草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

韓国青瓦台から出入り禁止処分を受けた朝日を嗤う!

2018年05月19日 | マスコミ評

朝日新聞は日本国民から嫌われているだけかと思ったら、韓国政府からも怒りを買うことになった。昨日の記事で「韓国が4月末、大部分の北朝鮮核兵器や核物質を国外に搬出させる案を米国に提案していた」と書いたことは事実に反するというので、韓国の青瓦台から無期限の出入り禁止処分を受けたからだ▼あれほどまでに韓国に媚びた報道をしていたにもかかわらず、結局はこのざまなのである。そこまでされたのだから、自分たちの報道が正しければ、韓国政府に対して抗議の声明でも出すべきだろうが、そこまではできないのが朝日新聞なのである▼これまで文在寅を持ち上げてきたことを反省すべきだ。「モリカケ」でいくら安倍首相をこき下ろしても、お構いなしの我が国とは違うのである。今回の記事の狙いは、米朝の間に立ってどれだけ頑張っているかを伝えたかったのだろう。それが勇み足となったのである▼文在寅が大統領になったことは、朝鮮半島全体が北朝鮮化したことを意味する。玄界灘が最前線となってしまったのだ。言論の弾圧など予想されたことだ。もはや寝惚けたことを言っていられないのである。韓国をまともな国だと思って付き合うと、とんでもないしっぺ返しを受ける。我が国にとって、目の前にある危機は朝鮮半島をめぐってであり、すでに韓国は北朝鮮の手に落ちたのである。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

コメント
この記事をはてなブックマークに追加