銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で14周年。4000作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ドライブ・アングリー

2011年12月02日 22時48分50秒 | 洋画アクション
DRIVE ANGRY/10年/米/101分/アクション/R15+/劇場公開
監督:パトリック・ルシエ
脚本:パトリック・ルシエ
編集:パトリック・ルシエ

出演:ニコラス・ケイジ、アンバー・ハード、ウィリアム・フィクトナー、ビリー・バーク

<ストーリー>
愛する家族を奪った凶悪なカルト教団への復讐を誓うジョン・ミルトンと、彼の道行きに巻き込まれてしまったウエイトレスのパイパー。ふたりの旅は、FBIを名乗る謎の男の追撃を受け、危険度を増していく。
<感想>
うわwwこういうの好きやわ。
どことな~くグラインドハウス的な臭いがぷんぷんと漂ってきます。
ノリが半端無くバカっぽい。

のっけから手首ふっ飛ばしとか演出がざんこ~く。
いいね!

コインをピンッと上に弾いてキャッチした瞬間、FBIどん!
ワハハ、手品師かっ。
でもちょっとカッコ良い。

ニコケイの駅弁ファックで銃撃戦なんて、どう見ても間抜けっぽい。
当の本人はクールにキメているんだけど画がね、コメディなの。
おっぱい丸出しの女なんて、あ~んとか叫んでるし。

おふざけ過ぎなバカ丸出しの復讐劇。
ビンテージカーが燃えながら走行する。
カルト教の女が豪快に轢かれる。
警察車両がド派手に爆発する。
神殺しの銃が火を噴く。
そして顔面に銃弾受けて死んだニコケイが生き返る!!

これ位とことん馬鹿に徹された方が逆に気持ち良い、面白い。
仕留めた相手の頭蓋骨で杯を交わすなんて下らなさ過ぎて最高じゃないですか。

合格!

所でヒロインを演じたアンバー・ハードという女優さん、超可愛い@^^@っすけど。

過去作調べてみたら
『マンディ・レイン 血まみれ金髪女子高生』のマンディ・レイン役
とか
『ゾンビランド』の406号役
とかで出ていたみたいだが、不覚にも思い出せない。
ちょっと一目惚れに近い感じだけど、今後作要チェックですな。

オフィシャル・サイト(英語)
オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★★☆
11/12/02DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-12-02
メーカー:日活

コメント (16)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« SUPER 8/スーパーエイト | トップ | デビルクエスト »
最新の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2011-12-03 02:19:18
アンバーって凄い美人だと思うんだけど、何故か出演作がB級映画ばっかという…^^;別に作品そのものが詰らないものばかりではないけれど、例えばオスカーにノミネートされるような作品に出てても良さそうな感じはするんですよ。とりあえずニコは借金莫大あるから何でも見境なしに出まくりますねww
Unknown (にいな)
2011-12-03 20:27:21
アンバーちゃんおっぱいもいいね。すっかりオヤジ目線な私

ハリウッドでは美人なんか溢れるほどいるけど、トップ女優に上り詰めるのはほんの一握りだよね。
美人じゃなくリース・ウィザースプーンみたいなしゃくれがトップ女優の中に入っているのもヘンな感じ。
>KLYさんへ (ヒロ之)
2011-12-04 01:50:43
そうなんですよ。
アンバーさんの過去作調べてみたらB級ばっかりなんですよね~。
彼女が決めているのか、エージェントが決めているのか定かではないですけど、彼女程の美貌があればもっと大きな映画に出られると思うんですけどねぇ。
今後に注目するべき女優さんかもしれませんが、それにしてもえらいべっぴんさんですよ。

ニコケイは作品を選ばないっていうか、とりあえずオファーがあれば金の為に出る!って感じなんでしょうね(笑)。
彼なりに必死なんでしょうか。
>にいなぁんへ (ヒロ之)
2011-12-04 02:22:39
そうそう、思わず顔を埋めたくなるおっぱいちゃん、ってオイ

トップ女優とB級女優の差って何?

演技?

決して顔!って訳じゃなさそうだもんね。

アンバーさんは将来花開くのかな?
でもこうしてこつこつとB級映画に出られるってのも幸せなのかも。
一本出てはい終わり!ってな女優腐るほどいるからねぇ。
頑張れ!アンバー!!
こんにちは♪ (yukarin)
2011-12-09 12:00:18
私もこういうの好きです。
まぁつっこみどころ満載でしたけどね^^;

>当の本人はクールにキメているんだけど画がね、コメディなの。
まったくその通り(笑)
>yukarinさんへ (ヒロ之)
2011-12-11 16:05:42
バカバカしさが逆に爽快に思える時ってありますよね~。
本作が正にそうでした。

もうほんと、バカ!

って映画なんですけど、凄く面白い作品になっていると感じました。
こんにちはオ♪ (maki)
2011-12-16 09:39:39
アンバーさん、マンディ・レイン役のときも相当可愛かったですよ~はっきりとした美貌の女性に変身しましたね

この作品は私も楽しめてしまいました
ニコちゃんの髪型も確かにそう気になりませんでしたし(一度気になるとそこばっかりみちゃうからなぁ)B級テイスト満載のおバカ演出を真面目につくっちゃってるところが良くできてたかなと。
>makiさんへ (ヒロ之)
2011-12-16 14:30:33
こんにちは★

『マンディ・レイン』の内容が全く思い出せないんですよ~^^;
自分のレヴュー読み返したら、マンディ役の女優が可愛かったって書いていたので、目に惹きつけられる美貌はあったんでしょうね。
この作品で完全に私の頭にインプットされたので、次回からは真剣に彼女を観ますよ(笑)。

makiさんも楽しまれましたか!
もうホントお馬鹿な映画って感じでしたよね。
それでもクールな描写があったりと、きちんと観れる作品になっていたので、私もかなり面白かったです!!
フィクトナーさん♪ (Puff)
2011-12-17 01:31:38
こちらにも~☆

そうなのよね、
私もグラインドハウスっぽいなあ、と思いました。
なんかこう馬鹿馬鹿しくってイイですよね。笑

自分的には、ニコケイはもちろんのこと、
ウィリアム・フィクトナーがツボにはまりました!
あの無表情っぽい悪魔役がとても良かったデス。

ウチでも書きましたけど、「ザ・ウォード/監禁病棟」
アンバー・ハードがヒロインなので期待していて下さいね。
内容も面白かったですし!

それにしても、「ドライブ・アングリー」
別に3Dじゃなくても良かったような・・・
>Puffちんへ (ヒロ之)
2011-12-18 15:42:54
こちらにもドウモです

でしょ?
なんか雰囲気がグラインドハウスっぽいですよね。
無駄にバカバカしい描写なんかも(笑)。

うんうん。
ウィリアム・フィクトナーのクールな追跡者も良かったですよね。
攻撃の交わし方なんかエージェントスミスっぽいですし

『ザ・ウォード/監禁病棟』絶対観ます
アンバーちゃんが主役ってのにも凄く惹かれますが、カーペンター作なので楽しみにしている作品でもあります。
また観たらご報告致しますね

ハハ、確かに3Dにする意味があったのか?と思える作品でもありますね。
何でもかんでも3Dにしちゃうのはどうかな、って思います。

洋画アクション」カテゴリの最新記事