、恩師にいただいたのがベームが指揮するハイドンのオラトリオ「四季」のハイライト盤。これで有名どころを聴いていたために、後に全曲盤を入手して聴き始めたときも、比較的なじみやすかった記憶があります。

山響の定期演奏会で、鈴木秀美さんが指揮するハイドン「天地創造」を聴くために、少し前に購入したアーノンクール指揮の全曲盤をいきなり聴き始めたのでしたが、通勤の音楽として漫然と聴いているだけなものですから、しばらくの間、今どこを聞いているのかさっぱりわかりませんでした。ああ、ハイライト盤で有名どころを聴き馴染んでいるということは、要所要所を把握しているという強みがあるのだな、と実感した次第。

全曲盤とハイライト盤は、当然のことですが、やっぱり役割が違うような気がします。このたび、どちらもそれなりに大事な役割なのではないかと考えるようになりました。



コメント

「YSO News Letter vol.5」が届く

2018年10月17日 06時01分49秒 | クラシック音楽
過日、郵便受けを見たら、「YSO News Letter vol.5」が入っておりました。山形交響楽団の鑑賞会員向けに発行されている広報紙で、一面トップには主席客演指揮者ラデク・バボラークさんからのメッセージが掲載されています。また、ニュースとして、クラウドファンディングで募集した「楽団バス購入プロジェクト」達成の御礼と、2019年新春のニューイヤーコンサート&新春パーティの開催予告もあります。2面と3面は、見開きで「アフィニス音楽祭」の写真による記録がいっぱいです。
そして4面には、会員特典のリハーサルやゲネプロ見学時間変更のお知らせや、2019/20年シーズンの速報と、今シーズンのこれからの演奏会予定が発表されています。とくに来シーズンの速報には興味津々。ポール・メイエの指揮とクラリネットでシューベルトの「ザ・グレート」他のプログラムとか、ウィーンフィル首席ファゴット奏者のソフィー・デルヴォーのモーツァルトとか、ヌーノ・コエーリョ指揮でサクソフォン四重奏トルヴェール・クヮルテットの共演など、かなり多彩なプログラムになりそう。今からもう来シーズンが楽しみです。

コメント

ほんとに久しぶりに音楽CDを購入する

2018年10月16日 06時02分32秒 | クラシック音楽
先の山形弦楽四重奏団の定期演奏会のチケットを入手すべく、山形市七日町の富岡楽器まで行ったついでに、音楽CDを購入しておりました。ほんとにしばらくぶりに入手したのは、ハイドンのオラトリオ「天地創造」、ニコラウス・アーノンクール指揮、ウィーン・コンツェントゥス・ムジクスの演奏です。実は、次回の山響定期の予習用でして(^o^;)>poripori

お店でポイントサービスの期限切れを指摘されましたが、全くその通りで、音楽CDを購入したのはかなり久しぶりのことでした。富岡楽器のCD棚くらいの規模があればCD選びも楽しいのですが、多くの街のCDショップはなんだか悲惨な状態になっています。LPの登場も事件だったのでしょうし、LPからCDへの転換も事件ではあったのですが、昨今の状況はこれまでとは様子がだいぶ違ってしまっているようです。

コメント

車用USBメモリーにはお気に入りの音楽が偏りやすい

2018年10月02日 06時04分00秒 | クラシック音楽
カーステレオ用に音楽ファイルを集めた専用のUSBメモリーを作ると、どうしてもお気に入りの音楽ばかりを偏って集める傾向になりがちです。はじめのうちはそれでも良いのですが、途中から「たまには新曲が聴きたい」というムラ気というか希望というか、少々ちがう傾向が出てきます。音楽CDが主体だった頃は、三枚に一枚くらいの割合で未聴のディスクを混ぜておき、これを繰り返して聴きなじむようにしていました。ところが今の車用USBメモリーから、未聴の曲が流れ始めることはまずありません。うーむ。

未聴の曲をCDで車内に持ち込むようにするか、あるいは未聴の曲を意識して加えた新しい車用USBメモリーを用意する必要があるのかもしれません。それはまたそれで、面倒な楽しさかも(^o^)/

コメント (4)

音楽鑑賞と健康状態〜今回のひどい風邪では

2018年09月23日 06時04分01秒 | クラシック音楽
これまで、ちょいと風邪気味くらいでは寝床の中で音楽を流し聞くことを諦めることはありませんでした。これまでも、風邪引き音楽鑑賞ネタを何度か繰り返しております(*1)。

ところが、今回は食欲がなくほとんど食事が摂れない期間が続き、とてもじゃないけれど音楽を聴きながら回復を待つような状況ではありませんでした。実際、この期間に聴いた音楽はなし、寝床の目覚まし用ラジカセの電源を入れることもありませんでした。音楽鑑賞も健康状態に大きく左右され、今回のようなひどい症状では、とても音楽を聴く気分にはなりません。

幸いに、昨日は体調も回復の方向に向かい、例年通りピアノ調律の日でもありましたので、後でひそかに音を確かめてみました。シューマンの「交響的練習曲」の冒頭の主題です。やっぱり、調律後の音はだんぜんいいです。

で、聴き始めはやっぱりこの曲からでしょう(^o^)/
作曲家本人の残したピアノロールから、だそうな。

Debussy plays Debussy | Clair de Lune (1913)


(*1):例えば 風邪で寝ているときの音楽は〜「電網郊外散歩道」2018年5月 など。

コメント (2)

山形でのアフィニス音楽祭に思う

2018年08月28日 06時05分12秒 | クラシック音楽
バルトークの「管弦楽のための協奏曲」というプログラムを引っさげて、飯森範親さんが山響の常任指揮者に登場して以降、様々な工夫や改革が試みられて来ました。その一つが、2010年から始まったアフィニス音楽祭の山形開催(隔年)でしょう。



当時は、東北芸工大の学生さんたちが歓迎のオブジェを作って文翔館前を飾ったりして知名度を高めることに努めていましたが、回を重ねるごとに浸透していきました。私が聴くことができた演奏会は、

■2010年
 合同オーケストラ演奏会 R.シュトラウス:交響詩「英雄の生涯」他
 室内楽演奏会 モーツァルト:弦五第2番、シューマン:「ピアノ五重奏曲」他
■2012年
 定年退職の年度、猛烈に仕事が忙しい時期で、参加の記憶無し。
■2014年
 合同オーケストラ演奏会 シューベルト:交響曲第5番 他
 室内楽演奏会 R.シュトラウス:メタモルフォーゼン 他
■2016年
 合同オーケストラ演奏会 ハイドン:交響曲第90番 他
 孫たちが帰省して室内楽演奏会はパス。
■2018年
 合同オーケストラ演奏会 プロコフィエフ:組曲「ロメオとジュリエット」他
 室内楽演奏会 ドヴォルザーク:ピアノ五重奏曲、シューベルト:八重奏曲 他

というものでした。



やっぱり、街の中で、生活に寄り添う形で開催される音楽祭でないと、老若男女が帰りにちょいと参加するような形は難しいです。その意味では、文翔館とテルサを本拠としたのは正解というか、ありがたい。もし、アフィニス終了後に新たな音楽祭が企画されるのであれば、やはり人々の生活に寄り添う形で計画してもらえるといいなあ、と思います。

コメント

アフィニス音楽祭の演奏会チケットを入手する

2018年08月22日 06時02分30秒 | クラシック音楽
先日、外出のついでにアフィニス音楽祭の演奏会チケットを購入してきました。仕事の都合もありますので、平日は今日22日の室内楽演奏会1のみ。26日(日)のオーケストラ合同演奏会のほうは、山響定期会員ですので、割引になりました。それぞれのプログラムは、

  • 8月22日(水) 19:00 文翔館議場ホール
     ドヴォルザーク ピアノ五重奏曲 イ短調 Op.81
     モーツァルト  ディヴェルティメント第9番 変ロ長調 K.240
     シューベルト  八重奏曲ヘ長調 Op.166
  • 8月26日(日) 16:00 山形テルサホール
     R.シュトラウス 交響詩「ドンファン」
     プロコフィエフ 交響曲第1番 ニ長調 Op.25 「古典」
     プロコフィエフ 組曲「ロメオとジュリエット」Op.64 (抜粋)
      指揮:秋山和慶

というものです。室内楽演奏会でドヴォルザークのピアノ五重奏曲やシューベルトの八重奏曲をまた聴くことができるのは嬉しいし、R.シュトラウスの管弦楽作品などは、合同オーケストラ演奏会などの機会がないと、山響の規模ではなかなか取り上げるのは難しいでしょう。また、プロコフィエフの「ロメ・ジュリ」を、たとえ抜粋であっても、ナマで聴けるというのは大きな喜びです。期待を持って、今日の、今週の仕事を乗り切りたいものです。

コメント

山響から暑中見舞い状が届き、北欧の作曲家ノルドグレンを知る

2018年08月10日 06時01分49秒 | クラシック音楽
近年、定期会員には山響から暑中見舞い状が届くようになりました。毎年、団員の人がコメントを添えてくれますが、暑い中、葉書を何枚も書いている様子を想像して、ありがたく頂戴しております。

今年は、7月に文翔館でヴィヴァルディとピアソラの2つの「四季」の演奏を楽しんだばかりの、第二ヴァイオリン首席のヤンネ舘野さんからいただきました。文中にフィンランドの作曲家ノルドグレン(*1)の紹介があり、ヘルシンキで没後10年のコンサートを開く予定だそうです。ふむふむ、左手ピアノコンチェルト、サクソフォンコンチェルト、ストリングオーケストラのためのシンフォニーなどが挙げられています。どんな音楽なのだろう?と興味津々。どうやら、こんな音楽らしい。

Pehr Henrik Nordgren: Symphony No. 3 (Sakari Oramo)


Pehr Henrik Nordgren - Symphony for Strings, Op. 43 (1978)


Pehr Henrik Nordgren (1944-2008) - Violin Concerto Nº 3 Op. 53


Pehr Henrik Nordgren: String Quartet No. 10 (Tempera Quartet)


ノルドグレンは、日本にも縁が深い人のようで、奥さんは日本人の名前のようですし、芸大に留学経験もあるみたい。東北大学混声合唱団の40周年に際して委嘱された作品の交響曲第6番を演奏指揮したのが、山響アマデウスコアの指揮で馴染み深い佐々木正利先生だったり、いろいろ馴染み深いお名前が登場します。
ふーむ。機会があれば、実演で接してみたいものです。

(*1):ペール・ヘンリク・ノルドグレン(Pehr Henrik Nordgren)〜Wikipediaより

コメント

山形弦楽四重奏団の定期演奏会が近づく

2018年07月13日 06時04分39秒 | クラシック音楽
こんどの週末は、土曜出勤ですが日曜と月曜はお休みです。海の日の月曜祝日は、山形弦楽四重奏団の第68回定期演奏会の予定。今回で、ハイドンの弦楽四重奏曲全曲を演奏することになるそうです。その記念すべきプログラムは、

    文翔館議場ホール〜ハイドン全68曲完奏記念オールハイドン〜
  1. F.J.ハイドン 弦楽四重奏曲 ニ長調 Op.20-4「ヴェネツィアの競艇」
  2. F.J.ハイドン 弦楽四重奏曲 嬰ヘ短調 Op.50-4
  3. F.J.ハイドン 弦楽四重奏曲 ハ長調 Op.76-3「皇帝」

というもの。昨日、某楽器店でチケットを購入してきました。

この定期演奏会については、山形新聞の記事になっていました。



(2018年7月11日付け山形新聞より)

18年かぁ!西暦2000年に産声をあげた子供が高校三年生になり、我が家のアホ猫が子猫から老猫になるほどの年月です。これは万難を排して行かなければ!

その翌週も、魅力的な演奏会が続きます。永田美穂さんのシューマン「謝肉祭」も魅力的だし、ヤンネさんたちのピアソラ&ヴィヴァルディ「四季」もぜひ聴きたいところです。これが昼と夜に分かれていたらよかったのに(^o^;)>poripori
まあ、しかたがありません。文翔館のほうへ妻と二人で聴きに行く予定。

コメント (2)