ランシモ

ランニングからツチノコカメラや時事まで興味あるすべて

4時間02分39秒

2006-11-24 11:12:08 | ランニング・大会

Ootawara2 大田原フルマラソン。

どの目標もクリアーしなかったが、何とか完走です!

大田原フルマラソンは、私にはなんだかんだ、鬼門のような大会なんでね。

06ootawara2

前回は3:52、前々回はDNFとギリギリのようなランしかしていません。今回は大雑把に前回のタイムを上回ることが第一目標でした。前回のタイムだって満足いくわけじゃなかったから。

昨日は雨が心配されたけど、むしろ絶好の大会日和となりました。

近所のビジネスホテルに前泊して万全を期したんだが、、、。

レース・ペースはもう、ゆっくりキロ5分チョットで入って、そのまま完走できれば、4時間は切れるし、ペースが落ちなければ45分あたりまでゴールと考えていましたが、、。消極的なペース配分ですが、今の実力からしてしかたないなーということです。

ラップはあまり意味がないけど

 5km 26:45    26:45 出だしから足を使っていない

10km 26:06    52:52 25分くらいのつもりだったがこのペースで行く

15km 26:25  1:19:17

20km 26:22  1:45:39 ハーフが1:51:10

25km 25:46  2:11:26 無理のないペースだったんだが

30km 28:22  2:39:49 体が重くなってきた

35km 32:02  3:11:51 もはやジョグ、4時間内で完走はできると思っていた

40km 34:10  3:46:01 このあたりで、時間内がギリギリだなーと。まっすぐ走っていない自分に気づく。ヨッパの千鳥足は自分で気づいているのだろうか?道端でラスカルさーんと空に叫ぶ女性アリ。教えようにも口が動かなかった。

ゴール 16:37  4:02:39 マミさん、ユカさん終わりまで応援ありがとう

スピードが遅かったんでダメージは、呼吸器系も脚にもありませんでした。息が切れるほど走れなかったことです。

いろいろ原因はあるだろうけど、体のパワーがなくなってきた感じがします。もともと苦手な長距離にソレが顕著に現れてきたのかも。

人はそれぞれで、誰もが同じ事を出来るわけじゃない。天才の数学者のできることを、凡人ができたら天才は天才じゃなくなる。たぶん、今までと同じような練習じゃ記録が落ちていく時期になったんだと思えば、、。今回は前回の3:50を切りたかったけど、この今の調子で切れなくなったとは、頭を切り替えなければいけないな。

それと、最近の練習と結果をみると、トレイルランもアチコチ知らないところを楽しみで走っていますが、以前はトレーニングに徹していて、高尾山~陣馬山往復だけで、何時間何分で出来るか、どれだけ時間短縮できるかを競っていた。今はそんな練習はしていない。けっこうソレが大きいかもしれません。

高尾へ行くようになり、フルを走れるようになり、高尾トレーニングを止めたらフルが走りきれなくなった。トレイルランは楽しいけど、ゆっくり走ったら、あまりトレーニングにならないと言う事でしょう。

トレーニングとは、何でこんなことをやっているんだろう、、、と言うくらいじゃないとトレーニングの意味はないのでしょう。他の仕事でも同じです。

さて南蛮連合の諸氏は、嬉々こもごもでしたが、それなりな記録で走ったようです。PBから4秒落ちでも、2:34で走っても悔しがる方。途中で脚がつり、後ろ向きで走って2:50でゴールする者!。すごかったのが、初フルを3:26で走りきったチカちゃん。イッパツで東京国際女子の権利を獲得、といっても来年は開催されない可能性大だそうですが。リエドンさんも3:23でホボ目標達成です。06ootawara3

皆は塩原温泉の清琴楼で総勢25人ぐらいで宴会でしたが、休日でも仕事があったので帰宅。

終わった後、体育館に戻ると、ブログの「体育会系OLのクリタさん」がいらしていました。なんでも、東京国際女子で3:19の自己ベストをだして、4日後の大田原をフルを走ったら、なんと3:13と自己ベスト更新。すごい、どうなっているの???脚も、体も、これがいちばんかな、心も、バリバリ体育会でーーーすが。入賞もされオメデトウございます。

水曜日、日曜日に代々木にきたら、南蛮によってください。

私より前をずーと走っていたラスカルさんが35km地点で、あぁぁぁーー収容車へ、、、。おつかれさま、美女軍団に抜かれるのは、逆らえないですよーー。膝は残りますから、完全にケアーしてください。

コメント (36)