♪ラジオ放送・文字版「世の光」

   1952年以来、キリスト教会が協力して全国民放ラジオで放送して66年の
「世の光」を文字で 

■目には目を、歯には歯を / 福井 誠

2018年11月21日 | Weblog
2018/10/17放送


世の光の時間です。いかがお過ごしでしょうか? 福井 誠です。今日のバイブル・メッセージは「目には目を、歯には歯を」です。
 レビ記24章20節から読んでみましょう。
 「骨折には骨折を、目には目を、歯には歯を。人に傷を負わせたのと同じように、自分もそうされなければならない。
            (新改訳2017)

「目には目、歯には歯」 聖書をよく知らない人でもこのことばはどこかで聞いたことがあると思う人は多いことでしょう。難しいことばで言うと、同じ害の報復と書いて同害報復の教えとされるものです。報復は同じ程度のものでなければならないという意味で一般には理解されていることでしょう。そして聖書がこの考え方で強調するのは、報復行為において限度を越えてはいけないという点です。

 一時流行ったことばに「倍返し」というものがありました。人にはやられたらやり返すどころか、やられた以上にやり返すという心があるものですねえ。報復はエスカレートするものなのです。しかしそういう心を許してはいけません。報復する時には限度をわきまえなくてはならない。正しいさばきが優先されなければならないと言っているのであって、やられたらちゃんとやり返しなさいと言っている訳ではありませんね。

 つまりこの教えは報復に強調があるのではなくて、罰を与えるにしてもそこに厳正で適正な正義がなければならないということを言っているのです。ですから後にイエスはこの教えを取上げて、「『目には目を、歯には歯を』と聞いているだろうが、悪い者には手向かってはいけない。右の頬を打つ者には左の頬も向けなさい。」(マタイの福音書5章38節39節参照 )と語っていますが、それは人間の本質を深く洞察する新しい提案になっていますね。つまり人間は争い易い罪の心を持っているのだから、人間に正義はあり得ない。人間は必要以上の報復を与えてしまうものだから、報復や罰を語っている所に適正な裁きはあり得ない。もし正義があり得るとしたら、報復を越えた愛に立つ以外にないということを言っているのです。ですからイエスは、「『目には目を、歯には歯を』と言われているが、赦しなさい。愛しなさい。」と言うのですね。人間というのは自分たちが自覚する以上に罪深い性質を持った者です。謙虚にそのような性(さが)を覚えて、神の前に立つ歩みへと導かれていきたいものですね。
(PBA制作「世の光」2018.10.17放送でのお話より )

******

 さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのはお勧め。こっそり覗きたければ一人で。それとも友だちをけしかけてつるんでもいいし。日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。事前の連絡なしでもちょっとのぞかせてくださいと言えばいいでしょう。PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。

******

このサイトは URL名として 
http://yonohikari.biblica.info 

が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。


 

■彼らが祈り終わると / 板倉邦雄

2018年11月20日 | Weblog
2018/10/16放送

 世の光の時間です。いかがお過ごしですか? 板倉邦雄です。
 今日は「彼らが祈り終わると」という題でお話ししましょう。
 
 祈りには個人の祈りと共同の祈りというものがあります。今日の使徒の働きの4章の箇所には、共同の祈りの大切な姿が描かれていますね。

 さて、使徒ペテロとヨハネが釈放されて教会の仲間の所に帰ってきました。教会の仲間一同は、この神様がなさってくださったこと、すなわち二人が釈放されたことなのですが神様の働きを聞くと神に向かって声を上げて祈り始めたのです。まさに共同の祈りの開始でした。

 祈りの内容はこのようなものでした。「天と地と海とその中のすべてのものとの造り主なる主よ。」とまず創造と摂理の神に向かって祈り始めました。天と地と海と全ての被造物を造られた神はこの世界を治め支配し処理しておられる摂理の神様です。

 次に、「あなたは私たちの先祖、あなたのしもべダビデの口を通して聖霊によってこう仰せられました。『地上の王たちは立ち構え、支配者たちは徒を組んでなぜキリストに逆らったのか。』 まことにヘロデ王とポンテオ・ピラトとは異邦人らやイスラエルの民と一緒になって聖なるしもべイエスに逆らい、御手と御旨とによってあらかじめ定められていたことを成し遂げたのです。」

 創造と摂理の神様はこの地上の歴史と私たちの心を支配しておられるということへの祈りでしたねえ。主なる神様の計画と御心が成し遂げられるのです。

 そして最後にこう祈りました。「主よ、しもべたちに思い切って大胆にみことばを語らせてください。そして御手を伸ばして癒しをなし、聖なるしもべイエスの御名によってしるしと奇跡とを行わせてください。」

 彼らが祈り終ると、その集まっていた場所が揺れ動き、一同は聖霊に満たされて大胆に神のことばを語り出したのです。

 一緒に祈る共同の祈りこそ、私たちが聖霊に満たされ大胆に神のことばを語る秘訣なのです。

  (PBA制作「世の光」2018.10.16放送でのお話より )

***

このサイトは URL名として
 http://yonohikari.biblica.info 
が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。

***

東海福音放送協力会へのお問い合せは、
 464-0044 名古屋市千種区自由ケ丘2-10 自由ケ丘キリスト教会内 電話052-762-2196 へ

***

■小犬でも、子どもたちのパンくずを… / 岩井基雄

2018年11月19日 | Weblog
2018/10/15放送

 世の光の時間です。お変わりありませんか? 岩井基雄です。

 第三週の月曜日はマルコの福音書から学んでいます。キリストが弟子たちと共に地中海沿岸の異国の地ツロに来ました。ある場所で食事をしている時、一人の異邦人女性が、「自分の娘を助け、癒して欲しい。」とイエスに願ったのです。娘は汚れた霊に憑かれていたのです。

 キリストは思いがけないことばを語ります。
 「まず子どもたちを満腹にさせなければなりません。子どもたちのパンを取り上げて、小犬に投げてやるのは良くないことです。
         新約聖書 マルコの福音書7章27節 (新改訳2017)

 それは神の民の優先性を示し、異邦人を犬呼ばわりし、彼女の要求を退ける内容でした。なぜこんなひどいことばをキリストが、と思うような場面です。

 しかし彼女はこう答えたのです。
 「主よ。食卓の下の小犬でも、子どもたちのパン屑はいただきます。
         マルコの福音書7章28節 (新改訳2017)

 彼女は自分たち異邦人が犬であると素直に認め、食卓の下の子犬が子どものパン屑をいただくように、自分の娘をも憐れんで欲しいと願い出たのです。ヘリ下って神の憐れみを求める祈り心がそこに現れていました。

 その答えにキリストは喜びます。そして、「そこまで言うのなら、家に帰りなさい。悪霊はあなたの娘から出て行きました。」(マルコの福音書7章29節 新改訳2017)と即座にその娘を癒されたのです。

 また別の福音書に、もう一つのキリストのことばが記されています。
 「女の方、あなたの信仰は立派です。あなたが願うとおりになるように。
          新約聖書マタイの福音書15章28節 (新改訳2017)

 「立派」とは「大きい」という意味です。信仰の小さい弟子たちよりも、この異邦人の女性の信仰の方が大きく立派だとキリストは語られたのです。キリストが彼女の信仰を引き出し、その上で願いに応えたということでもあるでしょうね。

 私たちの祈りも時には拒絶されるように感じ、長く待たされているように感じることがありますね。しかしその時にこそ私たちは神様への信頼、キリストへの信仰を働かせることができるのです。そして大きな豊かな信仰、信頼へと私たちも導かれていくことができるです。神はあなたを内側から変えてくださいます。

 (PBA制作「世の光」 2018.10.15放送でのお話より )
 
***

このサイトは URL名として
 http://yonohikari.biblica.info 
が使えます。。携帯からもこのURLでどうぞ。

***

東海福音放送協力会へのお問い合せは、
 464-0044 名古屋市千種区自由ケ丘2-10 自由ケ丘キリスト教会内 電話052-762-2196 へ

***




■神に知恵を求めよう / 羽鳥頼和

2018年11月17日 | Weblog
2018/10/13放送

 世の光の時間です。お聴きくださりありがとうございます。羽鳥頼和です。

今日は旧約聖書の箴言9章からお話しします。

 昨年4月に亡くなられたラジオ牧師の羽鳥 明先生は箴言のラジオメッセージをまとめた著書で、箴言についてこのように語っておられます。「世俗の金言格言ことわざさえ心にしみじみ受け取られる時がありますが、神が聖霊によって箴言として与えてくださった寸言の数々は、魂を生き返らせる、まさに時にかなった神のことばなのです。」今日も箴言を神のことばとして聞きたいと思います。

 箴言の9章は知恵を立派な人に喩えて語っています。知恵は立派な家を建てて、ごちそうを整えます。そして浅はかな人たち、良識のない人たちを自分の家に呼びます。そして彼らにより良い幸せな生き方を教えます。「自分に知恵が無いことに気付いた人、知恵が必要だと分かった人は神のことばを聞きに来なさい。」と呼びかけているのです。

 そして幸せな人生を送ることができるように人に神の知恵を教えます。知恵のある人とは、まず自分に知恵が無いことをよく分かっている人です。そしてその人は知恵を教えてもらうことを神に求めます。こうして知恵のある人は神から知恵を与えられて豊かな知恵のある人となります。

 箴言9章10節はこのように語っています。「主を恐れることは知恵の初め、聖なる方を知ることは悟ることである。

 知恵のある人はまず神を恐れます。そして神が聖なる方であることを悟ります。神を恐れるとは、怖がって神から離れることではありません。神がきよく素晴らしいお方であることを知って、神を畏れ敬い、神の前にひれ伏すことです。

 新約聖書のヤコブの手紙はこのように語っています。
 「あなたがたのうちに、知恵に欠けている人がいるなら、その人は、・・・神に求めなさい。そうすれば与えられます。」  (ヤコブの手紙 1章5節 )

 神に知恵を与えられて素晴らしい人生を歩みましょう。

 明日は日曜日です。知恵に満ちている神のことばを聞くためにお近くのキリスト教会にいらしてください。

 (PBA制作「世の光」 2018.10.13放送でのお話より )
 
***

このサイトは URL名として
 http://yonohikari.biblica.info 
が使えます。。携帯からもこのURLでどうぞ。

***

東海福音放送協力会へのお問い合せは、
 464-0044 名古屋市千種区自由ケ丘2-10 自由ケ丘キリスト教会内 電話052-762-2196 へ

***




■神様によって生まれる / 関根弘興

2018年11月16日 | Weblog
2018/10/12放送

 世の光の時間です。お元気でお過ごしでしょうか? 関根弘興です。

 新約聖書ヨハネの福音書3章にニコデモという人がイエス様のもとを訪ねた時のことが記されています。イエス様はニコデモに、「人は神様によって生まれなければ、神の国を見ることができない。」(参照3章3節、5節)と言われました。

 それでは「神様によって生まれる」とは一体どういうことでしょうか。そこには三つの事柄が含まれています。

 第一は、神様の永遠のいのちを得て生きるようになるということです。生まれるということはそこにいのちを得るということですよね。ですから神様によって生まれるなら神様が持っているいのち、それは私たちの肉体が朽ちてもなお朽ちることのないいのち、を得て生きるということですね。

 そして第二に、神の子どもとしての立場を得るということです。私は関根と言いますが関根家に生まれました。ですから関根家の子としてその立場を得て今まで生きている訳です。神様によって生まれるということは神様の子どもとして神様を「天のお父さん」と呼ぶことのできる関係を持って生きることができるということですよね。

 そして第三に、神の国の国民としての権利、国籍を得るということです。私は日本人として生まれました。すると日本の国籍が与えられるわけですねえ。そしてその国の保護の中で生きることができるわけです。神様によって生まれるということは、神の国の国籍を得て生きるということでもあるんです。聖書は、「私たちの国籍は天にある」(ピリピ人への手紙3章20節参照 )とも書いているんですねえ。

 「神様によって生まれる」とはいのちを得、神の子どもとして歩み、天の御国、神の国の国籍を持つ者として生きるということなんです。それこそが聖書の教える救いの内容なんですね。その救いは、人が自分の努力や頑張りや修行で得ることはできません。「ただ神様によって生まれる」とあるんですから神様によってのみ可能なのだというのです。

 新約聖書のヨハネの福音書1章12節(、13節)にこう書かれています。
 「この方---イエス・キリスト---を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとなる特権をお与えになった。この人々は、血によってではなく、肉の望むところでも人の意志によってでもなく、ただ、神によって生まれたのである。

 イエス様を救い主として信じ受け入れることは神によって新しく生まれることだ、と聖書は教えます。ですから誰でも、イエス・キリストにあって、新しく生まれ新しい出発をすることができるんですね。

     (PBA制作「世の光」2018.10.12放送でのお話しより)

***

 さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのはお勧め。こっそり覗きたければ一人で。それとも友だちをけしかけてつるんでもいいし。日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。事前の連絡なしでも、ちょっときてみました、いいですか? と言えばいいでしょう。PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。

■十戒 -自由への励まし80 姦淫してはならない / 大嶋重徳

2018年11月15日 | Weblog
2018/10/11放送

世の光の時間です。いかがお過ごしでしょうか? 大嶋重徳です。
 聖書には十戒と呼ばれる神と人との間に結ばれた約束があります。十戒を始めとした聖書のことばは人間を縛りつけるものではなく、自由へと導くためのことばなのです。十戒第七戒には「姦淫してはならない。」(出エジプト記20章14節 新改訳2017)とあります。

この戒めは結婚外の誰かと性的な関係を持つことを禁止する戒めです。ではどこまでが姦淫の罪なのかという、この罪を犯すことに魅力を感じている人々によって、この戒めがゆがめられ狭められてきました。

 しかし十戒第七戒の「姦淫してはならない。」という戒めが放っている広がりについてイエス様はこんなふうにおっしゃいました。
 「『姦淫してはならない。』と言われたのを、あなたがたは聞いています。しかし、わたしはあなたがたに言います。だれでも情欲をいだいて女を見る者は、すでに心の中で姦淫を犯したのです。もし、右の目が、あなたをつまずかせるなら、えぐり出して、捨ててしまいなさい。からだの一部を失っても、からだ全体ゲヘナ---つまり地獄---に投げ込まれるよりは、よいからです。もし、右の手があなたをつまずかせるなら、切って、捨ててしまいなさい。からだの一部を失っても、からだ全体ゲヘナに落ちるよりは、よいからです。」 マタイ 5:28節~30節 新改訳第三版

 とても厳しいことばです。姦淫の罪の範囲は情欲を持って女性を見る者全員となります。あるキリスト者の女性が正直に、「この情欲を持って見るということばの前には形は違えども女性もまたその罪を犯しています、夫よりも男性アイドルを、韓流スターを追いかけるのも同じことなのです。」とおっしゃっていました。そして自分自身も今なおこの箇所を開く限り、自分はいつになっても避けがたい罪人であることを明確に自覚させられます。

 中学生の頃、私はこの聖書箇所に出会った時、自分の弱さを言い当てられている恥ずかしさと罪深さを認めずにはいられませんでした。そして同時に、この箇所さえ聖書からなかったなら、という思いにもなりました。

 しかし十戒が連れて行こうとしている所は、罪悪感にまみれることではありません。十字架の足元に私たちを招いているのです。性的な戦いはリアルに私たちの前に立ちはだかっています。この戦いに何度負けだとしても、何度でも十字架のもとに膝まずきに行くのです。私たちは罪を犯さない者に地上で完全になることはできません。大切なことは、悔い改め、赦されることから遠くならないことです。諦めや開き直りに入ることなく、十戒第七戒が促すように自分の罪をきちんと認め、私たちは神様の赦しを見上げていく者となりたいのです。

    ( PBA制作「世の光」2018.10.11放送でのお話しより )

******


さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのもいいんじゃないかなあ。日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。


******
このサイトは URL名として  http://yonohikari.biblica.info  が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。



■宥めを行うのは血である / 福井 誠

2018年11月14日 | Weblog
2018/10/10放送


世の光の時間です。いかがお過ごしでしょうか? 福井 誠です。今日のバイブル・メッセージは「宥めを行うのは血である」です。
 レビ記17章11節から読んでみましょう。
 「 実に、肉のいのちは血の中にある。わたしは、祭壇の上であなたがたのたましいのために宥めを行うよう、これをあなたがたに与えた。いのちとして宥めを行うのは血である。
            (新改訳2017)

 イスラエルに行きますと、大方のレストランにはコーシェル認証というマークがつけられていますねえ。私はバーガーショップのマックにもこのコーシェル認証のマークを見つけたことがあります。そのようなお店では、肉とミルクは一緒に食べといけない、というユダヤ教の食事規定を重んじて、ハンバーガーは奥のカウンターで、カフェオレなどの飲み物は出口の脇のテイクアウトコーナーで注文して買う形式になっていました。ユダヤ教のコーシェルでは、その他に食べて良い食物と食べてはいけない食物を定めており、肉についてはすっかり血を抜くことが決められています。

 なぜそのようなことをするのかと言えば、それは血には特別なきよさが与えられていると考えられたからです。実際ここで神は、きよい動物の血を贖(あがない)いの手段として教えています。いけにえにされ注がれた血は、いのちが神に捧げられたことを具体的に目に見える形で表現しているのであって、その死によって人の罪は償われたのですから血は神聖なものなのです。ですからどんな血も食べてはならないと禁じられた訳ですねえ。血は食用でなくて祭壇に注いで人間の罪の償いの手段としてのみ用いられる特別なものなのです。

 しかし現代の私たちは血をそのように理解することはありません。日本人は血を食用とはしませんし、また血を流すことについては嫌悪感を持つことはあっても、それによって人間の罪が赦されるという発想はしませんねえ。しかしこうした血に対する理解を改めて深めてみると、キリストの十字架の意味がよく理解できます。

 パウロは「この方にあって私たちは、その血による贖い、罪の赦しを受けています。 」(エペソ人への手紙1章7節 新改訳第三版 )とエペソ人への手紙の中で語りました。キリストが十字架で流された血は、私たちの罪の赦しのために流された神聖なものです。そのように信じる者はキリストの救いに与る。これが聖書の語ることなのです。

(PBA制作「世の光」2018.10.10放送でのお話より )

******

 さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのはお勧め。こっそり覗きたければ一人で。それとも友だちをけしかけてつるんでもいいし。日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。事前の連絡なしでもちょっとのぞかせてくださいと言えばいいでしょう。PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。

******

このサイトは URL名として 
http://yonohikari.biblica.info 

が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。


 

■無学でただの人/板倉邦雄

2018年11月13日 | Weblog
2018/10/9放送

 世の光の時間です。いかがお過ごしですか? 板倉邦雄です。
 今日は「無学でただの人」という題でお話ししましょう。
 
私たちは学歴や地位、そして富や財産によって人々を判断するようです。しかし、本当に人を生かすものはそのようなものではないようですね。使徒の働き4章の続きです。

 さて最高議会に召集された議員たちは、キリストの使徒ペテロとヨハネの、この二人が正式な学問を受けていない無学なただの漁師であることを知りました。そして驚き、不思議に思ったのです。ペテロとヨハネの二人は大胆に語ったのです。議場の人々は、二人に癒された男がそのそばに立っているのを見たので全く返すことばがありませんでした。

 そこでひとまず二人を議会から退場するように議長が命じてから、「彼らによって著しい奇跡が行われたことはエルサレムの住民全体に知れ渡っているので否定しようもない。ただこれ以上のことが民衆の間に広まらないように、今後はイエスの名によって一切誰にも語ってはいけない、とおどしてやろうではないか。」と議場は決議しました。

 ペテロとヨハネは、これに対して言いました。「神に聞き従うよりもあなたがたに聞き従う方が神の前に正しいかどうか、判断してもらいたい。自分の見たこと、聞いたことを語らないわけにはいかない。」 

 無学でただの人が有力者や有識者たちの脅しにも屈することなく大胆に語り、正しい判断に立つことができたのです。その勇気と力はどこから来たのでしょうか。それはイエス・キリストのことばから来たのです。

 キリストのことばです。
 「また、あなたがたは、わたしのために総督たちや王たちの前に連れて行かれ、彼らと異邦人に証しをすることになります。人々があなたがたを引き渡したとき、何をどう話そうかと心配しなくてもよいのです。話すことは、そのとき与えられるからです。 話すのはあなたがたではなく、あなたがたのうちにあって話される、あなたがたの父の御霊です。
   マタイの福音書 10章18節から20節 (新改訳2017)

  (PBA制作「世の光」2018.10.9放送でのお話より )

***

このサイトは URL名として
 http://yonohikari.biblica.info 
が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。

***

東海福音放送協力会へのお問い合せは、
 464-0044 名古屋市千種区自由ケ丘2-10 自由ケ丘キリスト教会内 電話052-762-2196 へ

***

■神の約束を信じて、前に進む / 岩井基雄

2018年11月12日 | Weblog
2018/10/8放送

 世の光の時間です。お元気ですか? 岩井基雄です。

 第二週の月曜日は旧約聖書に登場するヨセフの人生について学んでいます。人生には様々な決断が必要で、決断をもとに前に進んでいかなければなりませんね。しかし新しい歩みへと踏み出した後も揺れ動くことがありますねえ。ヨセフの父ヤコブはヨセフが生きており、エジプトの大臣となっていること、そしてこの飢饉の中、特別な車で迎えていることを知りました。そしてイスラエルの地を離れてエジプトに下る決心をしたのです。しかしヤコブは、イスラエルの最南端ベエル・シェバまで来た時、なお神の御心を求めたようです。神の民が受けた契約の地イスラエルを離れる決意の中、恐れがあったのでしょうか。

 ヤコブの祈りに対し、神はこう答えました。
 「わたしは神、あなたの父の神である。エジプトに下ることを恐れるな。わたしはそこで、あなたを大いなる国民(くにたみ)とする。このわたしが、あなたとともにエジプトに下り、また、このわたしが必ずあなたを再び連れ上る。そしてヨセフが、その手であなたの目を閉じてくれるだろう。
      旧約聖書 創世記46章3節、4節 (新改訳2017)

 神様はヤコブを、エジプトの地に於いても大いなる国民とし、神ご自身が一緒にいて、必ずヤコブを契約の地イスラエルに戻らせると語ります。契約の土地に固執せず、恵みの契約を与える神様ご自身に信頼するよう神様はヤコブを導いたのです。

 そしてそれは私にとっても大きな励ましです。どのような場所であろうと、そしてどこであっても、創造主であり主権者である神様が私たちと共にてくださるという事実こそ私たちの力であり喜びだからです。

 苦難の時の失意の中にあっても、神様の臨在に心を留め、主と共に歩み、心から主に従うものとさせていただきたいと願います。

 聖書のことば
 「恐れるな。わたしはあなたとともにいる。たじろぐな。わたしがあなたの神だから。わたしはあなたを強くし、あなたを助け、わたしの義の右の手で、あなたを守る。
          旧約聖書 イザヤ書 41章10節 (新改訳2017)

 思いをはるかに超えた神様の恵みと愛の御計画に信頼を置いて歩ませていただきましょう。どんな時にも神様はあなたと共におられます。愛なる神があなたと共におられるのです。

 (PBA制作「世の光」 2018.10.8放送でのお話より )
 
***

このサイトは URL名として
 http://yonohikari.biblica.info 
が使えます。。携帯からもこのURLでどうぞ。

***

東海福音放送協力会へのお問い合せは、
 464-0044 名古屋市千種区自由ケ丘2-10 自由ケ丘キリスト教会内 電話052-762-2196 へ

***




■いのちの泉が心から湧く / 羽鳥頼和

2018年11月10日 | Weblog
2018/10/6放送

 世の光の時間です。お聴きくださりありがとうございます。羽鳥頼和です。

今日は旧約聖書の箴言4章からお話しします。最初に箴言の目的が語られています。
 「子たちよ、父の訓戒に聞き従え。耳を傾け、悟りを得よ。私が良い教訓をあなたがたに授けるからだ。私の教えを捨ててはならない。」(箴言4章1、2節)

 キリスト教の神は「父なる神」と言われます。父なる神は「子たちよ。」と愛情を持って語りかけてくださいます。箴言は父なる神の教えが語られています。箴言の4章は、「わが子よ、・・・私の言うことを受け入れよ。」(箴言4章10節)と勧め、「私の教えを覚えて忘れるな。私の教えはいのちだから。」(参照 箴言4章13節)また「私のことばを心の中に保て。そうすれば私のことばはあなたにとっていのちとなる。」(参照 箴言4章21、22節)と語っています。

 素晴らしいことに、神のことばは人にいのちを与えます。箴言は神のことばを聞いて行うことを「知恵」と言います。箴言は神の知恵を教えて、その人が神のことばを行なって、より良い人生を送ることができるようにと書かれたのです。

 続いて箴言4章は、「悪を無視せよ。悪を遠ざけよ。悪を行うな。」(参照 箴言4章27節)と語っています。悪を行わず、神のことばを行うことに心を向けるように勧めています。ですから箴言は、「何を見張るよりも、あなたの心を見守れ。いのちの泉はこれから湧く。」(箴言4章23節)と語ります。神のことばを聞くことによって命が与えられ、神のことばを行うことによって、心にいのちが豊かに与えられます。
 イエス・キリストがいのちについて語られたことばを思い出します。

 イエス・キリストは言われました。
 「わたしが与える水は、その人の内で泉となり、永遠のいのちへの水が湧き出ます。」(ヨハネの福音書 4章14節)
 キリストは私たちに永遠のいのちへの水を与えてくださいます。私たちはキリストの十字架を信じることによって、そのいのちの水を受けることができます。

 明日は日曜日です。いのちを与える神のことばを聞くために、お近くのキリスト教会にいらしてください。

 (PBA制作「世の光」 2018.10.6放送でのお話より )
 
***

このサイトは URL名として
 http://yonohikari.biblica.info 
が使えます。。携帯からもこのURLでどうぞ。

***

東海福音放送協力会へのお問い合せは、
 464-0044 名古屋市千種区自由ケ丘2-10 自由ケ丘キリスト教会内 電話052-762-2196 へ

***