イレグイ号クロニクル Ⅱ

魚釣りの記録と読書の記録を綴ります。

紀ノ川河口釣行

2019年09月09日 | 2019釣り
場所:紀ノ川河口
条件:若潮 9:30干潮
釣果:タチウオ 1匹

そろそろ小船にも乗っておかないと2週間のブランクが空くことになる。今日もスズキを狙ってみてからタチウオに転進という計画を立てた。ついでに、タコ釣り用のエサが残っているのでそれも使い切ろうと考えている。
午前4時半にポイントに到着し、40分間ルアーを投げ続けたけれども今日もアタリなし。少し明るくなってきたので青岸の沖へ移動。
今日はいつもの仕掛けではなく、ワインドを使う。少し趣向を変えてみようというところだ。
しかし、夕べ、準備をしていたら、ワインド用のワームが見当たらない。ものを整理するのがすごく苦手だから、釣りの種類ごとに入れ物を変えてそれだけを持って出れば忘れ物がないようにしているのだけれども、いつものカバンに入っていない。家の中で心当たりを探してみるけれどもやはり見当たらない。ひょっとしたら、カバンのポケットに入れていたワームをバイクで移動中に落としてしまったのかもしれない。僕は同じようなことをして、双眼鏡も落としてしまったことがあるのだ。
仕方がないのでありあわせのワームを使ってスタート。
1投目でベルトサイズが釣れたので、この仕掛けでもまあまあやれるじゃないかと思ったけれどもあとが続かない。やっと1匹釣ってそのあとにリーダーを食いちぎられてその後はアタリがないまま終了。

再び紀ノ川の中に入ってタコ釣り。



これもアタリがないまま終了。

沖の方を見るとべた凪なので、いっそのこと洲本に行っておけばよかったかとも思うけれども、この暑さでは体がまいってしまう。8月の末に少し涼しい日があって、やっぱり秋はちゃんとやって来るな~と思っていたけれども、9月に入ってのこの暑さはいったいどうなっているのだろう・・。
コメント   この記事についてブログを書く
« 紀ノ川河口釣行 | トップ | 「絶滅危惧の地味な虫たち」読了 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2019釣り」カテゴリの最新記事