ホップ ステップ エイジング

車の免許を取ったのもパソコンを始めたのも55歳過ぎ。
興味を持ち楽しみながらゆっくりゆっくり年を重ねていきたい。

試してみます

2018-01-08 14:01:42 | 健康

腰ではなく、右臀部の痛みがずっと続いているので、立ち上がったり歩いたりする時や、運動はしていてもボールを拾うのに屈伸するのがつらい時があります。

ストレッチを毎日やっているんですが、なかなか改善しない。それに体は相変わらず硬い。

「骨ストレッチ」というのを知りました。

筋肉を無理に伸ばす方法ではなく、骨を効果的に動かすことで全身のバランスを整え、筋肉や関節の柔軟性や可動域を向上させる方法。

元々陸上選手で、あらゆるトレーニングをやってこられたが、あまり効果がなかったという松村卓先生の考案されたものです。

骨格を動かす事で、同時に一番大切な筋肉であるインナーマッスルも鍛えられるという考えのよう。

特別な器具もいらず、いつでもどこでも実践でき、すぐに効果を体感できるのというが良い。

「コツをつかむ」ということは、骨の使い方を覚えた状態をいうのだそうです。

自然と体の中心を使う動きが姿勢を正し、骨盤のズレが治り、腰痛の改善の繋がると言います。

1 基本ポーズ:右手の親指と小指をつける

2 右腕の肘を90度に曲げる

3 左手の親指と小指で右手首のぐりぐりの骨の部分を軽く抑える

このポーズで、 右腕を後ろへ引く(90度ねじるイメージ)。

 反対側も同じようにして7回繰り返す。

もう一つ、人間の体の横側は一番鍛えにくく伸ばしにくい部位で、ここが硬いと肩凝りや腰痛の原因になるので、体の横を緩める骨ストレッチです。

1 右手の親指と小指を付けて頭の上に置く。

2 体を左に傾けながら左の手の指で腕・わき腹を優しく撫でる。

 反対側も同じようにする。

笑顔を作って左右各7回3セット行うだけ。

こんなんで改善する?

信じてちょっと挑戦してみます。

http://medianow.jp/bhd/health/bone-stretch/   参照

コメント