草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

安倍総理と加計理事長は会っておらず朝日のフェイク!

2018年05月27日 | 政局

だから言ったではないか。安倍総理は加計孝太郎理事長と会っていないと。いくら安倍総理が否定しても、「嘘を吐いている」と攻撃したマスコミや特定野党は恥を知るべきだ。重箱の隅を突くようなことしかできないから、特定野党の支持率は下がる一方なのである。一面トップでぶち抜いた朝日新聞や毎日新聞は、自分たちの報道がフェイクであったことを認めるべきだ▼加計学園の担当者が思わせぶりなことを言ったとしても、それを問題にすべきではない。構造改革特区で突破口が見出せないでいたので、ちょうとした話にも今治市や愛媛県が飛び付いたのだろう。中村愛媛県知事は「ありえない」とかコメントしているが、まったく裏も取らずに公表したことを、どうして反省しないのだろう。そのメモで世間を騒がせた責任を感じないのだろうか▼早い段階から本質を見抜いていたのは、加戸前愛媛県知事であった。伝聞の伝聞であったわけで、それを丸ごと信じた方がどうかしている。朝日新聞や毎日新聞は謝罪記事を出すべきだろう。地上波のテレビにいたっては「誰にも気付かれずに総理官邸に入れる」とコメントした識者もいた。そうでなくても、加計理事長は正々堂々と総理官邸に出入りしており、そこまでする必要など微塵もなかったのである。もう「モリカケ」はおしまいにしなくてはならない。もっと国会では論議すべきことがあるからだ。私たち国民も、マスコミや特定野党に踊らされてはならないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« マスコミと特定野党の「反日... | トップ | 丸山ワクチンが効くのは「樹... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政局」カテゴリの最新記事