電網郊外散歩道

本と音楽を片手に、電網郊外を散歩。時々は実際に散歩を楽しみます。

果樹農業と野菜つくりの違い

2019年05月20日 06時01分46秒 | 週末農業・定年農業
父が亡くなった後に、週末に農作業に従事する形で果樹園を維持管理(*1,2)してきました。そのため、当ブログでも「週末農業」というカテゴリー名で作業記録を中心とした記事を積み重ねて来ています。この春に退職した後、これまでやってきた果樹農業のほかに、老母が維持してきた野菜畑(*3)の管理もやるようになりました。こちらは、もっぱら妻が老母を手伝う形で作業することが多かったので、今後も「婦唱夫随」のスタイルになりそうですが、それにしても果樹農業と野菜つくりでは、だいぶ作業のスタイルが違うようです。

  • 果樹農業 樹が大きく本数も多いので生産量も多く、部分的な丁寧さよりも全体を見て作業を組み立てる必要があります。草刈りや防除など機械で行う作業もかなりあり、どちらかといえば大雑把な力仕事です。高所作業や上を見る仕事が多く、足腰や首が痛くなります。
  • 野菜つくり 出荷を前提としない家庭菜園の規模だから、という面もありますが、作業が繊細で細やかです。種まき、苗の植付け、草取りや間引きなどしゃがんでする作業が多く、腰が痛くなります。

実際のところ、果樹農業のような大雑把な仕事のしかたでは、「ぼーっと生きてんじゃないよ!」とチコちゃんに叱られる、もとい、妻に叱られます(^o^)/



サクランボやスモモ、モモ、プルーン、りんご、柿など、収穫する果物は季節の味の楽しみですが、自家栽培する野菜の多様さは日常の食事メニューの豊かさに直結する面があり、どちらもおろそかにするわけにはいきません。週末農業から定年農業へ移行している今日このごろ、新米シェフの食材確保のためにも、野菜つくりの勉強も大事な課題です。写真は、先日、植え付けをしたサトイモとカボチャです。近日中に、豆の発芽を野鳥の食害から守るために、防鳥ネットを張る必要があります。

(*1):果樹園の再開を目指して〜「電網郊外散歩道」2009年3月
(*2):果樹園を放置するとどうなるか〜「電網郊外散歩道」2015年6月
(*3):白菜とダイコンの収穫〜「電網郊外散歩道」2012年11月
コメント

荒らしていた畑を復活させる

2019年05月14日 06時02分42秒 | 週末農業・定年農業
だいぶ前、亡父が元気な頃に、休耕田を野菜畑として使い始めました。毎日、管理・収穫する必要があるナスやキュウリなどは裏の畑で良いけれど、一定の面積を必要とするサトイモ、白菜、枝豆、カボチャ等は、少し離れたところにあるこの畑に植えていました。少々距離があるとはいえ、歩いて行ける距離ですので、もっぱら老母が楽しみに野菜を作っていました。ところが、先年の心臓手術以後、足腰が弱り、歩行が不自由になりましたので、裏の畑くらいならばともかく、こちらの畑までは手が回らず、昨年はとうとう何も植えずに放置したため、雑草の天下となり、だいぶ荒れてしまっていました。



今年は、私が退職して時間ができましたので、この畑の復活を計画。耕運機で耕耘した後、苦土石灰や肥料を散布し、数日おいて再び耕耘。こうすると、雑草が発芽成長する間がありませんので、畑がきれいになります。まずはマルチ栽培でサトイモを植えて、今秋の芋煮の材料を確保します(^o^)/



嬉しかったのは、アスパラガスが生き残っていたことです。たしかに、昨秋に部分的に草取りと追肥を行って、次の年に備えてはいたものの、一畝がぜんぶ生き残っているとは思いませんでした。草取りをした土の中からにょきにょきと顔を出しているアスパラガスを見ると、思わず嬉しくなります。根元を鍬で耕して追肥。もう一つ、ニラとギンボ(ギボウシ)、ウルイ、食用菊なども大丈夫でした。スギナがはびこっているのを草取りで地下茎を取り除き、こちらにも追肥をしておきます。




さて、この畑に何を植えましょうか。週末農家から定年農家へ。ただいま、野菜つくり見習いの修行中です。


コメント (2)

ビジネス用ワイシャツの丈夫さ〜農作業ウェアに転用する

2019年05月02日 06時02分40秒 | 週末農業・定年農業
この三月末に退職して以来、ビジネス・スーツを着る機会が激減しました。調べてみると、古いワイシャツもだいぶあります。度重なる洗濯にも、あまり型くずれもせず、ビジネス・ワイシャツの作りの丁寧さ、丈夫さを感じます。せっかくなので、農作業ウェアに転用してはどうか?

農作業時、あるいは農協などで出会うとき、ご近所農家の皆さんの外見は、ほぼ例外なく作業着スタイルです。でも、その中に着るシャツ類はまちまちで、ワークマン等で調達してきたらしいカッターシャツの人がいれば、ポロシャツや薄手のトレーナーみたいなのを着ている人もいます。であれば、着古したワイシャツを転用してもよかろう(^o^)/

古いブルー無地のワイシャツを試してみたら、いかにもブルーカラーらしく見えます(^o^)/ いや、実際にブルーカラーなのですが(^o^)/ また、ストライプのシャツもあまり違和感がありません。さすがにネクタイはしませんので、畑に着て行っても大丈夫でしょう。日々の農作業では、汗はかくし汚れるしで日に何度も着替えることがあります。これで着替えの心配もなくざぶざぶと洗濯できるようになり、タンスの隙間も増えて、一石二鳥です(^o^)/

コメント (6)

農作業メモに野菜作りを書き留めるには記入面積が必要~B6判リングノートに

2019年04月30日 06時06分06秒 | 週末農業・定年農業
今春から、本格的に野菜作りに挑戦を始めました。自家用にせいぜい一畝か二畝ずつという規模の作業ですので、一枚の畑に様々な種類の野菜を混植することになり、とても全部を記憶しておくのは困難です。で、農作業メモの登場となるわけですが、どんな作物をどこに植えているかを図解するには、今までのA6判の小型ノートでは小さすぎます。そこで、一回り大きなB6判ノートのストックの中から、ソフトリングノートの80枚のものを選び、これに記入するようにしました。




考えてみれば、果樹や農機具の管理などには文庫本サイズでも問題なかったのですが、野菜作りではどうも小さすぎる。携帯し参照するには小型の方が適していますが、細かな図解をともなう記録には、ある程度の記入面積がある方が好都合、ということでしょう。作業着の胸ポケットには入らなくなりますが、全天候型ボールペン・パワータンク(Power Tank)とともに農作業用バッグに入れておけば良いという割り切りです。

使ってみてわかったことですが、別にソフトリングである必要はなかったみたい。むしろ、リングにボールペンのクリップを引っ掛けて持ち運ぶことを考えると、農作業メモには普通の針金のリングノートのほうが良いようです。

コメント

雨降りのお天気は「農休日」として休養できる

2019年04月26日 06時03分54秒 | 週末農業・定年農業
過日は前夜からの雨降りで、乾燥続きの野菜畑や果樹園には待望の雨となりました。先日、植えつけた夏ネギや秋ネギ、種まきをしたハツカダイコンやホウレンソウなどにはちょうど良い水分供給となったことでしょう。




こちらは、秋ネギ。




タマネギも追肥がきいて元気になったようです。



乾いて白っぽかった畑の土が黒々と湿っているのを見ると、「恵みの雨」という言葉通りだなあと感じます。

一方で、退職して時間が出来たものだから、今まで勤め人の週末農業でできなかった分もと、つい農作業を頑張ってしまいます。果樹園管理に加えて老母に代わり野菜つくりもとなると、やはり疲れがたまります。ほどよく雨が降ってくれたほうが、「農休日」として休養し、のんびり疲労回復できて良いみたいです。

コメント

晴天の農作業の後に聴きたい音楽は

2019年04月21日 06時05分18秒 | 週末農業・定年農業
晴天に恵まれた週末、前日まで草刈りをしてスムーズな足場を確保しておき、早朝からサクランボの開花前の防除を行いました。幸いに、早朝の時間帯にはまだ気温が低く、訪花昆虫はまだ活動しておりません。影響は最小限にとどまる見込み。そろそろふくらんできたサクランボの花芽を見ながら手散布で防除を行います。朝仕事で二箇所の園地を回ると、もう歩数計は1万歩超え。梅はそろそろ散り始め。



朝食後、自室でほっと一息、コーヒーを飲みながら聴きたいCDを探します。こんなときは、デスクトップPC-audioよりも、書棚に埋め込んだスピーカを部屋中に響かせる音楽を聴きたい気分です。で、選んだのが

ドヴォルザーク 交響曲第8番 クーベリック指揮ベルリン・フィル
ドヴォルザーク チェロ協奏曲 フルニエ(Vc)、セル指揮ベルリン・フィル

のCDです。ドイツ・グラモフォン名盤1200というシリーズの中の1枚(G:POCG-90356)で、LP時代からよく聴き馴染んだ演奏です。春のぽかぽか陽気に加え、労働の充実感のあとに聴きたくなる音楽として、たびたび登場する一枚。いいですね〜。



さて、今日はモモの開花直前の防除を済ませ、午前中は野菜関連の畑仕事、午後は山響定期の予定。本日のプログラムは、

  1. リゲティ/ルーマニア協奏曲
  2. フランセ/クラリネット協奏曲
  3. シューベルト/交響曲 第8番 ハ長調「ザ・グレート」D.944
     指揮・クラリネット:ポール・メイエ、山形交響楽団


コメント

動力噴霧機の修理が終わって

2019年04月09日 06時01分21秒 | 週末農業・定年農業
農協に修理を依頼していた動力噴霧器が、ようやく修理が終わって返却されてきました。やはり気化器(キャブレター)の故障だったらしく、エンジンオイルの中に燃料がドバドバ漏れている状況だったようです。古い確定申告データの減価償却の項目を見ても、亡父の代、少なくとも1995(平成6)年以前に購入し、ずっと常用してきたものであることは確かです。すでに25年以上、おそらく30年にはなるでしょうから、よく長持ちしているほうでしょう。



考えてみると、動力噴霧機をはじめ、耕運機や写真の草刈機など、主な農機具は年代モノばかりです。これらが壊れて、いよいよ修理がきかなくなった時にどうするか。乗用草刈機がほしいなあと思うことはあるけれど、高額な農機具を新たに購入し、定年後の農業を継続することは現実的ではありません。古い農機具を点検修理しながら大切に使っていくことが重要、ということなのでしょう。



その意味では、業者に依頼していた井戸ポンプの砂取りフィルターの交換が、先日ようやく終わり、ありがたい。この井戸から作業小屋の方へ配管してあり、野菜を洗ったり農具や泥んこ長靴を洗ったりするのがたいへん便利になっています。




古い鋳物のフィルター器具を交換しようとしたら、どうやら昭和の製品だったらしい。今はステンレスの高価なものか樹脂製のものしかないそうで、樹脂製のものにしてもらいました。

コメント

ようやく晴れて春の農作業はじまる

2019年04月06日 06時01分28秒 | 週末農業・定年農業
あっという間に雪が融けて、太陽が顔を出しました。少々風がありますが、おおむね農作業日和です。夕方から夜にかけて雨が降るとの予報もありますので、今までできなかったサクランボ果樹園のカイガラムシ防除を実施しました。農協で修理してもらった動力噴霧機を軽トラックに積んで、草刈りを終えたばかりの自宅裏の園地でハーベストオイルを主体とする防除作業です。



梅はまだつぼみが開いていませんが、雪が融けたためにヒマラヤユキノシタとクリスマスローズが咲いています。ようやく春が来た感じがします。







午後はゆっくり休養し、イリーナ・メジューエワのピアノで、メンデルスゾーンのピアノ作品集を聴きました。久々にかなりの音量でピアノ音楽を聴くと、カーステレオの音とは異なり、満足感が違いますね〜(^o^)/

コメント (2)

サクランボ剪定枝の焼却終わる〜良いお天気でピクニック気分

2019年03月19日 06時04分42秒 | 週末農業・定年農業
一昨日、寒い中でがんばって剪定枝を集め、束ねて焼却準備を進めました。昨日は一転して快晴のぽかぽか陽気となり、風もなく農作業にはありがたいお天気です。自宅裏の剪定枝も集め終わり、軽トラックに積んで人家から離れたもう一つの果樹園に運び、焼却作業を開始。



結束した剪定枝を積み上げ山のようにした周囲に防火線となる溝を掘り、よく乾燥した木片に縄を巻きつけ、灯油をしみこませて枝の下部に差し込みます。ライターで点火すると勢い良く燃え上がります。集めた結束剪定枝をどんどん投入。



火力がすごいので、防火線の中には入れないほどです。火の番を兼ねて、休憩します。魔法瓶なんて言い方を今もするのでしょうか、電熱ポットではない、古いタイプのエアーポットにお湯を持参し、インスタントのコーヒーを飲みながらピクニック気分です。



小枝はあらかた燃えてしまいましたが、大きな燃え残りもあるので、火の番は必要です。



二日がかりのサクランボ剪定枝の処理が終わると、あとは本数の少ないリンゴや桃など、小規模な作業となります。まずは、一段落です。

コメント

週末農業は剪定枝集め〜シルバー人材センターに応援を依頼

2019年03月18日 06時04分58秒 | 週末農業・定年農業
例年よりも春が一週間以上早く進行しているみたいです。草の伸び方もペースが早く、このまま放置すると剪定枝が草に隠れて見えなくなってしまいます。これは大変! シルバー人材センターに助っ人を頼み、日曜の朝から作業に従事しました。



少し離れた園地に出向き、剪定した枝を拾い、ある程度の量を束ねて運びやすくします。ずっと中腰での作業になりますので、腰が痛い(^o^;)>poripori



午前中は日がさしてぽかぽか陽気でしたが、午後からは曇り空で風が強まり、寒い〜! 要所に集めた枝を集積し、いったん作業終了。本日は、自宅裏の園地での作業となります。勤務先の仕事はお休みです。

コメント

春の週末農業始めは野菜の追肥から〜倒木の処理にマサカリの威力!

2019年03月12日 06時04分53秒 | 週末農業・定年農業
例年よりも二週間ほど早く春が来て、裏の畑にはすっかり雪がありません。このままだと草がどんどん伸びてきますので、早急に対処が必要です。まずは、老母の指示で野菜の追肥から。

  • 冬を越した葉物野菜(五月菜、つぼみ菜など)に、野菜2号という肥料を根元に一列に散布します。老母いわく、ついでに花畑のクリスマスローズにもバラバラと振ってやるとよいのだそうです。

  • 黒いビニールでマルチ栽培をしているタマネギの根元に、ネギ肥料を与えます。ネギにも少し与えました。


こうしておくと、来月にはこんなふうに。



次は、前日まで集めていた剪定枝を焼却します。まだまだ集め終わっていませんが、枝の量が増える前に少しずつ焼却したほうが、結局は巨大な火にならずにすみます。焼却と枝集めと、同時進行できるのも合理的です。





さらに、サクランボの倒木の根元だけが残っていたものを、マサカリで粉砕、剪定枝の炎の上に重ねて燃やしました。古典的なマサカリの破壊力はすごいものです!

コメント

週末農業、始動!

2019年03月04日 06時01分36秒 | 週末農業・定年農業
今年は春の到来が早く、裏の果樹園にはすでに雪がなくなっております。日曜日は風もなく好天に恵まれましたので、作業着に着替えて、今年の週末農業が始動しました!

  • 午前 作業小屋、庭木の雪囲いの撤去
  • 午後 裏の畑に散らばる剪定枝集め

冬の間、あまり体を動かしていないもので、終日の労働はくたびれます。今のところは気温が上がる時間帯、おおむね半日程度が適当でしょうか。

アホ猫母娘も、陽光につられて外に出て、ハンティングを試みておりました。そういえば今年の初貢物、もとい、初獲物は、2月末に娘猫がつかまえた雀でした(^o^)/

コメント

サクランボ果樹園の冬支度~雪対策で枝折れ防止の支柱を立てる

2018年12月29日 06時02分08秒 | 週末農業・定年農業
まだ雪が降らないうちにと思い、先週末に自宅裏のサクランボ果樹園の冬支度を実施しました。枝折れ防止のために要所に支柱を立てただけですが、湿った重い雪がどさっと降ったときに、支柱が力を発揮します。横に大きく伸びた枝は「てこの原理」で雪の被害を受けやすいと考え、つっかい棒をしていきます。このあたりは、まさしく力学の素養がものを言います。

先日来の寒波と降雪で、今はすっかり雪に覆われ、一面に白い世界となりました。やれやれ、間に合ってよかった。少しの手抜きが、自然相手では大きな被害(*1)につながりかねません。これは、治水対策に限らず、何にでも言えることかもしれません。

(*1):もう一つの果樹園の雪折れ被害の現状〜「電網郊外散歩道」2017年3月
コメント

平日に休みを取り、懸案を前に進める

2018年12月27日 06時03分22秒 | 週末農業・定年農業
クリスマスの三連休に続いて平日に休みを取ることができたので、たまっていた懸案をだいぶ前に進めることができました。

まず、当地の土地改良区が担当する水田インフラの一部更新の工事に関する説明と同意の取り付けについて、水田の所有者として公民館に出向き、同意書に署名捺印してきました。当地は、武士の時代に、地元の有力な豪農が中心となって奥羽山脈から流れ出る河川から堰を開削し、多くの田畑を潤してきた歴史を持っています。偉い祖先の末裔として、先祖代々受け継がれてきた土地を守る意識はあるのですが、当方はなにぶんにも勤め人の身分です。亡父の晩年から、肉体的な負担の大きい、田んぼを耕し維持管理する作業はご近所のプロにお任せして、若干の地代を現物(米)でいただくというやりかたを取ってきました。土地改良区の負担金や税負担は水田の所有者である私が納めますので、耕作する人は負担が少なくなるというメリットもあります。昔の地主・小作人とは力関係がまるで違ってきています。

ところが、肝心の耕作してくれる人が高齢化で減少の一途をたどっています。我が家の田んぼを請け負ってくれていた某氏が亡くなってしまい、若い息子さんが受け継いでくれたのは良かったものの、やはり本業との掛け持ちは難しいとのことで、来年は引き受けられないとの話でした。

土地改良区の件は一件落着したものの、さて田んぼをどうするか。単純に放置して荒らしてしまえば隣接農地に迷惑がかかります。農協に相談し、組合方式で運営されている組織に委託する形でご近所の某氏に依頼したところ、なんとか引き受けてもらえることになりました。春に農業委員会にかけて正式契約となりますが、まずは見通しが出てきて一安心です。



そのほかにも、前に進んだ懸案がいくつか。

  • 年賀状を期限ぎりぎりに投函
  • 行きつけの書店で『皇太子の窓』を注文し『きょうの料理ビギナーズ』1月号を購入
  • 某量販店で妻のデスク用に照明スタンドを購入しプレゼント
  • 正月テレビ番組のごろ寝視聴のため書斎にコタツを入れた

大きな懸案が前に進みましたので、残る案件「除雪機の点検修理代金の支払い」「床屋に行く」などは、時間を見ておいおいに済ませることとしましょう。

コメント (2)

干柿を屋内に入れる

2018年11月24日 06時03分06秒 | 週末農業・定年農業
今月上旬に皮をむき、軒下に下げた干柿が、いい具合に色づきましたので、雨に当たる前に作業小屋の中に取り込みました。まだ屋内で干していますが、少しずつ手でもんでおかないと、固くなってしまいます。美味しい干柿を食べるには、なかなか手がかかります。写真は、11月上旬、干したばかりの様子。



昨日の勤労感謝の日は、うっすら初雪となりました。幸いに大したことはなく、午前中にみな融けて消えてしまいました。我が家では、健康で働けることに感謝し、いつもはスーパーの肉なのに、老舗肉屋で奮発した山形牛で「すき焼き」をしました。老母もしっかり食べたようで、うまかった〜!



さて、今日は土曜出勤日。まだ雪が降らないのがありがたい。気合を入れて、出かけましょう。

コメント (2)