気ままな思いを

何気ない日々のこと 感想 思いなどを
綴る雑日記です 

シラスボシ

2021-05-03 | 飲食物

シラスボシは朝食には、必ず食しています。
ビタミンDやカルシュウムのことを考えて、
随分
長いこと続けています。

シラスはイワシ、ウナギなどの白い透明な稚魚に対して
用いられる総称です。
シラス干しとして市場に流通するのは、カタクチイワシや
マイワシの稚魚を原料魚としたものです。

シラス干しとして店先に山盛りにされているシラス。たんぱく質や
ビタミンD、カルシウムやマグネシウムが豊富。シラスは骨ごと
食べられる魚です。

呼び名が異なる場合もありますが、水分率が多い順に、釜揚げシラス、
シラス干し、チリメンジャコと呼ばれています。  「検索にて」



庭のシランです。



ヒルザキ月見草も、開花しました。

 

 

 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 昨夜の満月(ピンクムーン)... | トップ | 「カトラリー」とは? »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (マースケ)
2021-05-11 09:44:00
motokoさん、こんにちは

シラス干しって小さいうちから食べてるのは
ご存知のシラス干しですが、昔京都に旅行に行って
「これは!」と衝撃を受けたのは
3年坂で路上で売り子さんに「食べてみて」と言われ
掌で受け取った「山椒ちりめん」
口の中でフワーッと広がった山椒の香りと
今まで食べてたシラス干しは何だったのか?と
食べ方の違いに驚きましたよ
シラス干し (motoko)
2021-05-11 14:14:37
マースケさん  今日は

色々な食べ方があるものですね。
その家庭での工夫が、感じられます。
小さい時からの食べ方が、やはり出てしまいますね。
変化させて食してみるのも、いいかもしれません。
美味しく食べられたら、幸せです。
有難うございました。

コメントを投稿

飲食物」カテゴリの最新記事