中野さなえ活動日誌

花には太陽を こどもらには平和を

街角健康チェックを新たに

2024年05月28日 12時42分04秒 | 活動日誌
今日は医療生協の会議です。
 
近くにある某スーパーに、医療生協の「街角健康委チェック」をする会場のお願いに上がったところ、とても好意的に受け入れていただけました。
 
私たちはご迷惑を掛けないように「店外で」と思っていましたが、店長さんから「雨の日もあるし、これからは暑くなる。中でどうぞ」と、レジの近くの場所を広く取ってくださいました。
 
「予告のチラシもあった方がいいですね。そこの掲示板に貼ってください。旗や横断幕も必要ですね。テーブルや椅子も用意しましょう」と、まあ、本当に好意的で嬉しくなりました。
 
 
実は、他支部の報告では、お断りされたスーパーもあったそうなので。
 
「このスーパーで買おう」という気持ちになりましたね。ま、いつも行っているスーパーではありますが。
 
 
今まで「老人憩いの家」や「フィットネスセンター前」でも行ってきましたが、新しく仕切り直しです。月に一回の割合で行う予定です。もちろん、無料。
 
お孫ちゃんの昨日の生け花。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

党と後援会の決起集会

2024年05月27日 08時12分13秒 | 活動日誌
党と後援会の決起集会と後援会総会でした。
 
 
全県のみなさんと久しぶりにお会いして、元気が出ました。
 
藤野さんと平さんの二人の比例候補からの力強い決意。
井上参議議員、前参議院議員の武田さん、そして3人の選挙区候補の熱い挨拶があり、山下芳生副委員長・参議院議員の講演。
 
なんとすごい豪華版の集会でした。
 
私は、総会で県女性後援会の会長に就任しました。
今日は「団結がんばろう!」の音頭取りの役目でした。
 
写真の真ん中のピンクのちびちゃんが私。
 
世直しは今だ!
でたらめな政治のために泣くのはいやだ、辛い思いをするのもいやだ。戦争なんてとんでもない!
主人公の私たちが幸せになる政治を!!
 
「団結 がんばろーー!!」
 
 
北陸信越ブロックの議席奪還。藤野さんはもちろんのこと、平さんの議席もなんとしても取りたい。
 
野党共闘の再構築に努力を忘れず、立憲主義主義から外れた政策に賛同した「立憲民党」への、厳しい批判もきちんとする。
 
統一候補作りにがんばりながらも、党独自の候補者の時には、これもがんばる。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

子どもは荷物ではない

2024年05月25日 06時39分27秒 | 活動日誌
おはようございます。
 
今日は、保育問題研究会が主催する学習会がありますので参加します。
 
 
保育制度がどんどん変わって、今度はお手軽に、まるで荷物の一時預かりのように子どもを預けることが仕組みが進んでいます。
全国どこでもできると!!
 
本質的な問題の、保育士の定数の改善や待遇改善などには後ろ向きで、小手先のことだけでごまかす姿勢がここも現れています。
 
 
長野市でも、すでに手上げをしている保育園が出てきています。
恐ろしいことですね。
 
 
難しいことを言わなくても、知らない人のいる慣れないところにポット預けられた子どもの気持ちを考えただけで、「これはだめだ」と、普通は思いますよね。
 
「保育士の資格がなくてもいい」と言いかねない厚生労働省です。
 
今日は子どもの人権、親の働く権利などを皆さんと勉強したいですね。
 
 
若い先生方もたくさんみえるといいなと、期待しています。
 
卯の花、満開。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今は当たり前の産休、育休も!

2024年05月23日 08時46分40秒 | 活動日誌
今朝の朝ドラでは、虎ちゃんが子育てのために弁護士をリタイアせざるを得ない状況になりました。
 
 
まだ産休という考えも浮かばなかった時代、苦労した女性がたくさんいたのですね。
 
 
私は、ミミズ博士の中村方子さんを思い出しました。
 
大学にも産休がない時代、赤ん坊を背負って研究を続け、大学に産休制度を導入させた中村さん。
 
先人の苦労の上に我々の今がある。
 
われわれも、後輩が働きやすく自分らしく生きれるように、今の不備の改善のためなにか礎を残したいものですね。
 
 
そうだ、わたしが中村方子さんで感動しているところは、科学者としての倫理、信念を曲げなかったことです。
 
 
当時、ダイオキシンさえわかっていなかったときに、国から「枯れ葉剤は無害であることを証明して欲しい」と研究室に要請があったそうです。
 
「草木を枯らすものが人体に無害なはずはない」と、その時、中村さんは反対して研究に加わらなかった。
 
そのため、長いこと干されて研究もままならなかったそうです。
国外でミミズの研究をして認められ復帰したと。
 
 
中村さんは「あの時に妥協していたら今の研究者としての私はいない」と言っていました。
 
 
これは、ずいぶん前にラジオ深夜宅急便で彼女が語ったことです。
 
早寝の私が深夜宅急便を聞けるわけがありません。
 
 
今は亡き、川中島にお住まいだった仲間が、私のために録音してくれたのです。
「候補者になったのだから、何でも勉強しなければ。これもその足しに」と。
本当に嬉しいことでした。
 
鶴見俊輔さん、沖縄戦を生き延びた方、そのほかたくさんの方の録音があり、すり切れるまで何度も聞きました。
 
さて、虎ちゃんはどんなふうに復帰を果たすのでしょうか。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

虫食いイチゴ

2024年05月21日 07時52分58秒 | 活動日誌
孫ちゃん2が植えたイチゴさん。虫食いになってしまった。
 
「バァバ、なんでかなあ。たべられちゃったよ」
 
「おいしいイチゴだったんだよ、きっと」
 
「みんなたべられちゃったら、いやだなあ」
 
「そうだねえ、いやだよね」
 
「そうだ!たべちゃだめって、×しておけばいいじゃん!」
 
「あ、いい考えだね!!そうしよう!」
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする