♪ラジオ放送・文字版「世の光」

   1952年以来、キリスト教会が協力して全国民放ラジオで放送して66年の
「世の光」を文字で 

■ペテロの説教 -1 / 板倉邦雄

2018年08月21日 | Weblog
2018/7/17放送

 世の光の時間です。いかがお過ごしですか? 板倉邦雄です。
 今日は「ペテロの説教 その1」ということでお話しします。
 
今日からしばらくの間、キリストの弟子ペテロの説教をお話ししましょう。ペテロは春の収穫祭に集まった人々に語りかけました。
 「私の言うことに耳を傾けていただきたい。今は朝の9時ですから、私たちはあなたがたが思っているように酒に酔っているのではありません。」

 このペテロの第一声は聖霊降臨の出来事に人々は驚いていたからです。キリストの弟子たちが巡礼者たちの母国語で神様のことを語り始めたからです。また他の人があざ笑って、この人たちは新しい酒に酔っているのだ、と弟子たちや信者たちをバカにしたからです。
 そこで弟子のペテロは立ち上がって語りました。
 「私たちは酒に酔っているのではない。聖霊に酔っているのです。」 

 そしてペテロは続けて語りました。
 「聖霊が全ての人々に注がれることは預言者ヨエルが預言していたことに他なりません。ヨエルはこう預言しました。『神はこう仰せられる。終わりの日にはわたしの霊をすべての人に注ごう。そしてあなたがたの息子、娘は預言をし、若者たちは幻を見、老人たちは夢を見るであろう。その時にはわたしの男女のしもべたちにもわたしの霊を注ごう。その時、主の名を呼び求める者はみな救われるであろう。』」

 さて、今日のペテロの説教の中心点は何でしょうか。それは聖霊すなわち神の霊は主なる神を呼び求める全ての人々に注がれるということですね。男性も女性も息子も娘も若者も老人もそしてしもべたちも更に私たちにもです。そして聖霊は若者たちには幻・ビジョンを見させ、老人たちには夢・ドリームを見させてくださるのです。

 「私には夢がある。 アイ ハブ ア ドリーム」と言ったのは黒人人権運動の先頭に立ち、39才で暗殺されたマルチン・ルーサー・キング牧師のことばです。黒人の子どもと白人の子どもが一緒に遊ぶことが彼の一つの夢でした。

 聖霊が私にもそしてあなたにも幻と夢を見させてくださるのです。そしてその夢を実現させてくださるのは神様なのです。

  (PBA制作「世の光」2018.7.17放送でのお話より )

***

このサイトは URL名として
 http://yonohikari.biblica.info 
が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。

***

東海福音放送協力会へのお問い合せは、
 464-0044 名古屋市千種区自由ケ丘2-10 自由ケ丘キリスト教会内 電話052-762-2196 へ

***