王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

オリンピック 競泳 本多灯が銀メダル 男子200mバタフライ

2021-07-29 09:15:31 | 東京五輪
不甲斐ない男子競泳の予選結果にがっかりしていたら、28日東京五輪の競泳男子200メートルのバタフライ決勝で、本多灯(ともる)(19)選手が銀メタルを獲得とTVの速報で知りました。
2着を確認した瞬間〈ネットより)

今年の7月とありますから、まさにこの月ですよね! 自己ベストを更新したそうですから成長株とありますが、その通りなのでしょうね。今回の1分53秒73も自己ベストを更新だそうです。五輪の本戦で自己ベストを更新とは大したものです。
オリンピックのこの種目で男子がメダルを取ったのはアテネ大会以降5大会連続だそうで、次回に期待がかかります。フランス大会まで後3年ですから、本多選手による金も期待できそうです。頑張って下さい。
現メダルを受けた本多選手〈ネットより)
嬉しそうですね!


NHK:
東京オリンピック、競泳男子200メートルバタフライの決勝で、本多灯選手が1分53秒73でフィニッシュし、銀メダルを獲得しました。
本多選手は神奈川県出身の19歳、力強いキックと終盤の追い上げが持ち味で、去年12月の日本選手権で初優勝、ことし7月にはこの種目で自己ベストを更新するなど、着実に力をつけてきた成長株です。

28日の決勝では、序盤から積極的な泳ぎを見せてトップ争いに加わると、最後のターンを4位で折り返し、そのまま自己ベスト更新する会心の泳ぎで、1分53秒73をマークし、銀メダルを獲得しました。

オリンピックのこの種目で日本選手がメダルを獲得するのは、2004年のアテネ大会から5大会連続です。

金メダルはハンガリーのクリシュトフ・ミラーク選手、銅メダルはイタリアのフェデリコ・ブルディッソ選手でした。
(引用終わり) 
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 29日 日経平均 前引け 反... | トップ | 涙の次は笑顔! 女子初2冠の... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

東京五輪」カテゴリの最新記事