銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3500作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

呪われた家 The UNSPOKEN

2019年04月15日 20時59分46秒 | 洋画ホラー
The UNSPOKEN
2015年
カナダ
95分
ホラー
劇場未公開



監督:
シェルドン・ウィルソン
出演:
ジョデル・フェルランド
ニール・マクドノー
パスカル・ハットン
サニー・スリッチ




<ストーリー>
一家が忽然と姿を消したまま17年間放置された家に母子が引っ越してくるが、引っ越し直後から誰も居ない部屋で奇妙な物音が聞こえたり、勝手に物が移動したりする現象が起こり始め…。

―感想―

『ドントスリープ 蘇る悪夢』と同じ日にレンタル開始日から一週間貸し出し可能として棚に並んだ作品。
あっちはダメだがこっちは合格。
ちゃんと観客が面白く怖がるように作っているなというのが伺える。

数年間ほったらかしにされていた地元民も近付かない「呪われた家」に母と幼い息子2人が越してくる。
この2人が恐ろしい目に遭うのかというとそうではない。
幼い息子の世話係を頼まれた若い女性、そしてこの家に「ブツ」を隠していた不良4人組がとんでもない惨劇に見舞われてしまうといった少し趣向を凝らした内容。

中盤までは「音」で驚かしてくる。
それ以降は不良達が家に侵入する流れとなるので、様々なポルターガイスト現象や、霊の力によって殺されていく描写が続く。
この様に呪われた家に入った者がどういった現象を浴び、どのような顛末を迎えるのか、そういった先々の悲劇に対する期待を持てるので思っていた以上に楽しめる展開ではあった。
ちょっとオチが弱いかなと感じたが、家に越してきた母と一切言葉を発しない息子が何故平気な顔で暮らし続けられているのか、その部分に疑問が抱ければ、ラストでの本人の口から聞ける「越してきた理由」に納得は出来るだろう。

世話係の女性が映り方にもよるけれど「あれ、可愛いな」と思う容姿をしていたのも鑑賞意欲を維持させてくれた要因の一つ。

評価:★★★
19/04/14DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-04-10
メーカー:プルーク

コメント

トラックバック

切り株画像はこちら
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 切り株画像(映画『呪われた... | トップ | 西遊記 女人国の戦い »
最近の画像もっと見る

洋画ホラー」カテゴリの最新記事