♪ラジオ放送・文字版「世の光」

   1952年以来、キリスト教会が協力して全国民放ラジオで放送して67年の
「世の光」を文字で 

■「神はいない」と言う / 福井 誠

2019年12月11日 | Weblog
2019/10/30放送

世の光の時間です。いかがお過ごしでしょうか、福井 誠です。

 継続は力なり。聖書を一日一日と読み進むなら、不思議にも自然に養われていくものがあるものです。今日も聖書を開いてまいりましょう。詩篇14篇1節から「『神はいない』と言う」と題してメッセージをお伝えいたします。

  愚か者は心の中で「神はいない」と言う。彼らは腐っていて 忌まわしいことを行う。 善を行う者はいない。 

 14篇の冒頭には「愚か者は心の中で『神はいない』と言っている」とありますが、ここで「愚か者」と訳されたヘブル語はナバル。それは知能的な愚かさではなくて、意図的に神に心を閉ざし、逆らう者を意味していますね。「攻撃的なつむじ曲がり」という翻訳もあります。彼らの特徴は二つ。神の律法をあざけること。そして神の民を抑圧することです。彼らはパンを食らうように神を愛する者を食らう。つまり空腹な獣のように弱い者を食い物にする者たちです。

 いったいダビデはこの章をどのような状況で歌ったのでしょうか。アブシャロムが謀反を起こした時、あるいは聖書の記録にはない非常に追い詰められるような出来事があった時とも言われています。しかしながら注目したいのは、この詩篇は53篇とその内容がよく似ていることです。それは個人的な経験から書かれた詩篇14篇をあとで侵略や包囲の脅威などの国家的危機に合わせて改訂したものだと言われているものです。ダビデが旧約聖書の中でその意を汲みながら国家的な規模の救いを願う内容に改訂されたという訳ですね。

 ところが新約聖書では更にもっと違った読み方がなされています。パウロはローマ人の手紙3章で、この詩篇を引用して、愚か者をある特定の悪人や国家ではなくて全人類として解釈し引用しているのです。つまり初代のキリスト教徒はこの詩を、ダビデの個人的あるいは国家的な抑圧の状況ではなく、全人類の罪の状況を語るものとして読んだのですね。自分も含めてすべての人がこの愚か者に価して、そこから救われる必要がある、と読んだのです。謙虚に自分の罪深い現実を認めて、救い主である主イエスを受け入れていく者でありたいものです。

 では良き一週を祈ります。

 (PBA制作「世の光」2019.10.30放送でのお話より )

******

 さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのはお勧め。こっそり覗きたければ一人で。それとも友だちをけしかけてつるんでもいいし。日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。事前の連絡なしでもちょっとのぞかせてくださいと言えばいいでしょう。PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。

******

このサイトは URL名として 
http://yonohikari.biblica.info 

が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。


 

■パウロの説教(その二)/ 板倉邦雄

2019年12月10日 | Weblog
2019/10/29放送

 世の光の時間です。いかがお過ごしですか? 板倉邦雄です。
 私たちは今、使徒の働き13章からパウロの説教を聞いているところです。今日はその2回目です。主題は「ダビデの子孫として生まれた救い主イエス」です。

 「兄弟たち。アブラハムの子孫の方々、並びに神を敬う人たちよ。救い主イエスが来られる前にヨハネが来て、イスラエルのすべての民に悔い改めのバプテスマ・洗礼を宣べ伝えました。そして救い主イエスへの道を整えました。救い主イエスのことばは私たちに送られたのです。しかしエルサレムに住む人々や指導者たちはイエスを救い主と認めず、十字架刑の判決を下したのです。何ら死に当たる理由が見い出させなかったのに、総督ピラトに強要してイエスを殺してしまいました。そして人々はイエスを木から降ろして墓に葬りました。これらのことはすべて旧約聖書の預言者のことばが実現するためだったのです。」

 パウロの今日の説教は、イエス・キリストの生涯を語ります。それは苦難と十字架の死という救い主イエスの生涯でした。パウロの説教は続きます。

 「しかし皆さん、主なる神はこのイエスを死人の中からよみがえらせたのです。私たちは神が先祖たちに対してなされた約束、死人の復活を宣べ伝えているのです。神はイエスをよみがえらせて、私たち子孫にこの復活の約束を果たしてくださいました。神がイエスを死人の中からよみがえらせてくださった事実は私たちイエスを信じる者が朽ち果てることがない者とされたことの保証です。」

 さて、今日のパウロの説教の中心は、救い主イエスの受難の十字架と復活でした。特にパウロは、サウルという名前の時、復活されたイエスとシリアのダマスコ門前で出会うという体験をしていました。自分の罪を背負ってくれたイエス様と、私を新しく造り変えてくださった復活のイエス様をすべての人に伝えたかったのです。

 パウロのことばです。
 「主イエスは、私たちの背きの罪のゆえに死に渡され、私たちが義と認められるために、よみがえられました。
       ローマ人への手紙4章25節
 
  (PBA制作「世の光」2019.10.29放送でのお話より )

***

このサイトは URL名として
 http://yonohikari.biblica.info 
が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。

***

東海福音放送協力会へのお問い合せは、
 464-0044 名古屋市千種区自由ケ丘2-10 自由ケ丘キリスト教会内 電話052-762-2196 へ

***

■命のビザをつないだ男 小辻節三(こつじ・せつぞう) / 岩井基雄

2019年12月09日 | Weblog
2019/10/28放送

 世の光の時間です。お変わりありませんか? 岩井基雄です。
 第4月曜日は歴史の中を歩んだクリスチャンの生涯から学んでいますが、先月は日本のシンドラーと呼ばれた杉原千畝(ちうね)について学びました。千畝は六千人を超えるユダヤ人たちにビザを発行したのですが、それは日本を通過する許可を与えるビザでした。そして日本に於いてユダヤ人救済のために働いたのが今日学ぶ小辻節三です。

 杉原千畝が書いたビザが有効なのはわずか10日間でした。ビザが切れるとユダヤ人たちは強制送還されてしまいます。ナチス・ドイツの手に戻されれば彼らに死が待っていることは明らかでした。彼らが日本に到着すること自体が非常に困難でした。しかし、様々な奇跡の連続や多くの方々の誠実な助けによって彼らは無事に日本に辿り着くのです。

 しかし日本に来たユダヤ人たちも更に入国を拒否される可能性もあり、期限の近づくビザを延長しつつ日本経由後のアメリカなどへの他国に渡る道や保証人を見つけることはより不可能に思われました。しかしその彼らの状況を聞き、奔走したのが京都の賀茂神社の神官の家に生まれ、キリスト教を信仰し、さらにヘブライ学者となった小辻節三でした。彼は日本に到着したユダヤ人たちのビザの延長を勝ち取り、出国先を見つけられるまで日本に滞在できるようにし、また彼らの日本経由後の道を開くため愛を持って奔走し続けたのです。そのため小辻自身、いのちの危険にさらされたこともありました。しかし、神の愛に生かされていた小辻は多くの犠牲を払ってユダヤ人たちに愛を届け続けたのです。

 もし日本に小辻がいなければ杉原千畝が発給したビザを握り締め日本に来たユダヤ人難民の境遇も大きく異なっていたに違いありません。小辻は真実な神様の愛によって彼らを愛し、助けるために誠実に歩み尽くしたのです。そして神ご自身が彼らを用いて道を開いてくださったのです。

 聖書のことば
 「私たちは、ことばや口先だけではなく、行いと真実をもって愛しましょう。
    新約聖書 ヨハネ第一の手紙 3章18節

 私たちもまた本物の愛を神から受け、行いと真実をもって人々に届けたいと思います。
***

このサイトは URL名として
 http://yonohikari.biblica.info 
が使えます。。携帯からもこのURLでどうぞ。

***

東海福音放送協力会へのお問い合せは、
 464-0044 名古屋市千種区自由ケ丘2-10 自由ケ丘キリスト教会内 電話052-762-2196 へ

***




■おたより紹介 / 江橋摩美アナウンサー

2019年12月07日 | Weblog
2019/10/26放送

 世の光の時間です。いかがお過ごしですか? 世の光シリーズ・アナウンサーの江橋摩美です。土曜日はスペシャル・バージョンでお送りしています。今日は番組にお寄せいただいたお便りのご紹介と聖書のことばをお届けします。

 今日最初にご紹介するのは広島県広島市の山口じゅんこさんからいただいたお便りです。
 「ラジオで聴ける『世の光』を教えてもらい、それからRadiko(ラジコ)で聴くようになりました。日替わりで聖書のお話や、有名な方がクリスチャンだったというお話が聴けるので楽しみにしています。」とくださいました。そうですか、今日もラジコで聴いてくださってますか? 世の光の番組は放送地域によって少し内容が異なるんですが、『世の光』と『さわやか世の光』の月曜日放送、岩井基雄先生のバイブル・メッセージでは時々、歴史上のキリシタンやクリスチャンを取上げてご紹介くださっています。あの歴史的偉業の裏にはそれを成し遂げたキリスト者がいたのだなあ、なんて知ることもあって私も楽しみにしています。お便り、ありがとうございました。

 続いて大阪府和泉市にお住まいの、なかもと・たくしさんとお読みするんでしようか? お便りありがとうございます。
 「私は洗礼後半年を過ぎ、信仰への熱意がやや薄れてきたことを反省しています。でも、主日礼拝と『世の光』がなおも神との関係を保ってくれています。感謝します。すぐに怒る、気が短い私ですが、まずこの欠点を改め、心を平安に保ち、クリスチャンとして生きて行こうと決心しました。」とくださいました。なかもとさん、お便りありがとうございます。半年前に洗礼を受けられたんですねえ、おめでとうございます。洗礼後、半年を過ぎ信仰への熱意がやや薄れてきたとのこと、正直な告白をありがとうございます。共感を覚えました。ま、信仰は神様に信頼して生きるということ、ま、それがクリスチャンとして生きていくということですから、洗礼を受けたばかりの時のような一時的な熱い思いがたとえ薄れたとしても安心して神様に信頼して生きていきたいですね。そして、気が短いのが欠点っていうことでしたねえ。うーん、まあ日々イライラしてしまうことってありますよね。そんなときもやっぱり聖書のことばを思い出したいです。

 聖書のことばをお読みします。旧約聖書の伝道者の書7章9節
  「軽々しく心を苛立たせてはならない。苛立ちは愚かな者の胸にとどまるから。」伝道者の書7章9節

 (PBA制作「世の光」 2019.10.26放送でのお話より )
 
***

このサイトは URL名として
 http://yonohikari.biblica.info 
が使えます。。携帯からもこのURLでどうぞ。

***

東海福音放送協力会へのお問い合せは、
 464-0044 名古屋市千種区自由ケ丘2-10 自由ケ丘キリスト教会内 電話052-762-2196 へ

***




■わたしにできること / 関根弘興

2019年12月06日 | Weblog
2019/10/25放送

 世の光の時間です。お元気でお過ごしでしょうか? 関根弘興です。

 イエス様がベタニヤのシモンという人の家に行った時のことでした。この村に住むマリヤが大変高価なナルドの香油の壷を割り、イエス様に注ぎ始めたんです(参照 ヨハネの福音書12章3節)。するとその香りは家中に広がり、麗しい光景となっていきました。マリヤは無駄を厭わずに、イエス様に精一杯の愛をささげました。イエス様は「世界中のどこでも福音が宣べ伝えられる所ならこの人のしたことも語られてこの人の記念となるでしょう。」と賞賛なさったんですねえ(参照 マタイの福音書26章13節、 マルコの福音書14章9 節)。

 イエス様の愛は、今私たち一人一人に注がれていますが、私たちはそのイエス様の愛を受けてそして愛に生きるものとされているのです。マリヤがナルドの香油を注いだ時、イエス様は「この女は自分のできることをしたのです。」と言われました。みな同じことなどできません。皆がマリヤのまねをしてナルドの香油を注ぐ必要はありません。でも一人一人が自分のできることを通してイエス様への愛と心からの感謝と賛美を溢れさせていく、これはとても大切だと思うんですねえ。互いに競い合ったり比べ合ったりする必要などありません。自分にできないことをやろうとすると、結局できない自分に落ち込むだけです。できることはできる、できないことはできない、と言える正直さは必要です。大言壮語する必要もないし、無理に頑張る必要もありません。見栄を張ることも不要です。主の助けを得ながら、与えられたそれぞれの場所で、自分にできる方法で、心からの感謝と賛美をイエス様にささげていくのです。そこに豊かな芳しい香りが満ち溢れてきます。

 結核を病み29歳の若さでこの世を去ったクリスチャンの詩人・八木重吉という人がいます。彼の詩の中で『仕事』というものがあります。紹介しましょう。

       『 仕 事 』
  信じること キリストの名を呼ぶこと
    人を赦し、できる限り愛すること
      それを私の一番良い仕事としたい。

 このような詩なんですねえ。

 イエス様の最後の一週間は周りの冷たく暗い陰謀と策略によって十字架への道を進んで行かれるというものでした。しかしそのような中にあって、ナルドの香油の出来事は麗しい香りを放っています。私たち皆違いますが、自分のできるナルドの香油をイエス様にささげながら歩んでいきたいですね。

     (PBA制作「世の光」2019.10.25放送でのお話しより)

***

 さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのはお勧め。こっそり覗きたければ一人で。それとも友だちをけしかけてつるんでもいいし。日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。事前の連絡なしでも、ちょっときてみました、いいですか? と言えばいいでしょう。PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。

■十戒 -自由への励まし-128 欲しがってはならない / 大嶋重徳

2019年12月05日 | Weblog
2019/10/24放送

世の光の時間です。いかがお過ごしでしょうか。大嶋重徳です。
 聖書には十戒と呼ばれる神と人との間に結ばれた約束があります。
 第十戒は「 欲しがってはならない。」(出エジプト記20章17節、申命記5章21節 新改訳2017)です。
 第十の戒めは私たちが本当に欲しがるべきものが何かを教えてくれます。それは隣りの家や隣りの妻や家畜の群れではありません。高名な肩書きでも、権力や能力を求めるのでもありません。私たちは神様は与えてくださるもので満足して生きることができるようになるのです。第十戒は、この物質が溢れかえった消費文化のただ中で、もうこれで十分です、という祈りを私たちに与えてくれるのです。
 更に現状の満足だけではありません。神様の愛に満足するとき、私たちは一歩踏み出して分け与えることへと進むことができるように変えられていきます。本当に必要としている誰かに自分の持っている何かをあげることを喜びとする人生へと踏み出すのです。自分の食べているものを、あの人たちと一緒に食べたい、おいしいねと言って食べたい。一人占めをして食べることよりも与えて食べることの方が豊かでもっと美味しく食べられるのだ、ということを学んでいくのです。これを誰かに与えても必ず神様が私にまた必要なものを与えてくださるのだと信じて人にあげることができるのです。

 イエス・キリストは「自分の宝を天に蓄えなさい。あなたの宝のあるところにあなたの心もあるからです。」と言われました。私たちの持っているものを天という場所に蓄えて生きること、それは神が必要と思っておられる誰かに分け与えて生きることです。そこで私たちが求めるようになることは誰かの喜ぶ顔です。喜びを作り出していくことできるのです。神様こそ私たちが喜んでいる顔を見たいと願われる方です。私たちは神とともに生きて行くとき、誰かの喜ぶ顔を嬉しいと思える人生が始まりました。自分を愛することに集中することを、もうやめたんです。誰かを愛することの方が喜びとなっていくのです。十戒第十の戒めが私たちに与えてくれる人生は、欲しがるよりも分け与える人生、分かち合う喜びを味わう人生なのです。この人生は欲しいという感情に支配されることなく、自由に与える事のできる人生へと踏み出していくこととなるのです。これが十戒のもたらす、私たちを自由へと導くためのことばなのです。

    ( PBA制作「世の光」2019.10.24放送でのお話しより )

******


さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのもいいんじゃないかなあ。日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。


******
このサイトは URL名として  http://yonohikari.biblica.info  が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。




■私は主をほめたたえます / 福井 誠

2019年12月04日 | Weblog

世の光の時間です。いかがお過ごしでしょうか、福井 誠です。

 継続は力なり。聖書を一日一日と読み進むなら、不思議にも自然に養われていくものがあるものですね。今日も聖書を開いてまいりましょう。詩篇7篇17節から「私は主をほめたたえます」と題してメッセージをお伝えいたします。

 「 私は主をほめたたえます。その義にふさわしく。 いと高き方 主の御名をほめ歌います。

 詩篇7篇の表題には「ベニヤミン人クシュ」とあるのですが、これは一体誰なのか、当時の年代記にその名は見当たらず、正体不明です。しかし恐らく第二サムエル記16章に出てくるシムイのようなベニヤミン族に属する、ダビデに敵対的な者であったのではないかと考えられていますね。つまり詩篇7篇はダビデが根拠のない避難や中傷を受ける中で神の護りと正しい裁きを求めながら、神は全地を裁く方であり、悪は自滅するのだ、という個人的な確信に至ったその信仰的な心境を歌っているものなんです。
 ではそのダビデの神との語り合いを見てみましょう。まずダビデは、分別もなく容赦なく責め立ててくる敵に囲まれることは恐ろしい経験であること、そしてその経験の中にあって素直に助けを求めていますね。自分に味方するものが誰一人いない。頼りは目に見えない神だけであるという状況。しかも自分に落ち度があるわけではない。弁明もできない実に惨めな状況の中で、ダビデはヨブのように自分の無実を信じて神に訴えています。苦難に遭って、神も仏もない、と人に噛み付く人もいますが、ダビデはただ神に訴え、神の答えを待ち望んでいます。

 しかしただ待ち望んではいませんね。彼はここで神のご性質について深く思い巡らしているのです。彼は、神が私たちを弁護してくださるお方である、と思い巡らしていますね。また10節、盾となってくださるお方、心の直ぐな者を救われるお方、神は公平な裁判官である、と自分に関わってくださった神のご性質についてあれこれ思い返しているのです。ダビデはそのようにして自らの先に明るい見通しと確信を持ち、「主をほめたたえます」と告白していますね。神のご性質をゆっくり思い巡らす、大切にしたい部分です。

 では良き一週を祈ります。

 (PBA制作「世の光」2019.10.23放送でのお話より )

******

 さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのはお勧め。こっそり覗きたければ一人で。それとも友だちをけしかけてつるんでもいいし。日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。事前の連絡なしでもちょっとのぞかせてくださいと言えばいいでしょう。PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。

******

このサイトは URL名として 
http://yonohikari.biblica.info 

が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。


 

■パウロの説教(その一)/ 板倉邦雄

2019年12月03日 | Weblog
2019/10/22放送

 世の光の時間です。いかがお過ごしですか? 板倉邦雄です。
今日は「パウロの説教(その一)」という題でお話ししましょう。

 バルナバとパウロはタウルス山脈を越えて、目的地のピシデヤ地方のアンテオケの町に到着しました。安息日に会堂へ入り、礼拝をささげました。モーセの律法の書と預言者の朗読があった後、会堂管理者から二人に依頼の言葉がありました。「兄弟たち、あなたがた二人のうちどなたか、集まっている会衆に何か奨励の言葉がありましたらどうぞお話ください。」
 そこでパウロが立ち上がり、手を振りながら語り始めました。「イスラエルの人たち、ならびに神を敬う方々、お聞きください。私たちイスラエルの神は私たちの先祖を選び、エジプトの地に滞在中、私たちの民を大いなるものとし、私たちをエジプトの地から導きだされました。そして40年に渡る荒野の旅路を育んでくださいました。約束のカナンの地に入ってから、七つの異民族を打ち滅ぼし、そのカナンの地を私たちに譲り与えてくださいました。それらのことが約450年の年月に渡りました。」(参照 使徒 13章17 ~19節)

 パウロの説教はまず神の民イスラエルの450年の苦難の歴史から始まりました。イスラエルすなわちヤコブが六十数名の一族とエジプトへ避難し、エジプトでの奴隷生活の中でも神が育んでくれたこと、エジプト脱出後も荒野の40年の時も神が育んでくださったこと、そして先祖アブラハムの約束してくださったカナンの地を譲り与えてくださったこと、すなわち歴史の中に働かれる神様を語りました。

 さて、パウロの説教は続きます。「その後、神は私たちにさばき人を遣わして、私たちの祖国の時折々の危機を救ってくださり、最後のさばき人・預言者サムエルの時代になりました。その時人々は周囲の国のように王様を要求したので、神はベニヤミン民族の人サウルを40年間、王として遣わしてくれました。それから神はサウルを退け、ダビデを立てて王とされました。ダビデは「わたしの心に適う人で、わたしの思うところをことごとく実行してくれるであろう」と神は言われました。神は約束に従ってこのダビデの子孫の中から救い主イエス・キリストをイスラエルに送られたのです。」
 次週へ続く
 
  (PBA制作「世の光」2019.10.22放送でのお話より )

***

このサイトは URL名として
 http://yonohikari.biblica.info 
が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。

***

東海福音放送協力会へのお問い合せは、
 464-0044 名古屋市千種区自由ケ丘2-10 自由ケ丘キリスト教会内 電話052-762-2196 へ

***

■聴く耳の大切さ / 岩井基雄

2019年12月02日 | Weblog
2019/10/21放送

 世の光の時間です。お変わりありませんか? 岩井基雄です。
 第3週の月曜日の今日はキリストが弟子たちに語られたことばから、聴く耳の大切さをご一緒に考えてみましょう。

 山の上でキリストの栄光の姿を垣間見、死の時が迫っていることを感じた弟子たちには一つの疑問があり、次のように尋ねました。聖書はこう記しています。
 また弟子たちは、イエスに尋ねた。
  「なぜ、律法学者たちは、まずエリヤが来るはずだと言っているのですか。」
   イエスは彼らに言われた。
  「エリヤがまず来て、すべてを立て直すのです。
   それではどうして、人の子について、多くの苦しみを受け、蔑まれると書いてあるのですか。
   わたしはあなたがたに言います。エリヤはもう来ています。
   そして人々は、彼について書かれているとおり、彼に好き勝手なことをしました。」

    新約聖書マルコの福音書9章11節から13節

 弟子たちの質問はイエスがメシヤであることを否定するために律法学者たちが語っていたことでした。彼らは旧約聖書のマラキ書にある「見よ、私は主の大いなる恐るべき日が来る前に有権者エリアをあなたたい遣わす」という預言を引用し、もしイエスが救い主メシヤであるなら、その前にエリヤが来るはずだが、まだ来ていないから彼はメシヤではない、と批判していたのです。しかしそれこそ律法学者たちが聴く耳を持っていないことを表していました。

 主イエスは預言の通りエリヤがまず来るべきことを認め、エリヤはもう来た、と語られました。それはバプテスマのヨハネのことでした。預言者エリヤを彷彿とさせる姿で人々に現れ、罪を示し、悔い改めへと導き、洗礼を授けていた洗礼者ヨハネこそ来るべきエリヤだったのです。しかしそのことを認める心、聴く耳、聞き従う心を律法学者たちは持っていなかったのです。それゆえに彼らはヨハネに好き勝手なことをしました。彼が示す罪を受け入れなかったヘロデ王はついに彼を殺害してしまうのです。聴く耳、聞き従う心がないことがいかに危険であるかということを思わされます。

 あなたはいかがでしょうか。キリストはあなたにも「聴く耳のある者は聴きなさい」と語ります。あなたはそれに対してどうお答えなりますか? あなたには聴く耳、聴く心があるでしょうか。キリストはあなたの本当の応答を待っていらっしゃいます。 
 
***

このサイトは URL名として
 http://yonohikari.biblica.info 
が使えます。。携帯からもこのURLでどうぞ。

***

東海福音放送協力会へのお問い合せは、
 464-0044 名古屋市千種区自由ケ丘2-10 自由ケ丘キリスト教会内 電話052-762-2196 へ

***