銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3500作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

哭声/コクソン

2017年07月26日 19時56分22秒 | 韓国ホラー
THE WAILING
2016年
韓国
156分
サスペンス/ミステリー/ホラー
劇場公開(2017/03/11)



監督:
ナ・ホンジン
『哀しき獣』
脚本:
ナ・ホンジン
出演:
クァク・ドウォン警察官ジョング
ファン・ジョンミン祈祷師イルグァン
國村隼山の中の男
チョン・ウヒ目撃者ムミョン
キム・ファニヒョジン



<ストーリー>
いつからか、謎の日本人が平和な村の一軒家に住み着き、よそ者に対する不気味な噂が広まり始める。そんな時、村人が自身の家族を虐殺する事件が多発し…。

疑え。惑わされるな。

-感想-

この映画、いろんな意味で

こわい。


キチガイが事件現場で暴れまくる。


悪霊に取り憑かれた少女が全身を痙攣させ白目剥いたまま入院。


突然出没するゾンビ!!
(こいつが結構しぶとい、流石生きる屍。)

少女に憑いた悪霊を払う為に呼ばれた祈祷師がトランス状態で踊り狂う。


その祈祷師の前に現れる謎の白服の女性。

彼女を見た瞬間、マーライオン以上に口からゲロを吐き散らす祈祷師。

これがもう想像以上の吐きっぷりにゲロ嫌いな私は「ギョエーーー!!」。
正直、このゲロ噴射が一番怖かった。
いや、気持ち悪かった。

白服の女性は主人公に対して、鶏が3回鳴くまでは家に入ってはいけないと忠告する。
が、祈祷師は携帯電話で「その女の言葉に惑わされるな。早く家に入って娘を救え!」と言ってくる。

どっちを信用すればいいのか。
ここでの主人公が迷いに迷いまくるシーンが、半端なく緊張感を齎す。

誰が正解で誰が不正解なんだ?
主人公に味方している人間はどいつなんだ、と。
怪しまれていた日本人も実は良い人なんじゃないかと一瞬思わせておいて、結局ズドンとその考えを否定し谷底へと突き落としてくるラストには開いた口が塞がりません。

やっぱあんた、あっち側の者だったのね、と。

主人公のヘタレ具合とか少し笑える部分もあるけれど、全体的には異様な雰囲気に包まれた文字通りの怪作。
監督曰く、ラストの解釈は観た人それぞれの判断に委ねるとの事だが、私的に結論を出すと、日本人は正真正銘の「悪魔」、で祈祷師は「悪魔」を崇拝している右腕的存在、そして謎の白服の女性は村の「守り神」みたいな立ち位置になるんじゃないかなと。

正確な答えは見付からず仕舞いでしたが、後半の怒涛の勢いだけで観る者を圧倒させ、混乱に導く描写は文句なく素晴らしい。
恐ろしい映像の数々、エグさ爆発させた猟奇演出、不信感を高く抱かせる主人公に近付く登場人物達と、これからどうなって、どういう終わり方をするのか全く先が見えて来ない異様過ぎる展開の進み方には決して目の離せない面白さがあるという事だけを最後に付け足して、本作に対する感想は終わりにしようと思う。

また常識人じゃ考え付かないような話をナ・ホンジン監督は生み出しちゃったね。
ただただ、呆気にとられて、猛烈な絶望感だけを余韻として残すおぞましいホラー作品だった。

評価:★★★☆
17/07/25DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2017-07-21
メーカー:クロックワークス

オフィシャル・サイト(日本語)

コメント

トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
« キングコング:髑髏島の巨神 | トップ | お嬢さん »
最近の画像もっと見る

韓国ホラー」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

12 トラックバック

哭声/コクソン (MOMENT)
これも買っちゃうと見ない口で積んであったンですよね レンタル屋さんでは「お嬢さん」「アシュラ」とこの「哭声/コクソン」と3本で 一つのポップで陳列してましたが「お嬢さん」......
哭声/コクソン (映画好きパパの鑑賞日記)
 國村隼が日本人として初めて韓国の青龍映画賞を受賞して話題になった、とてつもない怪作。特に後半は観る人によって解釈がすべて異なるでしょうし、キリスト教や日韓関係の知識......
『哭声/コクソン』 信じた者にはそう見えてしまう (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 『チェイサー』『哀しき獣』のナ・ホンジン監督の最新作。  よそ者の日本人役を演じる國村隼は、韓国の映画賞・青龍映画賞で外国人俳優として初受賞となる男優助演賞と人気ス......
「哭声(コクソン)」 (ここなつ映画レビュー)
2時間半あまりの大作。途中すごーく怖いシーンもあるので、鑑賞前には忘れずにトイレに行くことをお勧めする。などの戯言はいいとして、そう、とても怖い話であった。文系のくせ......
哭声/コクソン ★★★★ (パピとママ映画のblog)
「チェイサー」「哀しき獣」のナ・ホンジン監督が、静かで平和な村を舞台に贈る戦慄のサスペンス・スリラー。謎の日本人中年男性の出現と相前後して原因不明の不気味な殺人事件が......
哭声/コクソン・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
惑わす者は誰か? さすがはナ・ホンジンだ。 開けてみるまで、作品の中身が全く想像出来ない。 タイトルにはハングルと共に「哭声」という漢字が当てられているが、劇中のコク......
17-143「哭声 コクソン」(韓国) (CINECHANが観た映画について)
釣り糸を垂れる前に、何が釣れるか判るか  のどかな田舎の村。いつの頃からか、山の中の一軒家に一人の日本人が住み着き、村人たちの間にこのよそ者に対する不気味な噂が広まり......
『哭声 コクソン(the wailing)』ナ・ホンジン脚本・監督、クァク・ドウォン、ファン・ジョン...... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。『哭声 コクソン』the wailing 脚本・監督:ナ・ホンジン出演 : クァク・ドウォンファン・ジョンミン國村隼、チョン・ウヒ、他物語・警察官ジョング(ク......
『哭声/コクソン』('17初鑑賞27・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 3月28日(火) シネ・リーブル神戸 スクリーン2にて 14:30の回を鑑賞。字幕版。
哭声/コクソン(2016)**THE WAILING (銅版画制作の日々)
 疑え。惑わされるな。 MOVIX京都にて鑑賞。あのチェイサーの監督、ナ・ホンジン作品ということで楽しみにしていた作品でした。評判も良さそうなので早速鑑賞してきました。しか......
「哭声 コクソン」、ナ・ホンジンに翻弄される一作! (ひろの映画見たまま)
おすすめ度 ☆☆ ホラー映画好き、オカルト映画好き、グロ映画好き ☆☆☆ 「チェイサー」「哀しき獣」のナ・ホンジン監督による、不思議な映画。 韓国の田舎町。方言がきつい......
哭声/コクソン (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE WAILING】 2017/03/11公開 韓国 156分監督・脚本:ナ・ホンジン出演:クァク・ドウォン、ファン・ジョンミン、國村隼、チョン・ウヒ、キム・ファニ 疑え。惑わされるな。 STORY:のど......