王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

麻央さん 容体急変 逝去!!

2017-06-23 21:10:39 | 芸能
海老蔵さん「愛してると言って、旅立ちました」


昨日23日歌舞伎役者市川海老蔵さんの妻、小林麻央さんが前夜亡くなっていた事を海老蔵さんが記者会見で発表しました。
多分お芝居の後の緊急会見かと思いましたらやはりその様です。
前日もお芝居と終わった後の稽古とか写真撮影で遅くなり臨終にはぎりぎり間に合ったようです。
麻央さんが海老蔵さんに「愛してる」といってそのまま息を引き取ったとか劇的ですよね。
2014年頃公表された乳がんが原因で34歳の若さで5歳の娘さんと4歳の息子さんを残しての旅立ちです。
さぞ心残りの事であったろうと思います。
謹んでご冥福をお祈りします。              合掌
浜爺は歌舞伎にも女子アナにも関心がありません。
海老蔵さんは独り者の頃は女関係や遊び癖が良くなく「なんて奴だろうなー」と苦々しく思っていました。
麻央さんの方は週刊誌の芸能ニュース程度にです。

さて海老蔵さんですが結婚してからは「俗に言う浮いた話が週刊誌で報じられることもなくお子さんたちにも恵まれ公私ともに立派な社会人になりました」これは麻央さんの妻としての影響によるところ大と思います。さらに発病以後の看護と子供さんの養育にも献身的なふるまいをしていた様です。奥様はブログであれこれ身辺の様子を発信していた様ですが浜爺は不伝導体で関心なし。

ご自宅に戻った報道を聞いた時から「ああ最後のステージなのだろうなー」と思っていました。
TV局の中でも夕方のニュースは長々と「麻央さんのアナ時代そして二人の結婚から子供の話までしっかりまとめて」流していました。前日自宅前に報道陣が大勢集まったとの事ですから「秒読みは既知の事実だったのでしょう」

それにしても海老蔵さんは立派になりました。
お芝居の後、前日の別れの後に関わらず内容の行き届いた会見でした。
男は妻次第で変わるよいお手本かも知れません。
ショックを乗り越えて役者として父親として成長してください。期待しています。


写真: 海老蔵さん「愛してると言って、旅立ちました」

妻の小林麻央さんが亡くなり、涙を流しながら記者会見する市川海老蔵さん(23日午後2時49分、東京都渋谷区で)=田村充撮影 【読売新聞社】

(読売新聞):
 「 昨日 さくじつ 、夜に妻、麻央が旅立ちました」。

 東京・渋谷の劇場「シアターコクーン」で記者会見した海老蔵さんは「私のどんな部分も、どこまでも愛してくれていた」と、目を潤ませた。

 この日、同劇場で1回目の主演舞台を勤め終えたばかりの海老蔵さんは、黒いスーツにネクタイ姿で登場。会場は約400人の報道陣でごった返した。

 海老蔵さんによると、麻央さんは21日まで笑顔を見せ、会話もできていたというが、22日になって体調が急変。知らせを受けて同劇場から急ぎ帰宅した海老蔵さんや2人の子供、麻央さんの姉のフリーアナウンサー小林麻耶さん(37)らに見守られ、同日夜に息を引き取ったという。海老蔵さんは「不思議な話だけど、息を引き取る瞬間、『愛してる』と言って、それでそのまま旅立ちました」と明かし、「(愛してるの)『る』が聞こえたか、聞こえないか、わからなかった。最後の最後まで、愛していてくれたことに……」と、声を詰まらせた。
(引用終わり)

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« 自民党 豊田真由子 衆院議... | トップ | 都議選 公示 !! »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

芸能」カテゴリの最新記事