ランシモ

ランニングからツチノコカメラや時事まで興味あるすべて

はーべすとトリエ京王調布店、自然食

2018-03-13 15:01:26 | グルメ

調布で映画をみたら20:00になったので、どこかで夕食をと探したら、トリエの中に自然食のビッフェスタイルの「はーべすと」を見つけました。

ビュッフェスタイルの自然食のお店は、柿安ダイニングが展開している「三尺三寸箸」が有名です。

「三尺三寸箸」とくらべて「はーべすと」はどーかな?

平日の夜なので空いているかとおもったら満席でした。

ただ、オペレーションが追い付いていなかっただけで、ささっと捌いてくれたら5分も待たずに席に着けました。

レストランに限らないが、オペレーションは大事です。

レストランではお客さんを回転させなきゃ仕事になりません。

私らの仕事だって、つねに整理整頓していたら、終了時の片ずけや清掃が早くなります。

それって、業種が違うけどオペレーションの問題。

料理人を見ても、つねに厨房がきれいに使っている人は、たぶん料理もはやくて美味しい。

スピードがあるってことは、慣れているので当然のごとくキレイな仕上げです。

なんて事を考えて待っていました。

「うーん、あの子はもたもたしているな、あっちの子がその子の始末を何気なくやっていて、このお店は回っているんだ」

金曜日の夜でビュッフェが1800円だった。

シズラーだったら夜は2200円じゃなかったかな。

1800円のビュッフェでは食べがいがあります。

最近は「三尺三寸箸」に行っていないので、どんなメニュー構成だったか忘れました。

「シズラー」はサラダバーなので、「三尺三寸箸」や「はーべすと」のお総菜の多品種とは違う。

ここ「はーべすと」のビュッフェには生サラダはほとんどありません。

お野菜を料理してお惣菜にして提供しています。

「シズラー」は生野菜がメインで総菜になると、いきなりカレーとかスパゲッティーになります。

一番大きな違いは、「シズラー」は洋食サラダであって、こちらは和食のお惣菜と言うことかな。

ビュッフェは少量ずつお皿に取って食べるのがコツ。

最初から1品をてんこ盛りにして食べるのは賢くない。

2皿ぐらい終わってから、美味しかったものをまた取ってくればよい。

私はビュッフェの達人でもないから、あまりなんとも言えませんが。

せっかくのビュッフェなんだから、色々食べてみたいのが普通でしょ。

以前、ビュッフェになれていない者とシズラーに入って、恥ずかしい思いをした事があった。

彼はシズラーにのようなビュッフェが初めてで、シズラーのサラダバーにカレーやスパゲッティーが有るのが疑問なのだが、そのカレーをお皿にてんこ盛りしてきて食べていた。

「うーーーん、それでお野菜サラダは食べないの?」

「野菜はきらいだから食べない」

「カレーだけで十分だ」

「シズラーのカレーは腹一杯食べるようなカレーじゃないよ、、、」

彼をシズラーに連れてきて、なんだかソンをした気がしました。

彼は、難関大学に入ったはいいが中退して、ちょっと微妙なやつだった。少し小太りでもあった。彼女でもいたらビュッフェ・ランチなどに普通に行くだろうが、ちょんがーだったのかな。ししばらくしたら仕事先から消えた。

男の人は食の偏りが大きい感じがします。

それで男は早死するんだろう!

ビュッフェのベテランさんは、穀類やイモ類を避けるのがツーだと言っていた。

イモで腹を膨らましちゃ勿体ない、、、とでも言うのでしょう。

ご飯で腹をいっぱいにしちゃ百年の怨みになるのでしょう。

でもですね、色んな食材を自分で料理しようと思ったら大変で、こんなに色々なものが食べられるんだもの、お米だってイモだって差別しないで食べてよーーーと思います。

おイモだっておいしいのとスジばったの、ほくほくしたのとかさまざまです。

「ビュッフェで穀類とイモを食べない!」なんていうのは、もったいないと言ったらきれいな言葉で、ケチーーーじゃないと言うのがリアル印象です。

他のビュッフェでは、これは見たことがない。

大豆を使ったお惣菜が数種類ありました。

これは何だっけーーー忘れた。

和食は砂糖をよく使いますね。

このお惣菜も甘かった記憶があります。

和の煮物には醤油とみりん、酒、砂糖が付き物ですから。

スキヤキのお味ですね。

お寿司だって、シャリにお酒と砂糖をたっぷり混ぜます。

和食は塩分も糖分も多めです。

それで日本人は長生きなんだから、、、不思議です。

ココナッツ味だった。

台湾のデザートらしい。

ドリンクバーが322円、グラスワインが529円と言うことです。

「はーべすと」は十分おいしくて満足しました。お味が全体に薄くて健康的です。

そう言えば、柿安ダイニングが展開している「三尺三寸箸」はお味が濃い目です。食後の後味がちょっと、食べ始めはいいけど、、、食べすぎは悲惨。

だから、どちらかと言うと薄味の「はーべすと」をお薦めします。 


コメント   この記事についてブログを書く
« シェイプオブウオーター、映画 | トップ | ルノー4GTL、旧車 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

グルメ」カテゴリの最新記事