銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3500作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

スマホ拾っただけなのに

2019年04月19日 14時10分03秒 | 邦画ホラー
2019年
日本
77分
ホラー
劇場未公開



監督:
中元雄
脚本:
中元雄
編集:
中元雄
出演:
冨手麻妙
齊藤友暁
茶谷優太
キャッチャー中澤
古川慎
美谷和枝
神田美優
ウメモトジンギ
安田ユウ




<ストーリー>
映画オタクの若者3人は、聖地巡礼旅行でとある田舎町を訪れる。そこで道に落ちていたスマホを拾った彼らは、持ち主であるアミに手渡すが…。

―感想―

間違った。
紛らわしい題名つけんな!

なーんてな、分かってて借りたのよん♪
俺の好きな冨手麻妙ちゃんが主演だからね、借りなきゃいかんでしょ。

学生の卒業制作映画にしては良く出来ている。

え?学生が作ったんとちゃうの?
全然知らない監督さんだが、こういうインディーズ系映画に冨手麻妙ちゃんが出ているのには何か訳があるのだろうと、その辺を観察していたのだけど、なるほど!これは中々面白いストーリーを考えてます。
冨手麻妙ちゃん達若者目線パートを先に流し、映像が巻き戻しされて、次はジジババ目線パートを流す事によって一体何が起こったのかを明確にしている。

レじじいフェイス爆誕!(レザーフェイスを少しもじってみたが無理があったかな(笑))。

つうかなんだよコメディやん、てな形になるのだが、なんとそこから本当にホラー寄りの惨劇へと話が発展。

レ麻妙フェイス爆誕!!(だからやめろってその意味のないもじり方をw)

妄想男子(こいつの妄想回数半端なく多いw)の左手がチェーンソーで切られた事でブランブランしていたが、これを生存ルートの術として活用。
3人がヲタクらしいネタ「腕を切り落とされた映画キャラ」を題材にした話で盛り上がっていたが、あれがラストでの伏線にはなってたんだねえ。
自ら手を引き千切る勇気があるのなら、直接好きな女子に告白も出来るだろ!!そんな妄想男子の成長を記録したかのような1日の出来事であり、片想い相手の玄関先に清々しい顔をして訪れる彼のこれまでのうじうじとした性格を正した姿を映し出した最終カットが心地良い。

冨手麻妙主演になってはいるが実質的には妄想男子が主演と考えても間違いではない作品でしょう。
1本で3度楽しめる構成、俺は好きだな。
80分も無い尺内でここまで色々詰め込めた監督の手腕も評価してあげたい。

食事シーンの会話内でデブが「おい!お前ら今日『エクソシスト』『バタリアン』『食人族』の3本連続上映のオールナイト公開があるぞ!」て興奮気味に叫んでいたけど、いいねえ俺も誘えよ(笑)。

今作の冨手麻妙ちゃん図鑑

脚!胸!
綺麗、デカい。
最高のスタイルじゃないか。

評価:★★★☆
19/04/18DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-04-17
メーカー:レジェンド・ピクチャーズ

コメント

トラックバック