ホップ ステップ エイジング

車の免許を取ったのもパソコンを始めたのも55歳過ぎ。
興味を持ち楽しみながらゆっくりゆっくり年を重ねていきたい。

すい臓がん

2018-01-07 12:30:39 | 健康

楽天の球団副会長星野仙一さんが4日に亡くなられたというニュースがありました。

まだ70歳、 あまりに突然のことで驚いています。

私の知り合いでも何人かの人が、すい臓がんで亡くなっっています。

又、長時間の手術に耐え、回復したのに、その後転移がわかり、今抗がん剤治療をしている知人もいます。

胃の裏側、十二指腸とくっついていていて、たらこ大なのに、食べ物を消化するすい液を作り、十二指腸に送り出したり、糖分の量を調節するホルモンを作ったりと、活発に活動しているすい臓は、沈黙の臓器と言われています。

細胞を摂取して検査しにくい事や、膵体部や尾部に発生したがんは症状があまり現れず、早期発見が困難だそうです。

食欲不振、体重減少、上腹部痛、腰背部痛、みぞおちの痛みなどの症状が出るころはかなり進行してしまっているというので厄介です。

(1)40歳以上で胃腸や胆道系の病変がなく、上腹部のもたれや痛みがある人

(2)やせてきて背部痛・腰痛のある人

(3)中年以後に糖尿病が現れた人や、糖尿病のコントロールが難しくなった人

(4)喫煙、肥満など生活習慣の乱れがある人

(5)膵がんの家族歴がある場合

これらはリスクを高める因子だそうです。

血液検査で肝機能異常や、アミラーゼ値の異常、血糖異常が認められることから、腫瘍マー力ー,腹部超音波検査,造影CT検査などと合わせて、できるだけ早期に定期的な検診で経過観察したほうが良いようです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加