電網郊外散歩道

本と音楽を片手に、電網郊外を散歩。時々は実際に散歩を楽しみます。

都会では若者が車に魅力を感じないらしい

2007年04月12日 07時03分09秒 | 散歩・外出・旅行
春休みを利用して帰省した当方の息子は、昨冬に運転免許は取ったのですが、休みにもかかわらず車に関心を示しませんでした。当地では、運転免許を取るとすぐに、初心者マークで車を乗り回し、けっこうこわい思いをすることもあるのですが、どうもそういう興味関心が薄いようです。不思議に思っていましたが、先日、メーカーのエンジニアからカーステレオも売れない話を聞き、ようやくその謎が解けました。表題のとおり、都会では若者が車に魅力を感じていないらしいのです。

たしかに、そのへんの事情は推測できます。住居のほかに、駐車スペースを確保しなければならない。維持費もけっこう大変です。公共交通機関が発達しているので、移動には困らない。渋滞するよりずっといい。友人グループを乗せたりすると、駐車場を探しているうちに、自分だけいつも後から追いかけるはめになるのでしょう。いまどきの若者は、そんなカッコ悪いことをしたがらないのだそうな。

なるほど、電車が1時間に1本しか来ない田舎では、車は必須の交通手段です。長時間移動するには、カーステレオが重宝します。最近は、カーナビが普及しているので、映像のついたDVDが主流らしいのですが、運転中に映像に見とれ、事故を誘発するおそれはないのだろうか。中年おじんにはちょいと抵抗があります。こうやって、時代に取り残されていくのかもしれませんが(^_^;)>poripori
コメント (6)