中野さなえ活動日誌

花には太陽を こどもらには平和を

故郷から帰宅しました

2022年05月16日 17時15分29秒 | 活動日誌
母の13回忌のため、ふるさとの石巻に帰省していました。
帰宅したところです。
 
すごく楽しかった。
 
都合で来れない人もいましたが、兄弟や甥や姪、おじさんで総勢16人でした。
 
みんなほんとに久しぶり。
 
だから話もはずみ、わらい声が絶えませんでした。
 
私も東北弁を話すことを堪能してきました。(^◇^)
 
亡くなった母や父がどんな人だったのか、そして、母や父を取り巻いてい人たちの話に花が咲き、必然的に、それは自分の生きてきた道を振り返ることになります。
 
 
どんなに貧乏していても、父や母は気前がよくて、いつも誰かが来ていて一緒に食卓を囲んでいた我が家。
 
もちろん、ごちそうなどあるわけがない。
 
 
当時は自宅にふろのある家は少なかった。
家は父が器用で、まきで炊くふろを作った。
 
 
だから、「ぬるくならないうちに早く入れ」と父はうるさかった(^◇^)
 
 
近所のおばあちゃんがよく入りにきていた。
 
ところが、脱衣所がない。台所兼脱衣所だったから、食事を作っている側でおばあちゃんが裸になっていた。
 
おばあちゃんのお腹がぶるんと垂れていて、おもちみたいに伸びるので、いつもびっくりして眺めていたが、やがて自分がそうなりつつあるとは!
 
 
天ぷらを揚げると、母は割烹着の下にちょいとかくして、一人暮らしのおばあちゃんの所へおすそ分けに行っていた。
 
 
庭にバラの花がたくさんあって、105才まで生きたひいばあちゃんが「切って近所へくばって」というので、よく配達に行った。
 
一時は、親戚でも何でもないのに、居候していたおじさんもいたことがある。
 
 
いろいろ思い出して、にぎやかなうちに育ったんだな、と改めて思いました。
 
 
お孫ちゃんには、会ったことのない私の父母や私のひいばあちゃの時代の話しですから、その関係を説明するのに大変でした。
 
 
親類縁者の絆を深め、死者の人生を語り合うことで自分の生きてきた道も振り返り、これからの人生をどう生きるかと考える。
 
法事はそのためにするのだなあと思います。
 
写真は松島海岸。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

巡回バスに乗った

2022年05月11日 20時57分14秒 | 活動日誌
東北部路線の巡回バスに乗りました。9時過ぎ発の朝の便。医療生協の支部の仲間4人です。
 
このコースを回っているバスは、一回りで約45分、料金はどこからどこまで乗っても200円。
 
 
私の住む坂の上の高台の上野区から北は、巡回バスは通っていないので、通してほしいところから要求です。
 
 
乗ってみてわかることがある。
 
 
アンケートの内容を頭の中であれこれいじっていたが、乗ってみたら、具体的に分かり整理ができてきました。
 
 
降りた後の検討会では、大分アンケートの見直し訂正がされ見通しがたちました。
 
 
また、市職の担当者に出前講座に来ていただき学習しようとの案もだされ、大いに検討したい。
 
 
わたしたちは免許証を返上することになったら、即、足に困るのです。
 
 
また、若い方だって、老人が病院に行くときにはいつも連れてゆく、買いものもつきあう、というわけにも行きませんから、お互いの自由のために、足の確保問題は大きい。
 
 
それに、身体が弱くなってバス停まで歩けない、となった方への対応では、福祉自動車の充実も求められています。
 
 
次の検討会は18日。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ぐるりん号に乗る」

2022年05月11日 09時03分55秒 | 活動日誌
今日は、医療生協の若槻北部支部のみなさんと長野市の循環バス「ぐるりん号の東部地域の路線にのって、ぐるりと一回りしてきます。
 
 
それだけのことなのですが、修学旅行に行くみたいに気持ちがはずんでいます。
 
 
買い物や病院に通う不便さなどお年寄りの足が大問題になっていますが、わたしたちの地域も同じです。
 
 
住民からぐるりん号の路線改善の要求が強く出されています。
 
 
医療生協の私たちの支部でとり上げて、今、アンケートも研究中で、その一環として「私たちも乗ってみよう。経験なくては始まらない」と、今日の計画になりました。
 
 
私も初めて乗ります!
 
降りた後、感想を話し合う時間も計画。
楽しい一日になりそうです。
 
 
テッセンが咲きました。つぼみもいっぱい。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

うれしい出会い

2022年05月10日 21時51分15秒 | 活動日誌
今日も訪問にでました。
 
一番うれしかったことは、22才の若ものとの出会いでした。
 
 
家の方に署名を頂いたので、外で洗車をしていた青年にも声をかけました。
 
「あなたも署名、やっていただけますか」
 
 
そうしたら、洗車を中断してきてくださって、快く署名を!
 
「僕は車が好きで、仲間とロシアのことをはなし、車の輸入にも影響がでるかなあって・・」
 
 
「あの戦争はロシアが悪いんだ。力づくで『ここは俺のものだ』はあんまりにもひどいよね」
 
 
「大事なのは日本がそれを悪用して、憲法を変えようとしていることだよ」「ふーん」
 
「軍事費を2倍の10兆円にしようと・・・・財源は、年金下げたり医療費上げたり・・・」
 
そばでお家の方が「年金、また下がるんだよねえ‥まったく」と。
 
「戦争はいやですね。戦場に行くのは若者だもの」
 
 
うんうん、とうなづきながら、ほんとにまじめに対話にお付き合いしてくださいました。
 
 
「今後ともよろしく」
 
 
「こちらこそ」とニコニコとして、初めてお会いした方ですが、ほんとにさわやかな青年でした。
 
 
「歩いていれば、こんないいこともあるんだ。よかったねえ」と相棒と喜び合いました。
 
若者とお話すると元気がでる。未来ため今を何とかしなくっちゃと、一層頑張ろうと思う。
 
 
こんな素敵な若者と一緒に、地球変動の学習もできたらなあ・・・と思いましたね。
 
 
お孫ちゃんの絵。
 
海の仲間たち。
 
お孫ちゃんは能登の水族館で見たジンベイザメが大変気に入って、よくモチーフにします
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

74才の誕生日

2022年05月09日 14時58分35秒 | 活動日誌
今日は私の誕生日、74才になりました。
 
党活動は生涯現役ですが、保育園での現役での仕事は80才が目標、全体として90才まで頭も体も健康で生きていたい。
 
そのあと元気は儲けもの、というのが私の人生計画!
 
 
80才でお孫ちゃん1は15才。お孫ちゃん2は8才。
90才で25さいと18才。
 
 
そう、うまくいくでしょうか?
 
 
今年一年、元気で過ごしたいと思います。
 
飛び立て!! 
孫が7歳の時の絵。
 
 
私も、またここから飛び立とう!!人生何度でも飛び立とう!!
 
 
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする