電網郊外散歩道

本と音楽を片手に、電網郊外を散歩。時々は実際に散歩を楽しみます。

予期せぬ影響、思いがけない貢献

2020年07月03日 06時01分59秒 | 健康
昨日、子供用歯磨きの登場が、その後の子供世代の歯磨き習慣形成に貢献したのではないかという記事を書きました。歯磨きに関する個人的な記憶を、当時の社会的背景の中に置いてみると、意外なほどその影響は大きかったことがわかります。


 (歯周病疾患の有病状況 厚労省ヘルスネットより

この図を見た時、どうしても「年をとると歯周病が増える」と読んでしまいますが、もう一つ、年配者ほど歯磨きをしていなかった、あるいは歯磨き習慣形成が弱い世代だった、と読むこともできるでしょう。その可能性は大いにあると考えます。若い世代に歯磨き習慣が定着したことで、たぶん国民的なレベルで、口腔歯科の健康状態は大きく改善されたのではないか。推測ではありますが、口腔歯科に関する健康保険の状況にも影響したのではないかと思います。

当時のサンスターやライオンの製品開発者は、大きく言えば子供たちのむし歯をなくしたいという思いから出発したのでしょうが、口腔歯科の健康保険にまで大きく影響するとは必ずしも思っていなかったかもしれません。

ある一つの技術や製品開発が、後々大きな影響を及ぼし、まるで最初からそれを狙っていたかのように受け止められることがありますが、おそらくそれは結果論で、「そうなったらいいなあ」程度の願いの場合のほうが多いのではなかろうか。戦前の農村改革の試みが挫折した後に、戦後、農村の過酷な肉体労働から農民を救ったのは、農業機械だったように思います。農業機械の購入と維持の負担が別の問題をもたらしていますが、たしかに過酷な肉体労働を解消したのは事実です。物事には、本来ねらった効果とともに、予期せぬ影響というものがあり、ときに思いがけない社会的貢献を果たす場合がある、ということでしょうか。

では、今回のコロナ禍は、どんな予期せぬ影響をもたらすのだろう? また、思いがけない社会貢献ということがありうるのだろうか?

コメント

歯磨き習慣と世代の差

2020年07月02日 06時01分40秒 | 健康
現代の若い人たちは、おしなべて歯がきれいでむし歯も少ないようですが、年配者、とくに70代以上の人たちは、むし歯や歯槽膿漏、入れ歯など、歯や歯ぐきの悩みが多いようです。その原因としては、時代背景や境遇、家庭環境などの要因が大きいとは思いますが、もう一つ、「歯みがきの成分の変化」の要因も見逃せないと感じます。

昭和30年頃だったでしょうか、父親など大人が使う「歯磨き粉」はまさに粉末で、歯ブラシに付けて使うものでした。子供にはピリッと辛い、あまり好まれないもので、たぶん弱アルカリ性を示す粉石けんのようなものを含み、舌を刺激する傾向があったのではないかと思います。当然のことながら、この頃の子供たちは歯磨きを嫌って逃げたのでしょう。


 (ラウリル硫酸ナトリウム〜Wikipediaより)

ところが、サンスターやライオン等から、中性洗剤と同じ成分(ラウリル硫酸ナトリウム*1など)を配合し、イチゴやバナナの香りを付けた辛くない「子供歯みがき」がチューブ入りで発売されるにいたり、子供たちの歯磨き嫌いは急速に改善されていったのだろうと思われます。この境界線は、たぶん昭和30年ころに何歳だったかで分かれ、幼年期にあった世代は歯磨き習慣を持った人が多く、少年期以上の世代は歯みがきから逃げ出したのではなかったろうか。



今、8020運動などと言われているのはたぶんこの団塊世代の人たちが対象であって、まさに「歯みがきから逃げ出した世代」なのでしょう。今の若い人たちの立派な白い歯を見ると、時代の幸せを無意識のうちに享受しているのだなあと感慨を覚えます。当方、子供の頃はラウリル(またはドデシル)硫酸ナトリウム等の恩恵を受けず、「辛い歯磨き」から逃げ出した方ですが、後年に歯みがきの大切さを知って習慣化した、「遅れてきた歯磨き世代」で、せっせと歯磨きをしております。

(*1):ラウリル硫酸ナトリウム〜Wikipedia の解説
コメント

新型コロナウィルスはどのくらい怖いか、免疫は持続するのか

2020年06月23日 06時02分11秒 | 健康
新型コロナウィルスについて様々なことが報道されていますが、一国のリーダーの立場の人にも様々な人がいるようで、中には「ただの風邪じゃないか」と頑固に言い張るような人もいるようです。では、「ただの風邪」説はともかくとして、例年の季節性インフルエンザと比較してどのくらい怖いのか。また、これまで人間が免疫を持たない新型のウィルスとのことでしたが、一度感染し回復したら免疫はどの程度まで持続するのか。

これについて、興味深い記事を読みました。これによれば、

  • 季節性インフルエンザの死亡数の、同じ期間で9.5から44.1倍、平均で20.5倍の死亡が、新型コロナウイルス感染症では起こっている(*1)
  • 新型コロナウイルス感染における免疫は弱く持続期間は短く、何度も繰り返し感染する風邪症候群と似た性質を持っている(*2)

ということのようです。

うーむ、インフルエンザよりも凶悪で風邪のように何度もかかるならば、事態は予想以上に悪いのではなかろうか。願わくは、「風邪のようにワクチンができない」などという事態にはなりませんように。当面、マスク・手洗い・換気・距離を開けるなどの対策を持続することが大事だということだな。油断大敵。

(*1):新型コロナウイルスの死者はインフルエンザと同じくらい、は本当か〜「北品川藤クリニック院長のブログ」2020年6月19日付け記事より
(*2):新型コロナウイルス感染における免疫持続期間〜「北品川藤クリニック院長のブログ」2020年6月22日付け記事より



コメント (2)

アビガン(ファビピラビル)がRNAウィルス合成を阻害する理由

2020年05月03日 06時01分48秒 | 健康
新型コロナウィルスの流行により生活上の不便を感じることが多いためか、このウィルスに効果的に作用するらしい「アビガン」ことファビピラビルの作用に興味を持ちました。幸いに、開発者の白木公康先生の緊急寄稿論文の所在(*1,*2,*3)を知り、じっくりと読んでみました。

これによれば、ファビピラビルは体内で五炭糖の1種で RNA の原料の一つであるリボースと結合します。プリントアウトした文字が小さくて読み取りにくいのですが、



この、リボースと結合したファビピラビルが、RNA の前駆物質である AICAR とよく似ている(本物はNを含む複素環が五角形だがアビガンでは六角形になっている)ために、酵素が間違えて取り込んでしまい、RNA 合成がストップしてしまう結果、インフルエンザウィルスや新型コロナウィルス、エボラ出血熱ウィルスなどの RNA ウィルスの増殖が阻害されるというしくみのようです。



なるほど、アビガンは RNA 合成を阻害する薬なのだから、通常は一定の割合で出現してしまう耐性ウィルスを生じないという特徴があり、感染初期〜前期に投与すればウィルスの増殖を抑えることができる、ということなのでしょう。ただ、いったん増えてしまったウィルスを減らすことはできないので、細胞内から外へウィルスが拡散するのを阻害するようなタイプの薬と併用するのが望ましい、というのが著者の見解のようです。

その時期としては、感染が判明しだい早期に投与されるのが望ましく、ウィルス量のピークは感染後10日くらいになるようですが、できれば COVID-19 に特徴的な 4日間以上続く発熱の4日目あたりで感染を疑い、発症後5〜6日に労作性呼吸困難(息切れ等)を指標に肺炎合併の有無をCTで検討し、抗ウィルス薬治療を開始するのが望ましいとのこと。2タイプの薬剤の併用で耐性出現を抑制しながら初期治療で重症化を防ぐ、という戦略のようです。

アビガンの副作用としては、RNA 合成が活発に行われる生殖活動への影響があり、具体的には例えば妊娠中に阻害される結果、胎児に催奇形性を示してしまうということが挙げられます。このあたりは男女ともに充分な注意が必要でしょう。もう一つは、臨床的に尿酸値の上昇が見られるとのことで、痛風の持病がある人はちょいとためらう面があるのかもしれません。



更新した備忘録ノートの最初の記事は、なんと「アビガンがRNAウィルス合成を阻害する理由」というお硬いものになってしまいましたが、内容的にはたいへん興味深いものでした。化学反応的には、アビガンの複素環を構成する N 原子と隣接する C 原子に結合する -OH 基とリボースの -OH 基との間で H2O 分子が取れて結合するようで、これはこれでたいへん興味深いものです。

いずれにしろ、「窓を開けて換気」「手洗いの重要性」「若くても肺線維化は起こる」などのポイントをあらためて確認することができました。田舎は感染者数が少ないからと根拠のない安心感を抱くことなく、警戒しつつ過ごすことが大事になるようです。

(*1):緊急寄稿(1)新型コロナウィルス感染症(COVID-19)のウィルス学的特徴と感染様式の考察(白木公康)〜WEB医事新報
(*2):緊急寄稿(2)新型コロナウィルス感染症(COVID-19)治療候補薬アビガンの特徴(白木公康)〜WEB医事新報
(*3):緊急寄稿(3)新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を含むウイルス感染症と抗ウイルス薬の作用の特徴(白木公康)〜WEB医事新報

コメント (2)

緩和ケアとは

2020年04月06日 06時01分17秒 | 健康
昨年の秋、ご近所の親族の奥さんが急逝してセレモニーホールが使えず、寺院葬のお手伝いをしたのでしたが、どうも残された夫君が夫人の突然死に心の整理がつかず、元気がないらしいと聞きました。葬儀の前の、茫然自失した様子を思い返すと、気持ちはよく理解できますし、さもあろうと感じます。

肉親や配偶者などの死去は悲しいものではありますが、思いがけない突然の逝去にくらべれば、ゆっくりと衰弱していくガン死は、後からは受け入れられるものなのかもしれません。亡父は原爆症によると思われる消化器系のガンで七回も手術を経験しておりましたので、後は抗癌剤治療しかないとわかったとき、口内炎などの副作用により生活の質が著しく低下する抗癌剤治療を忌避し、「季節の味を食って死にたい」と明言しておりました。本人を交えた家族と主治医との面談では、覚悟の上で「延命治療は望まない、痛い・苦しいはゴメンなので緩和治療を希望する」という希望を申し出て、主治医は「了解しました。必要な治療はさせてもらいます」ということで治療方針が決まり、最後まで看取っていただきました。その点では、後悔はほとんどありません。

むしろ、亡父の経過をみて、今更ながらではありますが緩和治療、緩和ケアという言葉に関心があります。WHO の定義によれば、

WHO(世界保健機関)による緩和ケアの定義(2002年)
緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、痛みやその他の身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな問題を早期に発見し、的確なアセスメントと対処(治療・処置)を行うことによって、苦しみを予防し、和らげることで、クオリティー・オブ・ライフ(QOL:生活の質)を改善するアプローチである。(国立がん研究センター:がん情報サービスより*1)

というものだそうです。ガン治療中に、病気に伴う痛みや苦痛を軽減できるならば、自分の仕事や人生を整理する時間的な余裕も与えられるだろうと思います。昨年、膵臓ガンで亡くなった同級生の覚悟の最期を思うにつけても、残された者の気持ちは、ガン死のほうが受け入れられ、気持ちの上で昇華されることになるのかな、と思います。

(*1):がんの療養と緩和ケア〜国立がん研究センター:がん情報サービスより

コメント

えっ!体重増でBMIが23台に〜早くも検診をすませる

2020年04月04日 06時03分50秒 | 健康
過日、職場の健康診断があり、今年の結果はどうかと受診しました。その結果、血圧や視力はほぼ変わらず、変化があったのは体重と腹囲でした。とくに体重は、昨年よりもなんと4キロも増えてしまっています。その結果、BMI の値は 23 になってしまいました。まずいぞ!

妻の言では、「やっぱり! 近ごろ食欲あるもの。」だそうです。たしかに、畑で働いた後に食べるご飯は美味しいし、先日ご飯茶碗を更新したのですが、一回り大きくなってしまっています。コーヒーにお菓子はついているし、たぶんカロリーオーバーの可能性が大です。うーむ、飯碗を一回り小ぶりなものにもどすべきだろうか?

コメント (2)

歯科通院でY字形のデンタルフロスを知り、奥歯の炎症対策とする

2020年02月02日 06時02分55秒 | 健康
10月に右奥歯にかぶせた詰物が取れてしまい、行きつけの歯科医院で治療してもらいました。その時のアフターケアの意味もあり、先日また診てもらいました。どうも右奥歯のすき間に食物カスが詰まりやすく、歯間ブラシでも取りにくくて困っていると話したところ、歯医者さんからY字形のデンタルフロスを教えてもらいました。



普通のデンタルフロスの存在は承知しておりましたが、たしかにこれだと奥歯のすき間に入り込んで掃除をするのに便利そうです。食後、歯を磨くときに右奥歯をこれできれいにしておけば、炎症対策に有効な手段になりそうです。さっそくドラッグストアで探して購入してきました。「8020運動」の「80歳で20本」達成が目標です(^o^)/

コメント (4)

老母、杖を新調し老眼鏡を更新する

2020年01月20日 06時02分22秒 | 健康
老母の依頼で車を出し、介護福祉用品のお店に行きました。家の中では歩行器を使っていますので、杖を使うのは外出時だけなのですが、その杖はふつうの一本足のものだと滑りそうでこわいのだそうです。そのため、ゴム足のもので足の先が四本に分かれていて滑りにくいものを購入してきました。実際に使ってみて、これなら安心と喜んでいます。



外出したついでにメガネ店に寄り、老眼鏡の度数が合わなくなったことから、レンズを現状に合わせて更新したいと相談したところ、数日後には出来上がるので取りに来て下さいとのことでした。で、過日また同行。新聞の小さな字も読めると喜んでいます。一番困っていたのは、お薬の注意書きが読めないことだそうで、何種類もある薬を指示通り正確に服用するには、きちんと説明を読まなければだめだと言っています。たしかに、大事なことです。

コメント (4)

病代の助っ人の仕事(非常勤)が終わる

2019年12月23日 06時05分21秒 | 健康
先日、昔の職場から応援の依頼があり、病代の助っ人をつとめました。以前は単身赴任した場所ですので、週三回とはいえ、通勤にはけっこうな時間がかかります。勤務時間を遅出早帰りにしてもらったので、なんとかなりました。幸いに、雪で通勤に苦労することもないうちに終わりましたので、まずは良かった。



私よりもずっと若い人が突然の病気で入院手術となったとのことでしたが、幸いに順調に回復しているようで、何よりでしょう。誰にとっても病気というのは突然のことでしょうから、頼む方も焦ったことと思います。当方、幸いに資格が適合し、健康で農閑期のため時間にも余裕がありますので、多少とも力になれたのであれば幸いでした。自分としても、まずは満足できる結果です。



そうだなあ、大事なのは、何よりも心身の健康だなあ。まずは規則正しい生活リズムと食生活、歯磨き、適度な運動を心がけましょう。冬場の運動というか、生活不活発病の防止のため、一日あたり5,000〜7,000歩程度の歩数をどうやって確保するかが課題だなあ。

写真は、この時期には珍しく晴天に恵まれた某日の農作業風景。伐倒木の根っこがなかなか燃えません。剪定した枝をきちんと積み上げ、その上に重ねて燃やすようにしないとダメなようです。

コメント (2)

風邪をひいて寝込む

2019年10月06日 06時04分32秒 | 健康
風邪をひいてしまったらしく、咳、痰、喉の痛み、鼻水に発熱(37.4℃)とフルコースです。幸いに、退職後の自由な身分ですので、仕事の都合などは考えなくても良いのがありがたい。さっそくかかりつけの耳鼻科医院に行き、診察・処方してもらいました。

  • 柴胡桂枝湯  こじれた風邪に処方される漢方薬
  • テオドール  気管支拡張剤
  • アスベリン  咳止め

いつもの鼻風邪ですと小青竜湯で大丈夫なのですが、咳と発熱、喉の痛みが出ている場合は、これまでの実績からこういう組み合わせになるようです。

しばらくすると鼻水から鼻詰まり症状に移行しますが、喉が痛い時に口呼吸を強いられる苦しさは避けたいところです。マスクをして、とにかく寝るに限ります。

コメント

退職後の変化:健康診断

2019年08月29日 06時04分44秒 | 健康
過日、健康診断を受診しました。退職前は、職場単位での健康診断でしたので、仕事に影響が出ないように、時差で検診を受けるように段取りしていましたが、今回は地域ごとにまとめて各家庭で受信することになります。検診の項目も、

  • 身体計測(身長、体重、肥満度、腹囲、視力)
  • 血圧測定、内科診察、尿検査(糖、蛋白、潜血)
  • 心電図、眼底検査
  • 血液検査:(1)脂質検査、(2)肝機能検査、(3)糖尿病検査、(4)貧血検査、(5)腎機能検査、(6)血液科学的検査、(7)血液一般検査
  • 胃がん検診、胃部X線撮影
  • 大腸がん検診、便潜血検査
  • 肺がん検診、胸部X線撮影

などは以前も今回も共通ですが、異なっている点は?

一番違うのは、妻と一緒に車で健診センターに向かうことでしょうか。退職して生活が大きく変化し、身体上の負担がかかっていないか、マイペースの生活が逆にマイナスになっている面はないか、などを反省するうえで良い機会でしょう。そのため、今回はこれらの検査に加えて、

  • 肝炎(B+C)
  • 腹部超音波検査
  • 前立腺腫瘍マーカー(PSA)
  • 腰椎骨密度測定
  • 心機能マーカー(NF-proBNP)
  • 甲状腺機能検査

とフルオプションで受診しました。お金もかかりましたが、あちこちですい臓がんの話を聞いたりもしますので、腹部超音波などはしっかり受けておきたいところです。

結果は後日送付されてくるようですが、会場となった健診センターは昨年新築されたばかりだそうで、まだ新しく機能的で、快適に受診することができました。

ちなみに、今回の結果のうち、わかっているところだけ記しておくと、

BMI=22.0  腹囲:81cm  血圧:104-63  視力:1.2/1.2

うーむ、昨年よりも多少ひきしまったみたい(^o^)/
やっぱり、農作業で汗を流す有酸素運動が良いのかな(^o^)/

コメント (2)

デスクワークに慣れすぎた人が健康を害する理由とその対策

2019年04月29日 06時05分01秒 | 健康
お役所勤めが長かった人や、長く事務職をつとめた会社員の方、あるいは学校の先生などにも少なくなかろうと思いますが、デスクワークが中心でその生活スタイルに慣れてしまった人は、リタイアしたあとでもデスクに向かい椅子に座る生活を続けてしまう傾向があるそうです。当方もその傾向があります。たしかに、冬場や雨の日など、昔の書類等を片付けていると本当にきりがないものです。思い切ってバサッと捨ててしまえばよいのに、宝物のようにいつまでもこだわっているのですね。そんな毎日を過ごしているうちに、いわゆる生活不活発病におちいり、本当に具合が悪くなってしまうのでしょう。体調が悪いものだから、大事にしなければと安静にするため、さらに生活は不活発の度を増して、ますます悪循環に陥ってしまいます。

健康のためには、むしろ立っていることや動きまわることが大事なようです。歩くことは両方を兼ねています。老人が寝てばかりいると筋力が衰え、本当に起きられなくなってしまうのと同様に、毎日のように座り続ける生活は危険です。歩数計の数値を指標にせっせと歩くこと、畑仕事など野外の活動を取り入れることが大事になってくるでしょう。また、億劫がらずに体を動かすことも大事なポイントなのかも。その点では、たとえ家族に「アホ猫専属ドアマン」と揶揄されたとしても、猫がドアの前にチョコンと座っているときは、立って行ってドアを開けてやることが大切なのです(^o^)/

コメント

老母、細字のボールペンから太字のボールペンへ

2019年04月24日 06時02分13秒 | 健康
老母が近頃新聞が見えにくいとこぼします。数え年で92歳ですから、白内障や眼底出血等もあるらしいのですが、もう充分に行きたから、これ以上あっちこっち部品を直してもしかたがないとのことで、眼科でも白内障の手術を断ってきたそうです。もちろん、先年の心臓手術(大動脈弁置換)以後、心血栓防止のために服薬を続けていますので、眼科のお医者さんの判断も、無理はしないほうがよいとのことでした。

で、息子(私)への依頼は、日記帳を書くのに、ハッキリ見える太字のボールペンがほしいとのこと。そんなことならお安い御用、ジェットストリームの太字(1.0mm)の黒をあげたところ、これまでのパイロット・オプトの細字よりも見やすいとのことで、まずは判断が良かったようです。

なぜか世間は細字指向。でも、中高年は「太字・くっきり黒々」ですよ。

コメント (2)

日差しにだまされ、油断した

2019年04月15日 06時02分00秒 | 健康
ぽかぽか陽気の週末、午前中はウィンドヤッケを着こみ、畑仕事をして少し汗をかいたものだから、午後はウィンドヤッケなしで畑に出ました。日差しは暖かいもののまだ風は冷たく、日が陰ると途端にクシャミ連発で、まずい、風邪をひいたかな?

夕方から鼻水ツーツー、典型的な風邪症状です。医者はしまっているし、仕方なくドラッグストアで小青竜湯を購入、服用して早めに寝ました。退職して休日明けの通勤と仕事のスケジュールを心配しなくても良いのが本当にありがたい。

そういえば、以前もそんなことがあったなあ(*1)。この時期、日差しにだまされて、風対策をおろそかにすると、体温を奪われて風邪をひく。この件、忘れないようにしっかりと記録しておきましょう。

(*1):近年の風邪による月別通院頻度を調べると〜「電網郊外散歩道」2018年5月

コメント

常用するカップを小型化した結果

2019年02月18日 06時05分30秒 | 健康
高橋知宏著『本当はこわい排尿障害』を読み、自分が一日に摂取する水分量に着目(*1)するようになりました。特に、常用するカップをマグカップからごく小型のカップに変更してみたところ、予想以上に有効でした。



最大の変化は、しばしば渋滞が起こりやすい雪の朝の通勤時間帯に、トイレ休憩が不要になったことでしょうか。次に、前日の宴会等の有無にもよりますが、朝方に尿意で目が覚めることが激減したことです。確かに、一回に摂取する水分量が減少すれば排出する回数が減り、間隔も長くなるのは道理です。当然と言えば当然。でも日常生活の中では大きなプラスの変化と言えそうです。

(*1):一日の水分量を1,500mL程度に抑えるには〜「電網郊外散歩道」2019年2月

コメント (4)