♪ラジオ放送・文字版「世の光」

   1952年以来、キリスト教会が協力して全国民放ラジオで放送して70年、
PBA『世の光』を文字で 

■立ち上がりなさい / 福井 誠

2022年09月30日 | Weblog

2022/4/29放送

 「世の光」の時間です。いかがお過ごしでしょうか。福井誠です。「継続は力なり」 聖書を日々読み進むなら、不思議にも自然に養われるものがあります。今日も聖書を開いてまいりましょう。今日は士師記4章14節から「立ち上がりなさい」と題してメッセージをお伝えいたします。

 デボラはバラクに言った。「立ち上がりなさい。今日、主があなたの手にシセラを渡される。主があなたに先立って出ていかれるではありませんか。」

 昨日は、神とともに生き戦う人生の素晴らしさがある、というお話しをいたしました。しかし、この士師記に描かれた出来事、そもそも本当のことなのだろうか、『日本昔ばなし』みたいなものではないか、と思われる人もいることでしょう。

 しかし、旧約聖書の世界については、様々に緻密な考古学的発掘調査が行われてきました。それらを記録した書籍を読むと、ここに記されたこともほぼ史実と考えてよい、と私は思っています。

 ともあれ、イスラエル人にとって最新鋭の戦車を900台も揃えた敵軍をどのように撃退するのか、そして自分たちの国の自治を取り戻すのか、実に深刻な問題がここで生じていました。

 そこに女預言者デボラが登場し、バラクと言う人物を呼び寄せ、神のことばを伝えるのです。「立ち上がりなさい。主があなたに先立って出ていかれるではありませんか。」 まさに、神とともに生き戦う人生、神の助けを信頼しながら、自分の全力を尽くす人生へと、彼女は招き入れているのです。

 皆さんでしたらどうされるでしょうか。神とともに生き戦う人生、そこに懸ける。そのように腹を決めることができるでしょうか。バラクは、デボラのことばに励まされて立ち上がり、戦いに出ていくのです。そして「神が彼を助けバラクは勝利した」とあります。
 実際には、この時に季節的な暴風雨が起こり、キション川が氾濫し、そこを渡ろうとした900台の戦車が水で押し流されたのではないかと考えられていますが、神が女預言者デボラを通して約束した通りのことが起こりました。

 大切なのは、この戦いがバラクの信仰による応答をもって機能したことです。信じて踏み出していく、それが信仰です。

 では、今日もよき一日となるように祈ります。


    ( PBA制作「世の光」 2022.4.29放送でのお話しより )


******
さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのもいいんじゃないかなあ。日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。でも、新型コロナ禍で集まるのを制限したりオンラインの集まりに切り替えたりしているかもしれません。PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。
******  
 このサイトは URL名として   http://yonohikari.biblica.info  が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする