百聞百見

ふじもと百男の政治活動日記

泉こども園園舎竣工式 

2021年04月12日 05時15分46秒 | 日記
 

 11日(日)、今日も好天に恵まれ、新緑がまぶしい一日となった。10時から泉こども園(加東市西垂水)の新園舎竣工式典が行われ出席した。同園は平成30年に幼保連携型認定こども園になり、老朽化した園舎の改築に取り組んできた。
 新園舎は南側に西垂水の上池に面し、北側は田圃が広がり、五峰山光明寺の山並みが一望できる。子供達が豊かな感性を育むには絶好の環境にある。園舎の部屋の中に小さな畳敷きの空間があり、尋ねてみると、子供達の隠れ場だそうで、工夫が凝らされており、楽しそうな園舎だった。
 今日は229人の新規感染者数だった。加東市の伝統の祭りで、大型連休中に行われている秋津百石踊(雨乞い)と朝光寺の鬼追踊りが中止になったと神戸新聞に報じられていた。残念だが、この感染状況ではやむを得ない。
 

加東で一日

2021年04月11日 05時18分52秒 | 日記
 10日(土)、加東で地区の会計監査やたまっていた事務整理や諸連絡の一日だった。知事選挙に関する新聞・テレビの報道を知り、問い合わせの電話が続いた。丁寧に説明し理解していただいた。県民生活に直結することだけに県民の皆さんの関心も高く、政党間の党利党略が優先されるようなことがあってはならない。
 今日も300人を超える新規感染者があった。地区の会計監査の作業も公民館の窓を開放し、マスク着用、間隔をとって行った。話題もワクチン接種の時期や3年度の行事実施などになる。2年度は感染拡大のために地区行事や祭りも実施を見合わせた。ワクチン接種への期待が大きい。

県連会長の逆転決定に抗議(自民県議団) 知事にコロナ対策緊急申し入れ

2021年04月10日 06時23分21秒 | 日記
 9日(金)、朝、登校見守りに立ってから急ぎ登庁。昨夜来の県知事選候補推薦を巡る県連会長谷公一衆議院議員の動きに対して抗議すべく、10時から県庁記者クラブで会見を行った。谷公一氏は、7日の自民党兵庫県連の選挙対策員会での金澤和夫氏の推薦決定の上申と併せて県選出国会議員団の総意として斉藤元彦氏を党本部の選対委員会に上げたが、一本化が望ましいと差し戻され、その後、3人の県連幹部と協議し、結果、斉藤元彦氏に一本化して党本部に再度報告したという。知事選の公認、推薦は党本部が最終決定を行うことになっている。そのために県連選対という正式な手続きを踏み、2人の意見、政策などを聞いたうえで、投票を行って決定した結果(金澤氏を推薦)を尊重することなく、国会議員団が別の決定を行い、最終的にこれを県連の決定としたことについて、その決め方、説明が一切ないまま一方的に行われたことは、承服し難く、自民党員はもちろん、次期知事を選ぶという重大な選挙に関心を持って見ている県民への説明もつかず、信頼を損なう行為であると言わざるをえない。
 午後3時から議員団総会を開き、経緯、情勢について報告の後、各議員からの意見、今後の対応などについて協議を行った。続いて記者会見を行い、谷公一会長への抗議声明文を読み上げた。会見後、谷公一会長に宛て、声明文を送った。谷公一会長には電話でも直接議員団の意思を伝えた。
 今日は、午後1時から自民党県議団として、井戸知事に対するコロナ対策の緊急要望を行った(写真)。変異株とみられる急激な感染拡大のなかで、病床確保等医療体制の拡充、協力金等支援金の速やかな給付、女性、ひとり親家庭への支援、県民とりわけ若い世代への発信、対策等について知事に要望し、意見交換を行った。
 今日も新規感染者は314人と300人を超えている。県の対策本部会議も開かれた。週明けには県議会コロナ調整会議が予定されている。
 

各会派代表者会議 感染急拡大への対応

2021年04月09日 04時47分08秒 | 日記
 8日(木)、今日も朝の登校見守りに立った。昨日は始業式。そして今日は入学式が行われる。開校した東条学園小中学校や市内の小中学校、県立社高校の入学式が行われる。出席の予定だったが、各会派代表者会議が開かれることになり、登庁した。10時から会議が開かれ、新会派結成による会派役員や各種会議等への取り扱いについて協議した。
 その後は幹事長室で執務。コロナウイルス感染が急拡大し、蔓延防止等重点措置が適用されている。緊急に実施する必要な対策をまとめ、知事に対して申し入れを行うことになり、調整を行った。また、今日は昨日の自民党県連の決定を踏まえ、党本部、県選出国会議員に対して決定を尊重した判断を求め、3人の同僚議員が上京している。
 今日は311人の新規感染者があり、ここ数日加東健康福祉事務所管内でも増加の傾向がある。変異株の感染拡大や若い世代に感染が広がっていることが報告されており、一層の警戒と備えが必要だ。
 
 

自民県連選対で次期知事候補に金澤和夫氏に決定

2021年04月08日 06時07分52秒 | 日記
 7日(水)、1学期が始まり、朝の登校見守りに立った。久しぶりに子供達の元気な姿を見た。6年生がいなくなり、ひとまわり小さくなったように感じた。一緒に立っている方からスズランスイセンの株をいただいた。
 9時30分頃登庁。今日は午後3時から自民党兵庫県連の選対委員会が開かれる。自民党議員団では、10時から選対委員の打ち合せ、午後1時から議員団総会を行い、選対に備えた。
 選対では、金澤和夫氏、斉藤元彦氏からそれぞれ意見を聞き、委員が質問を行った。投票の結果、金澤氏に決まった。自民党県連選対は県議会、神戸市会の議員から構成されており、いわば兵庫県の自民党の意思といえる。斉藤氏には日本維新の会がすでに推薦を決定しており、維新の候補といえる。そうした関係についても質問が相次いだ。いずれにせよ、県連選対での結果は党本部に上申される。
 選対終了後、結果を待つ県議団への報告会を行った。各委員からの報告を受け、議員団の今後の対応についての意見も出た。終了後、全員で記者会見を行った。
 夜、ニュースで谷公一兵庫県連会長(衆議院議員)が県選出国会議員は斉藤元彦氏を推薦すると語ったとの知らせが入った。知事候補の推薦は自民党本部が決定するため、県連の決定と国会議員の候補が分かれた状態になる。記者会見でも地方、地元の声をしっかり受け止めて判断をしてほしいと述べたばかりだ。コロナ対策、兵庫の経済回復、ポストコロナの兵庫の躍進といった課題を克服していくためには広い兵庫をよく知り、これまで県民との対話を通してビジョンの策定作業も主導してきた金澤氏が相応しいという県連の判断を尊重してもらいたい。
 今日、新規感染者数は328人にのぼった。県下各地で感染が拡大しておりクラスターも確認されている。徹底した感染拡大防止と医療体制の拡充、ワクチン接種。みんなで抑え込んでいくしかない。
 

県庁で執務 安田加東市長が来訪 

2021年04月07日 04時12分55秒 | 日記
 6日(火)、9時30分には登庁。今日も県庁で執務し、議会事務局との打ち合せや同僚議員との情報交換、来客などの対応で一日が過ぎた。
 午後、幹事長室に安田加東市長、岩根副市長らが来室。先月オープンした加東アート館や県立播磨中央公園のサイクリングコース、バスターミナルの整備、開校する東条学園小中一貫校など加東市で進んでいる事業等が話題になった。
 夕方、日本維新の会が斉藤元彦氏の推薦を決定した。すでに政策協定も結んでいる。立憲民主党が立候補を打診していた泉房穂明石市長は立候補しないことを明らかにした。
 今日の県下の新規感染者数は276人と急増している。

蔓延防止措置で県議会コロナ対策調整会議

2021年04月06日 04時21分35秒 | 日記
 5日(月)、9時30分には登庁。同僚議員と情報交換。10時から県議会コロナ対策調整会議が行われた。兵庫県は今日から蔓延防止重点措置が適用となる。感染状況、対策などについて当局からの説明、質疑が行われた。第4波ともいえる急増と変異株の関連、感染経路、年代等について質した。もうすぐ春休みが終わり新学年が始まる。感染防止対策の徹底が必要だ。
 その後は幹事長室で執務。議会事務局や同僚議員との打ち合せ、来客や電話対応などが続いた。夜は加東市で市議会議員と知事選の動向等について意見交換を行った。
 昨日までの陽気とは一転、寒風が吹いた。今日の新規感染者数は87人。

宝塚市長選挙告示

2021年04月05日 05時04分22秒 | 日記
 4日(日)、9時前に宝塚市の売布駅前駅に着いた。宝塚市長選挙が告示され、森脇やすと氏ら4人が立候補した。森脇やすと氏の事務所では神事に続き、事務所前のロータリーで出陣式が行われた。後援会長の挨拶のあと、井戸知事、金澤前副知事、大串衆議院議員、末松参議院議員、加田参議院議員、藤田県議会議員が来賓挨拶をし、県議会議員、市議会議員らが紹介された。17名の自民党県議会議員が県下各地から応援に駆けつけ、森脇氏を激励。森脇氏は宝塚市の教育の再生や遅れている道路整備などを出馬の理由に掲げ、愛するふるさと宝塚市を元気にしていきたいと決意を述べた。その後、つめかけた多くの支援者の激励を受けながら、宣伝車に乗り込んで市内遊説に出発した。
 昼前から雨が強く降り始めた。午後は、事務所で政務活動費支出報告書やメッセージ等の作成を行った。今日の県下の新規感染者は211人だった。明日から兵庫県に蔓延防止重点措置が適用される。

日本女子ソフトボールリーグ尼崎大会

2021年04月04日 05時21分06秒 | 日記
 3日(土)、朝から入学式のメッセージ作成などの作業をし、10時30分頃、尼崎市のベイコム野球場へと向かった。
 今日は、第54回日本ソフトボールⅠ部リーグ第1節尼崎大会が開かれ、2試合が行われた。2試合目の前に県ソフトボール協会を代表して永年表彰のプレゼンターを務めた。シオノギ製薬とビッグカメラ高崎の試合では先頭打者ホームランが出るなど、応援団や観客を魅了した。入場制限や食毒、検温などの感染防止対策を徹底しての開催だった。
 夕方、加東に戻り、事務所への道すがら、千鳥川の満開の桜並木を観た。事務所へ来客。話題は自然、知事選をめぐる状況にについて。その後も電話対応が続いた。
 今日も206人と感染拡大が続いている。

自民党県議団総会 除名処分 

2021年04月03日 05時59分34秒 | 日記
 2日(金)、9時30分頃には登庁。登庁議員と情報交換などを行う。
 午後1時、自民党県議団総務会が開かれ、昨日の綱紀委員会の決定について協議を行い了承。引き続き議員団総会が開かれた。総会ではまず、着任した議会事務局職員らの挨拶、紹介が行われた。続いて、綱紀委員会の決定すなわち、11人の議員の除名処分を議題として、報告、協議が行われた。重い決定ということもあり、処分後の扱いについての質問や今日まで説得を続けてきたことの報告などもあったが、32名の賛成があり決定した。その後、全員が出席して記者会見を行った。処分と処分の理由などの報告を行ったのち、1期、2期の若い議員から、分断回避の要請を行ったこと、コロナ禍で県民の生活を守ることが第一などの意見も出された。
 会見終了後、自民党県連本部で、谷公一会長宛ての、処分決定、県議団選出で県連役職に就いている11名の役職解任願を手交した。
 その後も幹事長室で今後の対応などについて、議会事務局、同僚議員との打ち合せを行った。
 長い一日だった。今日の新規感染者数は174人だった。週明けの5日に県議会コロナ調整会議が行われる。

自民党議員団綱紀委員会

2021年04月02日 04時53分19秒 | 日記
 1日(木)、9時30分過ぎには登庁。今日から令和3年度がスタートした。着任した議会事務局や議員団控室の職員らとの挨拶に新年度の雰囲気を感じる。
 幹事長室で執務。兵庫県も蔓延防止措置の適用を受けることになり、明日は県議会コロナ調整会議も開かれることになった。
 午後1時から自民党議員団内の綱紀委員会が開かれた。3月24日に退団を願い出た11人の議員について、受理を保留し、引き留めの説得などに努めてきたが、31日に斉藤元彦氏が立候補表明し支援をすることが明確になったことを受け、昨年12月11日の議員団総会での金澤和夫氏を次期知事選の候補として相応しいとした決定に背く行為であることなどの判断から、団の規則にもとづき11人を除名処分とすることが決まった。委員会からの答申を受け、明日2日に臨時議員団総会を開き諮ることになった。
 委員会後、記者会見を行った。知事選には自民党が一丸となって取り組むことが県政推進にとって重要なことであり、最大会派として、県民の皆さんへの責任であるとの思いであるがゆえに今回の事態は残念至極。しかし、別候補を立て、知事選に臨むことがはっきりしたことでこれ以上保留を続けることはできなくなった。
 夕方から神戸市内で行われた美しい憲法をつくる兵庫県民の会の会議に出席した。

山田錦を愛する会で議会報告 午後は県庁で

2021年04月01日 05時45分06秒 | 日記
 年度末の31日(水)、県立嬉野台生涯教育センターで行われた「山田錦を愛する会」の令和2年度活動報告会に出席し、村岡真夕子議員と2人で県議会における取組等について報告を行った。私はこの秋に兵庫で開催されるブリュッセル国際コンクールのSAKE selectionで藤川禎次特別賞が創設されることになったことについて報告した。山田錦が世界の酒米、最高の日本酒の酒米としての品質を保ち続けていること(品質)、その主産地は栽培に最適な気候風土の兵庫の北播磨(産地)であること、そして、その育成と普及に尽くした人物、酒米試験地初代研究主任であった藤川禎次(人物)の名を冠した特別賞を創ることで、山田錦の凄さ、素晴らしさを強く世界に発信していこうとするもので、その意義は大きい。
 午後は、登庁し、幹事長室で執務。同僚議員との情報交換や異動の挨拶に訪れた職員との挨拶が続いた。今日午後、元大阪府財政課長の斉藤元彦氏が兵庫県知事選挙への立候補を表明した。自民党県議団の11名の議員の支援を受け、日本維新の会の支援も考えていくことなどを話した。斉藤氏は会見後、自民党県連に推薦申請を提出したとのことだった。
 今日、県下の新規感染者数が211人と、200人を超えた。大阪府は599人で関西の感染拡大が急となっている。井戸知事もまん延防止措置の要請を検討するという。

コロナ対策調整会議など県庁で一日

2021年03月31日 04時33分42秒 | 日記
 30日(火)、9時30分には登庁。10時来客。議会事務局との打ち合せや、登庁している同僚議員らと情報交換などが続いた。
 午後には退職される県幹部や議会事務局職員に挨拶。3時から県議会コロナ対策調整会議が行われた。感染拡大への対処として時短要請対象地域の拡大や病床、療養施設の増床、ワクチン接種などが示され、質疑を行った。
 その後も幹事長室で執務。同僚議員や記者が来室。明日、地元で行われる「山田錦を愛する会」の活動報告会での報告の資料を作成した。
 

県庁で一日

2021年03月30日 04時30分54秒 | 日記
 29日(月)、今日は一日県庁で執務した。10時自民党執行部会議。その後は幹事長室で登庁議員と情報交換などを行った。午後2時から有志議員が集まり、知事選挙に関する週末の動向や今後の対応などについて情報交換を行った。その後、記者会見。夕方まで幹事長室で執務した。
 明日、県議会コロナ対策調整会議が開かれることになった。今日の新規感染者数は70人だったが、連日100名を超える数が確認されており、対策室長も第4波との認識を示しているなか、変異株の感染拡大をなんとしてもここで抑え込む必要がある。
 加東への帰路、黄色い太陽が西の地平に沈んでいくのを見た。大陸からの黄砂だ。

東条の東小、西小でも閉校式ー東条学園小中学校につなぐ

2021年03月29日 04時42分27秒 | 日記
  

 28日(日)、朝から雨の一日だった。昨日の東条中学校に続き、東条地域の2つの小学校でも閉校式が行われた。
 午前は、東条東小学校の体育館で記念式典が行われた。歴代校長やPTA会長、校区の区長さんらが出席し、5,6年生は体育館で、その他の児童は教室で中継放送を視聴。元東条町長で、副市長も務めた小池さんが閉校事業の実行委員会を代表して挨拶を行った。式に続いて、映像で学校の歴史や活動を振り返り、記念演奏会も行われた。145年の長い歴史を誇る学校であり、東条学園の新校舎が完成するまで西小学校の児童もこの学校で一緒に勉強することになっている。
 午後は、東条西小学校。式典は石田実行委員長の挨拶、西田校長の式辞、安田市長の挨拶と東小と同じように続いたが、ここで、式に参加した全校児童49名による西小伝統の全校群読が披露された。「山ねこ おことわり」(絵本 あまんきみこ)を全校児童が工夫した群読を行った。式後、128年の歴史を約10分にまとめた映像を視聴した。明治26年の校舎の写真や学校の北にある開墾園での活動など珍しい写真もあった。
 昨日、今日、市内の方から知事選に関する今回の事態を心配して声をかけていただいた。応援の声も多くいただいた。衆議院の解散総選挙の時期に関する情報も飛び交い始めた。
 今日は93人の新規感染者があった。雨で花見の人出も少なかっただろうが、各人の感染防止行動の徹底が必要だ。