中野さなえ活動日誌

花には太陽を こどもらには平和を

地球を守ろう!

2022年09月25日 06時41分17秒 | 活動日誌
ジィジやお孫ちゃんと「また、沖縄に行きたいねえ」と、スマホでエメラルドグリーンの海を見た。
 
お孫ちゃんが言った。
 
 
「沖縄の選挙で3人出て、サンゴ礁を守るって言った人が当選したんだって。
サンゴ礁なんかこわしてもいいって言った人が落ちてよかった。
なんできれいな海を壊そうとするんだろうね」
 
 
「デニーさんっていう人が勝ったんだよ。ほんとによかったね」
 
 
そうだよ。海を壊して戦争の準備なんて愚かなことだ。
戦争は人間を殺すこと。そして一番、地球を壊し温暖化も進めてしまうことなんだよ。
 
 
昨日は気候変動学習会の実行委員会でした。
 
着実に準備が進む。
 
参加予定の半分は名前で抑えた。
 
 
学生が通学する三才駅、学校前でのチラシまきも日程化した。
 
若い方も含めてぜひ来ていただきたい方に、誰が訪問するのがいいかも相談し、訪問日程も決まった。
 
 
会場の横断幕、案内看板の発注もした。
 
みんなが集まって、少しづつだが進む準備が心地よい。楽しい。
 
世界では、「地球をまもれ!」の大きなうねり。今朝の新聞でも、国連総会での後進国からの「先進国は責任をはし、未来へ行動を!」との声。
 
そして世界各国の若者の行動が報道されている。
 
わたしたちの地域での小さな行動も、地球を守る底力になるのだと確信をもって。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

決して忘れない過去

2022年09月23日 20時33分10秒 | 活動日誌
わたしは、外国車はみんな、左ハンドルだと思っていた。
 
しかしそれは違った。
 
 
イギリスとその配下にあった国の車は、実は右ハンドルなんだという。
 
へえ、初めて知りました。
 
 
エリザベス女王の葬儀の話しから、その道に明るい人から聞いた話でした。
 
 
それにしても、女王の王冠の宝石を返せとの運動があるとは・・・・さもありなん。
 
 
ちょうど家族でその話題にもなって、「あの宝石などイギリス王室の宝は、帝国時代によそから奪ってきたものばかりじゃないか」と話していた矢先に、返還運動のニュースが入ったので、さもありなんと。
 
 
人権を踏みにじられ虐げられてきた民族は、その過去を決して忘れはしないのだ。
 
 
満州開拓団にいったYさんは、引き上げの時に大変な苦労をしたが中国の方に助けられ、やっとの思いで帰国したと話してくれましたが。
そのYさんがこう言いました。
 
 
「私は中国へは行くことができません。日本人がどれだけひどいことをしてきたか、それをおもうと、絶対にいけません」
 
 
日本の政府が、きちんと反省をし友好を築く努力をしていたならば、Yさんも、わたしたちも、もう少し苦しみが減るだろうにと、つくづく思います。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

立ち上がるロシア国民

2022年09月23日 09時52分03秒 | 活動日誌
プーチン大統領の新たな国民の戦争動員に、ロシア市民が立ち上がっているニュースに、心を強くしました。
 
 
どんなに言論抑圧しても、弾圧しても、「もう、戦争はいやだ」のロシア国民のわきあがる行動に、感動です。
 
「プーチンこそ戦場へ行け」
「恥を知れ」
「子どもの命を守れ」
 
この叫びは、世界世論と共にある。
 
 
追い詰められてもなお核の脅しを強化するとは、権力にすがった亡霊だ。
 
 
亡霊には、反省などという言葉は存在しなおのだろう。
 
 
プーチンにはどんな罰をあたえてやろうか。どんな罰がふさわしいのか
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

彼岸花

2022年09月22日 08時18分27秒 | 活動日誌
おはようございます。
 
 
コロナと足のケガのために、荒れ果てた庭にも咲いていました。
    
 
          草むらが燃えるがごとき曼殊沙華  さなえ
 
 
なあんて、冨士真奈美さんだったら、どう直してくれるかな?
日曜版の富士さんのコーナーがなくなったのは、とてもさびしい。
 
 
プロの俳句
     
          悩みなど捨てよと咲けり彼岸花  中里カヨ
 
 
良い句ですね。
 
 
ナツメもたわわです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

来週は装具をつける

2022年09月20日 20時42分36秒 | 活動日誌
整形受診。
 
ギブスを外して、来週からつけることになる装具の寸法を測ってきました。
 
写真で初めて装具をみましたが、ビックリ!
すごく仰々しくて、考えていたよりたいそうなものでした。がっしりしたひざ下までのブーツ。
 
 
「装具はいつ卒業になる見通しですか?」と、今日の最大の質問をしました。
 
「だいたい、ギブスをつけてから12週が普通ですね」と。
ということは、11月いっぱいで何とかなるのかな。
 
展望が見えたので、まあ、よかった。もう少しの辛抱です。
 
 
装具代は結構な値段で、52258円なり。
 
 
でも仮払いで、私は保険では3割負担なので、7割は戻ってくるそうです。
 
 
それにしても一時金はいるわけだし、1割が2割負担になってしまうと、5千円でのところが1万円になるわけです。
 
年金暮らしのお年寄りには重い負担です。
 
 
つくづく、病院はお金がかかります。
 
70才以上は無料だった時代に戻したい。
 
逆流に押し返されることもあるけれど、負けない不屈さが求められますね。
 
志位委員長の講演をシッカリ身につけなければ、と思う事です。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする