百聞百見

ふじもと百男の政治活動日記

68年の歴史に幕-社こども園最後の卒園式

2019年03月26日 05時31分47秒 | 日記
 

 25日(月)、9時過ぎには後援会事務所へ。スタッフと話をし、すぐ近くの社こども園へ向かった。
 今日は30年度の修了証書授与式と閉園式「ありがとうの会」が行われた。来年度から加東みらいこども園の開園に合わせて、社こども園は社保育園時代を含めて68年の幕を閉じることになり、今日の卒園式が最後となった。
 卒園式では式後のおたのしみ会で、「大きくなったらなりたいな」を服装や言葉で表現した。警察官や大工さん、キャビンアテンダントやトリマーなど、本当に嬉しそうになりきっている園児の姿がほほえましかった。
 閉園式では、昭和26年の旧社町時代に設立された社保育園からの歴史と写真がスライドで披露され、私自身も昭和32年頃に入園し、3年間を過ごした。スライドを見ながら懐かしい日々を振り返っていた。今は親になっている我が子も社保育園に通った。歴代の園長先生も出席され、最後は全員で園庭から風船を空高く飛ばした。ありがとう社保育園・こども園。
 午後は、事務所でスケジュール調整。午後5時、兵庫教育大学の福田学長が来所された。夜は通夜式に参列した。

安取雨水ポンプ場竣工式 コスモス加東少年少女合唱団30周年

2019年03月25日 04時47分32秒 | 日記
 
 



 24日(日)、朝、空気は冷たかったが、空は明るく晴れていた。朝日に庭の杏の花が輝いていた。
 9時30分過ぎ、加東市河高地区の安取へ。10時から念願の雨水ポンプ場(内水排水機場)が完成し、竣工式典が行われた。これまで台風や大雨の度に加古川が増水し、内水が排水できずに浸水被害が出ていた安取地区に念願の排水ポンプ場が完成した。地元住民、市、国、県の関係者等が出席し竣工を祝った。私も祝辞を申し上げた。テープカットに続きポンプを始動すると、内水が堤防の外、加古川に勢いよく排出された。内水が一定の水位に達すると自動的にポンプが動き排水するシステムになっている。水路の上流にあるため池の事前放流や田んぼダムなども活用し、水害を防ぐことになっている。
 式後は場所を移して、県・市町の下水道事業に関する国への要望会が行われ、老朽化、耐震など、下水道施設の更新などの予算確保を国会議員、国交省などに要望した。
 午後1時頃、加東市新定公民館へ。老人クラブの総会に出席し、お祝いを申し上げた。続いて、コスミックホールで行われた、コスモス加東少年少女合唱団の創立30周年記念の演奏会に。同合唱団の透き通るような歌声のファンの一人でもある。多可少年少女合唱団、加西児童合唱団の友情出演もあり、OBらも一生になって数々の歌を披露した。
 夕方には後援会事務所へ。29日の告示日に向けて最終の準備や打合せを行った。

県政報告会(社地域) 卒園式や卒業式

2019年03月24日 05時10分37秒 | 日記
  

 23日(土)、冬に逆戻りのような冷たい日になった。
 9時過ぎに後援会事務所に寄ってから東古瀬こども園(加東市東古瀬)の卒園式に出席した。19人の園児が保護者や園の先生、地域の方、在園児に見送られ巣立っていった。4月には地元の福田小学校や社小学校などに入学する予定だ。
 午後1時、西脇市内のホテルで行われた鹿島学園高校・鹿島朝日高校の通信制兵庫キャンパスの卒業式に出席しお祝いを申し上げた。議員事務所の向かいにキャンパスの教室があり、個別学習に通ってくる生徒と出会うこともあった。平成の時代最後の春に新しい舞台へと巣立っていく園児や高校生にエールを送ることができた。
 午後2時、加東市上三草のやしろ国際学習塾3階大会議室で県政報告会を行った。行革や兵庫2030の展望、北播磨。加東の可能性などについて報告させていただいた。会場には社地域を中心に多くの方が出席され、また、安田加東市長、内藤兵衛県議会議員、かだ裕之県議・参議院兵庫県第三支部長の奥さんから励ましの言葉もいただいた。これで、東条、滝野、社の3地域での県政報告会を予定通り行うことができた。 夕方まで後援会事務所で来客と懇談。夜は通夜式に参列した。夜はさらに冷え込んで雪が降ってもおかしくないような寒さになった。
 

兵庫県東播土地改良区総代会 

2019年03月23日 04時23分37秒 | 日記
 22日(金)、30年度最後の登校見守りに立った。社小学校は今日が3学期の終業式。通学班には6年生の姿はないが、元気に登校していった。
 9時過ぎに後援会事務所に寄ってから、すぐ近くの市役所へ。兵庫県東播土地改良区の第72回通常総代会が行われ、お祝いを申し上げた。小池理事長が農業の大きな転換点に立ち、農業農村整備、水利施設の維持管理にしっかり取り組み、次の世代につないでいくと述べた。同改良区が取り組んでいる東条川疏水をボートで下る小学生の体験活動もそうした一つであり、私も応援している。
 後援会事務所や議員事務所を往復しながら、来客と懇談。夜は通夜式に参列した。明日は社地域の県政報告会。選抜高校野球も開幕する。

東播磨道北工区着工式が小野市で

2019年03月22日 04時32分12秒 | 日記
 

 21日(木)、朝から雨音がするほど降っていた。朝のうちに彼岸の墓参りをと思い、少し雨が弱くなった時間帯に出かけた。
 10時過ぎに小野市交流館エクラで行われた東播磨道北工区着工式に出席した。東播磨道は加古川市と小野市を結ぶ高規格の南北道路で、すでに加古川中央から八幡までの南工区が完成し供用中である。国道175号につながる残り半分の北工区では美囊川に架かる橋脚部の工事などが進んでいる。井戸知事、蓬莱小野市長、渡海衆議院議員はじめ国会議員、釜谷県議、藤原県議、黒川近畿地整局長が挨拶を述べた。続いて鍬入れ式が行われ、私も鍬入れをさせていただいた。
 東播磨南北道は小野以北の加東はじめ北播磨と播磨臨海部を南北に結ぶもので、加古川医療センターや加古川市中央部まで20分以上の時間短縮が実現される。私自身も加古川市の公立小学校に通勤していた経験から、この高規格道路の効果に大いに期待するところだ。また、現在改修中の小野藍本線の加東市部分の松沢工区が完成すれば、175号を経由して加古川方面へのアクセスが抜群によくなる。期待はふくらむばかりだ。
 午後、加東の議員事務所や後援会事務所で来客対応や事務整理を行った。今日は一日中暖かい日だったが、曇りだった。

2月定例議会が閉会

2019年03月21日 05時31分33秒 | 日記
 20日(水)、朝、久しぶりに忠魂碑、佐保神社、大師殿のコースを歩き、登校見守りに立った。今日は社小学校の卒業式。そして、2月定例議会の閉会の日。
 9時過ぎに登庁。10時から議会運営委員会が行われ、各会派政調会長会座長として意見書案について報告した。10時30分から自民党県議団の議員団総会が行われ、議運の結果などが報告された。
 11時本会議。30年度関係補正予算案、損害賠償請求控訴事件に係る出訴など6件、追加上程された人事案件2件が可決。続いて請願の採決が行われ、7件が委員長報告通り不採択、1件が採択された。続いて意見書案8件が全会一致で可決された。議長、知事の挨拶が終わり定例県議会は閉会した。議場では、今期をもって勇退する議員を送る会が行われ、12人の議員に花束が贈られ、見送った。平成の時代もあと40日。平成時代最後の定例県議会となった。
 午後1時30分から播磨臨海地域道路網促進期成議員連盟の会議に出席した。国会の動きや取り組み状況の報告が行われた。
 加東に戻り、後援会事務所、議員事務所で来客と懇談したり、スタッフとの打合せを行う。夜は地元有志の会に出席した。

警察常任委員会で付託議案審査

2019年03月20日 04時12分10秒 | 日記
 19日(火)、朝、暗いうちから雨が降っていた。神戸新聞に朝光寺(加東市畑)の仏像一体が国の重要文化財に指定されたという記事があった。京都の三十三間堂の千手観音立像と同じものであるとの話は聞いていたが、お墨付きが出たということで何より。朝光寺の本堂は国宝、鐘楼は重文であり、また一つ宝が増えた。なぜ三十三間堂と同じ仏像が朝光寺にあるのかは諸説あるとのことで、謎解きが楽しみだ。
 9時30分頃登庁。10時30分から警察常任委員会が開かれ、昨日付託された30年度関係、繰越による補正予算と損害賠償請求控訴事件に係る出訴の2件を審査。表決の結果は全員一致で原案通り可決すべきものとなった。今年度の常任委員会は今日が最後になり、正副委員長、公安委員会の挨拶が行われた。また、閉会後、西川本部長はじめ退職する幹部職員の挨拶があった。
 その後は政調会長室で執務。同僚県議との情報交換や事務整理、自民党県連との連絡調整などをする。加東に戻り、議員事務所、後援会事務所でスタッフとの打合せや来客があった。

本会議で31年度当初予算などを可決

2019年03月19日 04時15分28秒 | 日記
 18日(月)、8時30分過ぎに登庁。9時から自民党議員団執行部会議。9時30分から警察常任委員会が開かれ、31年度関係条例改正案1件の表決が行われ可決。10時から議会運営委員会が行われ、北口議員の自動失職の報告がなされた。また追加提出議案の説明、議事順序、危機発生時の議会の対応の申し合わせなどを協議した。10時30分から自民党議員団総会が行われ、議運の結果報告や諸連絡などが行われた。
 11時、本会議が開かれた。31年度当初予算案、条例案などの議案が上程され、まず委員長報告。予算特別委員長として登壇し、15分間、予算委員会審査の結果を報告した。続いて、討論が行われ、自民党を代表して戸井田ゆうすけ副政調会長が登壇し賛成討論を行った。賛成、反対討論の後、表決が行われ、当初予算はじめ条例案など49件が可決された。続いて、30年度関係の追加議案が上程され、井戸知事が趣旨説明を行い、委員会に付託された。
 午後2時20分から自民党議員団の総務・幹事会、続いて議員団総会が行われた。最後に今期をもって勇退される議員を送る会が開かれ、7名の議員を見送った。新しい舞台でのご健勝でのご活躍を祈って万歳三唱を行った。
 2月議会も明日は常任委員会で付託議案審査、20日の本会議で最終日を迎えようとしている。

県政報告会(滝野地域)や老人クラブ総会に

2019年03月18日 04時24分47秒 | 日記
 17日(日)、事務所に寄ってから下三草地区公民館へ。老人クラブ総会に出席し、特殊詐欺事件やワールドマスターズゲームズの話題でご挨拶を申し上げた。
 事務所に戻り事務整理をして、上滝野公民館へ。午後2時から滝野地域で県政報告会を行った。会場には滝野地域を中心に約160名の方々が出席された。まず私が兵庫2030の展望など県政についての報告を行ったあと、森脇保仁自民県議団幹事長、大豊康臣副幹事長から激励の言葉をいただいた。また、加田裕之県議会議員・参議院自民第三支部長の奥様からもご挨拶をいただいた。
 今日は日曜日で、県政報告会と加東市合唱祭が重なったにもかかわらず、多くの人にご出席いただき感激した。また、会場準備や交通整理などにあたってくださった後援会等の皆さんに感謝の思いでいっぱいだった。ありがとうございました。 
 
 

同僚県議の集会に 

2019年03月17日 04時25分39秒 | 日記
 16日(土)、朝のうちに事務整理をし、後援会事務所へ。推薦状を持ってきていただいた区長さんや団体代表の方と懇談。
 昼には宝塚市へ。自民党県議団幹事長の森脇保仁議員の後援会の集会に出席し、ご挨拶を申し上げた。会場いっぱいの大勢の支持者の皆さんを前に、国会議員や同僚県会議員の祝辞、議員の決意表明が行われた。
 加東に戻り、後援会事務所で役員さんと今後の活動の打合せを行った。

各種友好団体との意見交換2日目

2019年03月16日 04時59分55秒 | 日記
 15日(金)、9時過ぎには登庁。昨日に続いて、自民党県議団と各種友好団体との政策要望にかかる意見交換会が行われた。
 9時30分から昼休憩をはさんで夕方の5時30分まで、37団体の代表との意見交換を行った。3会場に分かれて30分間のコマで行われ、私は12団体との意見交換に出席した。
 その間、11時から予算特別委員会の理事会が開かれ、委員長報告案が了承された。18日の本会議で口頭報告をすることになっている。
 夜は加東の後援会事務所で役員会に出席した。地元地区や各種団体からの推薦状、国会議員や団体からの檄ビラ(為書き)も届けられ、事務所の壁がにぎやかになってきた。

自民党と各種友好団体との意見交換会

2019年03月15日 04時36分57秒 | 日記
 14日(木)、今日は自民党県議団と各種友好団体との政策要望に関する意見交換会が行われた。これは自民党県議団が続けているもので、昨年9月に友好団体から受けた県行政に関する政策要望について、31年度の県の施策や予算等への反映等について報告するとともに意見交換を行った。
 今回は71団体が参加し、14,15日の2日間にわたって行われ、1日目の今日は、午前10時から午後4時30分まで、3会場に分かれて32団体と自民党県議団の各部会の政策委員ら関係議員が報告と意見交換を行った。
 終了後、明日の予算特別委員会の理事会について議事課と打合せを行った。夜は後援会事務所で役員会に出席した。
 13日、予算特別委員会の総括審査が行われていた午後、突然グラッと揺れた。地震だった。審議は止めずに続行したが、和歌山、四国方面で震度3か4という速報メモが入った。鳥取地震の時も県庁7階の大会議室で審議中だった。ぐらっときた瞬間に南海地震!?という恐怖の思いがよぎったが、揺れはその一瞬だけで終わった。まさに南海トラフ巨大地震、日本海地震と津波対策などを審議してきた予算委員会だったので緊迫感があった。いつ来るか分からない地震。3.11の直後でもあり、あらためて地震への備えは確かかという警鐘になった。

予算特別委員会(総括審査と表決) 31年度当初予算案などを可決

2019年03月14日 13時36分58秒 | 日記
 13日(水)、9時過ぎには登庁。議事課、調査課と打ち合わせなどを行う。10時、予算特別委員会が開かれ、井戸知事らが出席し、総括審査が行われた。まず自民党の北浜みどり委員が質疑に立ち、31年度の財政運営についてをはじめ9問を質した。続いて、各会派を代表しての質疑が続いた。質疑が終わり、共産党から予算編成替え動議が提出された。動議に対する質疑と議案態度表明が自民党はじめ各会派から行われた。続いて表決が行われ、まず共産党の予算編成替え動議が共産党以外の全員が反対し否決された。続いて、予算案、行財政運営指針の変更案など24件が可決された。2月26日に特別委員会が設置されて以来、財政状況、部局別審査を続けてきたが、本日をもって閉会することができた。閉会は午後4時前だった。
 昼休憩時に各会派政調会長会が開かれ、合意できた8件の意見書案を提出することになった。

県庁と加東で一日

2019年03月13日 04時22分26秒 | 日記
 12日(火)、事務所に寄ってから県庁へ。県立社高校の前を通ると、門が閉められ、入学試験の看板が立てられていた。
 10時前に登庁。明日の予算特別委員会の総括審査を前に委員会関係資料などを整理したり、調査課職員と打合せをしたり、同僚議員と情報交換などを行った。
 午後、25日に発行予定の県政報告紙の校正作業などを行い、午後2時過ぎには退庁。加東の後援会事務所、議員事務所に戻り打合せ。夜は後援会の部会議が行われた。
 今上陛下のご譲位に向けた儀式が始まった、というニュースをテレビで視た。陛下が宮中三殿にご親拝され、ご譲位を奉告されたということだった。平成の時代もあと一月半になった。

予算特別委員会(教育委員会)の審査、3.11

2019年03月12日 04時57分07秒 | 日記
 11日(月)、3.11東日本大震災から8年が過ぎた。あの日の午後、外回りから事務所に戻ってテレビに映る津波が田を道路を飲み込みながらおそう光景が現実のものと理解できず混乱していたことを今もはっきり憶えている。
 被災地へは県議団の調査などで毎年のように訪れた。昨年も復興の状況を調査した。復興が進んでいる所と、福島県の原発事故の影響で未だ帰還ができない所との違いも見てきた。南海トラフの巨大地震は間違いなく発生する。対策の中でもソフト面、避難が課題となっている。「津波てんでんこ」の教訓を学び、まず自分の命を守るために逃げることを最優先に徹底した訓練や確認が必要だと思う。
 8時30分過ぎに登庁。議事課と打合せ、9時から自民党議員団の執行部会議。9時30分から予算特別委員会が開かれ、今日は部局審査の最終の教育委員会関係の審査を行った。今日は9人が質問に立ち、教育創造プラン、いじめ・不登校、学力の向上、県立高校の募集定員、幼児教育の質の充実、文化財保護などについて質疑が行われた。終了後は政調会長室で当局からの説明や打合せなどで夕方まで執務した。
 午後5時過ぎには退庁。夜は加東市の後援会事務所で会議に出席した。