ランシモ

ランニングからツチノコカメラや時事まで興味あるすべて

セイコーゴールデンGP(陸上競技大会)を見に行った

2017-05-22 14:30:13 | ご挨拶

多摩川を渡った武蔵小杉で、ケンブリッジ飛鳥やガトリン、サニブラウン・ハキームが見れるというので、ママチャリ自転車で新宿から駆けつけました。

1時間10分もかかったぞーーー。

川崎等々力陸上競技場は新品ピカピカの競技場だった。

でも、駅からちょっと遠くないかーーー。

こういう大会のメーンイベントは100m走で、それが最後のレース。

私が座った席はゴール近くの当日券の安い席で高校生でいっぱいだった。

私の前に占拠した学生たちは、優勝した選手が投げる花やグッツ目当てです。

あたかも、コンサートの舞台にかじりつくファンみたいだ。

キャーキャーうるさいの〜〜〜。

おっと晴天で暑かった競技場が若干涼しくなった頃、女子200m決勝ですよ。

白人やアジア人がいないのー。

みなさん立派な体です。

福島千里選手はこんな人を相手にするんだから大変そう。

こちらが日本代表。

ぽよーんとしているでしょ。

普通に可愛らしい女性です。

あんな怖そうな世界の女性たちとは戦いさせたくない。

ハンディーが必要じゃないかー。

美形ポイントとタイム制の両方で順位を決めるのはどうかーーー。

怖いのは減点したら?

これは800だったか3000だったか、ハードルだったか忘れました。

これくらいの距離の選手はスリムです。

スピードも必要ですが筋肉走りはできませんから。

手をなんであげているかというと、優勝選手が投げる花やグッツをもらいたいからで、私の周りは、たぶん地元高校生の無料観客じゃないかー。

選手にタッチしようとするものもいるし、すごくにぎやかだった。

でも、みなさん立ち上がるので何も見えなくなります。

女子100mのゴールです。

福島の右隣が100と200で優勝したブルガリアのイベト・ラロワコリオ。

贅肉なしのスリムで筋肉質の体です。

福島だって日本の女子選手の中では筋肉美を誇っているが、イベトと並ぶとその差がまだあります。

福島は6位で後ろの選手達が相手でしょ、筋肉マッチョ相手では大変だー。

優勝したイベトは顔まで筋肉じゃないかー。

100、200共にアメリカ勢を抑えて優勝したから、今日は最良の日だったでしょう。

周りの男たちがデレデレしてるように感じられるのは気のせいかな?

200の決勝。

飯塚は調子が悪かったようだ。

左が4位に入った原で、藤光が20秒93で3位に入りました。

等々力陸上競技場はオリンピックや世界陸上には観客席が足りないかも。

ラストのメインレースは100m決勝です。

ケンブリッジ飛鳥は真ん中の後ろ姿で左に後ろ姿は米国のガトリン。

同じユニフォームなのはナイキと契約しているからです。

ケンブリッジ飛鳥はオリンピックの400mリレーで銀メダルのメンバー。

この日もそれなりに調子が良く、向かい風1m以上あったが10秒31。

9秒台の常連のガトリンと0.03秒差だったから立派です。

サニーブラウン・ハキームは彼らには貫禄負けの4位だった。

学生たちにケンブリッジ飛鳥の人気はすごいですよーーー。

まさに、コンサート会場のミュージシャンとファンみたいだった。

手前が優勝したガトリンで後ろの放心状態がサニーブラウン。

でもティーンの時から世界のトップアスリートと競技できるんだから、、、たいしたもんです。50年前の私など物心がないただの獣みたいでしたから。

こんな人が、、、愛嬌があったって怖いよーーー。

まさに筋肉マッチョ。

100m選手は格闘技系だ。

こんな選手達と戦って銀メダルを取った、日本の男子400リレー選手はすごいです。

ケンブリッジは逆三角形の立派な体です。

顔立ちも整っているから、人気があるのもムベなるかな。

この大会には5000も1万もなく、どちらかというと短距離のグランプリです。

たまには、全力疾走の選手を見るのはいいものです。


カメラはニコンのDXフォーマット・カメラ

レンズはAF−P DX 70ー300 F4.5−6.3

このレンズは300の時でもなかなかシャープです。55−200より良い感じ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小平の植木屋さんで見かけた花

2017-05-19 16:57:38 | 日記・エッセイ・コラム

小平の植木屋さんで見慣れない花を見ました。

花と言っても木に咲いている花です。

遠目にはアジサイのように見えたけど、近寄ると見たことのない花だった。

6角形なのかー。

つぼみは槍の穂先のように尖がっていた。

花びらの先端はどうやって折りたたまれているのかな~~~?

植物に限らず、動物、昆虫、生き物は面白い形をしている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小平畑でとれたルッコラと小松菜を食べた

2017-05-18 20:26:27 | 食・レシピ

小平の畑でルッコラと小松菜を収穫してきました。

小松菜は、スーパーで売っている10束分ぐらいあった。

水洗いしてニンニクとベーコンで炒めました。

お野菜は炒めると、ほんのビッチョの量になります。

スタッフ8人の昼食、夕飯の副菜になりました。

ルッコラはゴマのにおいがする最近人気のお野菜です。

これは炒めずにそのままドレッシングをかけていただく。

これが、、、美味しいのなんの。若いスタッフはルッコラを食べたことがないものがほとんどで、生で食べさせたら「これ美味しいですね!」ってびっくりしていた。

さらに、小松菜も収穫してきて水洗いしただけのものを、ざるからバリバリ食べだし止まらなくなっていた。小松菜も新鮮なものは生が一番味が濃くて美味しいのだ!

これ、たいていのお野菜に当てはまりますよ~~~。

トウモロコシがまさにトレトレノ生がすごいのは皆さん知らないことです!

ゴマ・ドレッシングとレモン・ドレッシングを用意したけど、ゴマ・ドレッシングのほうがゴマ味が強調されて美味しかった。

小平畑にはルッコラは半分残っています。

今回収穫してきた分も、まだ半分残っています。

明日食べよう。

小松菜は全部収穫してきたので、畑を整地して小松菜の種をまいてきた。

小松菜のように成長が早い作物は、2毛作どころじゃなく5毛作ぐらいできるんじゃないかな?

野菜タプ~リ食べてスタッフは健康になる!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大鰐温泉のひなびたところが私にドンピシャ

2017-05-16 20:56:04 | 旅行記

今月の連休は東北旅行でしたが、弘前には泊まれずに近くの大鰐(おおわに)温泉に泊まりました。

連休中の弘前に宿の予約もせずに行ったのが大間違いで、駅観光案内の入り口に今日の宿は満員と張り紙してあった。しかも宿の予約は観光協会では受けませんと宣言してあった。

あちゃーーーと思ったが、行き当たりばったりの旅しかしない私には、いつものことなので慌てません。

弘前近郊の町を当たればダイジョーブ、今回は車だし移動はお手の物ですから。

昨年、弘南鉄道に乗って大鰐温泉までローカル鉄道で往復していましたが、えらく、、、えらくひなびた温泉だなーと感心していた。

東京近郊や関東にはない位のひなび方(さびれ方)だった。

大鰐温泉は弘南鉄道の終点であるけれどJRも通っていました。

電車の車窓からは弘前の先に、遠く岩木山がくっきりと遠望できました。

プラットフォームで立ち話、学校帰りのようです。

絵にかいたような日常風景でしょーーー。

甘酸っぱい思い出が、ぎゅっと濃縮している光景です。

これこれ、これが見たかったんだよーーー。

なんだろう、えらく懐かしい!

幼いころの原風景を見ている感じかな。

 

大鰐の駅についたら乗客が数人降りるだけ、駅舎には誰一人いなかった。

ふと、気が付くと、、、ひとり旅館の番頭さんらしき人が、くるりと背を向けてトボトボと温泉街のほうへ戻っていく姿を目にした、、、。

あーーーこの日、この時間、この列車では大鰐温泉に降りる宿泊客がいなかったんだなーとーーー他人事ながら心配したものです。

だって、会社だって暇な時があって、仕事が欲しけっど電話もかかってこないよー、どうなっちゃうんだろう、なんて番頭(経営者)さんは心を痛めることがありますものねー。

他人事じゃないでしょ、明日は我が身に感じたのです。

それで、今年は弘前に泊まれなかったら、、、大鰐温泉だったらどこでもいいから泊まろうと固い決意で来たものです。

電話したら夕食はできないが朝食付きだったら泊まれますよーとの返事だった。

うれしくて、弘前の桜を堪能してから、15Kmほど離れた大鰐温泉に行きました。

狭くてショボい部屋だったけど、私には満足だった!

どーーーも、豪華で立派で高価な温泉や宿、ホテルだったら、反対に居心地が悪くなるようだ。

私は貧乏性なんでしょうーね。

ウニトロイクラが苦手なのも、そのせいかもしれない!

それで翌朝、このひなびた温泉の朝食に感激した次第です。

宿泊料金は朝食だけだったので8640円でした。

全く豪華じゃないけど、私の好きなものばかりで、、、大きなホタテが美味しかったのーーー!

満足しました。

お話を聞いたら、大鰐温泉はこんな感じでひなびているけど、山の上に「星野リゾート、大鰐」があって、そこは、、、すごく繁盛している、、、と。

最低価格が3万円だと、、、それでも大鰐ではそこしか満員にならないそうです。

ひなびた温泉旅館は、ひなびたまま存在している。

山の上の、豪華な「星のリゾート、大鰐」は裕福な方たちでいっぱいだそうです。なんという格差なんだろう。星野に泊まれる裕福な方たちは、大鰐温泉は立派で豪華だと思って帰られることだろう。

満足、満足なんだろうか?

実際のその他大勢の大鰐温泉街は、いつ無くなってもわからないほどの存在です。

でもなー、そこでも古くからの営みがあるんだよ。

どっちがどうかなんかじゃないけど、貧乏性の私には大鰐温泉街が性に合っていた。

パンフレットはえらく立派です。

きっと星野の手が入っているんじゃないかな。

そういえば駅前に町営の日帰り温泉施設があった。

時間が合わなかったので立ち寄りができませんでした。

 

昔、房総の銚子に行ったとき、街道筋を走っていて、ふとローカルなスーパーに立ち寄りました。

海からそれほど離れていなかったので、サンマが1匹50円で売っていました。

へーーー安いなーーーしかも新鮮だぞーーーとえらく感激して、相棒と店内で騒いでいたら、一人の年配の女性が、、、「このさんま美味しいのよー、毎日この50円のサンマを食べられて幸せなの」とのたまっていて、腰を抜かさんばかりに感激したことがあった。

物欲の塊や、名誉欲の塊は都内で仕事をしたり住んでいると嫌というほど目にします。

こんな50円のサンマで感謝、感激できるのは、この年配の女性は仏陀の化身なんかじゃないだろか、、、と思わず手を合わせたくなった。

 

旅に出ると、日常とは違う価値観に出会うことがあり嬉しいですね。

軽井沢の星野温泉は、星野リゾートになる前からよく知っていました。古い感じの坊ちゃんの時代からあるような旅館でしたね。どこも広大な敷地で、今の経営者に変わってからカッコ良いリゾートに仕上げました。軽井沢に泊まったら、星野の敷地を横切って、縦横に野山を走り回ったものです。軽井沢はどこでもトレイルランニングですよー。

2017年 弘前城の花筏(はないかだ)http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/5cbf56f836627ad684ad1648b93327d9

2017年 弘前の桜まつりは寺山修司の世界http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/3774def65742b0990f14f92765696222

2016年 弘前の桜、春爛漫

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/840e262e9e835622f5ac61fa6348f0de

 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

函館ラーメン、アジサイ

2017-05-15 20:11:06 | グルメ

函館山に登って夜景を見て、下りてきて腹が減ったのでベイエリアを探索。

ジンギスカンを食べたかったが予約でいっぱいだと、、、。

ウニトロイクラが苦手な私としては海産物のお店には足が向きません。

函館倉庫街のお隣で、ここは函館一番のラーメン屋さんと聞いていたので、ちゅうちょなく「アジサイ」へGoo。

麺厨房あじさい紅店というそうだ。場所はラビスタ・ホテルの手前と言うと分かりやすい。

函館の塩ラーメンは、汁が透明なのが特徴です。

さっぱりとして脂ギタギタな豚骨の正反対です。

麺も細麺だし昔風のラーメンですが、お味がよい。

札幌でも今年ラーメンを食べたがどこも美味しかった。

函館に限らないけど、北国の食は私には合います。

住所 北海道函館市豊川町12-7
函館ベイ美食倶楽部
Tel / Fax 0138-26-1122

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小平畑に通農、その後に16kmジョギング

2017-05-14 18:01:46 | ランニング・マラニック

小平畑のジャガイモに花が咲きました。

大っきくなれよーーー。

今日は予定がなかったので、どこに行こうかと考えて、小平の畑の様子を見てから、多摩湖遊歩道を往復で16km走ることにした。

土曜日が小平の吉野学校の講座(座学)の日ですが天候が悪くて作業はできなかった。

それで、翌日の日曜日に何かすることはないかと見回りに行った。

トウモロコシの花が咲きました。

米みたいでしょーーー。

トウモロコシは実は実話でイネ科なんです!

もうじき出荷かなーーー。

昨夜の雨で玉ねぎが倒れたのかしら???

畑のチェックを済ませて、また走り出して多摩湖まで往復ですよーーー。

片道が8kmなので往復で16kmあります。

車はお風呂の王様の駐車場に停めてあるので、戻ったら温泉とお食事付きでまたーりします。

日曜日ですからねー。

こんな日ですが、汗をかいて水分補給をガブガブしました。

水で腹がふくれるほど飲みました。

これで水がアルコールになったら、健康を害するのは間違いない。

アルコールは水分補給にはならずに、反対に脱水になります。

けっこう危険なことなんですよー。

いきがって、運動した後ビールを飲むと、、、いずれ10年後に体を悪くします。

いったいぜんたい、ランニングに限らないが、知人がそれで大勢体を壊しています。

肝臓の病は、一度壊したら完治はありませんから、一生不具合と付き合わなきゃなりません、、、それが10年なのか、20年なのか、30年も持ったらめっけものです、、、。

運動したら普通に水分補給、アルコールは控えめに、、、が鉄則です。

遊歩道の道端に咲いていた綺麗な花です。

小さな花でクローズアップしています。

デジカメの電池切れで以後は撮れませんでした。

一眼デジの電池切れは今までなかったが、コンパクトデジカメは持ち出したら電池切れが、しばしばあります。

たぶん、コンパクトデジカメの電池容量は、見た目より随分小さいのではないか。

都内でこんなところを走っていると、たいがいどこかで南蛮連合の仲間に会います。

今日はボブさんとすれ違った!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もうじき泰山木の花が咲きます、分解してみた

2017-05-13 10:04:10 | 植物

我が家の泰山木のつぼみが大きくなってきた。

泰山木は大きな木で、頭上にカラスが巣を作り出したので、枝切したら花のつぼみがあった。

カッターで切ってみたら、何やら美しかった。

カラスは針金ハンガーを100本以上周辺から集めてきて、上手に組み合わせて巣を作っていました。今年はそうはさせないぞと早めに撤去したのです。巣ができて子ガラスを育て始めてからじゃ戦いになるじゃないですか。怖いでしょ、、、。

いくつかの花のつぼみは致し方ない。

毛むくじゃらでしょ。

真っ二つに切ると、あんなに大きくなる花弁が小さく包まれていた。

真ん中の紡錘形がカギがいっぱいついた種になるようだ。

その周りに重なっているのが、真っ白な花弁になるのでしょう。

花弁の大きさは、花が咲くと15cmぐらいになるから、今の状態では3cmだから植物の成長はえらく早い。

花全体は直径で30cmぐらいになります。

朝、真っ白な花が咲き出して、大きくなっていき夕方にはボトっと落下します。

カッターで切ったときは、こんなに赤くなく白かったけど、あっという間に1分もたたないうちに赤く変色します。

白い部分が大きな花弁に成長するようだ。

大事に包まれているときは面白い形です。

これが花になると、ふつうの花びらと同じような形ですが、一枚15cmぐらいにまで成長するんだもの、、、不思議です。

花になるまでは毛むくじゃらに大事に大事に包まれています。

2015年6月13日 泰山木の花が咲いた

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/d0b361bd7fdc92c26829456f935d39c0

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

車買い替え、野良仕事専用車でもないが

2017-05-11 11:54:31 | 

5年目のジャガーをベンツにチェンジ。

ジャガーは速いし意外に燃費が良かったが、自動運転とかアイサイトのような電子の目などには開発が後手になっていた。

そこで、歳を食って認知症になり、人でもはねるような恐れが出てきた時や、運転ミスでどこかに突っ込んだり、高速道路を逆走したり、心臓発作で意識がなくなった時に止まってくれるような安全な車を探していた。

結局フツーすぎるがベンツになった。

もっとも、そんな危険な高齢者になったら車から降りるつもりですよー。

Eクラスの最新車に乗ったら浦島太郎になった気持ちです。

バックモニターが進化して自車を俯瞰で見れるようなシステムや、自動駐車など様々なシステムが付加されていた。

こんなに複雑になっていいモノなのかという疑問はありますが、、、時代の要求なんでしょうか。

自転車のように何も付いていない機械が最高だと思うが、環境や安全性を考えるとこんな形になるんだろう。

メーターが昔ながらの機械式なメーターじゃなく、液晶になっていた。

ギアーはオートマですが9速ぐらいあって、ドイツで人気のクラッチ式オートマチックです。クラッチを自動で素早くやってくれます。オイルを使った米国流の流体トルコンじゃなく、日本式のプーリ使ったCVTでもない、ドイツ的な自動クラッチ・システムです。自動クラッチ式はマニュアル車と基本システムが同じなので燃費が良い。トルコンやCVTより力学的なロスが少ない。国産車も大型車から、この形式へ変わっていくかもしれません。CVTにもロックアップがあれば燃費が改善されますけどねー。

このベンツの動力は2Lのダウンサイジング・ターボです。

これくらいのボディーにはノーマルエンジンだったら3Lは欲しいもの。

フツーに走っているとジェントルですが、アクセルを踏み込むとターボが効いて走りが豹変します。

まだ都内をちょろちょろ走っただけですが、燃費は9Km/Lを越えたあたり。

じゃーん

ザ・野良仕事でしょ。

種まきしたところに水やりに行きました。

ユーラックの中のトマトのツルが伸びてきました。

そろそろ支柱に巻きつけます。

トウモロコシがすくすくと育っています。

吉野校長のトウモロコシは大きな温室栽培なので、そろそろ実がなりそうです。

トウモロコシは1本に何個もの実がなりますが、吉野農園では真ん中の1個しか残しません。わきから実ができても摘出します。うまみを1個の実に集中させると、、、実に美味しいトウモロコシができます。ちょっと、、、お店で売っているトウモロコシが、味気なくて食べられなくなります。

美味しいのなんの!!! 

これが一番生育が早く、時期をずらして栽培しています。

集中しないようにです。

 

小平畑にはランニングで行くときと、自転車のCARRERAで行くときと、収穫があるときは前にカゴが付いたママチャリで行くか、数人で行くときは車で、水やりくらいの時は一人で電車で行きます。どの交通手段でも時間は変わらずで片道1時間です。自転車のCARRERAが頑張れば一番速く、1時間を切って50分で新宿から小平畑に着きます。ママチャリはどう頑張っても1時間は切れません。ランニングは行は良いけど帰りは野良仕事をすると電車で帰るようになります。ランニングだと信号が多いので3時間かかります。ランニングは汗みどろになるので、「お風呂の王様」などに立ち寄ったら、飲んで食べたら藪蛇にお金がかかります。車で行くと駐車場がないので、どこかスーパーなどにとめるので、駐車料としてなにがしを買うので高い交通費になります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

農協が出している2017年のデーター

2017-05-10 10:09:57 | 本と雑誌

JAが出版しているファクトブック2017です。JA農業白書みたいなものです。

内容は大きく分けて①日本人の食 ②世界の食料、農業情勢 ③日本の農業 ④日本の農村 ⑤震災からの復旧、復興です。

日本は食糧輸入大国なのは知られていますが、諸外国との食料自給率の表を見ると一目瞭然。

これほど輸入をしていて、さらに貿易自由化などと圧力をかけてくるのは、ないものねだりでしょう。

もっと輸入しろと言っているのか???

国内の食品ロス、、、破棄などの問題は、世界が食糧危機になったときに大きなファクターになる。

世界で生産された食料の3分の1、約13億トンが破棄されているという。

今後、発展途上国などの人口爆発で、深刻な食料不足になるというのに、実にもったいない話です。

日本の賞味期限という規制を緩めるしかないでしょう。

それと、日本の外食産業が世界の先進国の中で格安なのは皆さん気がついているのかしら。

欧米からいらした方が、日本のファーストフードのような饂飩やお蕎麦、豚カツ、牛丼、ラーメンなどを食べてビックリします。うまくて安くて、お店だってこぎれいです。

おそらく、外食産業の安さの秘密は輸入食材にあると思います。

世界各国の安い食材をふんだんに輸入しているから、外食がこんなに安くできるんです。

外食の安さは日本の交通費の馬鹿高さからすると、考えられないくらい安い。

国産食材だって、私は安すぎると思っています。

その分、日本の一次産業が疲弊しているのですから!

データから見て面白いのが、若年層と高齢者の食品ロスの種類が違うこと。

高齢者は買いすぎて日にちがたってからの廃棄が目立ちます。

若年層は買って食べないで、その日に廃棄する直接廃棄「これ食べない」と言ったことが目立ちます。

中年層の方が廃棄が少ないのは、生活感が地に足がついているからのようです。

高齢者の買いすぎは何でしょう、不安からくるものなのかな?

大きな冷蔵庫は無駄買いを増長させるようで、冷蔵庫の小型化が意外に生活のスリム化を推進するのではと思えます。


大陸別の人口増、すなわち食料需要の表です。

欧州以外の大陸は増加していますが、特にアフリカの増加が著しい。

もともと、アフリカのような食料危機の地域で増加が著しいのは、人類の生物としての危機感に由来するものなのか?

日本の農業は農業人口が減っていますが、人さえいれば国内で増産が可能です。

土地制度と農業従事者問題が立ちはだかっている、、、だけです。

アフリカのように土地が死んでいるわけじゃないからです。

結局、世界の紛争は食糧紛争に直結します。

その点で、水が豊富な日本は食糧増産に適した土地のはずなんですが。

日本でも野生動物の被害が激増してきても、動物愛護団体のような保護団体が、駆除に反対している。それに、駆除したくてもハンターの高齢化でできなくなりつつあります。山林の他国籍者の購入など、早急に法制化が必要なのに、国会は何をやっているんでしょう。農業政策は自衛政策(自衛隊)と同じぐらいの意味があります。一次産業を無策で放っておく国家など存在できません。

高齢社会化問題は、どの産業にも当てはまりますが、特に顕著なのが一次産業です。

国家の存立にかかわる問題です。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

弘前城の桜祭り、露天商が200!

2017-05-09 20:11:27 | 旅行記

弘前城趾のさくらが見事なのは有名です。

訪れてみて、、、仰天したもののひとつが、、、露天商の食べ物屋、いかがわしい見世物小屋、ゲーム屋さんなどが200店も出店して大賑わいなこと。

満開の桜も、桜吹雪の後の花筏(はないかだ)は美しいけど、この広場のいかがわしさ満点のお祭り広場の方が人気じゃないかと言うくらいです。

遠方からさくらを見に来られる方は、お堀のさくらを堪能するけど、何度も来ている地元の人は、、、どーもこの屋台広場のどんちゃん騒ぎ目当てのようです。

絶対にそう思いますよ〜〜〜。

ではでは、ランダムにバシャバシャ撮った写真をご覧ください。

しじみラーメンは私もラーメン好きでいろいろ食べているけど初めて見ました。塩こんにゃくも、こんな食べ方があるのかと興味深く見た。いやいやだまされちゃいけないのかも、ただただ変な組み合わせでお客さんをたぶらかしているのかもしれない。なにしろ怪しげないかがわしい広場でのことですから、お客さんもいかがわしさを満喫しなきゃいけないのかも。

イタリア風焼き鳥も初めてですよー。

鳥居が立っているけど、何か神社の境内なのかしら???

看板も大きくて皆さんどうにかして目立とうと考えている。

いいですね、、、派手で!

大きな音の方へいくと、ポンせんべいみたいな、ポン栗だった。

熱々の栗が良い香りをあたり一面に〜〜〜。

朝早かったから、人出はこれからです。

10:00開演なのに随分前から席取りしています。

田舎は娯楽が旅芸人の出し物なのか。

ツアーですね!

青森護国神社というか。

桜も満開で露天商も大繁盛!

東京近郊のお祭りの露天商がかわいそうなくらいです。東北の人は優しいのかバンバン売れています。

露天商のテキ屋さんもやり甲斐がさぞかしあることだろう。

だまし甲斐があるのか、お客さんもだまされて喜んでいる感あり。

おでんとラーメンが一緒なのは何故だ???

まー売れそうなものは何でもありということか。

最近見かけなくなったお面屋さんですよーーー。

実は実話で2つも高いお面を買ってしまった。

童心に戻るってやつですかねーーー。

でも、良い子のお面てっか〜〜〜?

おでんと焼き鳥も組み合わせがおかしいけど、どこがパリの街かどなんだー。

どう見ても、デープ東北でしょ!

寺山修司の世界観がバリバリで、パリのエスプリなどどこにもないじゃない。

と思ったら、そういえばパリのノートルダム寺院はオドロオドロした世界だから、パリは案外こんな露天商だらけの世界感だったっけなーーー?!

ノートルダム寺院の守り神は、屋上にいる魑魅魍魎の空想のえげつない像ですからねー。

昨年はこのオートバイサーカスを見ました。

懐かしいサーカスまがいの世界がありました。

右奥の丸い板塀の中でオートバイがぐるぐる回るだけなんですが、板塀の上の方を回って遠心力で下に落ちてこないのです。

ライダーのお兄さんの頭の血が下がっちゃうじゃない???

観客は上から見下ろしていますが、財布からお札を出してひらひらさせると、バイク乗りのお兄さんが片手運転で最上階まで上がってきてパッと掴んでいきます。

うまくいくと観客はヤンヤの喝采です!

昨年の写真です。

 

それがお年寄りから、若いアベックまで、気前よくお札をひらひらさせるのには、ケチな東京者にはビックリで新鮮なモノを見たと感激でした。

面白いモノを見ました。

40年前、50年前には関東でもあった。たしか秩父の夜祭りにもこのような出し物が来ていたけど、最近は東京近郊ではテキ屋さん自体が激減しています。各地を渡り歩く旅芸人には住みにくい世の中になったのだろう。

でも、この弘前では、観客が大喜びで旅芸人たちを歓迎しています。

ほのぼのとしたモノがあります。

これも昨年の写真です。

昨年は夜にチラッと見ただけだったのです。

お化け屋敷は右手です。

昨年と一緒の場所ですね。

大人にはバカバカしいことでも子供ちゃんには怖くて怖くて泣き出すようなことです。

母さんが子供を連れて行こうとするけど、子供ちゃんはイヤイヤをして逃げてしまった。

商品のネーミングも一風変わっている。

電球ソーダは想像がつきません。

買ってきたお面の写真は、いつか出します。

お祭り広場は右下の一画です。

お上品な桜見物とは大違いな世界が、ここにはあります。

寺山修司の世界が現代にも残っているんですねーーー。

ぜひぜひ、弘前のこの季節に訪れてください。桜は見事だし一見の価値はあります。だけど寺山修司の世界は、もしかしてここにだけしかないかもしれないから!

2017年 弘前城址の花筏(はないかだ)

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/5cbf56f836627ad684ad1648b93327d9

2017年 弘前の夜桜

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/01d316f80a5f384f73f0d2ae74aa4526

2017年 函館の五稜郭の桜見物

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/94538fa51f6a1e0a79021a2a563d2124

2016年 初の弘前の桜見物

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/840e262e9e835622f5ac61fa6348f0de


使用カメラはニコンD5300でレンズは18mm〜55mm、70mm〜300mmです。コンパクトで軽量一眼レフなので、一日中歩き回っても苦になりません。重たくて大きな一眼レフはアマチュアーにはお薦めしない。ミラーレスというのもあるけど、使いやすかったら何でもいいでしょう。でも、古くからあるD5300のような機種の方がレンズなどが豊富です。キャノンだったらキス・シリーズですね。三脚は最新のカーボンタイプを買って持って行きました。軽くていいですねーーー。

アマチュアーの方が、特に高齢者が高価で重たいプロ用機種を使っているのを見ると、、、あれあれ、あんなに重たそうに使っていたら、撮りたい時にクタビレ果てているんじゃあないかと心配してしまいます。感じた時にパッと撮るとしたら、体力に合ったカメラで良いのに〜〜〜。

プロは仕事の時に使うのは大きな高価な機種でもいいのは当たり前。プロ用機種で良い写真が撮れるかは別問題です。バシャバシャ撮れるくらいがちょうど良いのです。

某銀行の入社式でもカメラ2台並べて撮りますが、1台はこのちっぽけな5300です。高価な機材でもこの軽量コンパクトなカメラでも目的に差が出ません!印刷やWeb、プリントぐらいでは全てオーバークオリティです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

津軽海峡フェリーで函館から青森へ

2017-05-08 11:13:51 | 旅行記

函館までは行は新幹線で、帰りは青函連絡船(今では津軽海峡フェリーと言っている)で戻りました。

私ら世代は青函連絡船のほうがピンときます。

ずいぶん乗ったから~~~。

連絡船の運賃は1人で3190円、新幹線だと7200円あたり。

新幹線だと新青森も新函館も中心街からは遠い、だけどフェリー乗り場も青森も函館も多少ずれています。

微妙なところです。

昔の連絡船は3000トン以下だったが、今は8800トンもあり揺れが少ない。

船の形が四角くなって幅が広い。

連休の中日で平日だったので、ガラガラに空いていた。

北海道へは今や空路が普通ですから、連絡船は地元の人しか使わないのかも。

あとはトラック輸送の方たちがお客さんです。

沖に出ると北海道がかすんできました。

青森が近づくと八甲田山の雪がくっきり見えてきました。

八甲田山の酸ヶ湯温泉までが雪かきがすんで通れるようになっていることだろう。

大きな船は8800トンあって、小さくても7000トンぐらい。

ノスタルジックな昔ながらの連絡船の大函丸は2000トンにもみたない。

昔の大島航路の橘丸ぐらいだ。

連絡船に乗せて運んだのは車じゃなくて列車だったんですから。

青森から函館間は3時間40分です。

新幹線は乗り換えがあるので1時間30分ぐらいに、、、。

車に乗って大勢で乗るのが一番安くわなる。

8人乗りのワゴンだったら、15000円で8人分の乗船券が今のサービスではあります。

すると車代が無料ということに、、、。

人が多いと、新幹線と比べたら、、、56000円と15000円の差になり車とフェリーが断然お得。

ドライブだったら良いでしょーーー。

大間と函館間は便数が少ないし、値段もそれほど安くないから、使い勝手がよくない。

東京から行くと青森に出るほうが、高速道路だけで距離も短いし早い。

昔は、函館にわたるときは大間から国道フェリーに乗って、金欠気味だったので安くて助かりました!

むろん、その当時は高速道路もなかったし、いわんや新幹線も影も形もなかったから。

列車だと夜行の急行列車で座席でマンジリもせずに、寝不足のまま連絡船に乗船しました。函館から札幌が遠かった!

今では、普通は空路で入りますねーーー北海道は!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナングロガル、ネパール料理やさん

2017-05-07 21:24:30 | グルメ

新宿の住人なので大久保は百人町のネパール料理やさんに行きました。

大久保と新大久保の中間に、数年前にオープンしたネパール料理の人気店です。

この界隈は韓国料理屋さんで有名ですが、最近はこのネパール料理やさんや、タイ料理屋さん、ベトナム料理屋さんが急増しています。

千里香の看板だらけで、ナングロガルの看板が見えません。

こんなことで、いいのかなーーー。

中国人は自分勝手だからねーーー、ネパール人は奥ゆかしいのか???

千里香も中国延辺料理で有名だそうです。

入り口を入って階段を3階まで登っていくと農耕器具が飾ってあります。

3階と4階を使っている。

右手のドアーは両替所でしょ。

ナングロガルが両替商までやっているのです。

ネパール貨幣だけじゃなく、ありとあらゆる国の両替をやっていて、大久保にはこんなニーズがたっぷりあるのだろう。

ランチメニューのサマエベジセット1200円。

器がなんと葉そのものです。

葉をお皿の形にプレスして乾燥したものを器(タバリ)に使っています。

真ん中に盛られているのは、お米を押しつぶして乾燥したもの。

食感はパリパリです。

周りにあるお惣菜は日本人だったら、それほど違和感がない。

これも、味付けが違う肉じゃがみたいなもの。

味付け茹で卵でしょ。

ラーメンに入っているのと味は違うけど基本は一緒。

ところがどっこい、この平らな乾燥したお米が違和感バリバリだった。

押しつぶしてあるのは構わないけど、パリパリに乾燥してお惣菜と混ぜ混ぜしても柔くならない。

口の中でパリパリして穀類という気がしない代物です。

乾燥した大豆、節分の時に「鬼は外」の投げる豆みたいにカリカリです。

奇妙なお米です。

もう一つが、ネパールローカル料理セット1300円。

見た目はインドカレーのようですが、お味はだいぶ違う。

カレー粉など使っていない。

それほど辛くはなく香辛料がきいています。

インドと同じくマトンか鶏肉です。

完食しました。

葉そのものなので破棄しても土にかえるというエコな食器です。

デザートはココナッツミルク。

平らな乾燥したお米を食べるのは苦労します。

汁をかけて柔らかくしたいが中々柔らかくならない。あのパリパリのまま食べるのがデフォのようです。だから、美味しいかと聞かれたら何とも答えられない。まずいかと言われれば、まずくないし、食べなれないというのが一番正確だ。

うーむ、食べて味わうようになるのには時間がかかりそうだ。


ナングロガルのメニューには、ある種の気品さえ感じます。

ネパール料理の奥深さを知るにはナングロガルは良いと思います。

お勧めします!

東京都新宿区百人町1-17-10 3F、4F

03-6304-0933

 

食べログ

 

https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130404/13189866/dtlrvwlst/B265769833/


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南三陸町のさんさん商店街を探索

2017-05-06 17:40:57 | 旅行記

南三陸町は先の東日本大震災で壊滅的な被害を受けた漁港町。

石巻や気仙沼の方が町が大きかったので、被害額も大きかっただろう。

だけど、被害甚大なことは変わりなく、南三陸町は町そのものがなくなってしまった。

何も残っていなかった。

防災センターの鉄塔にしがみつく映像を覚えているだろうか?


数十人が4階建ての屋上に避難しても、、、さらに津波はその高さを越えてきた。

鉄塔によじ登れた2人だけが助かった。


その鉄骨だけになった災害センターの骨組みはモニュメントとして保存してあった。

土に埋まっているように見えるけど、台形に土盛りした大地の先にぽつんとあります。

望遠レンズで撮ったので土と鉄骨がくっついていますが、実際は離れています。

おそらく港もずいぶん形が変わったのだろう。

三陸海岸はリアス式海岸線で入江が多い。

普段の時は海岸線が多彩な表情を持っているから海の幸に恵まれています。

ところが、津波には災害を受けやすい地形なんです。

入江に入ってきた津波は、奥に行くに従い波の高さを急激に増していきます。

5階建ての高さまで水面が来るなんて、、、普段では想像ができません。

土盛りの高さは10mがデフォのようで、さらにこの高さより10m、20m高く盛っている台形の土地もありました。

大土木工事です。

復興という名の大土木工事が、悪いことではないだろうが、自然に逆らうのではなく、さらりと受け流すやり方もあるのではないかと、、、考えさせられます。

南三陸町ではベースが10m高ということで、そこに商店街が作られています。

さらに高台への逃げ道もいろいろ考えてあるようだ。

正面のピラミッドは30m近い高さがある。

きっと避難所になるのだろう。

見晴台からさんさん商店街を見ました。

駐車場は広く300台も停められますが、連休中は満車で入れない車が数珠繋ぎだったそうです。

さんさん商店街

https://www.sansan-minamisanriku.com

なぜ私が南三陸町に来たかというと、元社員の方が地元に帰り家業を継いでいると聞いたからです。

残念ながら、本人が出張で会えませんでした。

朝早かったのでまだ開店していません。

プレハブじゃないけど商店街といっても急造の感はあります。徐々に作られていった商店街じゃないからね。

商売ができるようになって良かった!

この日の朝食をマグロ丼にしました。

いくら丼や海鮮丼、ウニ丼が人気らしいが、私は実はウニ、トロ、いくらが超苦手なんです。

わざわざ漁港に来てもったいないけど、ウニトロイクラが新鮮でも絶対に食べません。

いやはや、好きな人には呆れ果てるでしょうけどねー。

家族と従業員総出で忙しくなると言っていました。

前日は売れて売れて商品がなくなって、商品調達でてんやわんやだったと言います。

良かったじゃないですかーーーお店が出来てこれこそ復興でしょう。

この写真を撮ったのが9;00頃なので、これから大混雑になります。

私はさっさと仙台経由で常磐道で帰途に着きました。

2016年8月 を常磐道を通って東北へ

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/d57e530708068e2790d56d165c9487e3

南三陸町は仙台から高速道路が開通して便利になっていました。

商店街の案内図が分かりにくかったかな!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜桜見物、弘前城址

2017-05-05 16:22:47 | 旅行記

今年は昨年より日にちを遅らせて弘前に入りました。

弘前の桜人の話では、弘前城趾のお堀が花筏(はないかだ)になるのは、桜の花が3分散りになってからだと聞いていたからです。

3分散りとは面白い言い方だなーと思っていました。

じゃーん

うーむ、水面に花びらが散って浮かんでいるけど、ライトアップが追いついていないじゃないか。

時間が悪かったなーーー。

と思って他のところを回ってから来てみたら、風が吹き出してせっかく花筏になった花びらが片方へ吹き寄せられてつまらなくなってしまった。

かくも自然や風景写真は難しい。

それ専門にしている人や地元民にはかないません。

いつなんどきベストになるかわかりませんから。

日が暮れ出しましたが、このお堀には桜の花びらが少なかった。

お堀が広いから桜が足りないのかもしれない。

ここのお堀も花筏は皆無ですが桜は綺麗だ。

風がないので水面に映る桜が見事!

日が暮れると、、、。

うーむ、花筏にならず、、、。

しようがない、夜桜にチェンジ!

こちらのお堀には花筏がありましたが、若干スケール感に乏しかった。

難しものです!

ポッと行って簡単にベストな花筏が撮れるわけじゃない。

でも、、、充分に良いものを見せていただいたから、また来年を待ちましょう! 

2017年5月 日中の花筏は

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/5cbf56f836627ad684ad1648b93327d9

2017年5月 函館の五稜郭の桜が満開

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/94538fa51f6a1e0a79021a2a563d2124

2016年 弘前城の桜

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/840e262e9e835622f5ac61fa6348f0de

2016年 弘前城の夜桜

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/937485d3f0bf6de1165624ac5ff016d9

2016年 岩木山の春

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/ff07fdaee984e5cc7f3c430a1ab155fd

2016年 もう一つの弘前は、、、

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/e5444e44102ce292e19a84fec5bc3ccc

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

弘前城の桜、花筏

2017-05-04 11:34:33 | 旅行記

昨年は夜行バスで弘前に行って桜が満開だったが、花筏(はないかだ)になるまでいられなかった。

今年は満開時をずらして、数日遅く桜が散るかなという頃に車で行きました。

じゃーん

お城の外堀に桜の花が散って、あたり一面が桜吹雪になります。

水辺にそれが落ち、風がなかったり雨でも降らなければ、お堀が桜色になり花筏になります。

年によってきれいな時もあれば、残念な時もあります。

今年がよかったかどうか、私にはわかりません。

朝にうちは全面桜で埋まっていても、風が出てくると片方に偏ってしまったり、桜の花びらが沈んだりくすんでしまいます。

自然現象なので実に思うようにはいきません。

水面に桜の花びらが無くても映り込みがきれいな時もあります。

この写真では風があったので左に溜まってしまった。

桜はまだ十分に満開です。

カメラマンさんがぎっしり。

中国人が多いのなんの、、、!

桜の花びらの色には様々です。

白っぽいのやピンク色が強いのやら色が混じって幻想的です。

手入れがされていないお堀だって自然の様相がきれいです。

桜吹雪の下をボートで行くのも風情があります。

オールで花びらを漕いで行くのです。

こちらは弘前城の内堀を乗合船がめぐっていました。

乗りたかったが大勢並んでいました。

最後の写真は市営駐車場の屋上からです。

この駐車場は平日は無料だったが、祭日は1日1000円になります。

朝のうちに行かないと混雑して入れません。

お城の周辺には民間の駐車場がいっぱいあります。

だいたい1日1000円が相場で、8:00から18:00ぐらいまでなので、私は離れたところのコインパーキングにとめて自転車持参だったので、そこから出撃です。

だって、もっと早い時間から行動したいし、18:00終了じゃ早すぎますよー。

夜桜も見たかったでしょ。

そうそう、、、桜の開花で三分咲きということがあるけど、弘前の桜人は、散るときの頃合いを三部散りとか言っていました。弘前の人たちは桜の散り際も楽しんでいるようです。それは弘前城のお堀に桜の木々が覆い被っていて、花びらが水面にいっぱいになるからです。

面白いですね!

この季節は市内には当日ではホテルやビジネスホテルは取れません。私は12km〜13km離れた大鰐温泉に宿をとりました。昨年は市内のひなびた宿に泊まれたから、どこでもよければあったかもしれない。だけど、昨年、弘南鉄道のローカル線に乗って大鰐まで往復(乗り鉄)して、大鰐温泉街を見て、、、うーん寂びれているけど何か感じるものがあったから、何時かこの温泉宿に泊まってみたいと思っていた。

いきさつは書けないなーーー。


一生に一度は弘前の華麗な桜をご覧ください!

 

2017年 弘前城の夜桜

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/01d316f80a5f384f73f0d2ae74aa4526

2017年 お祭り広場に露天商が200も

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/3774def65742b0990f14f92765696222

2016年 弘前城の桜

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/840e262e9e835622f5ac61fa6348f0de

2016年 弘前城の夜桜

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/937485d3f0bf6de1165624ac5ff016d9

2016年 岩木山の春

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/ff07fdaee984e5cc7f3c430a1ab155fd

2016年 もう一つの弘前は、、、

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/e5444e44102ce292e19a84fec5bc3ccc


コメント
この記事をはてなブックマークに追加