イレグイ号クロニクル Ⅱ

魚釣りの記録と読書の記録を綴ります。

水軒沖釣行

2006年11月27日 | Weblog
場所:水軒沖
条件:4:15干潮
釣果:スミイカ 4匹

朝、雨が降っていなかったのでよく釣れているというイカ釣りに出かけた。
予報では波が2メートルと言うことだったので朝はゆっくり、8時に家を出発。
隣の船のおっちゃんはもう出発していた。沖の一文字の切れ目に出るとおっちゃんがすぐそこにいた。その北側で釣り始める。
いままで釣ったことがないから不安があるがとりあえずスッテを沈めてゆく。
釣り始めて約10分、なにやらアタリらしきものが・・・。
途中まで重かったがフッと軽くなってしまった。残念。
それから10分ほどしてまたアタリ。水面までイカがやってきたが、そのまま逃げてしまった。
おっちゃんは釣れないようであちこち動き回っている。
ポイントを知りたいと思い、あとをついてまわる。
やっぱり僕にもアタリがない。
おっちゃんはどんどん北を目指し、紀ノ川の左岸に行くようなのでぼくは最初にアタリのあった場所に戻ることにした。雨の日の河口はどうにも釣れそうに思えないからだ。
もとの場所に戻ってどのくらいだったろうか、そんなに時間はたっていないと思うが、またまたアタリ。だんだんアタリが見えてきた。今度は思い切りあわせを入れてやる。ウルトラライトのルアーロッドがしなっている。そのまま一気にリールを巻き上げ獲物を船上へほうりあげる。
怒ったイカが墨を撒き散らすので船の上はえらいことになってしまった。
このあと計4匹を釣り上げたのだが、そのたびにデッキブラシで船上のお掃除だ。
でもうれしいお掃除だ。なにより獲物が手元にあるのだから・・。
雨でデッキが濡れているので墨を落としやすい。これはいいヒントになった。

今日、1日でかなりコツをつかめた。大きさはハンバーグサイズだったがこれからまだま大きくなるだろう。またま楽しみが増えた。
コメント (2)

「不肖・宮嶋 金○日を狙え」読了

2006年11月21日 | Weblog
宮嶋茂樹「不肖・宮嶋 金○日を狙え」読了
報道写真家の宮嶋茂樹のシリーズを久しぶりに買った。
アングラな言葉をそのまま書くと怪しいトラックバックが設定されるので○を入れておいた。
そうなんだよな~この人は政治家というよりもアングラの人なんだよな~。

相変わらず文章は面白く、ネタも面白い。昼休みに本を読むとすぐに眠くなるのだがこの本はちがった。ある意味こんな本以外は眠くなるのは情けない。
内容は2001年に金○日がロシアを訪問したときに著者が追い掛け回した話だが、時事問題や著者の国際情勢に関する豊富な知識が加えられ余計に面白くなっている。

文章はことごとくこの将軍様をコケにしている。(ハゲでシークレットブーツを履いているらしい。)これがまたたまらなく面白い。
僕はナショナリストでも何でもないが、オオ、その通りだと手をたたいてしまう。
(朝○総○のかたはこれを読んでもへんな書き込みをしないでください。)

そして、この後、この国から拉致被害者が帰国し、核実験が行われ・・・
時代はどんどん進んでいく。

あと5年たつとこの国はどんなになっているんだろう。
この本のように将軍様はさらし首になっているのだろうか。
そして宮嶋氏はその写真を撮りに半島に出撃するのだろうか。
コメント

口和深釣行

2006年11月17日 | Weblog
場所:口和深 大坪
条件:中潮 9:32干潮
釣果:グレ 30センチ 1匹

今日は新しい竿、新しいベスト、新しいロッドケース、新しいチャラン棒、新しい竿受けと、新しいものづくしで出撃。

平床か中の三ツ石へと思ったが常連さんが大挙して乗り込むようなので前から気になっていた大坪へ渡った。
カゴ釣りのおっさんと二人だった。
イガミの人かと思ったが少し不安になる。

朝一番、最初の投入でグレをゲット。
さいさきがいい。今日はひょっとして二ケタかと思ったが撒き餌を入れていくうちにどんどんエサトリが増えてきた。コッパグレとチョウチョウウオだ。水面を割ってどんどん出てくる。
竿2本分の周囲がエサトリで埋め尽くされているようだ。
沖に振り込むとまったくエサをとられないがアタリもない。
潮は適度な速さで沖へ流れ、状況はよかたっが1日中エサトリに悩まされた。
カゴ釣りのおっさんがいなかったらひょっとして沖から魚が集まって来たのかもしれない。

道中、冷水の手前で飲酒検問に引っかかった。そこで免許証を持っていないことに気付いた。「しまった!!」と思ったが、名前の確認をしただけで無罪放免?
どうしてだか青切符を切られなかった。すごくラッキー。
反則金を払ったつもりでゴアテックスのヒップガードを買ってしまった。

コメント

「四畳半襖の下張裁判・全記録」一部読了

2006年11月10日 | Weblog
丸谷才一編「四畳半襖の下張裁判・全記録」一部読了
開高健が証人尋問に出ているので買ってみた。
そこだけを読もうとしたが、最初の供述調書と起訴状が面白くて70ページも読んでしまった。
もちろん、裁判所の公判記録など読んだこともなかったがこれがなかなか面白い。この裁判が特別なものを題材にしているのを差し引いてもおもしろい。
しかし、上巻しかないのと、もともと開高健の出ている部分だけ読もうと思っていたのでそこまでにしておいた。
証人尋問も特別弁護人との会話になっているのでおもしろかった。
「夏の闇」がどのような意図で書かれたなどが語られていたが、そうだったのか・・・。という感じだった。


この本の古本の市場価値を見てみたがほとんど4,000円前後の値段がついていた。
これは400円で買ったのだが、お買い得だったのだろうか?でもどこで売ればいいかわからないから宝の持ち腐れだろうな。
コメント (1)

水軒沖釣行

2006年11月10日 | Weblog
場所:水軒沖
条件:中潮 満潮19:52
釣果:エソ 1匹

今シーズン最後のタチウオ釣りへ。
今日は車検の日だったので釣りに行くつもりはなかったが、あまりにも天気がよかったのでつい行ってしまった。ケミホタルのストックがなかったので今日はノーマル。かわりにサンマの切り身を持っていこうとしたら長いこと冷凍していたせいで使い物にならなくなっていた。疑似餌だけで勝負だ。

明るいうちにエソを1匹釣り上げたがそれっきりだった。やっぱりケミホタルは必要なのだろうか。それとももうタチウオのシーズンではもう過ぎてしまったのだろうか・・・。
コメント

「空想科学防衛読本、空想科学とんでも白書」読了

2006年11月06日 | Weblog
「空想科学防衛読本、空想科学とんでも白書」読了
100円で買った空想科学シリーズの2冊。
メディアファクトリーではなく、宝島社、コアラブックス発行である。
まさしくパクリかつ出がらしである。
もっと独創的な企画を期待する。
コメント

加太沖釣行

2006年11月03日 | Weblog
場所:加太沖
条件:中潮 4:12満潮
釣果:なし

またまた釣れる自信もなく加太へ。
でも、通い続けないとブレイクスルーは訪れない。

今日はPE1号を巻いた新しいリールで出撃。
エサはアオイソメを購入。三邦丸の釣果ではアジが好調と書いていたので
少しは期待をしていたがむなしい期待であった。
新しい糸は今までの太い糸とは違い仕掛けが潮に流されにくい。底もよくわかる。
今日はこの収穫があったからよしとしよう。
コメント