ランシモ

ランニングからツチノコカメラや時事まで興味あるすべて

大会翌日,高知観光は龍河洞

2015-02-19 17:08:01 | 旅行記

高知龍馬マラソンを完走したけど筋肉痛にならなかったので,この日も近辺を観光することに。

一昨日は土佐黒潮鉄道に乗って奈半利まで往復と高知城だったので,この日は急きょレンタカーを借りて走り回った。

四国の旅はフルマラソン1日,観光が2日で,マラソンをだしに使った観光旅行のようでした。高知龍馬マラソンも5時間36分もかけた,物見悠山マラソンみたいだったしな~~~。

室戸岬は今まで行ったことがなかったので,ちょっくら行ってきただけ。その後に龍河洞を見学して市内に戻った。龍河洞は期待した以上の内容でした。さびれた観光地然としているのが残念だった。最近に限らないが日本の国民は国内旅行をしなさすぎだと思う。皆,お金があったら海外旅行に行ってしまうので、国内でへき地の観光地は寂れるだけで,いかんともしがたい。私など、もっと日本を見てから海外へ出てくれと思う、、、。残念ですねーーー。

 

室戸岬も四国のはずれなので観光客が少ない。

海の中の小さな岩に釣り人が点々といました。大きな波がきたらさらわれちゃうじゃないかー。沖合いに釣り船がいたので,そんなときは駆けつけるのかな。怖そうな海釣りです。

星の王子様の星に似た岩ですよー。

海釣りは,確かサーフィンよりも水泳よりも事故が多かったような。

夏の室戸岬はよさそうですが,冬はちょっと寒々しかった。

帰り道に香南町にある龍河洞を訪れた。

私が鍾乳洞を見たのは,小学校3年のころに親父に連れられて行った山口県にある秋芳洞と,奥多摩の日原鍾乳洞だけです。それで有名な四国の龍河洞がどんなものか見たかった。

入場料金は1100円でしたが,充分にその価値はあります。

洞窟自体は秋芳洞に比べたら小さいけど,石筍が豊富で手付かずに残っています。

高知の自然を見たければ,ぜひ訪れることをお勧めします。

ひなびた観光地でお客さんが少ない。

関東近県は観光地は人だらけですが,四国,九州は穴場がいっぱいです。

最近のコンパクトデジカメは暗いところでも良く映ります。

手振れしないもの。

洞窟はそんなに広くはない。

色もカラフルじゃなく単色に近い。

通常コースは整備されているので歩きやすい。

ただ,龍河洞はアップダウンが大きく,足の悪い方にはむずかしい。

立派な石筍です。

ところどころに案内人が座っていて知らないとびっくりします。

早口で説明してくれます。

しかし洞窟内にこんな物作って何を考えているのか!

地方の観光地のセンスはどうにかならないものか。おみくじやら祠をおいて台無しじゃないか!龍河洞自体は見るべきものがあるが,日本の観光地はどうもローカルすぎるなー,好きな人もいるだろうけどね。

龍河洞
http://www.ryugadou.or.jp/index.html


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 高知観光はお城と土佐黒潮鉄道 | トップ | ランニングシューズがたまった »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れさまでした (KIM)
2015-02-19 22:18:39
shimoさん

脚力さすがですね。経験があると回復も早いと思います。
私には四国は未開の地です。城にも疎いですが、弘前城&松本城はお邪魔しました。高知城は「功名が辻」の舞台ですね、大河ドラマ拝見してました。家族で鰹ツアーしたいものです。
私は今夜は皇居を2周1時間走りました。脚力も快復しつつあり、余力を残して切り上げました。八分目はプロ野球自主トレみたいです。夕飯に好きなホッケ定食を頂きましたが、乱獲で値上がりしてました…高級魚になると、鰈に替えないとなどと変なことを考えました。
来週の南蛮が楽しみです。
いいですね。 (松橋の松)
2015-02-20 03:08:35
いいですね。高知。
昨年は全中で香川に行ったのですが、観光は皆無。
でも、朝ランと、高松市の夜の居酒屋は堪能しました。
小遣い貯めて、四国にバイクを抱えて、行きたいですね。
もちろん、新宿探訪ももくろんでいます。その時は、よろしくお願いします。
Unknown (shimo)
2015-02-20 17:54:48
KIMさん
ゆっくり走って疲れないスピードだったんでしょう。四国はうどんを食べに行きます。乱獲でホッケが高級魚になりそうです。
Unknown (shimo)
2015-02-20 17:57:18
松橋の松さん
四国,九州はバイクで走り回りたいですねー。
列車で輪行すればできますねー。
新宿はオリンピックのときですね。それまで東京はずいぶん変わると思います。ぜひいらしてください。

コメントを投稿

旅行記」カテゴリの最新記事