ホップ ステップ エイジング

車の免許を取ったのもパソコンを始めたのも55歳過ぎ。
興味を持ち楽しみながらゆっくりゆっくり年を重ねていきたい。

若竹千佐子さん

2018-01-17 22:08:36 | 雑記

第158回芥川賞・直木賞の選考会が昨日行われ、若竹千佐子さんの「おらおらでひとりいぐも」が芥川を受賞しました。

題名がどうも方言らしいけれど・・・

岩手県遠野市生まれの63才。

芥川賞史上2番目の高齢受賞者で、主婦だそうです。

東京オリンピックの頃に東北から集団就職で上京して、夫を立てながら二人の子どもを育て終え、今一人になって老境にある・・・という桃子さんが主人公。

お婆さんが自立し、一人で生きて行こう(死んでいこう)とする、その決意や、心構えが東北弁の凄い筆力と迫力で記されているよう。

同じ世代としてぜひ読んでみないといけないですね。

作家として世に出てまだ3カ月余り、デビュー作でいきなり芥川賞を射止めたのも驚きです。

「私は私で1人で逝くから」という題名の意味がやっと解釈できると、味わい深さを感じます。

若竹さんは「方言が私を励ますもう一人の私」で、これからも、生涯において最後の時期である老いと同時進行で、玄冬小説を目指すとのことです。

 

コメント