ホップ ステップ エイジング

車の免許を取ったのもパソコンを始めたのも55歳過ぎ。
興味を持ち楽しみながらゆっくりゆっくり年を重ねていきたい。

すい臓がん

2018-10-17 21:20:03 | 健康

知り合いがすい臓がんで亡くなりiました。

“みぞおちが痛い”という症状があり病院に行ったときは、すでに進行していたそうです。

すい臓がんでは早期の段階で症状が出ることはまれ、腫瘍マーカー検査は、ある程度がんが進行しないと発見が難しいようで、5年で9割以上の人が命を落としています。

① みぞおちや、背中が重苦しい

② 脂の浮いたような下痢

③ 食べすぎ・飲みすぎの覚えがなく、生活環境に変化がないのに血糖値が急上昇する

こんな時は注意が必要で、早めにすい臓の検査をやりたいものです。

 上記のように症状に不安があったり、すい臓がんや、糖尿病の家族歴のある人は、早めに病院受診を・・・。

病院でエコー検査をしてもらえば、すい臓がんを早期発見できる可能性が高い

今日NHKの「ためしてがってん」で放送していましたね。

2017年に、千葉県がんセンターなどの研究チームが、「血中に微量に含まれる元素17種類の濃度を測定することで、90%近い確率でがんを早期に診断できる方法を発見した」と発表したことが話題になっていました。

「患者の体への負担が少なく比較的安値な(2万円ぐらい)検査で早期発見できれば、より効果的な治療ができ、医療費削減にもつながる。
微量元素の測定機器は2019年春をめどに、国の医療機器の承認を目指す」と話されています。

測定コストが低く抑えられ、がんを早期に見つけるならばこんなに良いことはないので、できるだけ早く、人間ドックに導入される事を期待します。

 

コメント

ズボラストレッチ

2018-10-15 22:19:28 | 健康

先日新聞で紹介されていた「ズボラストレッチ」。

特定の病気とは言えないものの、膝が曲がると太ももの筋肉が縮み、骨盤が後ろに傾いて腹筋が緩み、背中が曲がります。

このような体の調子が良くないときに“ひざ裏伸ばし”を行うことで改善できる可能性があるといいます。

かわむらクリニックの川村明院長が考案。

「たった5秒」のひざ裏伸ばしで、ひざ裏を柔らかくすることで姿勢が整い、多くの女性の冷えや便秘、うつ気分など、体や心の不調が改善されたという。

【まずはこれだけでも!基本のストレッチで体幹も同時に鍛えられる】 壁ドン! ストレッチ

(1) 背すじを伸ばして壁の前に立つ

両足を揃え、壁に向かって立つ。背すじは首まで真っすぐ伸ばし、最後までこの状態をキープ。

(2) 脚を前後に開いて伸ばした手を壁につく

開いた後ろ脚のひざ裏は伸ばし、前脚のひざは曲げる。両手は肩の高さで壁につけ、息を吸う。

3) 息を少しずつ吐きながら壁をリズミカルに5回押す

 お腹とお尻に力を入れ、腕を曲げて息を吐きながら、5カウントに合わせて壁を押す。

体幹を意識しながら、腰をぐっと前に出そう。

4) ひざ裏をぐーっと伸ばし息を吐きながら壁を押す

最後に両手を伸ばして壁を押し、ひざ裏を大きくストレッチ。5秒キープする間に、息を吐ききる。ここでも背中は伸ばし、腹筋を使いながら腰をぐっと前に出す。

反対側も行う。

これで「ハムストリングス筋」という体の中で一番大きな筋肉が鍛えられるそうです。

お試しあれ!

 

コメント

骨量測定してきました

2018-09-22 21:33:57 | 健康

丈夫な骨を作るには中学生・高校生の時期が最も重要で、残念ながら20歳前後で最も強く、後は衰えるばかり…。

骨粗しょう症には自覚症状がありません。

年一回の間隔で骨量測定を行えば、実際にその間の自分の骨の変化がわかり、それなりの対応もできるので、受けるようにしています。

検査部位は踵骨。

超音波での測定のため被ばくがなく、安心して利用でき、椅子に腰掛けて足首の部分を装置に置くだけなので、簡単で手軽な検査骨密度測定です。

結果は…。

実年齢より十歳ぐらい若いので心配いりませんとの事でした。

でも去年より低くなっているんだよね。仕方ないか

骨にかかる負荷が適度に大きく、繰り返す動作が多いものほど骨密度を高めるので、これからもスポーツは欠かせません!

日常生活の中での階段の上り下りや歩行も意識しています。

もちろん食べ物もも大事。

「カルシウム」「ビタミンD」や「ビタミンK」が多く含まれる食品も、バランスよくとれるようにしていきたいです。

 

コメント

中高年の歩き方

2018-09-14 22:49:02 | 健康

日常生活で歩く機会が減ったために、現代人は歩くために使う筋肉が弱くなってしまっています。

これは歩かなくてもすむ便利な生活環境が影響しているのです。

「食事」と「睡眠」と「歩行」は、人間にとって必須の活動です。あえて「運動」ではなく「歩行」だというところ。

理学療法士の田中尚喜氏によると、日本人の9割が間違った歩き方をしているといいます。

カロリー消費するためには・・・・・。

広い歩幅で腕を振って歩くこと。

着地するときはかかとから、そして、つま先で蹴り上げて前に進むことが推奨されて以降、「大股で歩くこと」がウオーキング時の「正しい歩き方」とされたそうです。

よく聞きますよね。私もそう思っていました。

歩行の定義は「重心を前に運ぶこと」。

筋肉の分類方法のひとつに、筋線維の収縮の仕方に着目して、瞬発力のある「速筋」と、持久力のある「遅筋」に分ける、という考え方がある。

身体の表面に多く存在する速筋はすばやく収縮することができますが、疲れやすく、筋肉痛の原因にもなりやすいという事。

従ってけがや運動器の障害を招くことになりかねないようです。

一方、遅筋は身体の奥に多く、収縮はゆっくりですが、疲れにくい“省エネタイプ”の筋肉です。

「立つ」「歩く」「坐る」といった日常の動作に必要なのは、遅筋を中心とする筋肉です。

だから、正しい歩き方、姿勢を保つには、小股で膝を伸ばして歩くことが基本と・・・。

つまり、中高年の場合、速筋ではなく、身体の奥にある遅筋を主に鍛えたほうがいいという事のようです。

コメント

老化現象

2018-08-05 21:11:35 | 健康

「わからない ことは老化と医者は言い」 確かこんな川柳がありました。

「身体の不調があり、病院に行って診察を受けた時、病名をつけないで『年のせいです』というのは納得できない」と家族に不満をもらす高齢者も実に多いといいます。

しかし見方によっては「老化現象ですよ」という医者はわりと信用できるともいわれています。

老化は正常な現象で、病気は異常な現象。しかしその区別は難しいものだと思います。

加齢による症状だということを受け入れる気持ちこそ、老後の生き方で大切なのかもしれない。

「老化現象ですね」といわれたら肉体的老化を最小限に食い止めながら、心を豊かに日々を大切に暮らしていきたいものです

コメント

身近の人も

2018-07-31 22:40:26 | 健康

台風12号は種子島・屋久島地方を反時計回りにやや発達しながら進み、九州南部の太平洋側は、明日も局地的に非常に激しい雨が降る恐れがあるそうです。

なんとしつこい台風でしょう。

7月も今日で終わりですが、静岡県も他県に負けず、もっとも暑い7月だったそうです。

8月に入っても猛暑はまだ一週間ぐらい続くそうです。(やれやれ)

今日も“全国的に熱中症が危険なレベルに達している”と気象庁は、各地に高温注意情報を出して、十分注意するよう呼びかけていました。

近くのWさんのお宅では、この数日間に、ご主人と息子さんが熱中症にかかって診察を受けたそうです。

ご主人は、起きて来た時めまいがし、なんかふらふらして、顔がほてっていた。吐きはしないけれどゲーゲーするし、汗のかきかたがおかしい。

異常に気づき診察を受けたところ、 熱中症の診断だったそうですが、点滴を受け事なきを得たとの事です。

翌日息子さんが、仕事上がりに「指が握れない、力が入らなくておかしい」と家に連絡が来たので、すぐ病院に行くように促し、やはり熱中症だったそうです。

二人とも熱は全然でなかったようですが、症状はいろいろ。

今年はれう年の2倍ぐらいの人が受診しているそうです。

やはり異常を感じたら早目の対処が必要ですね。

 

コメント

バランスよく

2018-07-24 16:28:20 | 健康

一汁三菜を基本とした日本の食事のバランスのよさは、世界的にも高く評価されていて、ユネスコ無形文化遺産に日本食が登録されたのも記憶に新しいです。

最近徐々に浸透してきたものの、まだまだ知名度が少ない「まごわやさしい」。

和の食材の頭文字を覚えやすく語呂合わせにしたものです。

=豆類...豆腐、大豆、納豆など。高たんぱく質で、ビタミン、食物繊維が豊富、大豆はそのままよりも納豆、豆腐、味噌などのように発酵させたものがおすすめ

ご=(ごま...くるみ・栗・ぎんなん・松の実など)たんぱく質、食物繊維、カルシウム、ミネラルなど栄養豊富、これらにはたんぱく質・ミネラル・脂質が多く含まれています。

殻が固く消化しにくいので、刻んだり、すりつぶしたりして使うことで吸収もよくなります。

=わかめなど海草類...たんぱく質、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富、お酢や油と一緒に調理すると、効率よく栄養を摂取できます。

=野菜...ビタミン、ミネラルが豊富、野菜によって含まれる栄養素は違いますが、すべてに含まれているのは、ビタミンとミネラルです。

加熱するとかさが減るのでたくさん食べられます。ただし、加熱によって栄養素が損なわれてしまうものもあるため、そこは注意しましょう。

=さかな...たんぱく質や鉄分が豊富  あじ・いわし・さばなどの青魚はポイントが高いです。

つい、魚よりもお肉を食べてしまいがちですが、たんぱく質はお肉より魚から摂りましょう。

=しいたけなどきのこ類...ビタミンや食物繊維が豊富、きのこは低カロリーなので、たくさん食べても安心ですね。

=いも類...炭水化物・糖質や、ビタミンC、食物繊維が豊富、(さつまいも・じゃがいも・こんにゃくなど)

いも類は食物繊維と炭水化物を多く含みます。白米やパンなどの精製したものより、自然のままのいも類のほうが良質!

特にネバネバ成分を含む里芋や山芋がおすすめです。

この合い言葉ひとつを胸にとめておけば、「きのうは魚を食べなかったら今日食べよう」といったふうに、自然なバランス感覚が取り戻せます。

どれを、どれくらい食べなきゃとか、あれは身体に良くないなどと考えず、おおざっぱでもいいんじゃないですか?


現代の食事はというと・・・。

「おかあさんやすめ」または「ははきとく」と言われています。

<おかあさんやすめ>

お=オムライス
か=カレーライス
あ=アイスクリーム
さん=サンドイッチ
や=焼きそば
す=スパゲティ
め=目玉焼き、麺類

<ははきとく>

は=ハンバーグ
は=ハムエッグ
き=餃子
と=トースト
く=クリームシチュー

どれも子どもが好きなメニューばかりですが、これらのメニューはやわらかくて脂質が多く、野菜やビタミン、ミネラルが少ないという問題点があります。

ごはんと味噌汁のセットがあれば「まごわやさしい」も取り入れやすくなりますし、ご飯と味噌汁だけでは足りない栄養素もしっかりと補えます。


 

コメント

脳疲労

2018-07-23 21:44:07 | 健康

夏本番、各地で異常な暑さが続いて、今日は熊谷で史上最高41,1℃だったそうです。

この三日で2000人以上の人が熱中症で運ばれ、亡くなった人も24人にものぼったというニュースにも驚きです。

疲れた」「眠い」は危険のサイン!意識していたほうがよさそうです。

湿度が高いと汗が蒸発しにくくて体温が下がらず、身体に熱がこもるので、眠気がおき、疲労と密接な関係性があるようです。

一般的に言われる疲労は身体的疲労になります。この身体的疲労は一時的なもので食事や睡眠で回復することが多いです。

しかし「“飽きてしまう”のは脳が疲弊している警告のサイン」だそう。

仕事疲れ、人間関係疲れ、運動疲れ、家事疲れ…。すべての疲れは「脳の疲労」が原因という。

脳疲労の簡単なチェック項目がありました。

◎ いつもイライラしている
◎ 文章を読んで理解するのに時間がかかる
◎ 考えがまとまらない
◎ なにもないのに不安になることが多い
◎ 何をするにも無気力になる
◎ 外出をするのが億劫に感じる
◎ 肉体を酷使しているわけではないのに疲れを感じる、体を使わないのにヘトヘト
◎ 気が付いたら長時間ぼーっとしていることが多い
◎ 便秘がちである
◎ 気持ちが沈んで暗い気分である
◎ 人に会ったり話したりするのが面倒に感じるようになった
◎ 楽しいと思っていたことが楽しめなくなった
◎ 食事がおいしいと思わない
◎ 夜中に目が覚める、用もないのに朝早く目覚める、寝付きが悪い
◎ 自分を責めることが多くなった、自分は価値がない人間だと思う
◎ 希望が持てない

毎日感じる事が1つ以上あるもしくは、週に2~3日は、3個以上感じる事がある。

そんな時は、それがストレスなのか、食生活なのか、睡眠不足なのか、あるいは別のものなのかを見極めて、早めに対処したほうが良いようです。

 

コメント

ひろのば体操

2018-07-22 11:40:54 | 健康

「姿勢不良」がつらい肩こりや腰痛・膝痛など身体の不調の主な原因になっていることが多いようです。

足の指が浮いている・曲がっている・閉じているなどの「足指の変形」した状態に気づかず、そのまま無理にバランスをとって頑張りすぎると、骨格は歪み、筋肉は疲労してそれが肩こりや腰痛・膝痛などの痛みにつながってくるというのです。

足指もしっかり広がって伸びていれば、体に負担なく安定するわけです。

「みらいクリニック」のセンター長で、理学療法士の湯浅慶朗先生が考案され、テレビや雑誌などでも取り上げられて話題になっている「ひろのば体操」が紹介されていました。

1 椅子や床の上に座り、片方の足を太ももの上に乗せる。足指の間に、手の指を入れる。左の足指なら、右の手の指で行う。

   手の指の根元で、足指の先端を掴む。(足指の根元に隙間がある状態で足の指のつけ根のところで軽くにぎる)

2 足指を甲の方へ反らして、5秒ほどキープ。足指の関節が90度くらいになるくらい反らせるのが理想。(硬い場合は曲がるところまででOK)軽く握ったまま足の指を反らします。

   足指を足裏の方へ曲げて、5秒ほどキープ。反対側にもゆっくり反らします。

3 これを交互に繰り返し1日1回5分位やるといい。

「手のひら全体」で足裏を押し、足指の先端をキレイに押せていないと、効果は少ないと言われています。

姿勢の改善で、つらい肩こりや腰痛・膝痛・さらに口呼吸が治り、口内環境もよくなると言われればやってみたくなりますね。

コメント

塩分と糖分のバランス

2018-07-17 22:47:31 | 健康

岐阜県揖斐川町が2日連続の全国一の暑さになった事でこのところ町をPRしているようです。

今日は39、4℃、森に囲まれている町なので暑さがこもってしまうようですね。やりきれない~~~。

どうしてこうも暑いのでしょう。

それは、太平洋高気圧にチベット高気圧、二重の高気圧が日本上空に居座ってしまっているのが原因だとか・・・。

台風が来ないと暑さの終わりがないと言われていますが、台風も近寄れない状態だそうです。

脱水症のチェック方法を案内していました。

まず一つ目。手の親指の爪をぎゅっと押した時ピンク色から白に変わります。

その手を放したときピンク色に戻ってくるまでの時間が、3秒以上かかった時は脱水状態に陥っているおそれがあります。

もう一つの脱水症チェックは、手の甲の皮膚をつまみ上げるというもの。

つまみあげてすぐ離すと元の状態に戻るのが普通。戻らないときには要注意だそう。

水分補給も連日口を酸っぱくして伝えられています。
 

小腸で、もっとも効率的に水分が吸収されるには、塩分に加えて糖分も一緒に取ったほうが良いことが研究によって分かったそうです。

スポーツドリンクや、経口補水液を買う光景も、すっかりおなじみになりました。

熱中症予防の水分補給には、お水やお茶を飲むより、上手に水分を補給するために経口補水液を活用しています。

経口補水液とスポーツドリンクとの違いは、塩分濃度と糖分量、 一般的なスポーツドリンクは砂糖を多く使っているようです。

家庭でも簡単に作れる経口補水液の紹介もありました。

コップ1杯分の経口補水液を作るには200cc水に食塩は0.6グラム、砂糖は8グラム。

しかしいちいち計るのは面倒です。

そこで食塩を量るために用意するのは割り箸。割り箸を2つに割って、その太い方を塩にくぐらせます。

割り箸の側面に乗った食塩の重さが0.2~0.3グラムくらいですって!

だからそれで食塩を2回すくい取れば約0.6グラムになるということです。

砂糖は、角砂糖が1個約3~4グラム、スティックシュガーが1本3~6グラムくらいなので、これを目安にします。

水に食塩と砂糖を加えたら、あとは、底に沈んでいる食塩と砂糖が見えなくなるまで、しっかり溶かせば出来上がり。

下痢、嘔吐、発熱等による「脱水症状」などにも活用できます。

1日あたりの目安量として、成人の場合は500mLから1Lほどを飲むくらいで、やはりこれものみすぎはいけないようですね。

 

コメント

食べすぎないように

2018-07-16 20:49:45 | 健康

昨日に引き続き今日も暑い一日でした。

暑いときは口当たりが良い冷たい麺料理がうれしいもの。

パスタにうどん、そうめん、そばにラーメン……無類の麺好きという人も多いですよね。

けれども麺類の意外な面が発覚し自分ながらに注意喚起しています。

「お米は太りそうだから控えているけれど、麺類ならお腹にたまらないし、さっぱりしていてヘルシー!?」

ところだどっこい!

パスタ乾麺……100gあたり378kcal
ゆでパスタ……100gあたり149kcal、1食約250gの場合は378kc 乾麺パスタはゆでると約2.5倍の重量!

生そば100gあたり274Kcal
生そば(ゆで) 132Kcal

うどん(生)100gあたり 270Kcal
うどん(ゆで) 105Kcalだそうです。

そばとうどんどちらもカロリー的には、そば粉も小麦粉も大差はないようです。

そうめん・ひやむぎ乾麺……100gあたり356kcal

ゆでそうめん……100gあたり127kcal、1食約300gで356kcal

ゆでるとそうめんは約3倍の重量に、冷や麦は約2.5倍重量になるんですって!

因みにそうめんと冷や麦の違いを調べてみました。

そうめん: 直径1.3mm未満

冷や麦  : 直径1.3mm以上、1.7mm未満

1.7mm以上になると冷や麦ではなく「うどん」。

幅4.5mm以上、厚さ2.0mm未満だと「きしめん」

原料に違いはありませんので、細いのがそうめん、太いのが冷や麦という覚え方でOKなんだそうです。

麺類は、口当たりが良い分、しっかりと噛むことなく、どうしても早食いになってしまうことも注意が必要。

手延べそうめんは、製造の過程で途中で表面が乾いてしまわないように油が使われているので、実はイメージと違ってカロリーは高めだそうです。

ラーメンなどの中華麺は、具材やスープに油脂の多いものが使われているので、これも要注意。

たくさん量を食べれば当然のことながらカロリーは高くなるので、安心して食べ過ぎないよう注意したいですね。

 

コメント

熱中症

2018-07-15 23:19:40 | 健康


今日は人間の体温を超える猛烈な暑さで、東山動物園では、すでに11時過ぎに43,2度,京都は一時過ぎに42度を記録したとか・・。

三連休の中日という事もあってイベントや、外出も多くなっているからなのでしょう。

マラソン大会で「汗が出なくなったので、リタイアした」という人がいました。正解ですね。

体が脱水してしまって汗を作れなくなるので、相当危険な状態です。

プールに入っているからと安心できません。頭頂部だけ暑くなるので要注意だとか・・・。

昼間は炎天下で頑張っている人が、夜は家の中でお年寄りが熱中症になりやすそうです。

昨日と今日で3500人以上の人が熱中症で病院に運ばれて8人が死亡しているというのは本当に異常です。

人間の体は体温が上がらないように身体は調整されているのに、体温を超えるような暑さでは参ってしまいますね。

脱力感・めまい・。めまいやふらつきなどの初期症状のうちに風通しのよい日陰に移動して水分や塩分を摂らないといけませんね。

起床時は既に脱水状態になっているので、朝、起きたらすぐに水分補給も必要のようです。

皆さん気を付けましょう!

コメント

甘酒

2018-07-13 22:53:11 | 健康

以前は、冬になると、お汁粉と並んで店頭に姿を現す感じだった甘酒ですが、スーパーでも年中おかれています。

江戸時代には夏バテ対策に飲まれてきましたし、俳句の世界でも「夏」の季語。

「飲む点滴」と言われ、その健康効果が注目され、現代人にも愛されるようになってきています。

夏は冷たいアイスを口にしたくなる。

しかし市販のアイスはお砂糖もたっぷりだし乳脂肪が多く含まれていて悩ましいところ。

甘酒はそのまま飲んでも美味しいですが、果物と合わせると違った味わいを楽しめます。

しかもそれを凍らせればアイスになるんです。

抹茶、豆乳、なんでも混ぜて自分好みの味が楽しめます。

マンゴーやバナナ、アボカドなど元々濃厚な素材なら、よりアイスらしいクリーミーな食感に・・。

ミ材料をキサーにかけ、冷凍庫に入れて固めたらできあがる!

冷たい中に糀独特の甘みがふわんと漂い、簡単なのにどれもとっても美味しいです!!

コメント

唾液の存在

2018-07-08 22:07:37 | 健康

夫の友人が、喉頭癌で放射線治療をしていました。

久しぶりに会ったら、元気なのですがドライマウスで苦しんでいるという事です。

「放射線治療で、唾液を出す唾液腺が破壊されてしまって、食事する事がこんなにも苦労するとは思わなかった」と。

味覚障害が起こり何を食べても味がないし、物が飲み込みにくいそうです。

唾液は、耳下腺(上の奥歯の頬っぺた側) 顎下腺・舌下線のある下の歯の裏側からが出ています。

リラックスしたときは、耳下腺から「サラサラの唾液」が、ストレスなど刺激時には、顎下腺から「ネバッとした唾液」が出ています。

私たちも、普段は唾液など意識したことがないものですが、体の仕組みや働きはなんとうまくできている事か…。

出なくなると本当に困るのですね。

放射線治療のみならず、現代は、柔らかく食べやすいおいしいものばかり食べるようになって食生活が変化している事。

食事で、噛む回数が減ったことや、仕事によるストレスなどが要因になって、ドライマウスの予備軍も増えているようです。

気を付けましょう!

 

コメント

靴の減り方

2018-07-03 14:41:44 | 健康

ただウォーキングするのが好きではない私。

運動をやらない日はできるだけ用事を作って歩くようにしていたら、この頃体重が減ってきました。

基礎代謝、筋力アップに繋がっているのでしょうか?

3~4か月で3Kg減は大したもんじゃない?(ふふふ・・・)

のんびり景色を見ながら歩くのではあまり効果がないというので、かかとから着地して、親指の付け根に体重移動。

姿勢よく膝を延ばして少しだけ早歩きを意識しています。

「歩く」という動作は行っていても、正しい歩き方をしないと膝や腰へ負担をかけてしまいます。

靴底の減り方を見ると癖がわかるというサイトがありました。

 カカトのやや外側が適度に減るのが理想の歩き方。正常な歩き方とは、ややがに股だそうです。

●カカトの内側だけ減る

X脚や内股歩きで、重心の移動が内側に偏っているため、足裏だけでなく足首や膝等の関節にも負担がかかりやすい歩き方です。


●つま先だけが減る

腹筋と背筋の衰えがある。

高いヒールの靴を履いている方によく見られる減り方です。歩く姿勢は、膝が曲がった状態で、猫背気味に。

外反母趾など、足指の変形がある可能性も

● 靴の外側全体が極端に減っている

O脚の方に多く見られるケースで、重心の移動が外側に偏っている

● 靴底の真ん中、つま先などが極端に減る場合は、足を引きずって歩いていることが考えられます。

● 減り方が左右違う、左右同じ位置が減るのは骨盤歪みの恐れ

左右の股関節の可動域が違うアンバランスな状態で歩き続けることで起こり、姿勢の悪化やひどい肩コリ、腰痛が起こりやすくなります。

両方減らない→引きこもりニートの恐れ

きちんと自分の状態を知って、偏ったクセを意識的に治していくようにしたいものです。

 

コメント