♪ラジオ放送・文字版「世の光」

   1952年以来、キリスト教会が協力して全国民放ラジオで放送して66年の
「世の光」を文字で 

■十戒 -自由への励まし 54 / 大嶋重徳

2018年05月17日 | Weblog
2018/4/12放送

世の光の時間です。いかがお過ごしでしょうか? 大嶋重徳です。
 聖書には十戒と呼ばれる神と人との間に結ばれた約束があります。十戒を始めとした聖書のことばは人間を縛りつけるものではなく、自由へと導くためのことばなのです。十戒の第五戒には、「あなたの父と母を敬え。」(出エジプト記20章12節 新改訳2017)とあります。これまでにも私たちは両親をはじめとした人間関係に傷つけられ、その痛みから人間関係を恐れてしまうことがあります。しかし十戒第五戒は、それでもなお私たちに「 あなたの父と母を敬え。」と語るのです。

 これを不可能な教えなのでしょうか。そうでありません。信仰者の共同体が、キリスト教会が、神の家族と言われることにこそ私たちには大いなる希望があるのです。私たちは主にある兄弟姉妹の交わりの中で癒しを得ていくことができます。家族を味わうことができなかった者にも教会の中では父なる神という父が与えられ、同じ信仰を持った兄や弟、姉や妹が与えられます。自分の魂をキリストのもとに導いてくれた母のような存在も教会にいてくれます。神様は神の子とされるという特権を私たちに与えてくださいました。そして今、十戒第五戒を守ることができるように神の子とされることを教会共同体の中で経験していけるようにと神様は助けてくださっています。

 もちろん教会にも自分の苦手なタイプの人がいます。今までの人生で話したことも付き合った事のないようなタイプの人が教会にはいます。激しく傷ついて失望することも教会にはあります。教会は決して心地よいだけの快適な空間ではありません。

 しかしこの神の家族は父なる神様のことばを聞く時に悔い改めることできる関係です。イエス様の姿を見ると自分から「ごめんなさい」と謝ることができる存在の集まりです。今まであなたの家族があなたを傷つけても、あなたに謝ってくれることのない家族であったとしても、教会の交わりはあなたにきちんと謝ってくれます。またあなたが今まで家族を傷つけて家族に謝ることもせず、家族なんだから私が謝らずとも赦すべきだ、と平気で言ってしまったとしても、あなたも父なる神様にきちんと叱られて悔い改めが求められ、神の家族に謝ることを経験していくのです。

 神の子とされた私たちは、教会の中で共に主の前に出ていき、共に赦しを求めていることを経験します。そうする時、あなたを子としてくださった父なる神様は、叱ったあと赦しと愛でもう一度やり直していける教会をあなたに味わせてくださいます。

 
   ( PBA制作「世の光」2018.4.12放送でのお話しより )

******


さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのもいいんじゃないかなあ。日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。


******
このサイトは URL名として  http://yonohikari.biblica.info  が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。