ホップ ステップ エイジング

車の免許を取ったのもパソコンを始めたのも55歳過ぎ。
興味を持ち楽しみながらゆっくりゆっくり年を重ねていきたい。

いやはや

2017-11-30 20:51:37 | 雑記

曇り空でしたが、昼間はちょっと動くと汗が出ました。しかし夕方から風が冷たくなってきました。

それもそのはず、明日からコートが活躍する本格的な冬の到来とか・・・。

とうとう12月に突入です!

今年も一か月を残すのみになってしまいました。月日の経過は早い!

年を重ねるごとに時間を早く感じるのは代謝が遅くなるからだそうです。

生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する。

すなわち50歳の人間にとっての10年間は、5歳の人間にとっての1年間に当たり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。

根拠があるんですね。

それに何気ない平凡な日々の繰り返しで刺激もないからでしょうか

記憶することが少なくなるからという意見もあるようです。とほほ・・・。

それでも毎日食事をおいしく味わえたし、自分の足で歩けた。身の回りのことができ、健康でいられる幸せを満喫できた事。

思いつきでなんとなく生活しながら、仕事に趣味にと時間を費やすことができ、心地よく心穏やかに元気で過ごせたんだから2017年はまるとしよう。

 

コメント

ぞうきん

2017-11-29 22:36:56 | 雑記

この詩集が新聞で紹介されていました。題名に興味がわきました。

1990年に86歳で亡くなった河野進牧師のものです。

 

「ぞうきん」

こまった時に思い出され 用がすめばすぐに忘れられるぞうきん

台所のすみに小さくなりむくいを知らず

朝も夜もよろこんで仕えるぞうきんになりたい

私は全くそうした考えは浮かびませんが、河野さんは、その「ぞうきん」になりたいのだというのです。

自分が犠牲になっても、ほかの人がよく生きる事を選ぶ、謙虚な心と慈愛の心を持ち合わせているからでしょうか?

もう一つ~~~~。


【使命】


まっ黒いぞうきんで顔はふけない まっ白いハンカチで足はふけない

用途がちがうだけ 使命のとおとさに変わりがない

ハンカチよ たかぶるな ぞうきんよ ひがむな 

 

さらに心ひかれたものにこんなのもありました。

社会生活で大切でありがたいものなのに、なおざりにしがちな事。

 

「ただ」

最も大切なものはみなただ 

太陽の光 野山の緑 雨や川の水 朝夕のあいさつ 神への祈り そして母の愛

 

名誉も権力も財産も全く興味を示さない牧師、なんだか心が現れるように気がしました。

 

コメント

読書週間イベント

2017-11-28 22:02:10 | 雑記

今読書週間です。

読書週間は1947年から始まり、今年で71回目になるんですって!

そんなに長い期間続いているとは知りませんでした。

まだ戦争の傷跡の残っている時、「読書の力によって平和な文化国家を創ろう」と、出版社、公共図書館、書店、新聞社、マスコミ各社も協力して読書週間が生まれたということです。

読書の秋だからかなあ?位にしか思っていませんでしたよ。

秋の読書週間に合わせ、、ここ数年私たち読書ボランティアも、昼休みを利用してパネルシアターを実施しています。 

今年は誰もが知っている昔話「ネズミのすもう」を選びました。

 

お天気がいいので、外遊びをする子供も多かったようですが、こんなに大勢の子供たちが集まってくれました。

ありがとう!子供たち、しっかり反応してお話の世界に入っていたよ。

コメント

鳳来寺山の紅葉

2017-11-27 22:37:24 | 雑記

香嵐渓の紅葉がきれいだというので、予定していましたが、かなり混み合っているとの情報があった為、急きょ目的地を変更。

標高695m東三河の紅葉の名所として知られる鳳来寺山にしました。

パークウェイ沿道はところどころ綺麗に紅葉している木々もあり、季節を感じさせてくれます。

虎松(後の井伊直政)が8才の時に、今川から命を狙われ、叔母である直虎が鳳来寺に直政を預けた井伊家ゆかりのまち、新城。

今日は風も無く穏やかで、少し歩くだけで汗が出ました。

少し歩くと一本松の木の根元に塚が立っています。

本堂ちかくの景色。

本堂からすぐ近くに徳川家康を祀った東照宮がありました。


「鳳来山東照宮」は日光、久能山とともに日本三大東照宮と称されているとのことです。

「徳川三代将軍 家光が日光の東照宮に参拝されたとき その縁起に「松平広忠がりっぱな世つぎを得たいと思い、奥方とともに鳳来寺にこもり祈願して生まれた子孫が家康であった」との説明が書かれていました。

秋が深まると、日本人はこぞって紅葉を見に行くのは何ででしょうかね?(笑)

少しの時期しか楽しめない貴重さからでしょうか?


 

コメント

やっと一息かな?

2017-11-26 22:28:21 | 雑記

義妹の姑の四十九日に夫の代わりに出席しました。在宅介護もずいぶん長い事して、97歳で亡くなりました。

私自身は舅も姑も介護は短かったのですが、義妹は早く夫を亡くしたので、姑にとっては彼女だけが頼り。

でもいやな顔一つせず最後まで頑張り、本当に感心しました。

又、お嫁に行ってすぐ、義理の両親の母親を看取り、続いて舅、その数年後に夫、そして今度は姑と、ほとんど彼女が介護してきました。

ストレスためなければいいなあ!そんな心配ばかりしてきた気がします。

なんだか介護をするために生まれてきたようで気の毒な人生と思いますが、全く泣き言を言ってきたことがありません。

今日集まった親戚の何人かの人から、[Yちゃんがずっと看病してくれて、おかげさまで助かったよ。大変だったと思うけれどよくやってくれた。Yちゃんでなきゃあできない・・・」などと私にまでお礼の言葉をいただき、彼女の努力が報いられたと思いました。

これからは、趣味や興味のあるものを手掛けて楽しんで欲しいと思います。

コメント

冷凍保存

2017-11-25 21:46:51 | 料理

すでにご存知の人も多いでしょうが、野菜の冷凍保存で助かっているので、知らなかった方は参考までに・・・。

野菜が高騰していますが、もやしは安くって栄養があります。

でもすぐにダメになっちゃうからたくさん買っても・・・と躊躇していませんか?

いえいえ、特売のもやしを買いだめしてしまっても冷凍庫へIN!

冷凍してもシャキシャキ感は失いません。

ただ、袋のままでもいいですが、ちょろちょろっとしていて茶色くなりやすいもやしのひげ。

これを丁寧に取る一工夫を加えてから冷凍するほうが見た目もいいようです。

ネギも冷凍保存がOK。

キッチンペーパーをしいた保存袋に刻んだねぎを入れます。野菜室に一晩おいたあと、キッチンペーパーを取り出してから冷凍庫に入れます。

いつまでもパラパラしていて、欲しい分だけ使えて便利ですよ。

コメント

しゃぶしゃぶ

2017-11-24 22:47:27 | 料理


寒くなってきました。こんな日は温かいものを食べたくなります。 “しゃぶしゃぶ”良いですね~~~。

しゃぶしゃぶというとお肉をたくさん食べるイメージがありますが、実は野菜メインで食べるととってもヘルシーであたたまり、カロリーもオフ。

温野菜がたくさん取れて、野菜不足も解消できます。

しゃぶしゃぶの定番野菜は、ねぎ、白菜、春菊、水菜、椎茸、えのき、大根など。冷え性にいいにらもおいしいですね。何入れたっていいんです。

でも残念なことに今野菜が高騰しているからちょっと痛い。

今や野菜はぜいたく品ですが・・・。

しゃぶしゃぶって一見変わった面白い名前ですが、世に出たのは昭和27年のこと。

従業員がタライの中でおしぼりを洗っていたのを見た店主が、おしぼりをタライの中ですすぐ様子と、お肉を鍋のお湯にくぐらせる様子とがよく似ていると思い、「しゃぶしゃぶ」という音を料理の名前として命名したんですって!

昭和27年頃にたらいを使っていましたかねえ?

それはともかく、所以を知ったら何か親しみやすさを覚えました。

材料さえ揃えれば、簡単にできるのもいいです。

コメント

キンダーブック

2017-11-23 15:18:03 | 思い出

去年の勤労感謝の日は東京で雪が降ったほど寒い日だったようですが、今日はこちらも風はありますが、厳しい寒さはありません。

朝方まで降っていた雨も上がり、青空を望めました。

 静岡福祉大で昭和2年に創刊され、90年読み継がれた「キンダーブック」の復刻版の展示をしているとのことで、行ってきました。

ご存知の方も多いのではないでしょうか?

この本、幼稚園時代に見た記憶がある?!・・・。表紙が昭和です。(笑)

子供時代の数少ない月刊保育絵本で薄い本でした。

このフレーベル館はやなせたかしさんのアンパンマンも創刊しているところですね。

やなせさんの歩みや、点字本、布の絵本なども展示されていました。

今月いっぱい閲覧可能だそうですので、お出かけください。

 

コメント

とてもわかりません

2017-11-21 22:44:43 | 雑記


最近の若者たちが、LINEやインスタグラム、ツイッターなどのコミュニケーションツールを使って、大人がとうてい理解できないような新しい言葉の流行を生み出しています。

なんとなく意味がわかるものから、全く想定できないものまで・・・。

オメタン → お誕生日おめでとう

テンアゲ → テンション上がる

イチキタ→一時帰宅

おけまる→OK

りょ→了解

とりま→とりあえずまあ

そま→それってマジ?

ちょっと次元が違いすぎてついていけないなあ。

更に使っているのは3割弱のようですが、もっと難解な言葉があるんです!


「ありよりのあり」「ありよりのなし」「なしよりのあり」「なしよりのなし」

わかります?

ありよりのあり → 絶対ありとか、最高!

ありよりのなし → まあまあいいけどダメ なんかダサい やっぱりない

なしよりのあり → なくはないとかギリギリオッケー

なしよりのなし → そもそも絶対ない、ホントに駄目

あ~~あ。私の頭の中、すでにこんがらがっています。

コメント

心を満たすには

2017-11-20 23:03:59 | 雑記

 

世の中にはとっても怒りやすい人が増えているような気がします。

あるセミナーで

「怒るか怒らないかを決めているのは自分自身」

心が満たされていないと、些細なことで怒りのバーが跳ね上がってしまうもの。

だったら心を満たして機嫌良い自分にすればいい。

それにはできるだけたくさん、自分をご機嫌にする方法を知っておくといい。

そんな話を聞きました。

私はおいしいものを食べること、お友達とのおしゃべりかなあ。

 

コメント

えびす講

2017-11-19 14:02:04 | 思い出

今日は寒い!12月の陽気だそうです。

えびす講になったら冬支度をするというくらい、従来は風が強く寒い日でしたが、過去何年間は暖かい日が続いていました。

今日のえびす講は本来の気候なのでしょう。

焼津栄町の西宮神社のえびす講は焼津市民には「おいべっさん」という呼び名でおなじみで、夜の境内にはお飾りを売る露店が並び、毎年熊手やお飾りが飛ぶように売れています。

駅から5分くらいの所にあるので市外からも商売繁盛を祈願するため多くの参拝客が訪れるようです。

我が家もそこで熊手を買って来て、お札と供え物で飾り付けます。(しかしこのごろはずいぶん簡素化してきましたが…。

ところでえびす講の由来は…。

神無月には全国の神が出雲大社に終結する為、各地を守る神がいなくなってしまうわけです。その時に留守番をする「留守神」がえびす様。

右手に釣竿を持ち、左手に鯛を抱えて、見ているだけで幸せが舞い込んできそうなやさしい笑顔です。

もともとは漁業者や、商家に信仰される神様といわれています。

お供え物は、南天、お平、生魚、焼き鯛、大根、かぶ、なま酢、赤飯、みかん、りんご、柿などと各家庭により違います。

ただ野菜も魚もすべて、自然が与えてくれた恵みという考えから、生育してる姿に近い状態で神に捧げるという考えがあり、大根は葉つき、魚は尾頭付き、果物や芋なども、なるべくそのままという形を尊ぶという考えがあるようです。

子どもの頃、飾り付けられたものを家族でくじ引きしました。

南天に飾り付けられたお金が当たると「ラッキー!

魚や大根だと、「ガ~~~ン」

くじ引きがあるので、子供の頃はえびす講がとっても楽しみでした。

コメント

人生に必要なさんかく

2017-11-18 21:43:30 | 雑記

仕事向上のポイントとして必要なのが“さんかく”。

汗をかく:運動をするということ。

恥をかく:失敗を恐れずにチャレンジすること。

メモを書く:手でものを書くことは脳をフルに活用します。

「どこかに書いたはずだけれどなあ・・・」ということのないように! 時折メモの整理整頓を行なうことも心がけましょう

どれも避けて通りがちな私です。

コメント

ヨガ教室

2017-11-18 00:05:13 | 健康

昼間は卓球。夜は地域の保健委員主催のヨガ教室に出席しました。

ヨガといえば、いろんなポーズを取る運動やストレッチのイメージです。

しかしあくまで「自分と向き合う時間」であるから、自分の無理のない範囲でやるように、という説明がありました。

「ヨガ」は、サンスクリット語で、インドの公用語だそうです。「つながり」を意味する言葉だとか。

インナーマッスルを鍛え、心と体、魂がつながっている状態を表すとでもいうのでしょう。

普段パソコンに向かっていることが多く、前かがみになる姿勢で、たぶん背骨や骨盤などにゆがみがあるのでしょう。

この頃ソフトバレーでも卓球でも腰ではなく臀部に痛みがあり、ボールを拾うのがつらいです。

深い呼吸と、ゆっりした動作の一時間半。何か血流が活発になったような気がします。

手足があったまって帰ってきました。

 

コメント

寒さ到来

2017-11-16 23:08:07 | 雑記

東北では今日初雪を観測したそうです。

このあたりも日差しは届きましたが風は冷たかったです。

少しづつ冬物を引っ張り出しています。

週末はさらに強い寒気が流れ込むようで、本格的な冬がやってくるでしょう。

自転車で走っていると、玄関や庭を素敵にディズプレイされているお宅が目立つようになりました。

青色発光ダイオードの発明と普及が一般家庭への普及につながっています。

「青葉シンボルロード」では11月10日からきらびやかなイルミネーション飾られ、約22万球のLEDで彩られているそうです。

ライトアップ期間は来年2月まで。

2017年も残りわずかですね。

コメント

ぼけます小唄

2017-11-15 22:16:50 | 雑記


YouTubで「ぼけます小唄」というのがヒットしていました。

曲はお座敷小唄。

というと「富士の高嶺に降る雪も・・・」で始まるんですよね。

でも・・・。「もしもしかめよ・・・」でも、歌えちゃいます。


♪ ♪  

1 何もしないで ボンヤリと テレビばかりを 見ていると
 
のんきなようでも 年をとり いつかしらずにボケますよ
 
 
2 仲間がいないで ただ一人 何もやる事 ない人は
 
夢も希望も 逃げて行き 若いうちから 「ボケ」ますよ
 
  
3 酒も旅行も嫌いです 歌も踊りも 大嫌い
 
お金とストレス貯める人 ひとの2倍も ボケますよ ♪ ♪

年齢に関係なく教訓になりますね。

作詞者は、秋田の病院の院長 先生だとか。

コメント