レーヌスのさざめき

レーヌスとはライン河のラテン名。ドイツ文化とローマ史の好きな筆者が、マンガや歴史や読書などシュミ語りします。

文庫フェア、『カーリー』

2024-07-07 13:10:14 | 
<A href=新潮文庫の100冊 2024 (100satsu.com)>「新潮文庫の100冊 2024」</FONT></A>
もうこの季節か、早いものだ。
ラインナップの中で、買いたいものはさほどない。
景品は、カドカワのはまあほしくはあるけど、懸賞なのでそのために買うほどの気持ちにはならん。集英社の「よまにゃ」しおり、かわいくはあるけどそのために無理やり選ぶ気にならん(この絵で犬を描いてほしい)。新潮文庫のステンドグラスしおりは欲しいので、なにか選ぼうと思っている。
 
高殿円『カーリー』 講談社文庫
 まえに、少女小説のガイドブックで読みたい本をチェックした、その中の一つ。市内の図書館になかったので市外からの取り寄せを頼んだら、タイミングのいいことに寄贈本で入ってきた。
 20世紀、第二次大戦の始まる直前に物語が始まる。英国人少女のシャーロットは父の任地であるインドの女学校の寮にはいって、魅惑的な少女カーリーと出会う。
 背景にインドの独立勢力や国内対立、スパイもの要素も強く、女子高ものの伝統もたっぷりとりいれられ、百合っぽさもフェミニズム要素もあり、波乱に満ちてスリリング。某脇役、この経歴は実在の〇〇がモデル?と思ったらずばり〇〇だった。 
 3巻までいっても終わっていない。続き出たら、たとえ単行本でも買うかもしれん。
 
 マンガ化されるならば誰だろう、インドの連想で、さいとうちほさんは似合うだろう。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ひと月ぶり

2024-07-01 07:20:21 | 雑記

 このごろ更新をほうっておいているとは思っていたが、先月初めになげやりに書いて以来まったく投稿していなかったとは驚いた。

コメント (3)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

6月。

2024-06-01 09:24:09 | 雑記
 半年に1回、各部屋の火災報知器の点検(ピコピコと呼んでいる)がある。それに合わせて部屋の片づけをするのもいつものこと。きのうそれが済んだばかりなので、いまは多少まともな状態になっている。来客の多い家はきれいにしてあるのはもっともだ。
 
 『六月は真紅の薔薇』というタイトルを思い出すのもいつものことだし、バラといえばドイツでの体験、学校へ行く時に通過する公園でバラがきれいだったこと、温泉観光地のバーデン・バーデンでGoennerAnlage(ゲンナー・アンラーゲ)のバラがみごとであったことを言いたくなるのも以下同文。
 
 6月といえばまったく祝日がないということをのび太がえらそうにグチっていたな。
 
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

自動詞他動詞「〇〇化」

2024-05-20 10:12:36 |   ことばや名前

 新聞のテレビ欄で、放映される映画の紹介によくある、「~~の小説を元に映画化。」という書き方に抵抗を感じる。なにを?と言いたくなる。「小説を映画化」ならばおかしくない。

 
「〇〇化する」は、自動詞と他動詞とある。
 「アイスクリームが溶けて液体化する」
 「あの人は親はドイツ人だが日本で生まれ育って日本人化した」
 「アキレウスは女装させられて女たちの間に預けられていたが、もしもこの時に心が女性化していたらトロイア戦争に行かなくてすんだかもしれない」
 これらは、〇〇になる、〇〇のようになるという自動詞。文としては主語が要る。
 一方、映画化する、マンガ化する は他動詞ではなかろうか。
 「〇〇が映画になる」は、「〇〇が映画化する」ではなく「映画化される」。「映画化する」ならば、監督とか製作会社など、誰がという主語と、なにをという目的語が要る。
 「映画化される」ならば、~~によっての部分はなくてもいいが、なにがという主語は必須。
 だから、「〇〇を元に映画化。」だとおさまりの悪さを感じる。
 「〇〇を映画化」と言い切るほど忠実ではないので「元に」というニュアンスを入れたいというのであれば、いっそ「〇〇に基づく。」でよくないだろうか、映画の説明だということは自明なのだし。
 
 
 どちらかあいまいなものもある。
 「別冊花とゆめは、初期は季刊誌だったが、やがて隔月化」された、だろう、「した」もありそうだと思うが、「された」のほうがしっくりくる。
 こういうことは個人差、感じ方の違いもあるだろうから断言できないが。
 
 
 先日、以下のようなタイトルの記事を読んだ。
 
「セラムン世代、集合!『美少女戦士セーラームーン』初期2シリーズをモチーフにしたアクセサリーになったよ!」
 
 
 私はマンガやそれ準拠のセラクリの絵のほうが好きだけど、世間ではそうじゃないから旧作を大きく出しているんだろうな、とか、 
 アニメの旧作とセラクリで絵の違うことは知ってるけど、アイテムにまでそんなに差があるんだろうか、マニアはわかるんだろうな、とか
「ピンズは洋服やバッグに着けても目立つよう、やや大きめのサイズに仕上げているんですって。」 大人狙いなのにそれはマズいだろ、とか
 ーーと思うところはあるけど。
(なお、私はその手のアイテムにはまったく興味ない)
 
 記述の「〇〇化」問題と似たものを感じる。
「~~をモチーフにしたアクセサリーになったよ」
・・・なにが?「なる」は自動詞だ、主語が必要だろう。アクセサリーができたよ、ならばおかしくない。
 
 「~を元に映画化」への抵抗、この際なので書いてみた。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

集英社から世界史学習まんがの新版が出る

2024-05-01 06:07:05 | 歴史
mixiの記事で、集英社の学習まんが「世界の歴史」の新バージョンが今年出ることを知った。
<A href=集英社版 学習まんが 世界の歴史 | 集英社 (shueisha.co.jp)>「集英社版 学習まんが 世界の歴史」</FONT></A>
 いま出ている版は2002年だったので、もう22年とは、リニューアルしてもおかしくないんだけど、あずみさんが産業革命の巻を担当していてたいへん良い出来であることもあって、現行版にけっこう愛着があるのでいささか淋しくもある。
 日本史の時と同様、カバーイラストを人気マンガ家に描かせる企画。やはり荒木飛呂彦が話題。
 集英社の「世界の歴史」学習まんがはこれで3つのバージョンが出たということになる。
 集英社から新旧合わせて3種類。
 角川のもある。↓こういうの見つけたので貼っておく
<A href=(263) 角川歴史最強チャンネル - YouTube>「角川最強歴史チャンネル」</FONT></A>
 学研では、ムロタニツネ象バージョンのほかに2016年に出た版があり、これのギリシア・ローマではオクタが美形でアグリッパも出ている、ここでも話題にした。去年「増補改訂版」で「13巻」が加わった。新しいのはソフトカバーになっている。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

4月13日&14日が週末だと

2024-04-14 13:57:23 | 
 今年は4月13日&14日が土日に当たっている。すると『鷲は舞い降りた』を読んだあの日を思い出す。
<A href=戦争冒険小説にのめった時期 - レーヌスのさざめき (goo.ne.jp)>「戦争冒険小説にのめった時期」</FONT></A>
 <A href=4月13日は「わしまい記念日」 - レーヌスのさざめき (goo.ne.jp)>「4月13日はわしまい記念日」</FONT></A>
<A href=なつかしのわしまい記念日 - レーヌスのさざめき (goo.ne.jp)>「なつかしのわしまい記念日」</FONT></A>
 ーー何度も話題にしているものだ。あれを借りた図書館は、当時は駅近くだったがいまは引っ越している。先月クラス会であのへんを訪ねたが、その前に検索して知った。
 これまで活用した図書館の思い出をたどってみたくなるのもよくあること。
 いまは駅近く、徒歩約10分にあるので便利だ。
 春の蔵書点検のための休館は終わった。恐れていた、「休館にはいるギリギリ前に予約した本が届いて「取り置き済」で休みに突入する」という事態にはならず、再開する少し前に届いたというたいへんありがたい状態であった、よかったよかった。
 
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

春の恒例

2024-04-01 07:12:56 | 
市内の図書館は4月に蔵書点検のために1週間休館(といっても内部では仕事してるんだけど)になるのが恒例。それに備えて(?)たくさん借りておこうと計画するのはそれなりに楽しい。
 
 図書館のHPで「新着図書」をチェックする時、奇妙に思うことがある。
 続きものの本は、まとめてここに出てくるとは限らない。
 私は去年、映画『翔んで埼玉』のノベライズを買って読んで寄贈した。その後、『小説翔んで埼玉 琵琶湖より愛をこめて』が「新着図書」に出てきたので、なんで続編が先に?と思った。 あとで思い出して検索すると、いつのまにか、本編も入っていた、これも「新着図書」に出てきていたのだろうか、見落としていたのは腑に落ちないのだがな。
 
 司馬遼太郎『世に棲む日々』4巻 が先日「新着」に出てきた。単行本は3巻本、文庫では4巻本。このように、続きものの一部だけ(始まりの巻ならともかく)載っているのはどうにもヘンに見える。しかも、とっくに蔵書であるようなものだとよけいに。すでにある本がまたはいってきた場合、「新着」に載るかそうでないかはなにで決まるものだろうか。知らなくてもいいけど尋ねてみたいことはいろいろとあるものだ。
 
 今日「新着」をチェックしたら、大量に増えていた。角川文庫の「ビギナーズ・クラシックス」、山川出版社の「日本史リブレット人」「世界史リブレット人」がたくさん。「ユリアヌス」は読もう。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

見損ねたハイジ、見つかった鍵

2024-03-14 13:53:50 | 雑記
 小さな、ムッとすること。
 きのうの夜、NHKーBSの「世界のドキュメンリー」で『ハイジ』についてやっていたが、まえもって気が付かなかった。22年ということはけっこう最近のもの。見たかったな。
 NHKのBSは、少し前までは「BS-1」と「BSプレミアム」とあったけど、一つだけになってしまった。BSプレミアムには水曜夜と土曜午後に海外ミステリーの枠があり、2年ほどの間はコロンボ、ホームズ、ポワロを交互に繰り返していた。両方ともなくなったのは二つあった局が一つにされたことも影響しているんだろうけど、片方くらい残してほしかった。
 「BS1」の「世界のドキュメンタリー」は従来は1週間以内の再放送があったのに、いまはそれがないようだ。 いつかその『ハイジ』が再放送されることを希望する。
 
 近所に買い物に出るレベルの時に使うリュックがかなりくたびれていたので、新しい品を買った。中々おろせないのはいつものこと。先週やっと使い始めたので、ポケットなどに入れたものを探って移し替えるーーと、鍵がはいっていた。自転車の鍵、二つあるうち、スペアとしてしまってあったのが無くなっていることに気がついたのは去年。一つでは不安なので、できれば合鍵をつくりたいと思っていてそのままだったのである。見つかってよかった。でもやっぱり、可能ならばもう一つくらいは欲しい。
 これが最近あった小さないいこと。
 なお、鍵には『ヘタリア』CDのおまけの品をつけている。もともとは8種類あった。いま手元にあって日常使っているのは、家のがイギリス、自転車にイタリア、見つかったのがドイツ。部屋で紛失した家の鍵につけていたのは日本、外で落とした(だからその後交換した)のはなんだったか? 弟に渡してあるのが一つ。未使用で手元にはロシアと中国。 8つもあってもそんなに使い道ないだろうと思っていたけど、けっこうあったか。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ひな人形なんて無縁だが

2024-03-03 12:35:47 | 雑記

 ひなまつりは今日なんだが、都合でちらし寿司はきのう作って昨日今日で食べた。はまぐりのお吸い物はインスタント。

 紅白のゼリーを作るのは恒例。

 プラス桃缶。桃を使ったパンがあってもいいのにとこの季節になると思う。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

春は名のみの?

2024-03-01 12:50:04 | 雑記
早くも3月。
 月初めは「ルパ」の新商品が楽しみなんだがこのところ改装中で・・・と思ったが、意外に早く、来週はもう始まる。
 
 図書館は4月に恒例の、蔵書点検のため1週間の休み・・・といっても内部では仕事してるんだけど。
 
 でもまだ早朝は寒い。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする