中野さなえ活動日誌

花には太陽を こどもらには平和を

あかべこ

2020年08月15日 06時41分08秒 | 活動日誌
お孫ちゃんの作品。
ちぎり絵。題して「にじいろの鳥」だそうです。

古紙や包み紙など資源ごみに出したばっかりで、しまった!!でしたが、在庫の紙と折り紙でちぎりました。


紙粘土で「あかべこを作りたい」と言います。
「首がブ~ラブ~ラしてるでしょ。あれやってみたい」
「空洞にしないと首がつるせないよ」
「紙コップ、つかってみる」
「グッドアイデア!」
しかし、苦労惨憺。

「ガクンとなっちゃう。あかべこは和紙なんだよ。紙粘土は思いから、どうしたらいいんだ!」と。

さあ、どうしよう。ちょっと無理かなあ。
でも、じっと考えています。



コメント

海のともだち

2020年08月12日 21時47分17秒 | 活動日誌
お孫ちゃんと一日過ごしました。

暑くてアウトドアは「今日は勘弁ね」。

そこで、また紙粘土工作にしようと決まり「今度は大作を作ろう!!」という事になりました。

私はアシスタント役ですねえ。

まず、粘土をはりつける器です。

家中探し回って、やっと見つけたガラスの器「これはいい!」

今度は材料集め、今までいろいろな浜辺で集めてきた貝殻を総動員しました。

「ねえ、Aちゃん。テーマはどうする?」
「『うみ』はどう?」
「いいじゃない!」
「・・・えーとね、バァバ、『うみのともだち』にする」
「それはすごくいいよ!」

「うみのともだち」いいですねえ。ばっちり!!

私では思いつかなかったテーマです。私はせいぜい「夏の思い出」。ダメだね。

お孫ちゃんはイメージがわいたと見え、どんどん作り出しました。

乾かしてからアクリル絵の具を塗り、今日はここまで。
明日はニスを塗ります。

ジンベイザメにスイミーとその仲間、ヒトデ、昆布、サンゴ、チンアナゴ・・・・・・ほんと、お孫ちゃんが親しんできた海のともだち。

コメント

市民と野党との強いきずなを!

2020年08月11日 21時52分29秒 | 活動日誌
信州市民アクションの事務局と代表の合同会議でした。

私は県九条の会から事務局に入っています。

今後の方針が決まりました。

まずは、総選挙に向けて市民アクションの組織を選挙区ごとに強化してゆくこと。

8月23日には、4野党からの申し入れがあった懇談会を開きます。

9月には、コロナで延び延びになっていた市民と野党の政策フォーラムを開くことになりました。
コロナ禍ですから、残念ながら人数制限がありますが。
その具体的な計画を話し合いました。

コロナ禍で吹き出た問題が多々ありますから、今度の政党との政策協定は、踏み込んで前進させなければならないことも、当然出てきますね。

個人的には、消費税減税はどうしても一致してほしい政策です。あらたな団結の力になるといいなと思っています。


暑い暑い!!
息子にもらった扇子が大活躍です。
子どもみたいに水浴びで来たらいいのになあ。


コメント

暑い!!!!

2020年08月10日 21時35分21秒 | 活動日誌
暑かったですね。
カッカと暑かった。

午前中は子育て相談で、クーラーの効いた部屋にいたから快適でしたが、参りました。

今晩は、今年初めて寝る前にクーラーで部屋を冷やそうと思います。寝るときは消しますが。

ここに住み着いたのは1985年です。
それからしばらくの間は、我が家にはクーラーはおろか、扇風機もありませんでした。

正確に言えば、クーラーは入れてみたのですが、20年間で使ったに数は10日に満たなかった。

だから使わずして廃棄となり、今のは再び新しく入れたものです。
武器はうちわだけでした。

周りの森の緑が届けてくれる風のおかげで、それで済んでいました。

よっぽどの熱帯夜はひと夏に2~3日だったと思います。


それでも今でも、長野の上野の朝晩はとても涼しいのです。
昨夜も寒いくらいでした。
朝は、開けはなった窓から入る、それは冷たくて気持ちのいい風が目覚まし時計です。
それがここの値打ちです。

ひと夏見ても、今晩の様にクーラーをつけるのはめったにありませんね。クーラーが嫌いなこともありますが、なくても我慢できる範囲です。

しかし、昼間は長野は暑い。

その暑さには負けて、扇風機が入り、新しいクーラーが入り・・・。

わが家にも、温暖化の波がヒタヒタと押し寄せてきているなと感じます。

ところで、子育て相談では、新一年生が新しい学校生活に慣れなくてどれだけ苦しんでいるかを訴えていました。
当面の対処と、根本的な問題の一つ、その子も20人学級を訴えていることを受け止めなくては!!

お孫ちゃんが、なぜかクジャクの絵を描いていた。丸めて捨てそうだったのでその前にパチリ!

コメント

はくちょうクラブの日」

2020年08月08日 21時22分06秒 | 活動日誌
はくちょうクラブの子どもたちと、すごく楽しい一日を過ごしました。

コロナ禍でひかえていたから、4か月ぶり、でも、狭い我が家に全員来たらまずいかな・・・と自粛して、女の子だけにしたのです。


午前中はまず宿題をして、そのあとはコロッケを作りながら、具を冷やすまでかくれんぼやお化けごっこで遊び、家中をキャーキャー。


今日の料理は、芋だけはふかしてつぶしておいたが、あとは全部子ども達がやった。

人数が少なかったから、それぞれの行程に全員が携われました。

「玉ねぎでなみだがでるよ」
「ずっと立ってやるんだもん、疲れるな」
と、子どもたち。



「そうさ、涙が出るのも料理、疲れても頑張るのも料理だね。その分、おいしくなるんだね」


そうして完成したコロッケを「おいしい、おいしい!」と平らげました。

午後は噴水広場で水浴び。

ほんとは歩いて10分の市民プールへつてれいってあげたいのですが、いかんせん、バァバ二人の引率では、万が一があってはならないから、残念ながら控えています。

代わりにプールわきの公園の噴水広場で水遊び。

これがまた、なにはなくても水さえあれば、どんな遊びでも生み出してしまうのが子どもたちです。



毎日がこんな風に、友だちと笑い声をたててウキウキできる日々だといいねえ。
こんなに楽しそうな子ども達を見ていると、大人はだれしもかけがえのない幸せを感じるのではないかな。
コメント