草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

国家観を語らない小泉進次郎は総理大臣になる資格がない!

2019年09月18日 | 思想家

このままでは小泉進次郎環境相に期待しても無理である。彼は国家観を語らないからである。次代を担う政治家が今やるべきは、国民受けのする「改革」ではなく、日本を取り戻すことである。我が国を貶める特定国家に身構えることなのである▼小泉の父小泉純一郎は改革者を自任していた。首相時代に推進した「構造改革」で、本当に日本をよくなったのだろうか。経済合理性が優先され、生産の拠点は次々と海外に移った。いくらアベノミクスで株が上がっても、もう一つ実感が伴わないのは、日本国内の物づくりが衰退してしまったからなのである▼エリック・ホッファーは『安息日の前に』(中本義彦訳)において、改革なるものの危険性を説いた。「改革に伴う危険とは、治療が病気にもまして症状を悪化させうる危険である。改革は社会という身体に施す手術である。しかし、改革者は手術医とは違い、好ましくない結果へと改革の道筋をそらす、予期せぬ副作用に対する準備ができていない。そのうえ、社会を診断する改革者自身が病気の一部と化していることも多い」▼小泉環境相はこの文章を肝に銘じるべきだろう。そして、国防安全保障に関する考えを明確に打ち出すべきである。アメリカべったりでよいのか、それとも自立に向かって一歩踏み出すべきか、それを語る指導者を今の日本人は求めているのだ。小泉環境相が大成するかどうかは、その一点にかかっているのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 


コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 松井大阪市長の「原発処理水... | トップ | ねこなで声で日本を悪者にす... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (【その1】小泉シンジローくん=ゲルゲル石破 茂2世)
2019-09-20 12:29:03
【その1】小泉シンジローくん=ゲルゲル石破 茂2世
=====

1. 国家観がないです。
2. あらゆる発言、行動等について、一貫性がないですし、論理性もないです。
3. 自分のその時々の感情次第で、科学的根拠がなく法律的根拠がない韓国式情緒的デタラメ売国放言、韓国式情緒的デタラメ売国行為などします。
4. 国際法的根拠(条約、合意など)も日本国内法的根拠(憲法、法令、最高裁判決など)も無視します。
5. 基本的な科学的知識がないですし、基本的な法律的知識も不十分です。
6. 米国反日リベラリズム・グローバリズム諸派(帰化未帰化在米国ポーランド系・リトアニア系・ベラルーシ系・チェコ系・ルーマニア系ユダヤ人たち、米国ウォール街など)の指示がある都度、韓国指揮下の帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社とつるんで、日本国内を混乱させるため、科学的根拠がなく法律的根拠がない韓国式情緒的デタラメ売国放言、韓国式情緒的デタラメ売国行為などします。
7. 最近、米国反日リベラリズム・グローバリズム諸派(帰化未帰化在米国ポーランド系・リトアニア系・ベラルーシ系・チェコ系・ルーマニア系ユダヤ人たち、米国ウォール街など)工作員丸出しになってきましたね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

思想家」カテゴリの最新記事