ホップ ステップ エイジング

車の免許を取ったのもパソコンを始めたのも55歳過ぎ。
興味を持ち楽しみながらゆっくりゆっくり年を重ねていきたい。

お札

2018-01-16 22:53:18 | 雑記

普段何気なく使っているお札ですが、私の場合、表の人物は大体把握しているものの、裏はどうでしょう。

あまり記憶にとどめていません。

一番身近な千円札、表は野口英世ですが、裏が富士山と桜。あまり気に留めていなかった!

財務省によると1万円札は、宇治平等院の鳳凰堂の鳳凰像だから鳥、5千円札は尾形光琳作のかきつばた図で、花。

 
だからそれらのバランスを考え、国民にも馴染みがある風景を選択したそうです。

ちなみに「千円札の裏の富士山」は本栖湖の穴場スポットで撮ったという事です。

お札の平均寿命は一万円札で4~5年程度、五千円札と千円札は使用頻度が高く傷みやすいこともあって、1~2年程度なんですって!

お札は造幣局で作っていると思いきや、造幣局では硬貨のみ

お札は国立印刷局で作られているそうです。

ニ千円札は表が紫式部で裏は源氏物語絵巻でしたが、現在は新規発行がないようです。

どうりで見かけませんね。

 

コメント