♪ラジオ放送・文字版「世の光」

   1952年以来、キリスト教会が協力して全国民放ラジオで放送して66年の
「世の光」を文字で 

■主に祈った / 福井 誠

2018年09月26日 | Weblog
2018/8/22放送


世の光の時間です。いかがお過ごしでしょうか? 福井 誠です。今日のバイブル・メッセージは「主に祈った」です。 出エジプト記8章30節から読んでみましょう。
モーセはファラオのもとから出て行って、主に祈った。」(新改訳2017)

 先週もお話ししましたが、イスラエルがいざエジプトの国を出て行こうとすると、エジプトの王はそれを阻止しようとしました。そこに神は様々な災いを送られ、エジプトの王が困り果ててイスラエルの奴隷を手放すようにし向けていくのです。しかもその災いは、エジプトの王にイスラエルを諦めさせるための神の嫌がらせではなく、意味のある災いでした。

 たとえばエジプト人の家にはナイル川のカエルが群がり、死に絶え、山と積み上げられてその腐敗臭に悩まされる災いが起こりましたが、エジプトでカエルは豊穣のシンボル・女神ヘクトとして崇められていたものです。たくさんの女神ヘクトが死骸となって積み上げられ腐敗臭を放っているのですから、それはエジプト人が間違ったものを信じていることを明らかにし、まことの神はこの災いを起こされたイスラエルの神だけであることを教え諭していたのです。

 またアブがエジプト人に襲いかかる災いでも、アブは太陽神の象徴である特殊なカブト虫を意味していたと言われます。つまりエジプト最強の神である太陽神も、イスラエルの神によって操られ、無力な存在であることを示していたのです。

 こうしてエジプト人が追求していたエジプトの神が無力なただの偶像であることがエジプト人に思い知らされていきます。日本人も多くのものを神としています。しかし、果たしてそれらの神は本当に私たちが信頼し、祈るべき存在なのかを考えてみたいところではないでしょうか。日本人の約70%は御利益信仰的な宗教心を持っていると言います。つまり信仰の対象は余り問わず、信じる態度を大事にし、信じるものが何であれ、うやうやしく信じていれば何か御利益があると考えているという訳です。しかし信仰においては信じる態度のみならず、何を信じているかという信仰の対象も大事でしょう。木や石でできた偶像ではなくて、確かにいのちを与えるまことの神にこそ心を開いて祈っていきたいものですね。

(PBA制作「世の光」2018.8.22放送でのお話より )

******

 さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのはお勧め。こっそり覗きたければ一人で。それとも友だちをけしかけてつるんでもいいし。日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。事前の連絡なしでもちょっとのぞかせてくださいと言えばいいでしょう。PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。

******

このサイトは URL名として 
http://yonohikari.biblica.info 

が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。


 

 

■初代教会の姿 -2 / 板倉邦雄

2018年09月25日 | Weblog
2018/8/21放送

 世の光の時間です。いかがお過ごしですか? 板倉邦雄です。
 今日は「初代教会の姿-その2」と題してお話ししましょう。
 
 今週も先週に続いて初代のキリスト教会の姿をお話したいと思います。
 
 まず第一に、イエス・キリストの直弟子で「キリストの使徒」と呼ばれた人々が指導にあたっていたということです。ですから信徒全員に、神を敬い、神への畏敬の念が生じました。多くの奇跡としるしが使徒たちによって次から次へと行われていったからです。教会堂は無く、礼拝用の用具は揃ってはいませんでした。

 次に、信徒たちはみな一緒にいて一切のものを共有にし、資産や持ち物を売っては必要に応じてみんなの者に分け与えていた、とあります。この時は一切のものを共有しなくてはならない状況にありました。信徒になった人々は諸外国から祭のために巡礼に来ていた人々たちでした。エルサレムの都でペテロたちに会い、聖霊降臨という大事件に遭遇しました。そしてキリスト信徒になり、共同生活を始めたからです。自然災害で避難生活を強いられた状況を考えたらよいでしょうね。ですから共有財産生活は一時的なものだったのです。

 そして第三に、日々心を一つにして、絶えずエルサレム神殿へ宮詣でをなし、家ではパンを裂く聖餐を守り、食事を共にし、神を賛美し、すべての人に好意を持たれていたのです。そして、主なる神様は救われる者を日々仲間に加えてくださった、とあります。
 「心を一つにして」とありますが、人はみな心で考えること思うこと決断することは異なるでしょう。しかしそのような私たちの心が一つにしてとはどういうことでしょうか。それは天の父なる神への畏敬すなわち尊敬の念と主イエス・キリストへの信仰という点で一つになったのではないでしょうか。一つのパンを食べ、一つの杯から飲むということにおいて一つの心となりました。この一つの心から喜びと真心が流れて出て祈りとなり、他者への愛となり、神への賛美が生まれていったのです。このようなキリストの教会としてくださるように祈って行きたいものです。

  (PBA制作「世の光」2018.8.21放送でのお話より )

***

このサイトは URL名として
 http://yonohikari.biblica.info 
が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。

***

東海福音放送協力会へのお問い合せは、
 464-0044 名古屋市千種区自由ケ丘2-10 自由ケ丘キリスト教会内 電話052-762-2196 へ

***

■何を優先していくのか / 岩井基雄

2018年09月24日 | Weblog
2018/8/20放送

 世の光の時間です。お変わりありませんか? 岩井基雄です。
 第三週の月曜日はマルコの福音書から学んでいます。

 神の民イスラエルの指導者やパリサイ人たちは神様が恵みとして与えてくださった律法の周りに人々が守るべき様々な規定を定め、それを人々の重荷・枷としてしまっていました。最初は律法を守るための規定だったのですが、次第に本来の目的は失われ、人々に自分たちの権威を示すためにそれを用いたのです。

 キリストはそんな彼らを偽善者と呼び、彼らの罪を示し、悔い改めへと招かれたのです。キリストは彼らの具体的な罪として、「父と母を敬う」という大切な律法をないがしろにしていることを取り上げました。

 本来は父や母に与えるべき資産をもコルバンすなわち神への捧げものとなったと宣言し、神に捧げた人々に彼らはもうそれを両親のためには用いなくて良いと告げました。特に両親と喧嘩をした時などにそのようなことが宣言されたようです。そしてあとで後悔し、その宣言を取り消したいと申し出た人にも、パリサイ人たちや律法学者たちは、神の前に誓ったことを守れ、と両親を敬うことよりもコルバンの宣言を重要視させ、より大切な神の律法をないがしろにさせたのです。キリストは彼らにこう語りました。

 「あなたがたは、『もし人が、父または母に向かって、私からあなたに差し上げるはずの物は、コルバン(すなわち、ささげ物)です、と言うなら──』と言って、その人が、父または母のために、何もしないようにさせています。
  新約聖書 マルコの福音書7章11節、12節 (新改訳2017)

 本末転倒とはこのようなことでしょう。神の恵みの律法よりも自分たちの決まりごとを優先したのです。私たちの心にも、神の義や真理や愛よりも自分のルールや希望や願いを優先しようとする誘惑があるのではないでしょうか。何に価値を置き、どこに人生の目標を置いて歩むかは私たちの人生に大きな影響を与えます。人の目や評価また自分の願いやルール以上に、神様にある真実や愛、誠実や義を目指し、優先してその歩みを進めていきませんか? 天の宝を積む人生を神は豊かに祝福してくださるのです。

 聖書のことば
 「まず神の国と神の義を求めなさい。」 
       (新約聖書 マタイの福音書 6章33節 新改訳2017)

 PBA制作「世の光」2018.8.20放送でのお話しより)

******

 さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのはお勧め。
こっそり覗きたければ一人で。それとも友だちをけしかけてつるんでもいいし、日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。事前の連絡なしでもちょっとのぞかせてくださいと言えばいいでしょう。
PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。

******

■キリストの再臨 / 羽鳥頼和

2018年09月22日 | Weblog
2018/8/18放送

 世の光の時間です。お聴きくださりありがとうございます。羽鳥頼和です。
 今日は新約聖書マルコの福音書13章14節から27節でイエスが教えられたエルサレムの滅亡とキリストの再臨についてお話しします。
 
 イエスは弟子たちに、エルサレムの神殿が破壊されることと、この世の終わりの時代つまり終末の時代に起こることを教えられました。イエスは、「『荒らすいまわしい者』が神殿に立っているのを見たら、ユダヤにいる人たちは山へ逃げなさい。大きな苦難が来ます。」と言われました。このことばはエルサレムの神殿が破壊されることと終末の時代に起こる大きな苦難を重ね合わせて預言しています。実際に紀元70年、ローマ軍によってエルサレムの神殿は破壊され、イエスのことばの一部が実現しました。しかしイエスは更に大きな苦難が来ることをも預言しているのです。

 イエスは言われました。「それらの日には今までなかったような、また今後も決して無いよな苦難が起こります。そしてそんな時に偽キリストたちが現れて、できれば信者たちを惑わそうと、しるしや不思議を行います。気をつけなさい。『わたしがキリストだ』と言う者が現れるが、彼らは偽者なのです。そのような大きな苦難に続いて、太陽は暗くなり、月は光を放たなくなり、星は天から落ち、天変地異が起こります。しかしその時に、わたしは偉大な力と栄光と共に再び来るのです。」とイエスは言われました。これがキリストの再臨です。

 その時キリストは全ての信者たちをご自分のもとに集めてくださいます。この世の終わりに大きな苦難が来ます。しかしキリストはすぐに来て、悪をさばき、信じる者を救ってくださるのです。

 イエスはこれらのことを話された後で言われました。「天地は消え去ります。しかし、わたしのことばは決して消え去ることがありません。」 キリスト教会ではこの消え去ることのないキリストのことばである聖書からお話をしています。

 明日は日曜日です。キリストのことばを聞くために、お近くのキリスト教会へいらしてください。

 (PBA制作「世の光」 2018.8.18放送でのお話より )
 
***

このサイトは URL名として
 http://yonohikari.biblica.info 
が使えます。。携帯からもこのURLでどうぞ。

***

東海福音放送協力会へのお問い合せは、
 464-0044 名古屋市千種区自由ケ丘2-10 自由ケ丘キリスト教会内 電話052-762-2196 へ

***




■子よ、安心しなさい / 関根弘興

2018年09月21日 | Weblog
2018/8/17放送

 世の光の時間です。お元気でお過ごしでしょうか? 関根弘興です。

新約聖書のマルコの福音書2章に、こんな出来事が書かれています。イエス様が家の戸口まで溢れる人が押しかけてきた家で説教されているとき、何と屋根がバリバリと剥がされ、上から病気で寝たきりの人が吊り降ろされてきたんです。するとイエス様はその病気の人に「子よ。あなたの罪は赦されました。」と言われたんです。

 普通、病気の人なら「治りなさい。」とか「起き上がりなさい。」ということばを期待したでしょうねえ。ところがイエス様は、「あなたの罪は赦されました。」と言われたんです。なぜでしょうか。

 あるお医者さんの話ですが、「診察を受けに来る患者さんの中には薬も手術も要らない人がいる。」と言われました。「彼らに必要なのは赦しだ。」と話されたんです。どういうことかというと、赦されていないという心の奥底の不安が病気の原因となっているっていうんですねえ。今日登場したこの病気の人のことを少し考えてみてください。長い間、病のために伏せっていました。辛く寂しかったでしょう。何が悪かったんだろう、どうして自分だけこんな病になってしまったんだろう、と色々と過去を考え、後悔することもあったでしょう。自分が病気なったのは罪を犯した罰ではないだろうか、そう考えたかもしれません。そうしたことを考えれば考えるほど、人生はますます不自由になっていったのではないかと思います。でもこうしたことは私たちの日常にも度々ありますよね。悪いことが起こったり病気になると私が何か悪いことしたせいで罰を受けてるんではないか、そんなふうに考えてしまうんです。人は自分の内側の罪が赦されているという確信を持つことができなければ本当の意味で立ち上がることができないんですね。ですからイエス様はまず最初に、「安心しなさい。あなたの罪は赦されました。」と宣言されたんです。人は罪の赦しを確信した時に、初めて心の奥底から癒され、安心して生きることができるんです。
 イエス様が来られた目的は、私たちのために罪を赦すために来てくださいました。だから私たちは、恐れたり不安になったりすることがあっても、イエス様の「安心しなさい。あなたの罪は赦された。」と約束されることばによって強められ、立ち上がることができるんですねえ。

     (PBA制作「世の光」2018.8.17放送でのお話しより)

***

 さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのはお勧め。こっそり覗きたければ一人で。それとも友だちをけしかけてつるんでもいいし。日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。事前の連絡なしでも、ちょっときてみました、いいですか? と言えばいいでしょう。PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。

■十戒 -自由への励まし 72 / 大嶋重徳

2018年09月20日 | Weblog
2018/8/16放送

世の光の時間です。いかがお過ごしでしょうか? 大嶋重徳です。
 聖書には十戒と呼ばれる神と人との間に結ばれた約束があります。十戒第六戒には「殺してはならない。」(出エジプト記20章13節 新改訳2017)とあります。

十戒第六戒は、殺さなかったら良いのかというと、私たちの個人的な小さい苦々しい感情に対してもきちんと顧みるように光を当てます。新約聖書には父親たちに、子どもたちを怒らせてはいけない、という教えがあります。親たちは第六戒の教えを実践するために怒りを生まない家庭を形成するためにどうしたらよいのかと思いを巡らす必要があるのです。もちろん子どもをきちんと叱る事は親に重要なことです。叱ることのできない親に育てられた子どもは、何が正しく何が間違っているのかを学ぶことができません。そのため、他の同世代の子どもにしてはいけないことをしてしまい、そこにも争いを生む原因を作ってしまうこととなるでしょう。

 しかし、叱ることと怒りに任せて怒鳴りつけることは違います。私たちは愛と平和に満ちた家庭や職場を築くために、その助けを神様から受け取っていかなければなりません神様こそ怒りに任せて人間を怒鳴りつけるような方ではありません。

 聖書の中には、「わたしは、愛する者をしかったり、懲らしめたりする。だから、熱心になって、悔い改めなさい。」(黙示3章19節 新改訳第三版)と言うことばがあります。更にそのあとのことばはこう続きます。「見よ。わたしは、戸の外に立ってたたく。だれでも、わたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしは、彼のところにはいって、彼とともに食事をし、彼もわたしとともに食事をする。」(黙示3章20節 新改訳第三版) 

 つまりイエス様はきちんとしかって懲らしめられる神様です。しかし叱ったあと私たちが悔い改めて戸を開けてイエス様をお迎えするならばイエス様はそこで私たちと一緒に食事をする、とおっしゃるのです。ご飯を食べよう、と声を懸けてくださるのです。このご飯はどれだけ赦しに満ちた温かいご飯でしょうか。

 我が家もこのイエス様に倣って、子どもを叱った後きちんとごめんなさいができたら、抱き上げて何度も何度も「高い、高い」と高く放り上げて遊んであげました。すると泣き続けていたあの子どもの顔に少しずつ笑顔が戻ってきました。続けて部屋に布団を敷き詰めてお馬さんごっこをすると、「もっと。もっと。」と楽しそうにするのです。妻はお馬さんごっこではなく甘ーいお菓子を一緒に子どもたちと食べる時間を持っていました。

 神様が怒り続ける方ではないように、私たちは叱ったあとは笑顔になる責任と笑顔を作り出す責任を持っているのです。十戒第六戒は笑顔を作り出すことを励ます戒めでもあるのです。

    ( PBA制作「世の光」2018.8.16放送でのお話しより )

******


さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのもいいんじゃないかなあ。日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。


******
このサイトは URL名として  http://yonohikari.biblica.info  が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。



■神はよくしてくださった / 福井 誠

2018年09月19日 | Weblog
2018/8/15放送


世の光の時間です。いかがお過ごしでしょうか? 福井 誠です。今日のバイブル・メッセージは「神はよくしてくださった」です。 出エジプト記1章20節から読んでみましょう。
神はこの助産婦たちによくしてくださった。それで、イスラエルの民はふえ、非常に強くなった。
                 (新改訳 第三版)

今日から出エジプト記です。創世記の終わりにはヨセフという人物が描かれていましたね。出エジプトの最初の章では、そのヨセフを知らない王がエジプトに現れた所から始まっています。一体それは実際の歴史ではいつ頃で、誰であったのか、聖書の研究者の間でも意見は分かれています。一つは、紀元前1450年頃のアメン・ホテプ2世の時代。もう一つは、紀元前1200年頃のラメセス2世の時代です。どちらとも決めがたく、250年の誤差はあるものの、だいたい紀元前1200年から1450年の間、エジプト史上では新王国時代の出来事でした。つまりエジプトと言えばピラミッドやスフィンクスのイメージを思い浮かべる人が多いと思いますが、出エジプトの出来事はあの歴史よりも更に1000年ほど新しい新王国時代の出来事であったということですね。

 さて、この新しい王は増え広がるイスラエル人を国外に追放せず、倉庫の町々を建設する奴隷にしようと考えました。また人口を抑制するため、男子のイスラエル人が生まれると即座に殺すことを命じています。しかし、神を恐れる二人の助産婦シフラとプアの知恵ある抵抗によって子どもたちのいのちは守られていきます。彼女たちは目に見えるエジプトの支配者よりも目に見えない天地万物の創造主であり支配者である神の方を恐れたのですね。人は目に見える権威を恐れ易いものです。しかし目に見えない、世のどんな権威にも勝る神の権威というものがあります。それを信仰の目ではっきり認められるかどうかが私たちの行動や生活の仕方に大きな違いをもたらすものですね。神はご自身を認め正しいことをする二人の助産婦に良くし、彼女たちの家を栄えさせたと言います。神を信じるなら当然神に期待すべきです。疑い深くだらだらと歩むよりは、本当に心から信じて神の祝福に与る者でありたいものですね。

(PBA制作「世の光」2018.8.15放送でのお話より )

******

 さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのはお勧め。こっそり覗きたければ一人で。それとも友だちをけしかけてつるんでもいいし。日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。事前の連絡なしでもちょっとのぞかせてくださいと言えばいいでしょう。PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。

******

このサイトは URL名として 
http://yonohikari.biblica.info 

が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。


 

 

■初代教会の姿 -1 / 板倉邦雄

2018年09月18日 | Weblog
2018/8/14放送

 世の光の時間です。いかがお過ごしですか? 板倉邦雄です。
 今日は「初代教会の姿-その1」ということでお話ししましょう。
 
 ペテロの説教を聞いた人々は心を刺されました。更にペテロは人々に、「この曲がった時代から救われなさい。」と言って勧めをしました。そこでペテロの勧めのことばを受け入れた人々はイエス・キリストの名によってバプテスマ・洗礼を受けて教会の信徒たちの仲間に加わったのです。そして彼ら信徒たちの教会生活が始まります。時々電話で「教会ってどんなことをする所ですか?」とか、「どのような教会へ行ったらいいですか?」という質問を受けます。そのようなとき初代教会の姿を思い出して答えるようにしているのです。

 では使徒の働き2章42節をお読みします。
 「彼らはいつも、使徒たちの教えを守り、交わりを持ち、パンを裂き、祈りをしていた。」(新改訳2017)と聖書は初代キリストの教会の姿を表しています。

 そこでここからキリストの教会のしるしが四つ描かれているのではないでしょうか。まず第一に、キリストの教会のしるしは使徒たちの教えを聞き、教えを守ることです。使徒たちの教えとはイエス・キリストの教えです。イエス・キリストの教え、それは旧約聖書の神の教えでもあります。信徒たちはそのイエス・キリストの教えを聞きました。そして教えを実践したのです。ですからキリストの教会は聖書が語られ教えられ実践されている所です。

 第二に、信徒の交わりがなされている所でしょう。それがキリストの教会のしるしです。

 そして第三に、キリストの教会のしるしは共にパンを裂くことです。これは食事のことではなく、イエス様が弟子たちとの最後の晩餐の時、制定されたパンと杯をいただく聖餐式、いわゆる主の聖晩餐のことです。聖餐式と洗礼式が行われている所、それが教会のしるしの一つです。

 そして最後に、キリストの教会は祈りをする家です。一人で祈りのではなく家ですので、家族みんなで祈る。それがキリストの教会のしるしではないでしょうか。私たちが出席している教会はどうでしょうか。もしあなたが教会を探しておられるなら、このような四つのしるしを持っている教会へ出席してくださいね。

  (PBA制作「世の光」2018.8.14放送でのお話より )

***

このサイトは URL名として
 http://yonohikari.biblica.info 
が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。

***

東海福音放送協力会へのお問い合せは、
 464-0044 名古屋市千種区自由ケ丘2-10 自由ケ丘キリスト教会内 電話052-762-2196 へ

***

■不思議な神のご計画 / 岩井基雄

2018年09月17日 | Weblog
2018/8/13放送

 世の光の時間です。お元気ですか? 岩井基雄です。
 
第二週の月曜日は旧約聖書に登場するヨセフの人生について学んでいます。私たちの人生は時に様々な状況に翻弄されますね。聖書の中に登場する人物も波乱万丈な人生を歩みまますが、その中でもこのヨセフの人生は特に葛藤の多いものでした。兄弟の11男として生まれたヨセフは父ヤコブから溺愛され、兄弟から妬まれ憎まれ、エジプトに奴隷として売られたのです。しかも誠実さが誤解され、牢獄への囚人ともなったヨセフでした。そこでも彼は神と人との前を真実に歩み、遂にはエジプトの大臣となり、大飢饉に備えて大量の食糧を蓄えたのです。その食糧を求めてイスラエルから兄たちがエジプトに下ってきました。大臣がヨセフであることに気がつかない兄たちを幾度も試したヨセフでした。しかし真実にへりくだり、誠意を表す兄たちの姿を通しヨセフは遂にすべてを兄たちに話すことになるのです。自分が兄たちの弟ヨセフであることを明かしたヨセフは、自分をエジプトに売ったことを互いに責めないようにと配慮し語ります。ヨセフはあらゆる試練の中で神様の不思議な導きと神の御手を見ていました。そして自分がエジプトにいて大飢饉に備えて食料を、周りの国々に与えるようになった経緯を次のように語ったのです。
 「ですから、私をここに遣わしたのは、あなたがたではなく、神なのです。神は私を、ファラオには父とし、その全家には主人とし、またエジプト全土の統治者とされました。」 
              旧約聖書 創世記45章8節

 奴隷として売られ、誤解され、囚人とされても、それらのすべてを働かせて益としてくださり、恵みに変えてくださる神様の愛にヨセフは信頼を置き続けたのです。もちろんヨセフにも葛藤や涙や苦悩があったに違いありません。しかし兄たちを赦し、神様に自分の人生のすべてを委ね、その神様のご計画を受け入れることによって、ヨセフは内側から変えられていったのです。神様はすべてのことを恵み・祝福へと変えてくださることができるのです。

 聖書のことば
 「神を愛する人たち、すなわち、神のご計画にしたがって召された人たちのためには、すべてのことがともに働いて益となることを、私たちは知っています。」 
       (新約聖書 ローマ人への手紙 8章28節 新改訳2017)

 PBA制作「世の光」2018.8.13放送でのお話しより)

******

 さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのはお勧め。
こっそり覗きたければ一人で。それとも友だちをけしかけてつるんでもいいし、日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。事前の連絡なしでもちょっとのぞかせてくださいと言えばいいでしょう。
PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。

******

■枯れたいちじくの木 / 羽鳥頼和

2018年09月15日 | Weblog
2018/8/11放送

 世の光の時間です。お聴きくださりありがとうございます。羽鳥頼和です。
 今日はマルコの福音書11章12節から25節で語られている、エルサレムでイエスがなさったことについてお話しします。

 エルサレムに向かっている時、イエスは空腹を覚えられました。葉の茂ったいちぢくの木が見えたので、いちぢくの実を食べようと木に近づきましたが実がなっていませんでした。イエスはその木に向かって、「今後いつまでも、誰もお前の実を食べることが無いように。」と言われました。弟子たちは不思議に思いながらこのことばを聞いていました。その後イエスは神殿に入り、その中で商売をしている人たちを追い出されました。そして人々に教えて言われました。「わたしの家はあらゆる民の祈りの家と呼ばれる、と神は言われているではないか。それなのにお前たちはここを強盗の巣にしてしまった。」 神殿は世界の全ての人々の祈りの家なのです。そこが強盗の巣となってしまっていたのです。
 さて次の日の朝、通りがかりに弟子たちがあのいちぢくの木を見ると、それは根元から枯れてしまっていました。一晩の内に枯れてしまったのです。葉が茂っているが実がついていないいちじくの木はその頃のエルサレムの人々の状況を表しています。一見すると繁栄しているように見えるのですが、神を信じる信仰は人々にありませんでした。神殿は悪徳商売をする所、強盗の巣となってしまっていたのです。祈りの家である神殿で祈りが捧げられていなかったのです。そこでイエスは弟子たちに、信仰と祈りについて教えられました。「神を信じて祈りなさい。また祈る時、誰かに対し恨んでいるなら、まず赦しなさい。そうすれば神もあなたがたの過ちを赦してくださいます。」 神を信じて祈ることとそして人を赦してから神に祈ることをイエスは教えられました。

 現在の神の祈りの家はキリスト教会です。私たちはそこで神を信じて祈っています。

 明日は日曜日です。お近くのキリスト教会にいらしてください。

 (PBA制作「世の光」 2018.8.11放送でのお話より )
 
***

このサイトは URL名として
 http://yonohikari.biblica.info 
が使えます。。携帯からもこのURLでどうぞ。

***

東海福音放送協力会へのお問い合せは、
 464-0044 名古屋市千種区自由ケ丘2-10 自由ケ丘キリスト教会内 電話052-762-2196 へ

***