王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

中国でゾンビ肉 流通 !!

2015-06-30 11:13:03 | 駄目だ! こりゃ
「ゾンビ肉」、中国で流通 一部は70年代生産の記録

「ゾンビ肉」とは何じゃいな?!と思って読んだしだい。
どうやら「消費期限」を2-30年以上も過ぎた冷凍肉その様に呼んだようです。
中には70年代物があったそうですから40年以上のビンテージ?物もあったとか。

記事によればネタの転送ですので何時?どこで? がはっきりしませんが最近?中国の税関が冷凍肉の密輸グループを摘発した所、押収した冷凍肉に上記のような記録が包装にあったそうです。

牛肉は市場価格の半値程度とありますから密輸業者は大儲けだと思いますがはてどうでしょう??

すでに中国各地で流通していた様でゾンビ肉で死者が出た様子もありませんから「人間は案外丈夫なものですね」

北京に行った何をら食べてよいか判断に困ります。テロの巻き添えもこわいですしね。


朝日新聞:
中国の税関当局が冷凍肉の密輸グループを摘発したところ、1970年代、80年代の肉が流通していたことが分かった。食品の安全問題には事欠かない中国だが、「ゾンビ肉」として話題になっている。国営新華社通信などが伝えた。

 税関当局は全国で20以上の密輸グループを摘発。鶏の手羽先や足、牛肉など10万トン以上、計30億元(約593億円)相当の肉を没収した。一部の包装に、70年代、80年代に生産されたとの記録があったという。

 報道によると、密輸肉の原産国は米国やブラジルなど。長期保存の経緯は明らかでないが、中国メディアは「戦時用に備蓄されていた肉ではないか」などと推測している。湖南省の摘発例では、いったん香港に集められた後、ベトナム経由で密輸。途中、冷凍車を使わずに溶けて腐り、再び冷凍された肉もあった。

 牛肉の市場価格は通常、1キロ80元(約1600円)程度だが、密輸肉はその半値程度だった。北京、天津、重慶の各市や、河南、四川、湖南、広東など各省のスーパーやレストランに流通していたとみられる。

 肉は検疫を受けていないため、鳥インフルエンザや口蹄疫(こうていえき)などに感染していても、そのまま流通していた可能性があるという。(広州=延与光貞)
(引用終わり)
コメント   トラックバック (1)