電網郊外散歩道

本と音楽を片手に、電網郊外を散歩。時々は実際に散歩を楽しみます。

ご主人が外で働いている間に……

2020年06月15日 06時01分28秒 | アホ猫
山形も梅雨入りして間もない6月14日、朝からサクランボの収穫に勤しみました。今回は、当方が人手不足で困っていたところ、応援を買って出てくれた某さん夫婦も加わって、賑やかに佐藤錦の収穫作業となりました。午後、雲行きが怪しくなり、気温もスーッと下がって雨が降り出し、やがて土砂降りに。野菜畑にはしばらくぶりの恵みの雨ですが、露地のサクランボにはどの程度実割れ被害が出るのか、ドキドキハラハラの雨です。



お昼にちょいと自室に寄ってみたところ、アホ猫(母)がなんだかいい気持ちでお昼寝です。

しめしめ、ご主人の留守中に、椅子の上でお昼寝をしましょ! なに、これ! 意地悪ね〜、アタシたちがお昼寝できないように、椅子の上に雑誌を並べていくなんて、サイテーだわ! フン! このくらい、なんでもないわよ。寝ちゃいましょ、そうしましょ!

うーん、『きょうの料理』ではダメだったか。もしかしたら、美味しそうなお料理の夢でもみてるのかな。よし、今度は化け猫退治の『八犬伝』でも置いといてやろうかな(^o^)/

コメント (4)

アホ猫(娘)の粗相対策

2020年04月14日 06時00分23秒 | アホ猫
わが家のアホ猫(母)は、もうすぐ満21歳の誕生日がやってきますが、この冬を無事に過ごし、なんとか元気でやっています。アホ猫(娘)のほうが一歳だけ若いはずなのに、近ごろ粗相の頻度が多くなり、困ってしまいました。以前はちゃんと猫用トイレで用を足していたのに、最近は変な隅っこにしてしまい、大騒ぎになることが多いのです。これはおそらく、ボケの始まる年齢は猫によって違うということなのでしょう。仕方がないので、家中が匂い出す前にと、決断しました。アホ猫(娘)には、犬猫用の紙おむつをしてもらおう!


アホ猫(娘)「いや〜ん、アタシは赤ちゃんじゃな〜い!」
アホ猫(母)「そんなことを言ったって、アンタがそこらじゅうに粗相をするからよ。」

どうやら、犬猫用紙おむつも体重によってSサイズとかSSサイズとかの区分があるようで、Sサイズだとゆるいのか、勝手に脱いでしまうようです。SSサイズのほうが安心みたい。妻曰く、孫たちが中学生になる頃に、今さらおむつ交換をすることになるとは思わなかったとのこと。私も同感です(^o^)/

コメント

アホ猫(母)、R.シュトラウス「ドン・キホーテ」に驚き、膝の上から逃げ降りる

2020年03月26日 06時02分08秒 | アホ猫
暖冬のおかげか、この冬の寒さをなんとか乗り切った御年20歳のアホ猫(母)は、少しでもすきがあれば私の膝の上に乗ろうとします。書斎で机に向かうと早速やってきて、上を見上げて小首をかしげ、「上がるぅ〜」とおねだりポーズ。仕方がないのでヨイショと膝の上にのせてやると、ゴロゴロと喉を鳴らして居眠りを始めます。



ところが、先日アホ猫の意外な弱点を発見してしまいました。デスクでもっぱら聴いている PC-audio で、R.シュトラウスの交響詩「ドン・キホーテ」を聴いていたのです。演奏は、もちろんピエール・フルニエのチェロ、ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団による1960年の録音です。それまで、ご主人様の道楽に仕方なくお付き合いで我慢していたアホ猫、31分過ぎの、バスドラムかな?「ダン、ダン、ダン、ダン…」という迫力ある低音の連打にびっくり仰天、いそいで膝上から飛び降り、逃げていきました。おかしいな、それほど大音量というわけでもなかったのだけれど(^o^)/

たしかに、狩りの際には勢子が鳴り物を鳴らして追い立てるのでしょうから、この手の音響は動物の恐怖感をかき立てるのかもしれません。
御年20歳、猫又レベルの老猫ともなると、人間様のクラシック音楽をちゃんと聴き分けているということですなあ(^o^)/

YouTube に、フルニエ(Vc)、セル指揮コンセルトヘボウ管による1964年の録音がありました。
Richard Strauss "Don Quixote" Szell/Fournier 1964


次は、マイスキー(Vc)、サワリッシュ指揮のN響で。こちらは動画なので、金管楽器が実はミュートを付けているなど演奏の様子もよくわかります。
Richard Strauss: Don Quixote, Op. 35, TrV 184, Conductor: W. Sawallisch


コメント

こないだの「ニャンニャンの日」には何もなかったね。

2020年02月24日 06時03分03秒 | アホ猫


19歳と20歳になる我が家のアホ猫母娘が、ヒーターの前で何やらヒソヒソ話をしております。

アホ猫(娘) こないだの2月22日は「ニャンニャンの日」だったんだって。アタシたちには何もなかったわね。
アホ猫(母) そうねえ。アンタが盛大に粗相をしたものだから、奥さんもお腹立ちだったみたいよ。
アホ猫(娘) 奥さんがご立腹でも、ご主人が何か考えてくれてもよさそうなもんだけど、気が利かないわね〜。
アホ猫(母) そうねえ。長いつきあいだものね〜。

何を勝手なことを言っているのでしょうか。アホ猫(娘)の粗相の頻度はかなり悪化してきております。最近は雪もなく暖かくなってきたものだから、裏の畑に外出してくれますので、よほど助かるようになってきましたけれど(^o^;)>poripori



「くるねこ大和」(*1)では使い捨ての食事マットとして使っているようですが、これを応用して、新聞紙を折ってA4 判くらいにしたものを束にして用意しておき、猫がきまって粗相する場所に何枚か重ねて置いておくと、比較的始末も楽で、被害も防げるようです。熱心に取材をして記事にしている関係者の方々にはまことに申し訳ないのですが、まあ、じっくりと読んだ後の廃物利用ということでご勘弁願いたいものです(^o^;)>poripori

老いた猫 新聞読みつつ 粗相する (^o^)/


(*1):新聞紙〜「くるねこ大和」より
コメント

アタシの事情

2020年01月11日 06時03分14秒 | アホ猫
アホ猫(娘)、19歳です。母猫は20歳で、だいぶ衰えが目立ちますが、娘猫のほうはまだまだ元気です。ただし、ときどき粗相をするのが困りもの。発見すると、大騒ぎです。

娘猫 アタシも、前は猫用トイレにしていたのよ。でも、猫砂が変更されて、なんだか吸水性の紙パルプみたいなものになったときから、肉球の感触が悪くて安心してトイレに入れなくなったのよね〜。いつも古いトイレの前にするようにしてるんだけど、最近はご主人も諦めたみたいで、そこだけ新聞紙を何枚も重ねて置いてくれてるの。分厚い新聞紙は、足裏の肉球の感覚がステキだわ。
 何をアホなことを言ってるんだい。困ったやつだなあ。うっかり旅行もできないよ。

一方、母猫の方は運動能力は衰えが目立ち、自分で身だしなみを調えることが難しくなりましたが、粗相は少なく、あまりボケてはいないようです。


母猫 そうよ。夏場は外で、冬場は猫トイレで、これは家猫の常識よ。少しはアタシを見習いなさい。

アホ猫母娘にも少しずつ老いの進行が見えてきていますが、現れ方にはだいぶ違いがあるようです。特に母猫には、この冬をなんとか乗り切ってもらいたいところです。

コメント

アホ猫(娘)の迷子騒動

2019年11月11日 06時01分59秒 | アホ猫
先日、夜になってもアホ猫(娘、19歳)が帰ってきません。お昼にはたしかにいたのに、夕食時に騒がしくないので不思議に思っていました。夜、いつもは娘猫のほうが妻の寝床にもぐりこみ、母猫(20歳)のほうが私のところを定宿にしているはずが、娘猫だけが来ないのです。無駄に広い田舎家ですので、隠れるところはたくさんあります。蔵座敷、仏間、客間、押し入れと、入り込みそうなところを探したけれど見つからない。しかたなく、夜中に帰ってきても入れるように、いつも出入りする二階の窓を施錠せずに寝ましたが、帰ってきた形跡はなし。

翌朝、こんどは外の作業小屋や物置を点検することにして、総出で探しました。

「いたよ〜!」
「どこに〜?」
「蚕室の中〜!」

そうです、ずっと昔、養蚕が盛んだった頃に蚕を飼った建物があり、今は物置に使われています。どうやら、資材を取りに開けた時に黙ってもぐり込んだらしい。猫が入り込んだことに気づかず、閉めてしまったのでしょう。戸を開けると、どうも一晩中閉じ込められたことにプンプン怒っているようです(^o^)/



たっぷり水を飲み、エサを食べ、ウンコをして、満足そうにヒーターの前で暖を取っている姿は、アホ猫(娘)なりに「ここがアタシの家よ!」と主張しているようです。

私:おまえね〜、ほんとに真冬でなくて良かったよ!
アホ猫(娘):フン、真冬には外に出ないもん!

向こうっ気の強さは相変わらずですが、物事の後先を考えないのはやっぱりアホ猫です(^o^)/
いや、後先を考える猫のほうが不気味か(^o^)/


コメント

やっぱりあったかいところが最高よ!

2019年11月08日 06時02分10秒 | アホ猫
近頃、寒いわ〜。アタシみたいな年寄りにはこたえるわよ。寒さをしのぐにはいい場所がいろいろあるけど、二階の階段の踊り場はお日様があたるときは暖かくていいんだけど曇りの日にはね〜。寒いわ。ご主人の膝の上もいいけれど、アタシ的には音楽がちょっとうるさいのよ〜。結局、ヒーターの前でまるくなるか、夜はご主人の寝床にもぐりこむのが一番ね! やっぱり暖かいところが最高よ!



コメント

アタシは贈り物じゃないわ!

2019年05月21日 06時03分11秒 | アホ猫
今日は雨降り。出かける気分にならないので、リビングでごろごろしていたら、奥さんがテーブルにあったリボンをアタシの首にまきつけるのよ! アタシは贈り物じゃないわ! そりゃ、『リボンの騎士』って世代じゃないけど、こうみえてもミレニアムベビー、御年19歳なのよ! もっとリスペクトしてほしいものだわ! ぷんすかプンプン!



お前ねえ、そんなに嫌なら、わざわざ膝に乗るのをやめればいいんじゃないの? 飛んで火に入る夏の虫じゃなかった、跳んで膝乗るアホな猫、ってだけじゃないの。

平和な、実に平和な風景です(^o^)/

コメント

春はあけぼの。〜アホ猫的解釈

2019年03月06日 06時02分40秒 | アホ猫
春はあけぼのがいいわ。ようやく白い雪が融けて、薄紫のオオイヌノフグリの花が見える頃、小さい子ネズミがチョロチョロ動き始める頃なんて、サイコーよ!

夏は夜ね。月が出ている頃は言うまでもないけれど、闇夜だって数匹ホタルが飛び交っている頃もいいわね。雨が降るのはちょっと困るけど。



えっ? 『枕草子』って、アタシたちのご先祖が考えたんでしょ? だって、裏の畑でネズミを捕まえるのに絶好の時期を、ちゃーんと知っているんですもの!

コメント (4)

アホ猫母娘がテレビのニュースを聞いて

2019年02月24日 06時04分21秒 | アホ猫
食事時になると、どこからともなく現れるアホ猫母娘、テレビのニュースを耳にして、なにやらブツクサつぶやいております。

アホ猫娘「ねえねえママ、コンビニで24時間営業はもう限界って、どういうこと?」
アホ猫母「人手不足だからね〜。奥さんが亡くなりバイトも集まらず、店主だけではずーっと開けていられないので夜中は閉めることにしたら、契約違反だから違約金を払えって言われたらしいわね。」
アホ猫娘「セブンイレブンって、どういう意味なの?」
アホ猫母「朝7時から夜11時までやっている便利な店、っていう意味らしいわよ。」
アホ猫娘「ふーん、じゃあ、本社のほうが社名を変えなきゃいけないんじゃないの?」
アホ猫母「そうかもね〜。」

むむ、アホ猫とは思えない、スルドイ発想! いくらアホ猫母娘でも、さすがに20歳、19歳ともなると、「猫又性」が顕著に高くなるのでせうか(^o^)/
日頃から食っちゃ〜寝、食っちゃ〜寝している上に、すでにかなりの高齢ですので、この春から裏の畑でハンティングなどできるのかと心配しております(^o^)/

コメント

寒くなると猫が足元に

2019年02月11日 06時05分01秒 | アホ猫
夜、寒くなると母猫が寝ている脚の上に上がってきます。朝、エサをねだるときには腹の上とか胸の上に上がり、顔の真ん前で「ニャ〜」とか鳴くのですが、寒い夜には足元に入れている電気アンカの暖かさが魅力的なようです。

たかが猫の体重など、何ほどのこともあるまいと思ったらさにあらず。脚の上に乗った猫の重さがしだいに感じられてきます。猫が「ニャー」と苦情を言うのもかまわずに寝返りをうつと、アホ猫殿、あきらめて足元に丸くなります。

と思ったら、このたびの寒波でよほど冷えたのか、足元ではなく無理やり寝床の中に入ってくるようになりました。電気アンカ+猫タンポです。クークーという猫のイビキが少々うるさいですが、これは温かい。




休日の日中、妻が出かけた日などは、私のデスクの下、足温マット(*1)の上に上がってきます。しかも、カメラを準備して文具を写真におさめようとすると、とたんに膝の上に上がってきます。ちょいと! 邪魔なんですけど! 母猫20歳、だいぶ弱ってきてはいますが、この冬もなんとかしのげそうな気配です。

(*1):フローリングの床で、どのように暖をとるか〜「電網郊外散歩道」2010年1月

コメント

アホ猫、「恵方巻」に文句をつける

2019年01月31日 06時01分35秒 | アホ猫
我が家のアホ猫、テレビのニュースを聞きかじって、最近「恵方巻」について文句を言い始めました。

アホ猫「ねえねえ、恵方巻って、たくさん余って捨てられるんだって?恵方巻って、あれでしょ、アタシたちが大好きなマグロのお刺身をヘンな具と一緒にご飯と海苔で巻いてあるアホウ巻でしょ?」
私「そうだねえ。関西地方の風習らしいけど、某コンビニが流行らせたために、東北地方にまで広がっているらしいね。」
アホ猫「販売ノルマがあって、店員さんに無理やり買わせたりすることもあるって、ご近所の猫仲間から聞いたワ。サイテーね。捨てる前に、マグロのお刺身だけ、アタシたちにくれればいいのに。」

やれやれ、我が家のアホ猫に散々に言われているアホウ…じゃなかった、「恵方巻」。今年は我が家でもあのデカい巻き寿司にがぶりとかぶりつくという上品でない食べ方をしなけりゃいけないのでしょうか。どこかの方角を向いて恵方巻を食べることでやってくるらしい福の神も、どうも食べ方から判断するに、あまり上品な神様ではなさそうに思えるのですが(^o^)/

コメント (2)

雪だ!

2019年01月19日 06時01分57秒 | アホ猫
このところ道路に全く雪がなく、暖冬傾向だと思っていましたら、やってくれました、冬将軍の迷惑きわまる仕事ぶり。着々と降り続く雪は、さすが厳冬期の空模様です。

私「おい、アホ猫。そろそろ降りてくれないと、雪かきができないよ。」
アホ猫(母)「うーん、ゴロゴロ。ご主人の膝の上がいちばんいいんだわ〜。雪かきなんてしなくていいじゃない。このまま寝かせて。」
アホ猫(娘)「この雪じゃ、裏の畑にも行けないわ。早く春が来ないかしらね〜」


いやはや、猫たちには困ったものです。早く雪かきをしておかないと、昨晩の積雪の上にさらに積もってしまうんですけど(^o^;)>poripori

コメント

アホ猫(母)、動物病院に行き少し元気を取り戻す

2018年10月12日 06時02分59秒 | アホ猫
我が家のアホ猫(母)、御年20歳です。このところ少し元気がなく、食欲もありません。少々よだれをたらしていて、ぬるま湯は少し飲みますが、冷たい水はしみるらしく飲もうとしません。これはおかしいと、妻が動物病院に連れて行ってくれました。獣医さんは、歯が一本ぐらぐらしているのがあると抜歯したほか、後足の爪が伸びて食い込んでいるとのことで、伸びすぎた爪も切ってくれたそうです。年齢も年齢なので、うかつに薬も使えませんとのことだったそうで、一晩おとなしくしていましたが、翌日にはだいぶ元気が出てきたらしく、前のように朝っぱらからエサをねだりに来ました。

うーむ、それはそれで、嬉しいような困るような……(^o^;)>poripori

コメント (2)

アタシを威嚇しようなんて20年早いわ!

2018年09月13日 06時04分23秒 | アホ猫
部屋から外を眺めていたら、アホ猫(母)がなにやらじっと見ています。どうも、水たまりの中に何かを追い込んでいるらしい。



うん? なにをしているんだろう?



右手の動きは、どうやらカマキリにちょっかいを出しているみたいです。

おっ! こいつ、抵抗する気?
アタシを威嚇しようなんて、20年早いわ!

うーむ、だいぶ衰えが見えるとはいえ、アホ猫(母)19歳の狩猟本能は健在のようです。カマキリ君は、文字どおり「蟷螂の斧」になっていますなあ(^o^)/

コメント