百聞百見

ふじもと百男の政治活動日記

師走に届いた悲報

2018年12月10日 05時32分14秒 | 日記
 9日(日)、朝、忠魂碑、佐保神社、大師殿のコースを歩く。忠魂碑辺りでは、白いものがちらちらと舞ってきた。この冬初めての雪だった。朝から加東市社市街でポスター貼りをしたり、支援者宅を回る。冷たい風が吹き、師走の慌ただしさを感じる。午後は入院中の親戚を見舞った。
 そんななか、悲しい知らせが入った。加東市議会議員の長谷川勝己議員が亡くなった。闘病中だったが、つい先日も議会に出ているとのことだったので、急なことだった。長谷川議員は滝野町時代から町議会議員となり合併後も加東市議会議員、議長として活躍を続け、10月の選挙でも当選したばかりだった。隣の町だったが、同学年で、少年時代からボーイスカウトで一緒になり、議員になってからは自民党加東市支部の役員として活動を共にしてきた。和太鼓、獅子舞、ボーイスカウトと、地域の伝統文化維持や青少年育成などに活躍する彼の姿が目に焼き付いている。今夏も盆踊りの櫓の上で太鼓を打つ姿があった。最後に彼と同席したのは11月3日の下滝野地区の敬老会だった。「ちょっとふらふらする時もあるけど」と言いながら、出席者に対してお祝いの挨拶をしっかり述べていた。その姿が思い浮かんでくる。午後遅く、下滝野の自宅に伺った。残念だった。あまりに早すぎる。
 

師走の加東市を駆けめぐる

2018年12月09日 04時47分35秒 | 日記
 

 

 8日(土)。大東亜戦争の開戦記念日。朝、忠魂碑に参る。郷土兵として、西南の役、日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦、支那事変、大東亜戦争に出征し、戦死、戦病死された英霊を顕彰する場である。
 今日は、加東市長杯中学親善軟式野球大会開会式をはじめ、社こども園クリスマス、加東市ふれあいパラリンピック、うれしの学園生涯大学加東支部作品展、道の駅とうじょう感謝祭が行われ、朝から加東市内の各会場を駆け巡った。
 午後は、寒風が吹く師走の加東市内を回り、党員や支援者の皆さんと出会って話をした。透明な空気で山々の紅葉も輝いて見えた。日が暮れて事務所で友人と話す。よく走り回った一日だった。
 ところで、今日はいい話を聞くことができた。道の駅とうじょう感謝祭で、新鮮野菜などを提供しているコスモス会の会員さんから、自分の田圃で育てた山田錦の稲藁でつくった注連縄が奈良の大神神社に奉納されるのが明日9日だという。先月、自民党の移動研修で大神神社を訪れたばかりで、しかも車中で山田錦のDVDを視聴し、その中にこの会員さんが紹介されていた。何という不思議な縁か。きっと大神神社の神様のお導きだったに違いないと思った。酒米の王様、山田錦の中でも最高峰の加東秋津産の山田錦の稲藁で編まれた注連縄が日本最古の神社といわれる大神神社の注連縄になっている。何とすばらしいことか。

県議会で代表質問に登壇-31年度予算編成など9問

2018年12月08日 04時34分49秒 | 日記
 



 7日(金)、7時30分、県議会傍聴団のバスが集合場所に着き、早く着いた参加者が乗り込みを始めた頃、私は一足先に県庁に向かった。9時前に登庁。9時から議会運営委員会、9時30分から自民党議員団総会が行われた。9時40分頃には傍聴団のバスも到着し、議会棟玄関で井戸知事と記念撮影。
 10時本会議が開かれ、早速、質問が始まった。今日は各会派の代表質問が行われ、最初に私が自由民主党を代表して登壇し、8項目9問について質した。質問項目は次の通り。
1 平成31年度の予算編成について
2 憲法改正について
3 県庁再整備について
4 適正な公文書管理の推進について
5 再生可能エネルギーの生活環境への影響最小化について
6 県土強靱化について
(1)高潮対策の推進について
(2)災害時のライフラインの確保について
7 幼児教育の推進体制の充実について
8 少子化を見据えた県立高校のあり方について
 質問に対し、井戸知事、荒木副知事、西上教育長から、公文書管理条例の制定や、県庁再整備に向けた議会での協議、高潮対策、好ましくない開発への厳しい姿勢、幼児教育充実への検討、県立高校募集のあり方等の検討など、気合いの入った前向きな答弁があった。親子傍聴ルームでは、次女夫婦と2ケ月と10日余りの孫も傍聴した。後で感想を聞くと、周りに気兼ねすることなく傍聴できてよかった、とのことだった。
 代表質問は、引き続き公明の伊藤議員、午後は県民連合の栗山議員、維新の住吉議員が行った。
 午後4時から超党派の文化振興議員連盟の役員会が行われ、当局との意見交換を行った。退庁したのは6時を回っていた。傍聴団は議会傍聴後、湊川神社を参拝し、垣田宮司の講話を聴き、宝物殿の見学などを行った。
 寒気が入り、冷たい風が吹き、一気に冬らしくなってきた。

各会派政調会長会で意見書案の提案説明など 

2018年12月07日 03時22分52秒 | 日記
 6日(木)、朝、久しぶりに忠魂碑、佐保神社、大師殿のコースを歩き、登校見守りに立った。子供達は傘を持って登校していた。午後には雨が降るという天気予報に対して、親が持たせたのであろう。
 9時30分頃登庁。11時から各会派政調会長会が行われた。議題は、基本計画条例にかける計画を決定すること。そして、今定例会で各会派政調会で発議する意見書案の説明の2つ。4つの計画を決定し、続いて、各会派提案の意見書案の説明を行った。
 午後は兵庫県看護連盟・看護協会の代表の皆さんと看護を支援する議員の会の代表とともに井戸知事に対する予算要望に同行した。その後も議会事務局との打合せなどを行うなど政調会長室で執務した。
 午後5時30分頃加東事務所へ。明日の傍聴団の最終打合せを行った。降っていた雨もほぼ上がり、気温が下がったようだ。大陸からきびしい寒気が入ってくるそうで、いよいよスタッドレスタイヤに替えなければ。 

県庁執務 質問準備など 

2018年12月06日 04時42分25秒 | 日記
 5日(水)、登校見守りに立ち、事務所に寄ってから県庁へ。
 10時登庁。今日は政務調査会長室で7日の代表質問準備などを行った。今日と明日は議案熟読のために本会議は休会で、登庁議員もまばらだった。当局から説明を聞いたり、OB議員が訪ねて来られたり、7日の議会傍聴の準備をしながら一日が過ぎた。4時には退庁。加東事務所でスタッフと7日の傍聴団の資料準備などをし、夜は自民党加東市支部の幹事会に出席した。
 今日、議会図書室で戦前の修身教科書の復刻版、兵庫県の地理書を閲覧した。加東市にある「孝女ふさ」に関する資料を探してもらったところ、その2册があった。

第342回定例県議会が開会、14日まで

2018年12月05日 04時36分42秒 | 日記
 4日(火)、ワンコの散歩、朝の登校見守りに立ってから県庁に向かう。今日はて天気予報どおり朝から温かった。
 9時30分頃登庁。10時から議会運営委員会に出席。10時30分から自民党県議団総会が行われ、代表者会議や議運の結果が報告された。
 11時本会議場で第342回定例県議会が開かれた。会期は今月14日まで。諸般の報告に続いて、議案が上程され、井戸知事が提案説明を行った。明日、明後日は議案熟読のため休会し、7日に代表質問が行われる。提出議案は、職員の給与の改正に関する条例改正など2件、給与改定に伴う補正予算案等8件、その他芸文センターなど公の施設の指定管理者の指定など14件、専決処分承認案件など25件。
 午後1時から今日2回目の自民党県議団総会が行われ、代表質問、一般質問の概要発表と協議、意見書案などを話し合った。午後2時30分から議会改革検証委員会が開かれ、これまで検討を重ねてきた議会改革に関する検証の報告書案をまとめた。
 今日は請願の締め切り日でもあり、午後5時まで政調会長室で待機。退庁したのは午後5時30分頃だった。帰路、激しい雷雨に見舞われた。大陸からの寒気と暖かい高気圧の間で前線が通過しているとラジオが伝えていた。強風と道路を舞う木の葉。雨で前が見にくくなり、スピードを落としながら運転した。無事加東に戻ってほっとした。全国的に大荒れ、異常な高温だったようだ。

12月議会前日 

2018年12月04日 04時13分05秒 | 日記
 3日(月)、雨が降っていたが、ワンコの散歩と登校見守りに立ってから県庁へ向かう。雨の日は傘をさして一列になって登校するので列が長くなる。
 9時過ぎに登庁。10時から自民党県議団の執行部会議。引き続き当局からの説明を受ける。12月議会は明日本会議が開かれ開会する。7日には代表質問が予定されており、最終準備をする。ここでハプニング。歯の調子が悪くなり、急遽診てもらうことに。夕方には加東事務所に戻り、スタッフとの打合せをして歯科医に。
 夜はメッセージの作成や自民党加東市支部役員会の準備などを行った。北方領土返還交渉が動き始めており、安倍首相の外交力に期待している。北朝鮮による人の拉致、ロシア(ソ連)や韓国による土地(領土)の拉致と、わが国の主権は侵され続けている。

童謡唱歌まつり 子ども会親善サッカー

2018年12月03日 04時28分01秒 | 日記
 

 2日(日)、朝、ワンコの散歩がてら、町内会各戸に今日の告別式と初七日のお参りのお知らせを配る。 8時過ぎ、加東市河高の滝野総合運動公園グラウンドへ。第13回加東市子ども会親善サッカー大会が開かれ、開会式に出席した。子ども会育成連絡協議会の主催で行われてきたが、出場チームは年々少なくなっている。今年は男8チーム、女子2チームだった。
 午後1時からやしろ国際学習塾L.O.C.ホールで第4回加東市童謡唱歌まつりが開催された。私は町内会の葬儀があったので、少し遅れて参加した。加東ライオンズクラブ、なぜか加東市商工会女性部、そして童謡唱歌を歌う会の3回登場した。挨拶もさせていただいたが、ライオンズクラブの場面で、登壇する時、躓いて危うく倒れるところをメンバーの支えで危機一髪助けられるというハプニングもあった。
 この童謡唱歌まつりは4回目だが、県政150周年連携事業として行われたこともあり、市内23団体が参加して盛大に行われた。童謡唱歌、懐かしい昭和の歌など会場フロアで一緒に口ずさめる歌ばかりで、懐かしい風景や場面を共有できた、素晴らしい会だった。
 夕方、初七日の法要に出る。明日は雨という予報が出ているが、真っ赤な夕日が沈んでいった。

篠山市で小西副議長就任祝賀会

2018年12月02日 05時49分40秒 | 日記
 1日(土)、娘から預かっているワンコの散歩。若い柴犬は元気があり余っている。事務所に寄ってから篠山市へ。今日は小西隆紀県議会副議長の就任祝賀会が11時からユニトピアささやまで行われた。会場には県議会議員、県幹部職員、地元の市議会や団体代表、支援者ら多くの人が出席し祝福した。挨拶には井戸知事、松本県議会議長、酒井市長、谷衆議院議員、末松参議院議員らが立ち、小西副議長の活躍に期待を込めて祝福した。また、篠山市が丹波篠山市に市名変更するという全国的にも話題になった直後でもあり、酒井市長からエピソードも紹介され、小西副議長、そして丹波篠山市の誕生を祝う会となり大いに盛り上がった。
 午後は事務所で事務整理を行った。午後4時30分、加東市社のみのり祭典へ。町内会会長の家に葬儀ができたので、副会長として通夜式、明日の告別式の段取りを当家、祭典と相談しながら行った。午後6時から通夜式が行われた。小さい頃からお世話になった歯科医の大先生、生涯歯科医として人生を全うされた。ご冥福を祈った。
 

学ぶ高齢者中央大会が県立嬉野台生涯教育センターで

2018年12月01日 04時31分57秒 | 日記
 

 30日(金)、朝早く、犬の散歩を兼ねて町内会の配り物をし、そのあと登校見守りに立つ。今朝も子供達の笑顔と挨拶でやる気が出てくる。
 事務所に寄ってから、加東市下久米にある県立嬉野台生涯教育センターへ。紅葉まっさかりのセンターで第33回兵庫県学ぶ高齢者中央大会が開かれた。講堂には、県下各地の高齢者大学などで学ぶ約300人が参加し、開会式で県議会を代表してお祝いを申し上げた。講堂では、学びや活動体験を語る「高齢者の主張」や講演が行われ、また、センター体育館では書道や絵画、写真などの作品が展示された。
 午後は、事務所で12月議会の準備や12月、来年1月の諸行事の調整やメッセージの作成などの事務整理を行った。用事で社公民館、やしろ国際学習塾を回ったが、市内の野山の紅葉が美しい。今年は長い間紅葉を楽しめている。
 

神戸で全国ため池フォーラム開催  

2018年11月30日 04時43分43秒 | 日記
 29日(木)、朝の登校見守りに立ってから県庁へ。10時前に登庁し、政調会長室で執務。議会事務局や当局、同僚議員らと打合せや協議をしていると、あっという間に午前が過ぎてしまった。
 午後2時、神戸新聞松方ホール(中央区)で開催された「2018 ため池フォーラムinひょうご」に同僚議員らと出席した。22回を数え、兵庫県で開催されるのは3回目となる。全国1位の約38000のため池を有する兵庫県のため池保全の取り組みの紹介や実践事例の発表などが行われた。また、農水省から豪雨災害を踏まえたため池対策の発表もあり、農業用水のみならず自然環境や文化など多面的な機能を守り、活かし、次世代につないでいくため池の保全活動についての理解が深まった。写真は挨拶をする井戸知事。
 午後4時、県庁にもどり再び執務。当局からの報告などを受け、5時過ぎに退庁。
 早朝、町内会長さんのお父上が亡くなったとの知らせがあった。副会長として葬儀の連絡、当日の役などの準備連絡を取る。小さい頃からお世話になった歯科医の大先生だった。

井戸知事に31年度予算編成申し入れー自民党県議団で

2018年11月29日 04時06分33秒 | 日記
 

 28日(水)、9時過ぎには登庁。9時45分から自民党県議団の平成31年度予算編成に対する知事申し入れを行った。
 9月に行った重要政策提言にもとづき、各部会で議論を重ね、277項目をまとめて提言した。31年度は、「兵庫2030年の展望」を踏まえ、すこやか兵庫の実現に向けた第一歩の年でもあり、地域創生を確実に進めていかなければならない。新しい兵庫の時代をつくっていくための具体的な項目を各部会長が説明し、知事との意見交換を行った。若者、とくに若い女性の人口流出、河川の堆積土砂の撤去、地域創生交付金の交付、日本海津波防災インフラ整備計画の進捗と防災訓練のあり方等々具体的な課題についても意見が出た。
 午後1時、県庁記者クラブで記者会見を行った。そのあとは政調会長室で執務。退庁したのは午後5時を回っていた。6時過ぎに加東事務所で来客があった。

12月議会1週間前議運や県議団総会など

2018年11月28日 04時32分48秒 | 日記
 27日(火)、朝の登校見守りに立つ。子供達は元気に登校していった。午前中は加東市内を回り、昼には登庁。
 12時30分当局の説明を受ける。午後1時来客があり北浜副幹事長と対応。午後1時30分議会改革検証委員会、引き続き議会運営委員会に出席した。
 2時30分神戸地区県議らとの打合せ。3時から自民党県議団健康福祉部会が、続いて3時30分から自民党県議団総会が開かれた。総会の冒頭で、当局から県庁再整備についての説明が行われ、続いて各会派代表者会議、議運の結果などの報告が行われた。総会に引き続き、政調理事会が行われ、代表質問、一般質問の概要発表と質疑を行った。
 終了後、明日の打合せを行い、県庁を出たのは午後6時前だった。夜は神戸市内で行われた薬剤師を支援する自民党議員の会に出席した。
 12月議会1週間前の諸会議が続いた慌ただしい1日だった。明日は井戸知事に31年度予算編成に対する申し入れを行う。

県議会サテライトゼミ行われる-大学生との対話

2018年11月27日 04時52分02秒 | 日記
 26日(月)、朝の登校見守りに立ってから県庁に向かう。10時、当局から県庁再整備について説明を受ける。続いて自民県議団執行部会議。
 午後3時から県議会サテライトゼミが行われ出席した。県議会では大学のゼミを県議会で開き、大学生の発表、提案などを聞く機会を設けている。松本議長は挨拶の中で、こうした取り組みを行っている議会は他になく、議会にとって若い人の意見を聞くいい機会となっていると意義を述べた。
 今日は関西学院大学総合政策学部の清水ゼミの学生が発表を行い、出席した正副議長、関係常任委員会委員長、各会派政務会長との質疑を行った。大学生の発表内容は、「学生のまちづくり~これからのあり方を考える~」、「子どもの成長を支える持続可能な住空間」、「照明と作業効率の関連性」、「体験型観光」で、県政の課題にもつながるテーマでもあり、議員からの質問が相次いだ。
 ゼミが終わったあと、政調会長室で代表質問の準備。県庁を出たのは6時を過ぎていた。
 

東条川疏水の日シンポ 県ソフトボール協会常任理事会 

2018年11月26日 04時13分29秒 | 日記
 25日(日)、朝、明石市へ。9時から県ソフトボール協会の30年度第3回常任理事会が行われた。今年は国体少年女子優勝、全国女子高校選手権須磨ノ浦高校優勝、全国小学生男子大会兵庫播州クラブ優勝など全国に兵庫県の名をとどろかせる活躍があった。一方で、中学女子ソフトボール部の減少や部活動の制限などの課題もあり、報告、来年の予定をはじめ、今後の対策等が協議された。
 午後1時過ぎに加東市にある兵庫教育大学へ。東条川疏水の日シンポジウムが同大学子午線ホールで開催された。記念日は23日だが、シンポジウムは今日になった。開会式では主催者である北播磨県民局の濱西局長、ネットワーク博物館協議会の安田加東市長が挨拶し、続いて藤井ひさゆき衆議院議員と私が来賓として挨拶を行った。
 シンポジストは、南埜猛兵庫教育大学大学院教授、橋本匡史東条湖おもちゃ王国総支配人、内田一徳神戸大学副学長・ネットワーク博物館名よ会長の3人で、新しい教育と東条川疏水、ネットワーク博物館の今後の進め方などについて、専門分野からの提言を行った。
 夜、通夜式に参列した。